カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  産経の大嘘書き・阿比留瑠比が何度も言論自爆テロ
       
20130715-3.jpg

阿比留瑠比(あびる るい)という産経新聞の言論詐欺師は、今度もまた「そこまで言って委員会」で嘘をまき散らした。
愚かな視聴者の目を安倍晋三の犯罪からそらすのが、この男の役目なのだろうが、とっくに風向きが変わってしまったことを感知できないのであれば、そもそも、この男にはマスコミ人としての適性がない。
誰かのように、自称「ノンフィクション作家」に転向して、思う存分、デマをまき散らせばいい。


阿比留瑠比が、今度もまた関西人に“言論自爆テロ”を仕掛けて失敗(爆笑)

阿比留瑠比は、読売テレビの「そこまで言って委員会」に出演して、
「安倍さんが2回目の総裁選に受かって次期総理になる事が間違いないと言われてる頃に当時の東京新聞編集局長から〝安倍なんか取材しなくてもいいからとにかく安倍を叩け〟と指令が出た」と、真っ赤な大嘘を平気で垂れ流したのである。

20170702-32.jpg

なんでも、産経がお得意の、「東京新聞の記者から直接聞いた話」ということらしい。

産経新聞の記者が、電話取材だけで、あたかも現場に行ったかのようにして記事を書いてきたことは、その現場で電話インタビューを受けたという人から聞いている。

私は、それが悪いと言っているのではない。
「現場に行った」と読者に錯覚させてはならない、と言っているのである。嘘をついて粗悪品を売るな!と言っているのである。

だいいち、阿比留瑠比が、「東京新聞の記者から直接聞いた」と言うのであれば、その人間の名前を出せばいい。いつもなら、そうしているではないか。

阿比留瑠比の脳内妄想がつくりだしたデマであるから、東京新聞が黙っていることをいいことに、言いたい放題だ。

安倍晋三が、「森友学園側と近畿財務局・大阪航空局が交渉をした同日、安保国会を欠席して大阪入りしていた!」ことは、ニュースで報じられた。
情報番組「そこまで言って委員会NP」の収録と、「情報ライブ ミヤネ屋」の生放送出演のためである。

この二つのテレビ番組は、安倍晋三にとっては、国会をすっぽかしてでも、かけつけなければならない重要な視聴者洗脳番組である。

それも、一度や二度ではない。

果ては、麻生太郎の親族が経営する「ニコニコ」で独占中継して、「ワタチの話をちゃんと聞いてくれない」とまで言い出した。

これについては、全国から猛烈な批判があびせられ、自民党広報、もしくは、官房機密費から予算が出て安倍擁護を展開している会社が、「ニコニコ」での視聴ができないようにしてしまった。


さて、この阿比留瑠比、安倍のオトモダチで「ペンの力で安倍政権を支える」と広言してはばからない点では、悪党の潔さ、アッパレ!と言ってやってもよい。

まさに、安倍晋三の「困ったときの民進党」ならぬ、阿比留瑠比の「困ったときの東京新聞」だ。

動画の最後で、「産経新聞は、そんなことは決してない」と言いきっているところを見ると、腹を切る覚悟ができているようだ。

病的な虚言癖のある阿比留瑠比を、編集委員という要職に就けている産経新聞は、国民を徹底的に騙す犯罪的な報道機関である

阿比留瑠比は、「産経新聞・政治部編集委員」という“立派な肩書”を持ち、安倍擁護プロパガンダを先導する男として全国的に有名だが、ここまで狼狽しているところを見ると、「捏造プロバガンディストとしての死期」が近いと見るほかはない。

私が、「関西人、特に大阪人は、日本で一、二を争う民度の低い人々だ」と言っているのは、自身の実体験からだけでなく、こうしたことが、大阪では日常的に行われているからである。

関東では、すぐに悪質なデマ、捏造、誹謗中傷だと見抜かれてしまうことでも、大阪人は、「ふんふん、納得できる」などと頷いてしまうから、いよいよ、追い詰められると、安倍晋三にしても阿比留瑠比にしても、慌てて大阪に駆け込むと同時に地元のニュース・バラエティー・ショーに出て、「あーでもない、こーでもない」と言い出すのだ。

阿比留瑠比の「困ったときの東京新聞」に加えて、「困ったときの大阪の視聴者」だ。
これでは「大阪人はバカの集まりだ」と言われかねない。全国とは言わずとも、少なくとも関東の人間は、そう考えている。

この番組のコメンテーターには、総じて、安倍擁護の論客が集められるのだが、さすがに、ここまでの嘘には安倍擁護一色というわけにはいかないらしい。

20170702-33.jpg

隣の橋本五郎が安倍を擁護し、阿比留瑠比のデマを視聴者に信じ込ませようとするのは読売だから当然だとしても、「阿比留の言っていることは正しい」と、あからさまなデマ拡散を支援しているのは、「ニュース女子」騒動以来、東京新聞に怨念を抱いている長谷川幸洋と、キヤノン・グローバルの宮家邦彦だけである。

阿比留瑠比の言うこと、産経新聞の書くことは、もはや、2ちゃんねる以下の捏造・デマのオンパレードで、有害以外のなにモノでもないことを国民は知り尽くしている。

阿比留瑠比の場合は、すぐにバレる嘘を臆面もなく連発してきたという点で微笑ましくもあるが、「死人に口なし」をいいことに、福島第一原発の前所長、吉田昌郎氏に対する卒倒しそうな大嘘、デマをまき散らしたことに関しては、もう刑事事件として裁くべき水準を超えていた。

それはこんなことだ。

菅元首相、ネット上で大暴走 東電・吉田元所長死去に触れ
(産経新聞 7月12日)

…菅氏は関連して10日付のツイッターではこうも記している。

「海水注入問題では東電が自分たちの判断を官邸の判断とすり替えた」。
「私を含め官邸の政治家は海水注入は当然と考えており、誰も中止を指示していない」。

東電と安倍首相が陰謀の共犯者であるかのように決め付けたにもかかわらず、根拠は示さない。あまりにためらいのない筆致には、「この人は大丈夫だろうか」と心配になる。

海水注入続行はあくまで吉田氏の独断による「結果オーライ」にすぎない。
菅氏の「意向」がそのまま実行に移されていたら、1号機はどうなっていたことか-。結果は想像したくない。

当時の首相、菅直人が、「吉田所長に命じて、海水注入を止めろと命令したので、水素爆発が起こってしまった」と産経は言っているのである。

この産経のソースは、100%正反対の捏造であるから、それを指摘されると慌てて削除してしまった。

しかし、産経が縮刷版を出していれば、そこに、しっかりこの記事が残っているはずであるし、それより以前に、大勢の読者が読んでいる。

安倍晋三が、自信たっぷりに、自分の公式サイト(2011年5月20日)に「菅直人のでっち上げだ」などと確信的に書いたことについて、菅直人は、名誉を傷つける行為として安倍晋三を訴えた。

判決は、「吉田所長に命じて、海水注入を止めろと命令したのは菅直人である」という安倍晋三の言い分は根も葉もない嘘である」ことを認めたのである。

さらには、国会事故調の最終報告書でも、「海水注入を止めろ」と命じたのは、東電の武黒フェローであることが法的に明らかになっている。

また、6月30日から開かれた東電幹部3人に対する裁判でも、それは念押しするように確定した事実となっている。

にもかかわらず、デマ記事を書いて国民の命を危険に晒した阿比留瑠比と産経新聞は、安倍晋三が訴えられたこの裁判所の判決にはだんまりだ。
それどころか謝罪文の一つも出していない。

もっとも、福島第一原発4号機の使用済み燃料プールから、もうもうと放射能の水蒸気が舞い上がっている最中に、自身の公式ホームページにデマを書いて、本当に国民を死に追いやろうとした安倍晋三本人が、判決が出た瞬間、その記事を削除するも一切の謝罪をせずトンズラしてしまったのだから、安倍シンパの産経と記者が、すっぽかしするのは、当然と言えば当然だ。

阿比留瑠比の犯罪は、枚挙にいとまがない。

「辻元清美の論評を書くのだから取材する必要などない」と、まったくデタラメな誹謗中傷記事を書いた阿比留瑠比と産経新聞については、東京地裁が「名誉棄損を認定し、賠償命令を下している」のである。

それだけでなく、阿比留瑠比と産経新聞は、民進党の小西議員に対しても、まったく事実無根の捏造記事を書いて読者を騙している

こちらでも、阿比留は完全敗訴。
裁判所の命令した賠償金が支払えず、阿比留瑠比は「賠償金を負けてくれ」と泣きついている。

泣き言なら、被害者の小西議員ではなく、共犯の産経新聞幹部に言うべきだ。「賠償金支払いの、か、か、金貸してくれ」と。

安倍晋三は、こうした犯罪者たちを、上手に使って国民を騙しているのである。

こうした連中のメンタリティーは、先週の「朝まで生テレビ」で、井上達夫(東京大学大学院法学政治学研究科教授)氏が「似非右翼」と断じた百田尚樹のそれと、まったく同じなのだ。

とにかく、言っていることのほとんどが「大嘘」なのである。

チャンとした知識を持っている視聴者であれば騙されることはないのだが、それでも、騙されたがる人がいるうちは、阿比留瑠比や産経新聞、それに百田尚樹らの捏造デマ犯罪はなくならないのだろう。。

大阪人は、そもそも無恥の泥沼から脱した方がいい。

あと数ヵ月で、流れは、ガラッと大きく変わる。
そのとき、自分たちが何を信じてきたのか、それをどう説明するのか、今から考えておかないと、今度は全国からバカと言われるだろう。





関連記事
       
NEXT Entry
炙り出されてきた加計学園疑獄の黒幕
NEW Topics
ビットコインの価値は(金)ゴールド並かゼロか
イーサリアムの米ドルトークンはビジネスの業態を変える
仮想通貨の下落は、暗号世界における対北朝鮮の経済制裁
ロシア最強の暗号通貨とブテリンのICOバブル警告
ヒカルの仮想株式「VALU」詐欺とユーチューブの奴隷たち
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序②
脱ドル本格化-ユーラシア新通貨システムと世界秩序①
崩壊せまる株式市場と逆相関の金市場と仮想通貨市場
トンデモJアラートと北のミサイルに救われるサイコパス総理
米・中・露を巻き込む暗号通貨戦争と金本位・新通貨制度
今夜の報ステを見逃すな!「森友・加計の背後の“真犯人”」
FRBの利上げが仮想通貨への資金流入を加速させる
長崎の原爆投下、天草四郎の正体、異界の街・長崎
2017年後半から熱くなる朝鮮半島の有事
『カレイドスコープのメルマガ』-実質2ヵ月分無料!!
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top