カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  炙り出されてきた加計学園疑獄の黒幕
       
また、いつもの「黒幕」だ。

自分たちに有利な新しい「岩盤規制」を敷こうとしている国家戦略特区は、すでに竹中らに私物化されている

要点だけ。

材料は、いつものように、多くの専門知識を持ち緻密な分析に長けている「nobumaru VII」というツイッタラーさんと、加計学園疑獄を徹底的に追及している「黒川敦彦@今治で加計問題追及中」というツイッタラーさんのツイート。

それに、検察官、弁護士の郷原信郎氏のこの記事

では、はじめよう・・・

1)
認可が下りる前から「加計学園獣医学部認可」を既成事実化する行政ルールとそのプロセスを見ていくと、「官邸の最高レベルの意向」が、安倍晋三によるものであることは自明。

2)
絵を描いた”和泉洋人首相補佐官が、前川喜平・前事務次官に圧力をかけたときに言った言葉-「総理の口から言えないから、私が代わりに言う」という言葉から、確定していい。

3)
では、すべてを仕切っているのが、安倍晋三と和泉洋人の二人なのか?
そうではない。

なぜなら、追い詰められると、決まって外遊を理由に海外にトンズラするような男になど、仕切りができるはずがないからだ。
第一、この男には、常に『家庭教師』が必要なのだから。

4)
では、和泉洋人が、安倍をけしかけた? 
あり得ない。出世にだけしか関心がない乞食官僚に過ぎないのだから、そんなリスクは冒さない。

つまり、この二人には、『家庭教師』がいた、ということだ。それが、全体の青図面を描いた本当の黒幕。

以上。答えは出た。

-------------------------------------------------------------------------

国家戦略特区の民間議員が行政プロセスをゆがめた

では、なんのことだからわからないだろうから、補足を少し。

慶應義塾大学大学院の岸博幸や、嘉悦大学教授の高橋洋一が、なぜ、胸が悪くなるほど前川喜平氏を誹謗中傷するのか、という謎。

いつものように、国民にとって、もっとも有害な新聞、産経が書いている。

岸博幸・慶大院教授インタビュー 「加計学園問題は改革つぶし」「前川は官僚のクズ」という凄まじい見出しの記事。

「新聞は公器」と言うが、これほど怨念と欺瞞に満ちた犯罪的な新聞は、かつて存在しなかった。

嘉悦大学教授の高橋洋一の記事の見出しは、「前川・前事務次官の記者会見は、官僚目線で見れば「大失敗」だった」。

二人とも、「前川・前事務次官の言うことなど聞くな!」と言っているのである。

なぜ、そんなに頑張るのか。

その判断は、この二人がするものではなく、国民が下すのである。
ついでに、岸博幸と高橋洋一のジャッジも国民が下すことになる。

であるから、もうじき、この二人には、国民による沙汰が下る。

岸博幸は、元経済産業省の官僚。
高橋洋一は、元大蔵・財務官僚。

二人とも、竹中平蔵に心酔している。
岸博幸は、尊敬する人として竹中の名前を挙げてさえいるのだ。

慶応大学は、こんな男を名誉教授にして大丈夫なのか。

もっとも、なぜか、竹中は、いつものように「慶応」のブランドを使わず、「東洋大学教授」の肩書を使うようになった。

私が、ほんの少し知り合った東洋大学教授は、現実に刑事事件で逮捕されているから、竹中も、恩人の「慶応」ブランドを使わず、東洋大学の名前で行こう、ということか。

その竹中平蔵が、加計学園疑獄について記者会見を行った
彼は、「加計学園獣医学部の新設は適正な判断」と言っている。

加計学園問題をきっかけに、国家戦略特区の実態が明らかになってきた。

岩盤規制の打破」を名目に、仲間内や特定企業に利益を分配してきた疑惑である。
それを、わずか4人の閣僚と、竹中を筆頭とする5人の民間議員がトップダウンで決めてしまうのだ。

竹中平蔵は、ミスター特区との異名を取るほど、この権限を握っている。

これが黒幕となって安倍を動かしているのだが、安倍とて『家庭教師』なしには何もできない男だし、この国家戦略特区の民間議員も、実質的に安倍が任命したのであるから、安倍が「官邸の最高レベル」であることには違いない。

竹中平蔵にしても、安倍晋三にしても、結局は、「加計学園は、後々もいい金づるになる」と踏んだのだ。

さて、竹中が「加計ありき」で行政プロセスをどのようにゆがめたのか、という問題。

もう一度、郷原信郎氏の記事を読んで欲しい。

あるいは、このツイート

つまり、国家戦略特区の5人の民間議員は、8月の時点で、すで「加計学園に内定」を出していたということなのだ。

設計図の日付けが「2016年12月28日」になっている。
1月4日の一般公募前に、すでに加計学園獣医学部の青図面が完成していたのである。

それどころか、12月14日に着工していたのである。

入札なり、コンペティションなりの公募を行う前に、「すべてが決まっていた」ということである。
繰り返すが、8月に認可の前提となる「内定」が決まっていたということ。

認可の「内定」が出ていたからこそ、加計学園は50億円以上もの借り入れを起こしたのである。

もちろん、文部科学省は、認可に反対していたのであるから、「内定」を出すはずがないのである。

文部科学省の職員の目は、京都産業大学のエントリーに向けられていだだけでなく、官邸の萩生田や内閣府から圧力をかけられていたのであるから、そもそもが「内定」を出せるはずもないのだ。

「加計学園ありき」は、完全に文部科学省の意思を無視して強行されたということである。

日本獣医師会の蔵内勇夫会長が証言したように、「明らかに加計学園ありき」で、獣医師会にも、相当なプレッシャーがかけられていた。
安倍内閣は、ここでも「黙って、言うことをきけ!」ということだ。

だから、安倍政権下で、やりたい放題やっている竹中平蔵ということになる。

民進党の会議の様子では、こうした腐食の構図のほとんどが解明されつつあるように見える。

「あの読売でさえ、マスコミ人の矜持に目覚めて加計学園疑獄の解明に舵を切った?」・・・

違う、違う。彼らにマスコミ人の矜持などあるものか。金だよ。すべてが金。

ただし、都議選敗北の要素として、マスコミの「清和会」叩きがある。
これは、彼らの広告スポンサーである経団連の心替わりだろう。「安倍は、もうダメだ。排除せよ」という。

さらに言えば、スターズ・アンド・ストライプスが、「安倍小学校の醜聞は不正」と報じたときに、安倍の首を切ることが決まったのである。

「六本木のワシントン」の方針だから、日本のマスコミも安心して「安倍おろし」に精を出すことができるし、自民党内の反安倍勢力も、俄然、勢いづいたということだ。

竹中平蔵が、こうした風向きを読めなくなったのは、彼自身もまた、彼のご主人様に切られることが決まったということを意味する。
ご愁傷さま~






関連記事
       
NEXT Entry
共謀罪、ヤクザ利権、北朝鮮、CIA vs ペンタゴン
NEW Topics
8月1日のハードフォーク後に分裂するビットコインとICOの未来
ビットコイン8月1日以降のハードフォーク分裂危機!
TBSラジオ・リスナー調査 「93%が安倍を支持しない 」
安倍・世論調査に決まった名簿の存在
加計学園疑獄は巡り巡って日本の「食」を脅かす
安倍夫妻とアベトモこそが共謀罪適用第1号に相応しい
火星への大量移住計画と避けられない地球の氷河期突入
共謀罪、ヤクザ利権、北朝鮮、CIA vs ペンタゴン
炙り出されてきた加計学園疑獄の黒幕
産経の大嘘書き・阿比留瑠比が何度も言論自爆テロ
CIA読売新聞が「萩生田が大臣規範に違反」と報じる意味
レイプ犯隠蔽の安倍と日本は、「異常な首相と国民」と海外
ID2020「バイオメトリクス」は、ビッグブラザーを具現化する
加計学園・生物化学兵器疑惑とF1の4号機建屋の謎の爆発
惨敗を「こんな人たち」のせいにする末期的な幼痴園内閣
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top