カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  衆院選における安倍・小池・前原・小沢のそれぞれの立ち位置
       
安倍自民と小池「希望」の目的は同じというだけでなく、そもそもが、ワシントンD.C.を乗っ取ったグローバリストの傀儡である。
この選挙の構図を誤魔化そうとする人間ほど、「保守」「リベラル」という幻想の対立を煽っている。


安倍晋三と彼の閣僚の憂鬱、そして小池百合子の「排除リスト」の目的

二人の人間の顔の表情を観察すると、この選挙の意味が理解できる。

二人とは、もちろん、安倍晋三と小池百合子。
そうか、もう一人いたな・・・小沢のとうちゃんだ。

さすがのお子ちゃま有権者でも、維新と公明党が救いようのないゲスな議員たちと精神異常者で占められていることが、今回の選挙で分かっただろう。
だから、この記事では除外する。最初から問題外の外。

前回の選挙とほぼ同数の議席を確保した安倍晋三の顔は曇り気味だったが、最初の記者会見では、笑いをかみ殺したような表情だった。「今度もまた、愚民有権者をうまく騙したよ」とね。

しかし、翌日、議場に向かう晋三と、雁首そろえた閣僚たちの表情は確かに暗かった。あれは「国民の前で、謙虚に気持ちを引き締める」という演技ではない。

一方の小池百合子はというと、こちらもまた別人のようにやつれ果て、顔の皺が一層深く陰影を刻んでいた。
しかし、彼女の心は永遠の童女のように幼くお転婆だ。

つまり、安倍政権も小池の「希望」も、両方とも敗北した選挙だった、ということ。

ややこしいので些末的なことをいっさい省いて骨格だけ書く。

安倍晋三と二階らは、小池百合子の希望の党が、もっとも肉薄してくれることを期待していた。

小池の「希望」が仮に自民党の過半数獲得を阻止しようとも、シナリオでは、安倍自民が憲法改正で小池をうまく取り込んで、実質的な連立を組む予定だった。

その際、安倍晋三が首相の座を降りることも受け入れただろう。
「政権交代を目指す!」と勇ましい小池の世間体を保つためだ。

むしろ、安倍晋三は、小池なら背後からコントロールできると思っていた。
だから、安倍自民は、小池の「希望」の健闘を、苦虫をかみつぶしながらも心の奥底では期待していた。

どうも「排除名簿」は小池自身が事前にリークしたようだ。
100%確認は取れていないので、断定は控えたい。

が、しかしだ・・・ついうっかりリークしてしまった、などということは「ありえない」はずだ。
都民ファーストの都議たちに徹底した箝口令を敷くことに成功した小池なのだから。

ましてや、公示前の極秘事項だ。合流した民進党の議員が漏らすことはありえない。

では、なぜ小池が、わざわざ「排除名簿」を流したのか、あるいは、そう考えるのが妥当といえるのか。何らかの目的があるはずだから、それを考えよう。

結論は、[自民+希望]改憲派にとって、もっとも手ごわい民進党リベラルに対して、小池自身の人気を利用して、世間の風当たりが民進党リベラルにいっそう強く吹くように仕向けた、ということなんだな。

つまり、(この時点で)小池を祭り上げていた有権者の視線を攻撃的な視線に変えて、民進リベラルたちに必殺ビーム光線!を浴びせたわけだ。

これは、明らかに「制裁」であり、意地の悪い小池らしい潰し方だ。

百歩譲って、本人には悪気はなくても(なるべく有権者に情報をオープンにしようというサービス精神が働いたのかも知れない)、それを見せられる側としては、すべて好意的に受け取るとは限らない。

そうした相手の気持ちに思いが至らない政治家が、いったい何をしでかすか、想像に難くない。

やはり、ジェラルド・カーティスに言われるままに、選挙戦に入る前に、相手のエネルギーを削いでおこうという嫌らしい手口、と言っておこうか。

小池がバッシングされて「かわいそう」と言っているあなた方。
前原が攻撃されて気の毒だ、と言っているそこのおじょーちゃんたち。

よほどのバカか。
相手は、権力を持っている。あなた方のようなひ弱な人間ではないのだ。

「かわいそう」なのは、あなた方自身であり、あなた方の未来の子どもであることに気が付かなければならないでしょうに。

安倍晋三は、今度の選挙で首の皮一枚でつながるかどうかの瀬戸際だった。

そこに、「ありえないこと」が起きた。
安倍が目の敵にしていた野党、森友・加計学園疑獄の追及によって安倍を逮捕にまで追い詰めようとしていた野党-その民進党が破壊されたのだ。

いったい誰がやった?

小池百合子と前原誠司の二人だ。

この二人の「共謀」によって、民進党は破壊され、安倍逮捕はなくなってしまった。

つまり、小池百合子と前原誠司は、安倍晋三を救ったのだ。

結果、安倍に恩を売った小池、前原は、ゆくゆくは自民党の重要閣僚として迎えられることになっただろう。
あるいは安倍の次の総理大臣の椅子を手に入れたかも知れないのだ。

これは事実だ。「ありえないこと」を仕掛けたのは、小池と前原だ。前原は、民進党の議員すべてを売り渡したのだ。
そして、脇が甘い小沢一郎は嵌められたのだ。

こんなことさえ分からないで、「小池が、前原が、かわいそうだ」と。呆れ果てて絶句だ。

日本人は、こうやって、いつでもどこでも騙される。
特に女性に弱いのはダメだ。

安倍自民の公約と小池「希望」の公約の要諦は、「憲法改正」の一点だけだ。他は中身などない。どーでもいいのだ。
小池人気が続けば、安倍自民は小池「希望」ととともに、発議から国民投票に持ち込むことも夢ではなかった。

安倍サイドにしてみれば、小池「希望」と安倍自民が数の上で拮抗することが、もっとも望まれていた結果だったはず。

あたかも、民主主義が機能しているように装って、愚民・ニッポン有権者たちを騙しながら国民投票に一気に駆け込むことができるからだ。
なーに、困ったときはムサシがついてるぜ、というところだ。

そもそもが、今年3月、六本木のスターズ・アンド・ストライプスが、「不正な安倍夫婦」と、もっともストレートな表現を使って、安倍おろしに出たことが分かった。

日米合同委員会は、ワシントンD.C.のディープ・ステートの意向を受けて、安倍を後退させる意思を示したのだ。

思い出してほしい。
この頃を境に、日本の読売メディアコングロマリットと産経の二大有害デマゴークを除いて、一転して新聞もテレビも、安倍政権の批判に傾斜していったことを。

日本のマスコミは、それまで、パンツ大臣やドリル優子でさえも、その犯罪を糾弾しなかったではないか。
テレビキャスターとは、こうも手の平を返すほど権力にひれ伏すものかと見ていて呆れ果てた。

くれぐれも誤解してはならないのは、「権力」とは永田町のことではない。あくまでも、ワシントンD.C.を乗っ取ってしまったディープ・ステートのことだ。

後で少し説明するかも知れないが、ワシントンD.C.とは、アメリカではない。ここを間違えないように、ワシントンD.C.はどの国にも属さない。

まさか、日本の永田町に権力があるとでも思っているのか? そうであれば、どーしょーもないノーテンキだ。

まず、小池百合子とは、政党渡り歩きのコールガールをやってのし上がってきた女性だ。

彼女は、本来は政治家としてはもちろん、仮に実業の世界に行ったとしても、まったくの無能であり、ときの最高権力者らしく振舞う人物に近づいて、その力を吸い取って来た。もともと政治家としては三流以下である。

彼女は、つい先日まで自民党の議員であり、今でも清和政策研究会(清和会)のメンバーである。
そして、ニューエイジの浸食を許してしまった日本会議のメンバーでもある。

清和政策研究会(清和会)の御本尊は、外交問題評議会(CFR)であり、日米欧三極委員会であり、ウォール街から遠隔操作を受けているワシントンD.C.の傀儡だ。

清和政策研究会(清和会)のメンバーとは、もともと日本の国益を、これらのディープ・ステートに「民営化」という手口で二束三文で叩き売ることが目的で創設された。

ワシントンD.C.が、アメリカとは何の関係もない特区であるのと同じように、清和政策研究会(清和会)も自民党の保守本流とまったく関係のない政策研究グループという名の売国集団に過ぎない。

小泉純一郎は、福島の人々のために涙を流す代わりに、空母ロナルド・レーガン艦上で被爆したと訴えている米海軍兵のために泣いた。
記者会見で・・・これみよがしにね。見るに堪えない下手な芝居だった。

だから、安倍晋三と小池百合子は、改憲のために敵・味方を装いながら、実はテーブルの下で手をつなぎ合ってペアになった同士なのだ。

ただ、晋三は、精神が冒された頭脳でも、長年、改憲の道筋を温めてきた。
ワシントンD.C.にとっては、それが面従腹背と映る。晋三は決して信用されていない。

一方の小池百合子は、厚顔無恥よろしく、権力のためなら何でもやる女性だ。
日本国憲法の概念や精神を理解しているかといえば、安倍晋三とどっこいどっこいだ。

森友・加計学園の首謀者であることが確定している安倍晋三単体では、改憲は難しいと考えたワシントンD.C.の面々は、以前から、たびたび売り込んできた小池百合子が「駒」として使えるとばかり、2012年12月の衆院総選挙の時のように、あからさまな応援(不正選挙)はしなかったものの、側面から支援しようとしていた。

小池百合子が自民党を離党もせず、都知事選に立候補して、自民都議を排除してしまったことからわかるだろう。
「ありえないこと」が起こったのだ。

それは、ワシントンD.C.にコントロールされている日本のマスコミの力に負うところが大きい。
この時点で、小池に騙されていた人々は、まさに白痴以外の何者でもない。

都議選の選挙活動中の小池百合子の振る舞いは、極悪そのものだった。
がん闘病者に対する差別発言を行っても、平気の平左で「選挙とは、そーいうものですから」と言って驚かせた。

小池の本性を暴いた記事を書いて有権者に警告したとき、いつものように、女性有権者から「小池の百合ちゃんのことを悪く書くなー」とクレームのメールが数件来た。

毎度毎度のことだ。日本の女性全体に言えることだが、彼女たちは事実を観る能力が絶望的に欠落している。
いつまでも、「好き、嫌い」「私が応援してるんだから悪く言わないでチョーだい」から脱出できない。

こんなことを何年も続けているのだから、いい加減にうんざりだ。
断言できることは、彼女たちには、自分の子供さえ守ることはできないということだ。

ただし、私がお会いして議論させていただいた女性の方々は、本当に素晴らしく理知的だった、と言っておきたいと思う。

この件は、これ以上は触れずにスルーしてほしい。私にも身を守る権利があるのだ。

安倍晋三、小池百合子については、これで終わり。

中国と仲良くすることは安倍のご主人さまのお気に召さない

さて、この二人を闘わせて二大政党制を確立する好機に利用しようとした男がいる。
小沢のとうちゃんだ。

小沢一郎は、在日バッシングが唯一の生きがいのイカレタ連中が嘘を流しているように、「在日」でもないし、済州島出身でもない。
アテルイの末裔だ。東北の豪族のこと。

在日の伝で誹謗したいのであれば、それは安倍晋三であり、小泉純一郎であり、自民党の清和政策研究会(旧清和会)の面々である。

彼らは、統一教会と創価学会に完全にコントロールされている。
この両カルトは、CIAによって遠隔操作されている。

いくら清和政策研究会(旧清和会)の連中が否定しようが、十分すぎるほど証拠が山積みで、現実に統一教会に「お世話」になっており、創価学会に「お世話」になっているではないか。

興味深いのは、小沢一郎が、東京地検特捜のターゲットとなっている経世会だということ。

田中角栄がロッキード事件で嵌められたのは、ワシントンD.C.のディープ・ステートに事前におうかがいを立てることなく、独断で日中外交の拡大に突き進んでいったからだ。

小沢一郎は、まったく学習しないバカ男で、民主党が圧勝して政権を奪取、幹事長の椅子に着くやいなや、民主党の議員約140人を含む、総勢約600人を率いて中国を訪問した。

これが、ワシントンD.C.のディープ・ステートの逆鱗に触れたために、ワシントンD.C.の日本支部、東京地検特捜による国策捜査を招いてしまったのだ。

鳩山由紀夫も同じだ。
ワシントンD.C.のディープ・ステートの了承もなく東アジア共同体をぶち上げたために、「トラスト・ミー」と「母親からのお小遣い」によって潰された。

マスコミの中には、反日(=日本を売り渡すことによって利得を得ている)勢力がわんさかいる。

中国は日本にとってタブーであることを清和政策研究会(旧清和会)の連中は骨身に染みて理解している。

だから、年中、靖国参拝問題で、個人的参拝といいながら、中国を刺激して仲たがいしているように演じなければならないのだ。
そうしておけば、ワシントンD.C.は満足するのである。

中国共産党にとっても、中国国民の間で広がる経済格差と役人の汚職への感情を「反日」に振り向けることによって、国内暴動を抑え込んできた歴史がある。

反日が政権の求心力の維持に利用できると知った江沢民は、必死にプロパガンダを展開して、中国の国民に反日を煽った。
表面的にせよ、日中関係がここまで険悪になったのは、江沢民のプロパガンダによるものである。

以来、自民党はワシントンD.C.への忠誠を示すために、靖国参拝を言い出してきたのである。

剛腕・小沢には、そろそろ、お引き取り願わなければならない

小沢は、常に無頓着で無防備だ。自分の周囲がすぐに見えなくなる。

彼もまた、外交問題評議会(CFR)に呼ばれながらも、ワシントンD.C.を乗っ取ってしまったシオニストの闇の世界戦略を感知できない鈍感男である。

「ワシントンD.C.を乗っ取ってしまったシオニストの闇の世界戦略」とは、冷戦終結後、中国と米国との間で新しい対立関係を構築し、ここにロシアを噛ませることによって、多極化構造の下で東アジアを不安定にさせておくことである。

余談だが、ロシアのプーチンとトランプとの間で、「新世界秩序」が話し合われている。
中国は、通貨戦略によって米国経済に一定の脅しをかけながら、人民元の国際化を図っている。

その背後には、ロスチャイルドのシティー・オブ・ロンドンのニューコート・プロジェクトがある。IMFのSDRがそれだ。
何より英国王室のお墨付きだ。

それはドルを崩壊させて、新しい通貨システム(つまり、「国際通貨のリセット」)を構築して、ドルを暫定的にでも世界統一通貨に置き換えることによって、通貨による支配を確立することだ。

ワシントンD.C.のディープ・ステートは、そのための駒として、どうしても中国経済を発展させる必要があった。

中国に対する(返ってこないお金)ODAを果敢に実行したのが自民党時代の小沢一郎である。

小沢一郎もまた、無知なグローバリストである。後先考えずにやり過ぎたのだ。

前原誠司は、オバマ政権の時、次期総理大臣と目されていた。ワシントンD.C.のスパイとまで言われていた男だ。

もちろん、次期日本の総理大臣にしようと考えたのはワシントンD.C.のディープ・ステートである。

小沢一郎の悲願である二大政党制と国連中心主義の確立--つまり、小沢もまた、日米同盟のために自衛隊の血を流すことが必要だと考えている狂人である--政治ゲーマーとしての小沢一郎の一世一代のチャンスが、民進党を割ってでも前原を小池に近づけて、これを合流させることだった。

小沢は小池に直接、接触できないから、ワシントンD.C.奴隷の前原を送り込むことを考えた。

テレビのニュースキャスターは、まさか小池が「排除」と言い出すとは前原も想像しなかっただろう、と言っていた。

表向きは確かにそうだ。ツメが甘かったことを理由にして、おバカな有権者が好きな言葉=リベラルを排除することが目的だったと言いたいのだろう。
しかし、ついうっかり本音を漏らしてしまった。

「民進党の分裂と排除もまた、想定内」・・・前原の冷酷な人格には誰もが愛想をつかしている。

小池百合子の傲慢は、すでに都民ファーストの人気がうなぎのぼりの段階から露呈されていた。
これは、小池をおだてて(篭絡して)、彼女の人気が冷めないうちにそれを利用しようという連中にとっては、厄介だった。

そして、小沢、前原が危惧していたとおり、小池はバカの本領を発揮してくれた。これでご破算だ。

小池は、「排除」と口に出すことによって、より信念に基づいた強い女政治家を演じようとした。
しかし、世間の反応は真逆だった。小池のバクチは裏目に出た。

小泉純一郎は、本音では小池には総理大臣は務まらないと考えていた。安倍晋三を交代させたいのはやまやまだが、かといって、小池では無理だ。
小池が総理大臣にでもなれば、ものの数ヵ月で政権は崩壊するだろう。

小池の「希望」が事実上の解体の憂き目にあうのは、何も党首としての小池百合子の傲慢と失言のためだけでもない。
それは、あらかじめ決まっていたことに違いない。

だから、小池を取り込むために、小沢と前原は、小池を利用して「枝野たち旧民主党のリベラル切り捨て」を画策したというのが真実に違いない。

引退した今も、フィクサーの真似事を楽しんでいる小泉純一郎にとっても、日本の立憲主義の破壊は願ってもないことだ。

できの悪いバカ息子の進次郎を、いずれは総理大臣の椅子に座らせるためには、ジャパン・ハンドラーに大いに恩を売っておきたいからだ。

つまり、改憲によって日本の自衛隊をそっくりいただきたいと考えているワシントンD.C.のディープ・ステートの視点から見れば、小沢一郎も前原誠司も小泉純一郎も、同じ日本側のカウンターパートなのだ。

おっと忘れるところだった。

いち早く民進党を抜け出て「希望」に飛び込んだ長島昭久もまた、前原と同じ民進党内にインストールされたワシントンD.C.のスリーパーだ。

細野豪志と野田佳彦は、能力が欠乏しているため、ワシントンD.C.のおメガネにはかなわなかったようだ。

しかし、ジェラルド・カーティスが、しきりに野田佳彦を立憲民主党に入れるように画策しているようだ。

やはり、ワシントンD.C.のディープ・ステートが小池と前原を使って、民進党内の日本のリベラル潰しをやろうとしていたことは確実のようだ。それが成功すれば、日本の総理大臣の椅子がもらえたかも知れないね。

野田佳彦など、絶対に迎えてはならない。
この男は、民主党を破壊して、どれほどワシントンD.C.に利益を与えてきたのか。その功労は、おそらく安倍晋三以上だろう。

しかし、如才のない政界世渡り上手、細野豪志は、うまくやったと思っただろう。

都ファの若狭勝とともに、小池熱が冷めないうちに、新党立ち上げを画策するも、中途半端に人が良く、いかつい面相に似合わず気弱な若狭が落選。
この人は政治家に向かないので、早く元の生活を取り戻すよう人生設計を練り直したほうがいい。

いちばんの悲劇は、小沢一郎を信じて自由党に入党し、今度の選挙に名乗りを上げようとしたものの、「誰一人も公認しない」との小沢の手の平返しに、何の義憤も表明できない候補者たちだ。

いびつな小沢人気が、将来の国会議員の芽を摘んでいる。

6人が希望や立憲「名義」で当選したものの、後は落選。

小沢一郎が、今まで共に歩んできた仲間を、スパッと切り捨てるのは、今度が初めてではない。
民主党から小沢を慕って脱党した議員たちは、どうなった。そのまま除名で、政治生命を絶たれた議員もいる。

前原誠司の「民進党壊し」を言う前に、小沢一郎の「自由党壊し」も忘れてはならない。

この男は、政治家ではなく、生涯、選挙ゲーマーなのだ。

この後、「希望」の後始末をどうするのかお手並み拝見だ。
責任は小沢一郎にも、のしかかってこなければならないはずが、今度もまた、巧妙にすり抜けるだろうね。

さて、最後になったが、日本を支配しているのは誰なのか?

それは、ワシントンD.C.であり、ワシントンD.C.をコントロールしているローマカトリックの悪魔主義者たちである。

それは、ロスチャイルドのシティー・オブ・ロンドンが、NYのウォール街をコントロールして、東証を操っているのと同じ構図だ。

ウォール街は人工知能によってトレードを行っている。

ローマカトリックもまた、近々、人工知能によってコントロールされる。

これらは、どの国からも制約を受けない世界支配のための「特区」なのだ。

だから、ワシントンD.C.のミッションに従っている自民党の清和政策研究会も、ウォール街の人工知能によって脅されている日本の大企業も、すで無国籍であって、彼らが奉仕しているのは国境など無関係の株主であり、とどのつまりは、国際銀行家集団なのである。

だから、米国の人々も、日本の人々も、貧しくなるのは当たり前の話なのだ。

これに気が付かない政治家は、もう無理だろう。
そして、気が付いていながら、唯々諾々とワシントンD.C.に従おうとしている政治家もまた、国賊と言うべきなのである。





関連記事
       
NEXT Entry
再び踏み絵を踏まされる前原、長島、細野、そして危険な野田
NEW Topics
BTC先物取引開始で富裕層の資金がビットコインに流入!
ドル崩壊のときにビットコインは資産として通用するのか
「超権力」が人工知能を導入する前に各国政府は備えよ!
“イヴァンカ基金”を利用する世銀の策略
IMFの暗号通貨計画と表舞台から姿を消す(?)ビットコイン
[小野寺まさる+産経新聞]←ウソ・おおげさ・ヘイトの3コンボ!
再び踏み絵を踏まされる前原、長島、細野、そして危険な野田
衆院選における安倍・小池・前原・小沢のそれぞれの立ち位置
中国とロシアは膨大なゴールドを背景に米ドルを崩壊させる
なぜ国連と日米同盟は北朝鮮の核開発を放置してきたのか
証人喚問を賭けた安倍昭恵の「逃げ切り」応援演説・山口4区
小池「ベーシックインカム」奴隷制度に狂喜する乞食日本人
サルの選挙-「親ワシントン」ありきの単なるカラ騒ぎ
ラスベガス事件→銃規制→経済崩壊→FEMA
金(ゴールド)で中央銀行の通貨詐欺の外側に避難する
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
『カレイドスコープ』は、よく「目から鱗(うろこ)」と言われます。
このブログは、視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク9-未来世界
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top