カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  「とにかく遠くへ逃げる」をお忘れなく
       

ここ2、3日で出てきた情報は、どれも近い将来を暗示するような重要なものであるばかりでなく、その情報の範囲も広すぎるため、今までのような「いくつかの情報を相互に関連付けて書く」という記事のスタイルでは、まったく見えなくなってしまうと思います。

しばらくの間、書く記事は「点」であり、その「点」をつなぎ合わせて面にしたとき、何が浮かび上がってくるか、ということだと思います。

まずは、福島第一原発の状態

ここ数日、悲観的な分析ばかりで少し滅入ってしまうような京都大学の小出助教の推察が、こんなにありがたいと思ったことはありません。
それくらい今の状況は「お先真っ暗」であるかのように見えてしまいます。

福島第一原発は、さまざまな角度からみて、すでに制御できなくなっているようです。そして、原子炉の状況は、もう誰にも分からないのです。

私のような原発素人の外部の人間が、推測の拠り所としてきたパラメータ(こういうものですが)ですが、今では、このパラメータさえも当てになりません。

パラメータの基となる原子炉の状態を示す東電の計器が正常に作動しているとは思えませんし、これまでも、東電はパラメータを正しく分析することができず、誤報ばかり出し続け、何度も原子力専門家たちを惑わせてきたのです。
東電は、そのたびに「正確な情報を得ることができませんでした」と理由になっていない説明を繰り返してきました。

したがって、当ブログのサイドメニューにリンクを設置している「福島第一原発の状態」の各種グラフについても、すべてではないものの、信用に足るものではありませんのでご注意ください。リンクは、そのままにしておきますが。

1、2、3号機とも、地震直後から炉心が溶け出していて、メルトダウンへ向かって事態が深刻化している状況です。
(東電の言う「メルトダウン」の定義は、格納容器を突き破って、下のコンクリート土台まで核燃料が落ちていること)

「“最悪の事態”ようやく判明」にも書かれているように、1、2、3号機の炉心がすでに溶けているのに、東電が発表しなかったのは、東電の社員が「安全神話」のマインド・コントロールから未だに解かれていないからです。
彼らは明らかに精神に異常を来たしています。そして、これからは、ますます事態を把握できなくなっていくでしょう。

ここまでの簡単な経緯は、3号機が水素爆発した直後に、「東電は情報を隠しているに違いない」と言ってしまったために、しばらく番組から遠ざけられていたNHKの水野解説員が、まとめています。

世の中が気がついて、水野解説員が正しかったことが証明されました。復帰、何よりです。
まあ、みんな知っていたことですが、それをテレビで堂々と言ったか言わないか、ということが解説員の価値を決めるなんてことになってしまっているのです。

こうなると、原子力安全委員会のお遊戯学者、特に斑目委員長、そして原子力安全・保安院の面々は、まともな政府なら、ただじゃ済まないないでしょう。
イタリアでは地震の予測ができなかった学者7人が起訴されましたから。

彼らは、まともな政府でないことに感謝すべきです。斑目は大嘘をついておきながら「私は、いったい何だったんだろう」と、まるで別れ際の夫婦の会話のようなことを言っておきながら、「ここで逃げ出したら末代の名折れだ」とわけの分からないことを言って、続投の意欲満々です。

またまた、迷走発言で国民を危険に陥れ続けると言うのですから、国民新党の亀井静香が言うように「早く、このデタラメ男を更迭」しないと危険です。

ところが、今日になって、吉田福島第一原発所長が、海水の注入は中断することなく、自分の判断で続行していたことが判明。
このことが嘘でも本当でも、どちらでもいいのです。
ただ、「中断の事実はなかったことにしたい人たちがいる」ということは確かなのです。

斑目氏の関心は自分の保身だけですから、ある意味、正直で分かりやすい人です。
すると、「官邸が海水の注入を中断させた」という情報は東電が発したということになります。

吉田福島第一原発所長の証言で、このことが自動的に分かってしまったのです。
つまり、東電と安倍晋三が仕組んだ官邸への罠がばれてしまった。

それで、副社長の武藤栄が東電にとって英雄であるはず(津波による千年に一度の大災害のせいだと言っているのですから )吉田所長を処分するとか、トンチンカンなことを言い出したわけですね。

【吉田福島第一原発所長、処分検討にネットで怒りの声】

菅直人を追い詰めて原発政策の復活を目論んでいたのに、吉田が俺たちの計略を潰した、ということで怒っているんです。

武藤栄。たぶん。

元社長の清水はただの太鼓持ちですから、底が浅い。会長の勝俣は単なる理屈屋。
もう一人の副社長、藤本孝一は、ただの女たらし。
そんな俗人だらけの東電幹部の中で、この武藤の冷血な目は飛びぬけて異常です。

おそらく、地検特捜などに乗り込んでこられたら大変なことになると考えて、ガセネタを流した安倍晋三と東電が手を打ったものと考えていたのですが、状況を見ると、そのように考えざるを得ないのです。

というのは、菅直人がG8サミットで事実上の原発凍結宣言をしてしまったし、これが欧米連合にすんなり受け入れられただけでなく、連合自体も原発政策の凍結を決めてしまったので、民主党を叩いても意味がなくなってしまったのでは?
そんなふうに見えてきます。

ババを掴んだのは安倍晋三、ただひとり。どこかこの人、いつも抜けています。
国会で、「菅が海水注入を止めたから傷口が大きくなった」の一点に絞って民主党叩きをやっていた自転車・谷垣と額賀は、明日からどの面下げて登院するのでしょう。
底の浅い罠で人を嵌めようとするから、こいうことになる。

で、自民が「次の選挙では首相経験者は公認しない」方針とかで、ベテラン排除の動き?

無理もありません。

未だに原発推進したくて仕方がない人たちで、非核三原則の大嘘をつき通してきた人たちだし、この人たちがいると、自民の若手議員は当選できないでしょうし。

自転車・谷垣も、安倍晋三も、これでさようなら、と言いたい。もちろん、押尾事件に関わっていたとされるバカ息子を持つ森喜朗の顔も見ないで済む。

政権与党を批判すべき自民党も、こんな体たらくでは、うっかり東電問題を絡めて追及すると墓穴を掘ってしまうので、腫れ物に触るように軽いジャブを打つだけです。最初から単なるポーズです。

斑目さんも、ずいぶんと国民を振り回してくれましたが、反面、私たちを楽しませてくれました。

こうした状況ですから、国民も腹をくくって、しっかり人生をやっていくためにどうしても勉強しなければならなくなります。

ところで、福島第一原発の現場作業ですが、1、2、3号機にホウ酸を入れたとか入れないとか、一応、再臨界を防ぐ手立ては講じているし、1号機には窒素を入れたとか入れないとか、一応、水素爆発を防ぐ手立ても講じているのですが、すぐに止まってしまうのですから作業は何も進んでいません。

4号機の使用済み核燃料プールからは白煙や黒煙が何度も上がり、4号機の建屋自体が地震のときの地盤沈下によって傾いてきているし、安定冷却しているはずの5、6号機地下からも汚染水が漏れ出している、というし、つまりは既に手が付けられない、ということです。

特に深刻なのが1号機のように見えます。

地震直後からペレットがものすごい速さで溶け出して、圧力容器の底を溶かし、格納容器も溶かしていると見られます。
水を入れても入れても、ダダ漏れしてしまうのですから、これは確定でしょう。
問題は、格納容器の下のコンクリート土台を溶かして、地中どこまで突き進んで行くのか、ということです。

1号機建屋の基礎部分の底には大量の汚染水が溜まっているようで、もし、すでに溶けている核燃料が団子状に固まっていて、下にポットンと落ちたときは水蒸気爆発になるのでしょうし、少なくとも高濃度の汚染水が海洋に流れ出ていくことになります。
こうなると国際海洋法に違反しますから、ますます日本は窮地に立たされるでしょう。

それだけでなく、フランスのアレバ社の如何わしさを見破れずに、汚染水1トンあたりの処理費用2億円を支払うことになってしまったようです。全部の汚染水を処理したら40兆円です。日本の歳入と同額。とんでもない税負担です。
(もちろん、途中からは日本の技術で汚染水処理をやるでしょうけれど)

こんなことなら、早くから使えるタンカー全部をチャーターして、福島第一原発沖合いに待機させておくべきだったし、同時に外に巨大プールを造っておくべきでした。
時間的には十分可能だったでしょうし、40兆円の数百分の一のコストでできたでしょう。

そして、国内の技術の粋を集めて、自前で汚染水の処理をすればよかったのです。
どうも、政府、官僚、学者たちに想像力がないのです。そうなってからでないと考えることができないし動けないのです。
いつもいつも起こってしまってから、一瞬だけ前のほうを向いているだけですから、政治家たちはますます現実を捉えられなくなってしまうのです。

東電は、「溶けた燃料はザラメ状の粒粒になっているので、少しの水でも冷却できているのだろう」と推測していますが、すでに格納容器を溶かした可能性が高いのですから、核燃料は一個の団子状でなくても、なにかしらの塊状になっているはずだと何故考えることができないのでしょう。

それがポットンしたら大変なことになります。
この記事を書いた段階では、最悪のシナリオを書いてみただけでしたが、今は、そのようになってきています。

また、京都大学の小出助教も、これから打てる手立ては、「地下深くまでコンクリの壁を打ち込んで、溶けた塊を壁の中から出さないようにすること」くらいだろうと見ているようです。

で、今後、どうなるのか。
この汚染水が「命取り」になるでしょう。
海洋汚染は隠されているからです。


今は、結局、時間稼ぎをしている状態。長く先に延ばしている。
東電の内部文書によると「フクシマは止められない」と見ているようです。

どうも作業員がいない、ということのようです。

こんな事態になることは誰でも想定していたのに、厚生労働省は、作業員の被曝上限値を年間100ミリシーベルトから年間250ミリシーベルトに一気に引き上げてしまうし、原子力安全・保安院は、東電のスポークスマンをやっているだけだし、原子力安全委員会の斑目は、「言った、言わない」で、未だにしつこく統合対策室に噛み付いて、「僕ちゃん、絶対に辞めないもん」としがみついているし、みんな、我執の虜になっていて、まさしく餓鬼畜生の世界が現出しているのです。

で、私たちは「一抜けた」で、独自に、これ以上被曝しないようにイメージ・トレーニングしましょう。

まず、福島第一原発には溶けていない核燃料がどれくらい残っているかですが、海外の原子力コンサルタント、学者たちは、すでにチェルノブイリと同等の量の放射性物質が放出されたはずだ、と見ているようです。

しかし、その多くが地下や海洋に流れていってしまっています。
海洋汚染の深刻度は他に比肩できないものとなるでしょう。

福島第一原発にある核燃料の量はチェルノブイリ原発の19倍とも言われていますから、まだまだ、メルトダウンしたのは、ほんの一部ということになります。

また、各原子炉の使用済み各燃料プールには、燃料棒が満杯状態と言います。
これから、いつまで放射性物質を流し続けるのか、まったく見当がついていないのです。

もっとも悪い状態では、これから何年も放射性物質が出続け、2年、3年被曝を続けた結果、チェルノブイリの数倍の量の放射線に被曝してしまっていた、なんてことになるかもしれません。

放射線被曝は「注意一秒 怪我一生」と同じ

23日、福島児童の保護者たちは文部科学省に抗議運動を行なった後、議員会館に移り院内集会を行ないました。
そこに参議院の行政監視委員会に出ていた京都大学の小出助教が現われて、集会に参加したようです。

そちらの院内集会のほうに参加された閲覧者の方からメールを頂戴しました。
その方は、前から小出助教に直接尋ねたかったことがあったので訊いてみたとのことです。
ご本人から掲載の了解を得ていませんので、文章はこちらで若干、変えてあります。

「水蒸気爆発が起こる前に、事前に知ることはできますか?
たとえば、原子炉にホウ素を入れ始めたら、それが破局的なシグナルだとか。
この状態ではメディアも、すぐに報道するかどうか分かりませんので」。

小出助教は、このように答えたそうです。
「事前に知る方法は、ないと思います。
ホウ素は臨界を止めるだけのものです。
水蒸気爆発が起きたら、とんでもない爆風とものすごい量の放射能が出ますので、屋内退避してもダメでしょう。一刻も早く逃げるしか他に方法がありません」。

小出助教は、前からこのように話していたのですが、こうして直接、小出助教に質問された方からお便りをいただくと、今この瞬間もとんでもないことが起こっていることが分かります。何より気が引き締まるのです。

原子炉が水蒸気爆発や水素爆発を起こして、その放射能を浴びることは、怪我をしない交通事故に遭うようなものだと思います。
怪我はしないので痛くはないのですが、日が経つにつれてジワジワ後遺症が出てきて、辛いことになってしまう、というような。

車の交通事故は一瞬です。
数時間、ぶっ通しで運転するような長距離ドライブでも、たった5秒程度、前方から目をそらせていれば事故になります。

交通事故というのは、一生の間、何千時間、あるいは何万時間運転するか人それぞれですが、その長い時間の中で、たった5秒の脇見運転によって人生が終ってしまう恐ろしさがあります。

原発も同じですね。
爆発したら、すぐに避難行動をとり、せめて最初の1日、2日くらいは遠くに離れていないと今度ばかりは危険です。
これは交通事故に遭ったのと同じようなものです。

そんなときも、冷静で無駄のない素早い行動が取れるかどうかが今後の人生の明暗を分けるのでしょう。
それも、最初のたった数時間のうちが勝負。

何しろ原発で水蒸気爆発や水素爆発が起こっても、痛くも痒くもないので、自分で奮い立たせて行動しないと、ついつい億劫がって手遅れになってしまいます。
一般の人にとって、原発事故による被曝には自動車保険のような「転ばぬ先の杖」がありませんから、自分でイメージ・トレーニングしておく必要がありますね。

「注意一秒 怪我一生」は原発事故にも当てはまります。

「爆発」をニュースで聞いたら、ガスの元栓を止めて、留守電を解除して、新聞配達所に電話して、郵便局に局留め連絡をして、親類・友人の電話帳を持って、ペットボトルの水を積んで、携帯電話、パソコン、充電器、それにそれに、お位牌も… こんな風に作業手順をリストにしておくといいですね。

東京まで200kmあまり。風速(秒速)3mのそよ風に乗って放射性物質が飛んでくるにしても、1時間に11kmで進んできますので、200÷11≒18時間。
風速10m(かなり強い風)なら、1時間に36km進みますので東京まで200÷36≒5.5時間。
風は上空で舞ったりするので、こんな直線的な動きはしませんが、それでも目安として、こんな風にイメージしておくといいと思います。



【逆浸透膜方式のピュアウォーター】いのちの水 ライフスプリング(Life Spring Water)1.5Lx8本入り(1ケース) - 比良山系の地下水を逆浸透膜方式の浄水システムで限りなく純水に近づけたきれいで安全な長期保存水
ライフスプリング
2,880円 
  
【逆浸透膜方式のピュアウォーター】いのちの水 ライフスプリング(Life Spring Water)1.5Lx8本入り(1ケース) - 比良山系の地下水を逆浸透膜方式の浄水システムで限りなく純水に近づけたきれいで安全な長期保存水




関連記事
       
NEXT Entry
海の食物連鎖「濃縮しない・蓄積しない」- 水産庁
NEW Topics
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top