カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  東京湾にある原子炉と直下型地震
       
20110718-4.jpg

「原子炉は、あなたのすぐ隣にある!」

大阪芸大の純丘曜彰教授の記事、「原子炉は、あなたのすぐ隣にある」。

/研究用原子炉は東京や大阪の町中にも隠れている。廃炉にしたと言っても、じつは、汚染した解体廃棄物のゴミ屋敷として残っている。運転中のものも、福島原発より古い老朽施設だ。新しいことをする研究費があるなら、まずきちんとこれらの後始末にカネを使いなさい。/

と、純丘教授は“臭いものに蓋をしない”人々を痛烈に批判しています。

企業や大学の研究用原子炉は、こんなにたくさんあります。

20110701-3.jpg

画像クリックで文部科学省のホームページへ
※東京大学の「弥生」は、上の図では「稼動中」になっていますが、すでに平成22年度末を目途に運転の停止が決定しています。しかし、3月11日の地震発生時に緊急停止したまま。

●立教大学、東京都市大学の原子炉はすでに廃炉になっているものの後始末できず

立教大学立教大学原子炉RUR」(所在地:神奈川県横須賀市長坂2-5-1)は三浦半島の相模湾側、武山駐屯地の隣に位置しており、1961年の初臨界の後、40年間稼動しましたが老朽化がひどく、2001年に停止、2003年には2003年廃止届、2007年には廃止措置計画が認可されたものの、後片付けに手間取っているようです。

20110701-7.jpg
立教大学原子炉「RUR」

そのうえ、その作業の途中で、あるはずのない放射性物質が見つかるという、これまでの管理の杜撰さも発覚。
結局、現状は手付かずのまま放置のゴミ屋敷状態。

この原子炉の出力は100キロワット
都会の原子炉」として、いまだに住民は不安で眠れないとも。

東京都市大学(旧武蔵工業大学)の「TRIGA」(所在地:川崎市麻生区王禅寺971)は、89年12月にタンクの水漏れ事故を起こしたのをきっかけに運転を停止。
2003年に廃炉が決定し、燃料をすべて搬出した後、現在は設備や機器を施設内で管理中。“残務処理“に取り掛かっています。

周辺は宅地開発が進んで、住宅地域も近く、「安全神話」が崩れた今、住民へのPRに努めているということです。
出力は立教大学の原子炉と同じ100キロワット

20110701-6.jpg
東京都市大学の研究用原子炉「TRIGA」

●大学の実験炉で現在も稼動中の原子炉は、京都大学と近畿大学のものだけ

茨城県の東海村にある東京大学の原子炉「弥生」は原子力研究教育施設として、1967年に当時の文部省令で設置されましたが、現在は3.11東日本大震災のときに自動停止したままとなっています。

20110701-11.jpg

ということで、今現在も稼動中の大学の原子炉は全国で京都大学近畿大学のものだけです。

特に京都大学の原子炉実験所の「KUR」。
これは。なんと5000キロワットという大学の実験炉として信じられないくらいの大型。立地は巨大な中央構造線断層帯のちょうど真上に位置しています。

想定する地震の規模はマグニチュード7.8、震度6ということですから、阪神淡路大震災が大阪で起こっていたらと思うとぞっとします。

同じく、京都大学には臨界実験装置「KUCA」がありますが、こちらは1キロワット。

それに近畿大学の「「UTR-KINKI」のみとなっています。

この京大の実験所、実験装置のある敷地の隣に、原子炉ではありませんが、原子燃料工業株式会社というウラン燃料の成形加工工場があります。

これは住友電工の核燃料部から事業を移管されたもので、関西電力をはじめ、九州電力、四国電力、北海道電力、日本原子力発電の国内5つの電力会社が保有するPWR型軽水炉用燃料をつくっています。
西日本の原子炉で使われる燃料棒をつくっているわけです。
今までの実績は8,262体(2010年3月末現在)。

出力のいちばん小さい研究用原子炉は、近畿大学の本部キャンパス(所在地:東大阪市小若江3-4-1)の中、附属幼稚園と南グラウンドの間の区画にある「UTR-KINKI」。出力1Wの超小型のもの。しかし、地図から分かるように隣は住宅街です。
ただし、京大の小出助教に言を借りれば「豆電球しか点かない“原子炉のおもちゃ”。それほど危険はない」。

去年の9月には、原発推進派にして「日本核武装論者」の安倍晋三が、この研究用原子炉を訪問。安倍晋三の「核への執着」が見て取れるようです。

20110701-10.jpg

このとき、安倍晋三を出迎えたのが伊藤哲夫所長

福島第一原発の1号機、3号機が水素爆発したわずか5日後は、読売テレビの番組に出まくって、
54100ベクレル/kgの放射能汚染ほうれん草を84kgも食べないと、100ミリシーベルトの数値に達しない。
だから、汚染されたほうれん草など、気にしないでどんどん食べてください。健康にまったく影響しない」
と必死の形相で視聴者に叫んでいた近畿大学の伊藤哲夫教授のことです。

いわゆる「ミスター100ミリシーベルト」の異名を取る学者たち(100ミリシーベルトを言っているのは、この中に少なくとも5人います)の一人です。

そして、なんと小泉純一郎の郵政解散選挙の参謀として暗躍し、小泉政権時代の闇に封印をする役目をおおせつかった安倍晋三にさまざまな進言をしてきた世耕弘成参議院議員が、この近畿大学の副理事長を務めているのです。
(以下追記)そして、2011年10月、前の理事で実父の世耕弘昭の死去に伴って、この近畿大学の理事長に就任しているのです。
自民党の原発族との深い結びつきを示すものです。

世耕弘成といえば、米国の広告代理店でマインド・コントロールの手法を学び、「B層作戦」で郵政解散選挙を圧勝に導きました

多国籍企業(グローバリスト)→CIA→電通→世耕と、お膳立てができていたとはいえ、2ちゃんねるの掲示板にアルバイトを使ってまで小泉を当選させた緻密な戦術はなかなかのもの。
「工作員」という言葉は、この頃からよく使われるようになったようです。

日本の研究・教育用原子炉については下の表にいろいろ書かれてあります。

画像クリックで拡大
20110701-9.jpg
表はこちらから

東京湾の原子炉は三浦半島の活断層地震、東京直下型地震に耐えられるのか

神奈川県には原子力発電所がない代わりに、大学、企業の実験用原子炉が集中しています。

先の東京都市大学の研究用原子炉「TRIGA」(所在地:川崎市麻生区王禅寺971)、立教大学の「RUR」(所在地:神奈川県横須賀市長坂2-5-1)、そして東芝、日立といった原子炉メーカーの研究炉があります。

このうち日立エンジニアリング(株)王禅寺事業所(川崎市)の非均質型原子炉は現在、廃止措置中。
 (株)日立製作所 電力・電機開発研究所・王禅寺分室(川崎市)の非均質型臨界実験装置も廃止(解体済) で、残るは東芝の原子炉のみ。

羽田空港の向かい側、アクアラインの入り口の埋立地「浮島」(川崎市川崎区浮島町4-1)にある東芝原子力技術研究所TTR-1(100キロワット)は、2001年に廃炉となり、主要施設は解体済み。

20110717-1.jpg

しかし、同じく東芝原子力技術研究所の臨界実験装置NCA(最大200キロワット)の方は稼動中。

200キロワットは、実験炉としてはそこそこの大きさである上に、立地の「浮島」の名が示すように埋め立て地に建てられているのです。
地図から分かるように、隣は東燃ゼネラル石油の巨大コンビナート。

東日本大震災のときに、千葉県市原市のコスモ石油コンビナートが大炎上しましたが、もし東燃のコンビナートで同じことが起きれば、東芝原子力技術研究所には人間が立ち入ることはできなくなるでしょう。

3.11の巨大地震直後から、東京直下型地震の発生を警告する専門家たちが増えています。
以前から、東京湾の埋立地の液状化を心配する声が上がっていますが、特に川崎市の埋立地は歴史が古いだけに液状化の前にはまったく無力だといって言いと思います。

神奈川県の液状化想定図は川崎市の湾岸部は液状化の可能性がもっとも高いことを指摘しています。

20110717-2.jpg

また、地震による津波にも、まったく脆弱です。
浮島は海抜2mもないので、浸水マップによると、わずか4mの津波で水没してしまいます。

20110717-3.jpg

放射線量もこのスポットだけ川崎地区(モニタリング・ポスト)設置場所・環境放射線リアルタイム表示が示すように、年間を通じて周囲の1.2~1.6倍程度の線量となっています。

20110717-4.jpg

この東芝原子力技術研究所の臨界実験装置NCAは、2004年7月、中性子の量が設定値を超えたために自動停止しています。
3月11日、東日本大震災の大揺れのときは稼動していなかったようですが、それでも微量とはいえ、放射性物質が年中、大気中に放出されているということになります。

川崎市には、東京都市大学の原子炉、日立、東芝の原子炉や臨界実験装置など計5基の原子力関連施設があります。
東京都市大学日立の施設は廃炉になったり、すでに停止しているとはいえ、※「停止措置中」ということになっています。
つまり、核燃料を取り出すことができないまま、「自然冷却」に名を借りた放置状態にあるわけです。

※日立製作所 電力・電機開発研究所・王禅寺分室(川崎市)の非均質型臨界実験装置のほうは解体済み。

とてもではありませんが、これでは「安全な状態」になったとはいえません。

原発銀座・川崎市は、福島第一原発周辺の瓦礫の受け入れをいち早く表明したことで物議を醸しました。
きっと放射能については「免疫」ができているのでしょう。
それとも麻痺しているか。

ちなみに川崎市の市長は福島県の出身だそうです。

三浦半島の核燃料製造会社でトラブル続出

三浦半島の横須賀市にも原子炉ではありませんが、核燃料製造会社があります。
㈱グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン(略称 GNF-J 神奈川県横須賀市内川2-3-1)で、なんと京浜急行の久里浜駅から1.3kmのところに位置しています。

この会社のホームページによると、
「当社の前身、日本ニユクリア・フユエル株式会社(JNF)は、米国GE、東芝、日立製作所出資の原子力発電用燃料製造会社として、1967年にここ久里浜で操業を開始いたしました。

1971年に国産初の燃料を供給して以来、燃料メーカーのパイオニアとしてこれまでに7万体を超える燃料を国内各地の原子力発電所に納入し、国内電力の安定供給に寄与して参りました。

2000年1月1日には出資3社から営業・設計・開発部門が移管され、新たに米国GEグループ企業の株式会社グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン(GNF-J)としてスタートし、燃料のみならず炉心管理技術他関連サービス、またMOX燃料 の設計・品質管理も行っております。

米国ノースカロライナ州には米国側の拠点となるGNF-Aが米国および世界各国向けに燃料および周辺技術の提供を行っ ており、日米を拠点としてグローバルなスケールメリットを活かしての企業活動を展開しております」


とあるように、米国GE社製のマークⅠ型原子炉に核燃料を供給するために作られた会社です。
日本で稼動している原子炉の多くが、欠陥原子炉と言われ、もともと構造的に水素爆発しやすい危険性を内包しているGE社製のマークⅠ型と、その「改良型」です。

日本の原子力産業は、GE社(ユダヤのモルガン財閥系)にとっては巨大なマーケットになっただけはなく、懐に核の時限爆弾を抱え込まされたのです。欠陥品の上に老朽化という。
こうして、ユダヤに日本の原子力産業はコントロールされてきたのです。

こうした歴史的背景を知っていると、福島第一原発のサイトを警備する、ほとんど傭兵とも言っていい男たちがイスラエルの警備会社から派遣された人々であることも何ら不思議ではないのです。
(原発へのテロ警戒活動と同時に、東電の動きを監視しているのです)

このことを日本の政治家が研究しなければ、日本はいずれ原発によって自滅してしまうかも知れません。
東電の元社長、川木田一隆は原子力の本質を知っていました。

このブログでも、「原発は悪魔である」と書いてきましたが、このことを言っているのです。
政府も福島の人々も、両方とも深い洗脳にかかってしまっていて原発の悪魔から逃れられません。だから、なかなか復興へ歩を進めることができないのです。

菅直人の行政手腕には大いに問題ありですが、しかし、彼は少なくともこのことを知っているように見えます。
ただ、彼は極度のストレスから思考停止に陥っているばかりか、今まで官僚を敵に回しすぎてしまったので、彼らのサボタージュに苦しめられる結果となっています。

菅直人が鳩山(が一方的に菅退陣の約束を取り付けたと思い込んでいる)との取り決めを簡単に破ったのは、鳩山がフリーメーソンの傀儡であることを知っているからです。

少なくとも、ミチオ・カク氏と同類の鳩山由紀夫より数段、菅直人のほうがマシ。
人々は原発に関しては表層部分にこだわりすぎているために、マインド・コントロールから覚めることができません。

古代バビロニアの数秘術では、Plutonium(プルト二ウム)は18=〔666〕NuclearHell(核の地獄)も〔666〕になります。
原子力産業に関係する企業名のつづりを数秘術で計算してみると、きっと驚く結果になると思います。

さて、日本中の原子炉で燃料となる核燃料棒を製造しているグローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン社ですが、これも度重なる事故を起こして、何度も国の立ち入り検査を受けています。

2008年に核燃料の原料となる「二酸化ウランペレット」を製造する過程で、ウランを供給する金属製管からウラン粉末約8グラムが飛散し、1人が被曝。
そのわずか1ヶ月後の8月にも加工過程で出る不要なウランの回収の際にウラン溶液が飛散、2人が被曝してしまいました。


神奈川県は東芝の原子炉がある川崎市と、この横須賀市に緊急事態応急対策拠点施設を設置。
川崎市5ヶ所、横須賀市8ヶ所にモニタリングポストを置いて原子力事業所周辺の放射線を監視しています。

同社の立地も地震のときに液状化が起こる可能性がもっとも高い区域にあり、海抜も4mほど。
久里浜は海岸から内陸へ緩やかな谷状になっているので、津波に襲われたら、かなり奥まで海水が到達するでしょう。

20110717-5.jpg

さらに悪いことに、この工場は東日本大震災の揺れで地震の可能性が高まったと専門家が指摘する活断層のすぐ近くに建っているのです。

20110717-6.jpg

もっとも危険であると言われている衣笠断層のすぐ近くにあるのです。

この三浦半島断層群がずれて地震が起こった場合、その規模はマグニチュード(M)7前後
神奈川県の被害想定によると、冬の午後6時に発生した場合、県内で4350人が死亡、建物約25万棟が全壊すると推定しています。

県は2010年度からスタートさせた地震防災戦略で、耐震化の促進などを通じて死者を半減以上とする目標を掲げています。
「死者を半減することが目標」とは、事態は差し迫っているのでしょう。

三浦半島断層群が地震を起こす確率が高まったとして、横須賀市長が住民に一層の危機意識を喚起しています。 

20110718-1.jpg

神奈川県の作成した「津波伝播アニメーション」(上の画像をクリック)によると、関東大震災(震源は東京都の真下ではなく相模湾)のときと同じような地震が相模湾で発生した場合、鎌倉には8分後、三浦半島の久里浜辺りには10分後に津波が到達するということになります。
これでは、ほとんど逃げる間もなく津波が襲ってくるということになります。

20110718-2.jpg

関東大震災の震源域は上の地図のとおり。
実際は、関東大震災というより、「相模湾沖地震」と言うべき地震でした。
【関東大震災の素顔】

明応7年(1498年)に、この付近で3.11東日本大地震に匹敵するような巨大地震が起こりました。
鎌倉の大仏殿舎に高さ15mくらいの津波が到達して、重量の重い大仏だけ残して、殿舎は跡形もなく流されてしまったのです。

20110718-3.jpg
写真は「猫の手おじさんの日誌」から

残された大仏殿の支柱は、今では観光客の椅子になっています。

明応の巨大地震では、津波による死者は5万人とされています。
当時の日本の人口が約1000万人と推計されていますから、いかに凄い津波だったか想像できます。
3.11東日本大震災が、もし相模湾で起こっていたら、犠牲者の数は数倍になっていたでしょう。

明応の地震以後、相模湾岸の市町村は元禄地震(1703年)と関東大地震(1923年)と二度の大地震に見舞われていますが、幸運なことに、関東大震災のときは津波による被害は出ませんでした。

しかし、今、3.11の大揺れのせいで、同じ震源域で地震の発生確率が高まったというのです。
石原東京都知事が「大阪副首都構想」を打ち上げて、大阪の橋下知事と合意しました。

鎌倉市は観光都市ですので、鎌倉市都市景観条例によって高さ10m以上の建物は建てられないことになっています。

相模湾岸で巨大地震が起これば、わずか10分以内に津波が襲ってくるのですから、山などに逃げる時間などありません。人口集積地でもあるので、たちまち道路は車で渋滞し、身動きが取れなくなるでしょう。
鎌倉市は、地震については、まったくといっていいほど対応できていません。

黒岩知事は「脱原発」の旗印の下、メガソーラー構想協議会の副会長として精力的に活動しているのですが、同時に、地元の核関連施設に対する安全基準の見直し、海岸地帯の津波対策にも着手して欲しいものです。

グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン社では作業員のイージーミスを連発しています。
この工場の立地は海抜4mもないのです。三陸を襲った大津波がやってくれば、引き波によって、核燃料棒が根こそぎ海にもっていかれるでしょう。

そうなれば、少なく見積もっても東京湾と相模湾は、半永久的に死の海になってしまうのです。




【超大容量5600mAhのリチウムバッテリー 
太陽光充電池】太陽からも、USBからも充電OK 
緊急時の充電にもバッチリ使える!ブラック(961-1)

three-beans (Rechargeable battery)
4,800 円   

  

【超大容量5600mAhのリチウムバッテリー 太陽光充電池】太陽からも、USBからも充電OK 緊急時の充電にもバッチリ使える!ブラック(961-1)




関連記事
       
NEXT Entry
セシウム牛と福島県の「仮面牛肉」
NEW Topics
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
旧ジャパンハンドラーに駆け込んで日本叩きを依頼する橋本徹
トランプ政権は「リアル・ディープ・ステート」のエピゴーネン
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
財務省を中心とした官僚たちの「安倍おろし大作戦!」
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top