カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   ニュース一般  »  フリーメーソン・グッズ
       
世界中には、さまざまなフリーメーソン・グッズが出回っています。
その一部をご紹介します。

●ロレックスのフリーメーソン置き時計




裏側に秘密の儀式を行う蜀台と、プロビデンスの目? イルミナティとの混成デザインか。




サイト:http://rorenodorei.blog.drecom.jp/archive/1301


●ロンドンのロッジ内にあるお土産物店







サイト:http://d.hatena.ne.jp/parisienne75/20090924/1253804123

●モーツァルト フリーメーソンに捧げる曲


アメリカで売っているフリーメーソン・グッズ
http://hcusa.blog104.fc2.com/blog-entry-165.html


ロンドンでフリーメーソン本部を見学
http://d.hatena.ne.jp/parisienne75/20090924


最近、「ダヴィンチ・コード」から始まって、メディアでのフリーメーソンやイルミナティの露出が急激に増えています。ちょっと不自然さを感じてしまいます。
「秘密結社」でもなんでもない、ことを印象付けようとしているようです。
ただ、フリーメーソンの入会の儀式では、今でも本物の髑髏を使っている、といいます。
申し訳ないのですが、私からすれば、やはりまともな結社ではありません。

まあ、事実、NWOからすれば、もうこの組織は「終わった」のでしょう。「切捨て候補」。
日本でも、ここ数年は、フリーメーソンの講演会や入会のガイダンスを全国数箇所でやっているようです。
ただ、こうした「スタッフ」たちは末端の人たちで、上層部の意向など知る由もないに違いありません。





関連記事
       
NEXT Entry
ブッシュ逮捕とNESARAとマシュー君
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top