カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   次元の壁  »  魂の波動を上げる
       

なにより厄介なのは、デーヴィッド・ロックフェラーが「どうであれ、世界政府を創り、一つの政府、一つの宗教の下に世界を支配する」と国連に宛てた書簡の中のメモに書いていることです。
このメモは、実際にネット上で公開されています。

また、同じく狂人・ニック・ロックフェラーも、友人のアーロン・ルッソ監督に「我々の最終目標は全人類にチップを入れることだ」と明言しています。

冷静に考えてみると、チップを全人類に入れることなど不可能であることぐらいすぐにわかります。ただし、NWOの連中は、チップだけでなく、さまざまな方法で人類をコントロールしようとしていることは事実です。

彼らは、こうした恐怖を植えつけることによって、人々の判断力をなくし、自分たちの有利な方向に導くことができるということを知っているのです。

こういうことを、過去、何度も繰り返しているのです。
人類に恐怖心がある限りは、これからもそうでしょう。同じ方法で、単純な手段で…。

しかし、このなりふりかまわぬ振る舞いは何でしょうか。何を焦っているのでしょうか。
不思議です。

繰り返しますが、米国だけは分かりませんが、日本、中国、インド、インドネシアなどのアジアの人口大国を支配して、すべてにチップを入れることなど不可能なのです。

まして、全人類を10億人まで減らすことなど、100%不可能です。もし、それが起こったとしたら、それは神の采配によるものです。それを勝手に「自分たちがやった」と思い込むのは自由ですが。

何十年も前から、「全人類にチップを入れる」ことを公言しています。このことによって、人類が恐怖心を抱き、自分たちに有利な状況をつくりたいからに他なりません。
でなければ、早々と手の内を明かすようなことをしますか? 第一、肝心の私たち自身が何も勘付いていないうちから、です。変ですね。

たかだか全世界で1万人程度の貴族の末裔たちが、人間を騙し続け、ここまで世界支配計画を遂行できたのは、「彼ら」が強大で優れた頭脳を持っていたからではありません。

まして、彼らの神・ルシファーが、正神に戦いを挑んで勝利しそうになっているからではありません。
私たちが、知ることを怠ったからです。

「彼ら」の最大の弱点は、希望がないことです。
希望はビジョンを描きますが、希望がなければ、そこには何もありません。

ビジョンが描けない(希望への想念が出せない)ということは、何かを参考にして、そのとおり実行するか、あるいは常に教えもらう必要があるのです。
それが聖書であり、ルシファーだったりするのでしょう。
だから、もう二度と「彼ら」は自分の力で希望のビジョンを持つことはありません。

ですので、負のエネルギーを貰っている低次元地獄層の四次元最下層が押しつぶされて、消えてなくなってしまうのですから、悪の源泉も消滅することになります。
したがって、「彼ら」は思考することのないロボット、あるいは幽鬼となって彷徨うのです。
これが「彼ら」の末路です。

彼らがもっとも苦手とすること、それは「希望のビジョン」です。

ただし、気をつけなければならないのは、「彼ら」はとっくにこのことを自覚しているので、偽の希望を私たちに仕掛けます。
それがオバマの「核廃絶」であり、男女共同参画・ジェンダーフリーだったりするのです。

これは希望などではありません。

男性と女性は、最初からまったく役割が違うのです。そのように神が創ったからです。
「平等の誤謬」という罠をしかけ、本来、神から与えられた男女の素晴らしき「差異」から目をそらそうとする姦計に他なりません。これは確実に希望と見せかけた破滅への罠です。

私たちは、「現在」を見て恐怖し、不安になっているだけです。
「現在」とは、高次元の世界から見れば、「過去のこと」なのですから、私たちは「影」に怯えているだけということになります。

厳しい見方かもしれませんが、私たちが、あまりに怠惰で愚かだったせいで、「彼ら」の計略にまんまと嵌められてきただけです。

「人を疑うな」とか、「人を信じることは美しい」などという「彼ら」の仕込んだ美辞麗句をそのまま信じ込むほど、愚かだったからです。
真の英知とは、「簡単に信じないこと」なのです。これは、猜疑心とは別のものです。

五次元以上の高次元で繰り広げられていた神々(魂)たちの戦いは、すでに決着がついており、神がルシファー軍団を完膚なきまで打ち負かしてしまったといいます。
(戦いの姿とは、現界の戦争のようなものではなく、波と波のぶつかり合いのようなもの)

たとえれば、チリで地震が発生して、津波が一昼夜かけて太平洋を渡り、日本に到達するのと似ているのでしょう。
高次元(神界)から、六次元→五次元→四次元(幽界)→三次元というように、次々と戦いの不調和波動の「津波」が現実界にこれから押し寄せてくるところです。それが過ぎると、きれいな高い振動数の波動が、三次元に伝播するようになるはずです。

いま、最大の大波がちょうど四次元の幽界を過ぎて、いよいよ三次元の境界を越えるところです。ですから、幽界の魔物(低級霊、本当にいます)たちは、次に振動数の高い綺麗な波動が来ることを知っているので、三次元に「避難」してきているのです。これが「憑依」という現象です。

今の芸術家は「魔界」からインスピレーションを受けています。それを芸術と言うのかどうか…。
TM瞑想とか、チャネリングなどとか、どうしてわざわざ「魂の自殺」をしたいのでしょうか。

魂の「在り処」を知り、自分の生き方を悟り、かつ安心立命の境地にまで至ることができれば、何も怖いことはなくなるでしょうね。「生き死に」が分かった人は、静かではあるけれど、真の明るさがあるものです。この光にこそ、私たちが学ぶべきであり、また尊敬すべきことです。

自殺者だけでも年間3万人超、行方不明者も含めると10万人が消えている日本。もっとも日本だけではなく、世界中の傾向ですが。これも「憑依」されて引きずり込まれているのです。

かつてないほどに、凶悪事件が連続して起こっているのも、「悪霊の憑依」によるもので す。

以前は、低級霊といえども、まったく縁もゆかりもない人には憑依することが難しかったのですが、最近、私の周囲の人(体験者)の話を聞くと、まったく縁がなくても憑依されることもあるらしいので、注意です。

といっても、どうすればいいんだ?

そのために、想念を変える。波動を高い振動数のものに変えると、憑依されなくなりますし、憑依していた低級霊も悪さができなくなり、無害化します。
といっても、三次元の波動の低い世界に生きている私たちには、なかなかできることではありませんので、心の中で「私はあなたに関係ないので、取り憑かないでください」と強く思い続ければ、スッと離れていきます。私は、よくこれをやっています。

少しでも高い波動に変えるために、人為的に訓練しても、かえって憑依されやすくなるだけです。「我を救いたまえ」・・・ここに邪が入り込んでくるのです。

密教の修験者が滝行をしたりして山にこもっても何にもなりません。霊能力があっても、ほとんどが魔界からのものです。最近、生臭坊主が増えたことも、そういう理由です。

私が描く「魔界と悪魔」のイメージ:

20100313-1.jpg

私が描いている魔界のビジュアル・イメージ。
幽界(四次元)の中に あり、人間や動物の恐怖の念、悪念などをバキュームカーのように 吸い上げて、貯蔵する領域です。この領域を統括しているのが、悪 魔(ルシファー)です。

ただし、悪魔は形があるわけではなく、この暗黒の想念の雲を、「ある決まり」によって形づくる「生産工場の工場長」 のようなものです。それは秩序を持っているものではありませんが、 意識体であることは確かなのです。

悪魔に取り憑かれた神学者たちが、ヒトの形として焼きこんだもので、 これによって、悪魔(ルシファー)は、いっそう私たちの身近に存在にな ってしまったのです。

「ある思念」とは、恐怖・憎悪・傲慢といった破壊的思念のことです。悪想念の再生産が行われているのです。この支配者がルシファーです。 つまり、悪魔とは「私たち自身」のことであり、私たちの吐き出す悪想念の 集合体。
そして、それが意識を持ったものです。

こうした想念を引き寄せるためには、同じように悪想念を心の中に持てば簡単に手に入れることができるし、「奇跡的な悪事」を成すこともできます。
そして、最後は、自分の悪想念によって自滅するのです。

私の知り合い、友人に、俗に言う霊能力のある人が多く、中には小さな宗教の教祖もいます。私は一切、そういう類には近づかないので、彼らの「人として楽しい面」とだけつきあっているのです。

これらの人々は、日常は、ごく普通の人なので、私も屈託なく冗談話をするのですが、やはり、どことなく暗い影が見えます。彼らが持っているのは、大方、魔界からの力です。

といって、彼らが「悪心」を抱いているわけではありません。本当に心根はいいのです。でも、憑依されているのです・・・

もともと、霊能力などという、つまらないものは必要ないのです。大切なのは、本当に高い次元からのインスピレーションだけです。
どうしても、霊能力を身につけたければ、絶海の孤島で半年も暮らしていれば身につきます。経験者が言うのですから間違いありません。

とにもかくにも、インチキ憑依の講師が教える教室に通ったり、メディテーション・センターに通ったりすることは、控えたほうが賢明です。

幽界が比較的綺麗な昔ならまだ良かったのですが、現代は、あまりにも幽界が汚れすぎてしまっているので、ほぼ必ず憑依されてしまいます。現代人には霊的な抵抗力がありません。だから、なおさら危険なのです。

波動を高めることを目的にすると間違いを犯しますので、純粋に「相手」のことを考えることができる心持ちになることのほうが人として自然で、実りある人生になります。

心から好きな人がいる人は、それだけで高い波動を出しています。その人に、良くなってもらおうと毎日考え、実行するだけで波動は高くなります。ただし、「純粋に」です。「束縛、見返り」を期待することは悪想念となります。

残念ながら、ほとんどの人には「打算」があります。それを「純粋」と勘違いしているうちは、波動は低いままです。そういう人に巡り合うまでは試練かもしれません。

しかし、人間には、何らかの「打算」があるものだ、と認めてしまえば、楽になります。
それは「悪魔の誘い」などではなく、
「しょせんは、どこまでいっても人間だ」という悟りに似ていると思います。





千の風になったあなたへ贈る手紙 (朝日文庫) (文庫)
「千の風」手紙プロジェクト 著 新井 満 監修 609円  2010年3月31日まで送料無料 

千の風になったあなたへ贈る手紙 (朝日文庫) (文庫)





関連記事
       
NEXT Entry
レプティリアン考①
NEW Topics
「中央銀行の仮想通貨から、うまく逃げおおせろ!」
乗っ取られたワシントンと日本の「ディープ・ステート化」
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(2,3)
トランプ、ル・ペンは大イスラエル帝国建設への道を歩む(1)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その2)
米国による「北朝鮮の核とEMP」幻想が招く極東有事(その1)
シリア「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(2、3)
シリアの「サリンガス大量虐殺の真相」と迫る北朝鮮Xデー(1)
預金封鎖時代の「金(ゴールド)」に裏付けられた仮想通貨
仮説「森友」-頭の体操
避難者に被曝を強要する外道大臣こそ「日本から出ていけ!」
昭恵逃亡・・・森友避ける公明と役所に浸透している関西同和
加計学園グループの客員教授・馬渕睦夫氏の「人心操作」
5月1日、メイデー! メイデー! メイデー!アメリカ!
自民議員“薬物逮捕”と維新議員“薬物逮捕” 間近か!?
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top