カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   内部被曝  »  とても危険!除染作業での内部被曝を避けよう
       
20110831-13.jpg

南相馬市の八沢幼稚園での除染作業。これは業者。

(写真はJapan TodayBoston.comから転載)

除染作業員50万人のうち2万人が死亡して、20万人が放射能障害に苦しんでいる、という現実

チェルノブイリ原発事故から25年経った今も、現地では除染活動が続いています。

当局は、ウクライナとベラルーシの国境にまたがる半径30km圏内を立入禁止区域にしました。
現在は、約3500人の除染スタッフが毎日この圏内に入ってきて、事故現場の監視や除染、警備を行っています。

除染作業は最低でもあと50年間は続けられることになっています。
気の遠くなるような話ですが、日本でも、これから本格的な除染作業が始まります。何年も何十年も、それは続けられます。
【チェルノブイリの遺産】

チェルノブイリでは多くの除染作業員が動員されました。
そして、新たな内部被曝の悲劇が、ここから始まったのです。

下の動画の08:40からご覧ください。

チェルノブイリ原発事故の放射能汚染による被爆者と石棺


除染作業員には、何年も何十年も経ってから健康障害が顕れ、仕事もできず、国からの十分な補償もなく、数年後には「棄民」扱いになっているのです。

まだ、若いのに容貌は老人のように衰え、自分で動こうという気力も萎えてしまっています。

チェルノリブイリでは、放射線障害の恐ろしさなど何も知らされないまま軍人や警察官が除染活動に投入されました。
爆発直後の、こうした作業員は全員、まもなく亡くなったのですが、次の段階の除染作業に担ぎ出された人々は、ガンや、放射線による内臓の機能障害、脳神経障害に今も悩まされ続けて入ます。

その数は、軍の発表によれば、「50万人の除染作業員のうちのほとんどが何らかの症状を訴え、病院に通っていたが、やがて早い時期に2万人が死亡、20万人が今でも障害に苦しんでいる」。

残りの約30万人の人たちにも不安は残ります。

(公式発表では犠牲者は59人ということにされてしまっていますが、現場作業員50万人と避難した13万人に対して調査を行ったことがないので、実際は2万人以上と言われています)。

チェルノブイリでも福島と同じく、初期の段階でIAEAが介入してきて、「心配ない、ただちに健康被害はない」を繰り返したのです。
日本では、猪八戒・枝野という、どこかの考えなしの男が、この役目を引き受け、数百万人の日本人、外国人を被曝させました。
IAEAは、そういう組織であることを、くれぐれも承知しておく必要があります。

20110831-2.jpg

チェルノブイリ原発事故(原子炉の爆発)が起きたのは、1986年4月26日。
この写真が撮影されたのは、1986年8月。約4ヵ月後のことでした。
この除染作業で、大勢の人たちが亡くなっていったのです。

フクシマとチェルノブイリとは、線量が違う?
ところが、福島は場所によってチェルノブイリ以上の汚染スポットが見つかっています。

8月30日に、文部科学省が福島県の「放射線量等分布マップ」を発表しました。(リンク先をスクロールダウンしていってください)

セシウム134とセシウムウム137の汚染度マップがあります。
セシウム134の物理学的半減期は2.06年(約2年)、セシウム137の物理学的半減期は約30年です。

ここでは半減期の長いセシウム137の土壌汚染度マップを見てみます。
下の画像です。
画像クリックで拡大
20110831-8.jpg

下は見やすいように一部を拡大して切り取ったものです。(画像の上をクリックで拡大)

20110831-10.jpg

赤丸は測定したポイントで、3000K(キロ)ベクレル以上。
つまり、1平方メートル当たり300万ベクレル以上のセシウム137がある、ということです。

国会の質疑応答でも、よく使われるこの汚染マップを作成した群馬大学の早川由紀夫教授が、三改版を作成しました。

画像クリック
で、三改版拡大
20110831-11.jpg

その早川教授によると、福島第一原発から放出されたセシウムに関して、134と137は、ほぼ等量ということなので、ここでは細かい計算はせずに、セシウム137のマップで、赤丸(300万ベクレル/m2)のところは、大雑把に、その倍であると考えればいいと思います。

チェルノブイリでは、セシウム134は、ほとんど放出されず、大部分がセシウム137であったということですから、両方を比べてみるといいと思います。

その比較マップが下です。
画像クリックで拡大
20110831-12.jpg
早川教授のブログ「フクシマとチェルノブイリの比較」より

一目瞭然です。
福島県には、「濃縮された“チェルノブイリ地帯”」があるのです。

チェルノブイリの居住禁止区域は、1平方メートル当たり148万ベクレル以上。
厳戒管理区域(強制的移住区域)は1平方メートル当たり55.5万ベクレル以上ですが、飯館村、大熊町では、チェレルブイリと同等か、それ以上に汚染された地域が見つかりました。

東日本大震災:土壌汚染マップ作製 セシウム蓄積、福島・大熊町で最高値

最も高かったのは、原発がある大熊町で、土壌1平方メートル当たり1545万ベクレル。
これはセシウム137だけの値ですから、セシウム134とあわせると、そのほぼ倍。3000万ベクレル。
度肝を抜かれるように数値です。

その他、南相馬市と富岡、大熊、双葉、浪江の各町、飯舘村の6市町村34地点で、チェルノブイリ原発事故の居住禁止区域基準の148万ベクレルを超えているといいます。

それでも福島の子供たちが流出しないように、しばりつけている一群の人間たちがいます。
佐藤雄平と山下俊一が、本当は何を計画しているか、ほとんどの人は気づいていません。
それは書くことも、憚かるような恐ろしいことなのです。
それは“フクシマのABCC”のことです。

こんな場所に、子供たちをしばりつけているような国はありません。

5年後に、この犯罪が、どれほど規模の大きなものか、やっと分るのです。
佐藤雄平と山下俊一が法廷に送られても、そのときは手遅れ。
喜ぶのは、歴史上、もっとも大規模な人体実験のデータが取れると、小躍りしている山下俊一や、影で糸を引いている佐藤雄平のような人間だけです。

私たちが、どのようにして被曝させられたか、3月のことを忘れてはならない

日本の福島第一原発周辺でも、9月から本格的な除染活動が始まろうとしています。
にもかかわらず、テレビは、除染活動の危険性については、何も報じないのです。

このブログでは、3月13日の早い時間に、ヨウ素131の被曝について書きました。
12日に原子炉が爆発したというのに、子供の放射性ヨウ素被曝の危険性については、マスコミ各社のうち、ただの一社も報道しなかったのです。
政府などは、おくびにも出しませんでした。

これは大変なことになる、と已むに已まれず、記事をアップしたのですが、案の定、「そんなに煽るな」というメールが数通来ました。
なんと愚かなことに、水素爆発が続いていた初期の頃は、日本人が日本人を被曝させるお手伝いをしていたのです。

記事をアップした翌日に、専門の薬剤師の方から、ヨウ化カリウムの取り扱いについて注意すべき点を教えていただいたので、捕捉説明を加えたのです。

その後は、13日、14日、15日と、まさにシビア・アクシデントの様相を呈していったのです
そんなとき、テレビのキャスター、アナウンサーたちは何と言っていたか、思い出してください。

「それほど心配することはありませんので、みなさん冷静に対処してください」。
いったい、何を冷静に対処しろというのでしょうか。テレビを始めとするマスメディア自体が誤報を撒き散らしておきながら。

そして、こうしたキャスターの隣に座っている補佐役の女子アナは、「ネットの情報は正しくありません。政府の情報が正しいので、そうした情報に惑わされないでください」と早口でまくしたてるように言っていました。

さらには、御用学者ばかり出演させて、ホウレンソウはどんどん食べてください、人体への健康被害はありません、と繰り返していたのです。
これを信じた人たちは、少なからずいたことでしょう。内部被曝しました。

連日、こうしたことを繰り返していた宮根誠司
のワイドショーは、本当に罪が重いのです。
しかし、これだけ人の命を左右するような大嘘を毎日、言い続けておきながら視聴者には「誤報でした」の一言もないのです。
これが、日本のテレビの現状です。

こんな「人殺し情報」を連日、流しておいて、こうしたキャスター、アナウンサー連中は、事態の深刻さが分ってくると、今度は一転して、「政府、東電は情報を出さない」と、打倒・菅直人内閣キャンペーンを展開したのです。

連日、大量の「デマ」を流し続けたのは政府であり、マスコミでした。
ネットだけが、正しい情報を知らせてくれたのです。
このことは、決して忘れないでください。

彼らマスコミ、特に電波マスコミの人々は、何も分析できないし、何も想像できないし、何も自分の頭で考えることのできない人々ですから、これからも何度も何度も同じことを繰り返すはずです。
そうしたマスコミの垂れ流す「人殺し情報」から身を守るために、このことは、どうしても必要なことです。

さて、ドジョウくん総理・野田が、どんな組閣をやるか分りませんが、原発担当大臣(今日現在は細野豪志)が、9月からの「ステップⅡ」に向けて、福島第一原発周辺で、本格的な除染作業に取り掛かることを発表しました。

もう、この人には本当に困ったものですが、プロパガンダと化したテレビは、これから除染作業の映像を何度も流すことでしょう。
その前に、テレビは除染作業の危険性について、報道する必要があるのです。
まったく、やっていません。

これは、3月13日にヨウ素被曝のことを書いた時点の状況と似ています。
マスメディアには、「視聴者にとって危険性があるかどうかを感じ取るセンサー」がないのです。
新聞記者上がりの老獪コメンテーターの、まるで飼われた動物のような情けない顔は、彼らの自己欺瞞がつくりだしたものなのです。

このままでは、多かれ少なかれ安易な除染作業で、再び内部被曝する人が大勢出ます。

伊達市、南相馬市などで大規模な除染活動が始まっていますが…





なんと、ボランティアの人の中には、マスクさえしていない人がいます。
一応、除染作業に入る前に、簡単なブリーフィングのようなことはやったとは思いますが、一番、肝心な場面でマスクを取ってしまったのでしょうか、着けていない人がいます。

こういう場合は、ご近所同士、和気藹々はダメで、作業する人たちが危険な行為をした場合には、厳しく指摘できるような除染ディレクターのような人を置くことが大切だと思います。



これは高圧洗浄機を使って自宅を洗い流している場面ですが、お父さん(それとも業者かな?)はマスクゴーグル放射線防護服まで着用して、ほぼ完璧ないでたちですが、なんと近くで子供が見ています。

もしプロを自負する業者なら、子供に家の中に入るように促して欲しいし、この動画を撮影しているのが、お父さんなら、「あなたは自分のお子さんに内部被曝させているかもしれませんよ」と言ってあげたいものです。

高圧洗浄機の水で、網戸や外壁に付着した放射性物質が舞い上がっているはずです。呼吸から放射性物質を肺に取り込んでしまいます。

作業中は、子供は家の中に入れて外に出さないことが大事です。
また、作業が終っても、数分間は、舞い上がった放射性物質が周辺に漂っていますから、これが地面に完全に落ちるまで家の中にいないと危険です。

庭の隅っこに子供の遊び道具が見えますが、これにも放射性物質が付着してしまいます。
そして、芝生には濃縮されていきます。

後になって、庭の土を削り取らないと危険です。屋根の除染は、特に危険です。
除染は、まるで設計図を描くように、事後の始末をどうするかまで考慮に入れて行う必要があるかもしれません。
また、風の強い日は避けたほうがいいことは言うまでもありません。

福島県で一般向けの除染マニュアルを公開しています。
ホームページから、生活空間における放射線量低減対策についての項目を選んで、ダウンロードしてください。

その他、山田國廣・京都精華大学教授も、とても親切な除染マニュアルをアップしています。

ご近所でもやっているし、テレビでも紹介していたので、気軽にできそうな感じですが、とても危険です。
どうしても、ご家庭で除染を行なわなければならない場合は、くれぐれも内部被曝をしないよう細心の注意を払ってください。




KARCHER 【充実した装備! パワフル洗浄! 】高圧洗浄機 K2.360
KARCHER社製
出品者からお求めいただけます。 

 
KARCHER 【充実した装備! パワフル洗浄! 】高圧洗浄機 K2.360


KARCHER 延長高圧ホース


関連記事
       
NEXT Entry
世界中のメディアに追い込まれる子殺し知事・佐藤雄平
NEW Topics
今週の土日(25・26)、東京で福島の人々の本当の今を知ろう
現金を廃止するEUとブロックチェーンによる暗号通貨経済
日本の自称「保守派」の自己欺瞞と幼児化する“論客”たち
「F1二号機による地球規模の大惨事の可能性」-京大教授
650シーベルトの意味とアラスカの漁獲量激減とトリチウム
音楽業界に寄生する「JASRAC」と著作権オンチの日本人
GSの翳りとFRBの解体-ようこそブロックチェーンの世界へ
トランプ政権は国際金融カルテルに挑む初の政権である 
トランプ政権下で海外逃避するシリコンバレーのIT長者たち
迫る欧州の政変とゴルバチョフの「第三次世界大戦の警告」
トランプのリバタリアン軍事政権は国連とCIAを再構築する!
訂正云々(でんでん?) 晋三君は「麻生太郎」を超越した!
オリバー・ストーンが語った「福一破壊疑惑」のスタックスネット
2017年はメガ危機の年/日本は10本の角の1角
2017年は、人々のふるい落としが始まる年
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top