カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   内部被曝  »  東京の車もエアフィルターの交換を:ガンダーセン氏
       
20111110-1.jpg

アメリカの原子力専門家、アーニー・ガンダーセン氏の10月31日のアップです。
3月に大量放出されたホットパーティクル(放射性の微粒子)が、米国西海岸まで飛散したという科学的データを基にして、今後、日本で発ガン率が上昇することを分析。


「放射線による被害は確実に東京まで広がっている」ことは確かなので、早く防護策を
----------------------------------------------------------------------------------
東京で高放射性粒子計測報告:米科学者。発癌率上昇! ガンダーセン(字幕)


日本語の訳文はこちら様から拝借しました。感謝します。
http://junebloke.blog.fc2.com/blog-entry-221.html

10月31日のアップです。
(訳文)
放射線学とモニタリングの専門家でWorcester Polytechnic Institute大学(http://www.wpi.edu/)の客員教授であるカルトフェン教授が全米公衆衛生協会の会員の医師たちに報告した内容から、ガンダーセン氏が報告しています。

(以下、ガンダーセン氏)
その報告書は、世界中から一般市民、医師、科学者、ブロガー、農業従事者が、カルトフェン教授にサンプルを送り、同教授がフクシマの放射能を分析したという内容になっています。

カルトフェン教授が見つけたものの中のひとつは、たとえば日本と米国の車に装着してあるエアフィルターの付着物についての指摘があります。

米国の車のエアフィル ターからは、放射性物質はほとんど発見されませんが、東京の車のエアフィルターからは、かなりの量が見つかっています。
福島県の車に至っては、信じられないくら いの放射性物質がありました。

ここが重要だと私が思っているのは、原子力産業はきっとなんでも放射性なのだから心配する必要はないと、きっと言うだろうからです。
シアトルのデータを見ると、すべてが放射性というわけではありません。
それでも、日本の人たちが、原発事故の過程で、夥しい数の放射性粒子を肺や消化器に取り込んでいるのが示されています。

もう一つ、日本に在住のフェアウィンズの視聴者の方々から、子供たちの靴を送ってもらいました。

カルトフェン教授のデータは、子供の靴ひものセシウム汚染はとんでもなく高く、80ベクレルも検出されたことを明確に示しています。

これは一体何を意味するのかというと、子供たちが靴ひもを結ぶとき、手に放射性物質が付着し、消化管から吸引されてしまう恐れがあるということです。

地面に放射性物質があれば、遊び場の土埃から子供たちの肺に吸い込まれてしまいます。

エアフィルターと子供の靴ひもから放射性物質が見つかったというの二つの事実は、十年後、二十年後に癌に変異するような重篤な健康被害が、日本で起こる可能性を明示しています。

カルトフェン教授は、日本だけに注目したわけではありません。
彼は観測所をアメリカでも立ち上げました。

この4月、アメリカの観測所3箇所のうち2箇所で、大気中にホットパーティクル(放射性の微粒子)を観測しました。
それ以降は、ホットパーティクルはありませんでした。

しかし、4月、明らかに事故が最悪だったとき、ホットパーティクルは風に乗って太平洋を渡り、少なくともシアトルとボストンで堆積したのです。
また、太平洋に面しているスケード山脈の地面が、放射能により汚染されていることを示すデータもあります。

ですから、私たちには二つ問題があると思います。

日本では、個人の健康問題です。
このことが意味していることは、東京・東日本、特に福島県で、癌が統計的に意味をなす程の増加を起こして行くのに十分量の放射性物質を、個々の人々が吸引してしまったということです。

一方、アメリカでは事情が違ってきます。

それは公共の健康問題で、個人的な問題ではありません。
このことが何を意味するかというと、私たちは、誰がフクシマの影響で癌に なったかを決して特定できないであろうということです。

しかし、放射能は間違いなくアメリカ大陸まで来ており、ロッキー山脈が壁になり、ほとんどの放射性物質が山脈の手前の西海岸に土壌に堆積したのです。こりことから、特に西海岸で、癌が増加するであろうことは確かです。

この報告書は全米公衆衛生協会に提出されました。

そして、ここで公共の健康問題です。
私たちは、逃げることも隠れることもできません。放射性物質は西海岸全体に降り飛散し、そして、他の米国全土にも拡散したのです。

日本では、別の問題があります。

日本人は、放射能汚染が発見されたら必死で追跡する必要があります。
汚染されていることは、車のエアフィルターや子供の靴により明らかです。

いま現在、日本の土壌と大気中の放射線量を減らすためには、ホットスポットをやみくもに追う努力でなく、国家の連携した努力が必要となります。

この報告書が示す最後の案件は、計画的避難区域を10マイル(16km)とするのが間違いであるということです。
明らかに、被害は東京まで広がっています。

私たちは緊急時避難計画と退避について、原子力規制委員会(NRC)がアメリカで採用している10マイル(16km)、そしてフクシマ事故で日本が採用した12マイル(20km)の距離を超える区域を見直す必要があります。

フクシマ原発事故が最頂点であった時、原子力規制委員会NRCが【米国人はフクシマ原発から50マイル(80km)圏外への避難が必要です】と表明したことを皆さんは思い出されるでしょう。

ええ、もし、これが日本に在住している米国人に必要であるならば、同じ基準が米国に住む米国人にも必要なはずです。

カルトフェン教授の報告書にあるデータは、市民の皆さん、農業従事者、科学者、ブロガ-から寄せられたものです。
個人の方々の尽力であり、政府のものではありません。

もし、私たちが今回の情報を得るため政府に頼っていたとしたら、決して得ることはできなかったと思います。

つまり、私たちが互いに協力を認め合い、インターネットを通じ、すべての情報を科学者たちの利用の為に提供できたこと、公開の手段で合理的な判定に至ることができたことは、私たちすべてにとっては、価値ある業績なのです。

まとめ:

1)東京を走っている車のエアフィルターからホットパーティクルが見つかっている。
すぐにでも、エアフィルターは交換するべき。
そのまま走っていると、室内にホットパーティクルが入ってきて、それをドライバーは吸い込むことになる。
(すでに、吸い込んでしまっているが)

2)子供の靴紐から80ベクレルの放射性物質が見つかったことは、多くのことに警告を発していることになる。
一例として、泥のついた靴を家の玄関で脱いで、その手でおやつを手づかみで食べると、かなり体内に放射性物質を取り込んでしまう。

3)明らかにホットパーティクルはアメリカまで飛んでいる。
日本は避難区域の範囲を見直すことは当然のこと、東京にまでホットパーティクルは、しっかり飛んできているので、個人の努力では限界がある。

4)日本人の被曝は、やはり3月から4月にかけてのこと。
「ひょっとしたら、自分は内部被曝していないのでは」という淡い期待も打ち破られて、程度の差はあれ、東京の人々も、等しく内部被曝している。

5)この結果は10年後、20年後に重大な健康被害となってあらわれる。


管理人:

車のエアフィルターについて:

車のエアフィルターがどれだけホットパーティクルを吸い込んでいるかを測定すれば、自分が今まで、どれだけの量の放射性物質を肺から体内に取り込んでしまったか、おおよそ判定ができると、ガンダーセン氏やECPPのクリス・バズビー博士が解説してきました。

※関連記事:ブログの左上の検束フォームに〔エアフィルター〕と入力して検索のこと。
すると〔車のエアフィルターに関する記事〕が出てきますのでお読みください。

車のエアフィルターには、エンジンが空気中のゴミなどを吸いこまないようにするためのエアフィルターと、車内のエアコンのエアコンフィルターがあります。
エアコンのフィルターは、クリーン・エアフィルターなどと言っています。

ガンダーセン氏や、クリス・バズビー博士が測定してきたのは、おそらくエンジンのほうのエアフィルターのことだと思います。

ドライバーや同乗者に取り込んだ外気が吹きかかるのはクリーン・エアフィルターのほうですから、すぐに交換するか、こまめに交換したほうがいいです。

下の動画は、福島県を走っている人のクリーン・エアフィルターの計測です。
車の室内の温度を調節するエアコンのフィルターのことです。



福島県を走っていた車なら、クリーン・エアフィルターを取り出すだけでも危険な行為です。
最低限、密閉度の高いマスク(カップタイプ)と、使い捨て手袋をしなければなりません。

この方が使っているガイガーカウンターの機種が分らないのですが、一般のガイガーカウンターでは、α線(プルトニウム239など)は計測できません。ストロンチウム90のようなβ線核種も正確には計ることができません。

20111110-2.jpg

しかし、上の動画では、ガイガーカウンターとフィルターの間に紙一枚差し込むと、計測値が下がっています。
つまり、紙一枚で遮蔽できるのはα線ですから、プルトニウム239を計測できている、ということになります。
ここは、どうもよく分りません。


下の動画も、同じく室内のエアコン用フィルターを計測したときのものです。



線量は高くはありません。

横浜を毎日走行。東京は週に2度は走行。フィルターは2010年8月に交換。2011年7月末に取り外し測定。測定結果は空間放射線量とまったく変わりませんでした。少し­は線量がアップすると予想していたので意外です。JB4020(中国製)の数値はまったくあてになりませんので気にしないでください。

と測定者のコメントにあるように、あまりあてにできない数値だと思います。
とはいうものの、都内、横浜を走っている車のクリーン・エアフィルターには、それほど多くの放射性物質が付いていない、ということはいえるのかも知れません。

この動画を見て、自分で購入した車のクリーンエアフィルターに交換しようとする場合は、細心の注意を。風のある日は避けたほうが安全です。

以上は、車のエアコンのほうのフィルターですが、エンジンのほうのエアフィルターのほうも、あまり交換時期を延ばしていると、エンジン始動時などの震動によって、周囲に放射性物質が撒き散らされることが考えられます。
こちらも、まめに交換するほうがいいと思います。

つまり、エアフィルターの交換時期を延ばしていると、車自体がミニ・ホットスポットになってしまう、ということです。
室内に撒き散らされてしまうと、座席の布地や、天井やインパネ周りの合成樹脂の細孔に放射性物質が潜りこんでしまって、その車を使用している間は、常に被曝しているということになってしまいます。

3月11日以降、車のエアフィルターの交換をやっていない方は、最低でも、クリーン・エアフィルターの交換はやるべきです。
こちらに、クリーン・エアフィルターの交換方法が書かれてありますが、自分でやろうと思っている方は、くれぐれも慎重に作業をしてください。

子供の靴ヒモに付着した放射性物質について:

目に見えない放射生物質を避けて生活することは、地雷原の上を歩いて進むようなものです。

子供が靴ヒモに触って、その手を口に手を当てたりすれば、内部被曝します。
外から帰って、泥で汚れた手でお菓子などを掴めば、これも心配です。入念な手洗いが必要だということです。

問題は、それをしないように母親が子供に言い聞かせるかどうか、ということです。
それなら、靴ヒモのない靴を買ってきて、子供のお気に入りの「カッコいい!」靴と交換するのか、ということです。

それとも、いっそのこと土の場所では一切、遊ばせず、コンクリートもダメ、アススファルトもダメ、となって、最後には屋内のアスレチック教室で遊ばせればいいのか、という極論になります。

たかが靴とはいっても、子供の行動様式を知れば知るほど、親はそれを制限するようなことばかり言わなければならず、子供が不憫になります。

こうしたこまごまとしたことを子供に言い聞かせますか?

今週の日曜放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」というテレビ番組で、浪江町にあるDASH村で放射線量の計測をしたり、除草をやったり、という場面がありました。

防護服に身を包み、顔との間に隙間のできないカップタイプのマスクと、ゴーグルを装着し、完全防備で作業に臨んだ男性アイドルに、オブザーバーとして付き添っていた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究員・長谷川克也氏が、放射性物質の内部被曝を避けるための注意を与えていたのが印象的でした。

長谷川氏は、「作業をしているとマスクがずれる。それを直そうとして土を触った手でマスクを触ると、そのマスクに付いた土を吸い込んで内部被曝してしまう。マスクが顔からずれても、手で触らず、そのままにしておくこと」と念押ししていました。

「土の付いた手でマスクを触るくらいなら、マスクをはずしてしまったほうがまだいい」というくらい、口元については神経質になるべきだと長谷川氏は言っています。

しかし、今日もテレビのニュースでは、マスクさえ着けずに除染作業をやっている人々の映像を流しています。
この救いようのないテレビ局の連中は、相変わらずです。



SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き
SOEKS社(ロシア製)
参考価格: ¥ 69,800
価格: ¥ 17,999
OFF: ¥ 51,801 (74%)

SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き

関連記事
       
NEXT Entry
東北~関東アウターライズ地震発生の前兆
NEW Topics
黒幕・麻生に恩を売るゼニゲバ維新と大阪人の絶望的な民度
財務省を中心とした官僚たちの「安倍おろし大作戦!」
印刷通貨の限界と金に裏付けられた仮想通貨の発行(2、3)
印刷通貨の限界と金に裏付けられた仮想通貨の発行(その1)
大阪で「自民」と「維新」のヤクザ議員が次々と逮捕
籠池氏と菅野氏による官邸のサイコパスを炙り出す戦略
各国の中央銀行が仮想通貨を発行-未来の・・・(その2)
各国の中央銀行が仮想通貨を発行-未来の支配者は誰か?
長谷川幸洋は、なぜ産経新聞に行かないのだろう?
海外メディアは、すでに麻生太郎をフィーチャーし始めた!
「安倍の次は2018年の春まで麻生で」の米情報部のシナリオ
愛国疑獄!安倍・麻生・鴻池・橋本・松井・・・悪人どもの断末魔
スキー三昧、ディスコで踊る安倍昭恵の異常性と被害者ヅラ
韓国で原発惨事発生なら、西日本2830万人が避難
3月15日、迫る債務上限と利上げ観測、そして小売黙示録
web master

ダンディ・ハリマオ

Author:ダンディ・ハリマオ
ようこそ、陰謀の迷宮へ--
いま、あなたに仕掛けられた壮大な罠を快刀乱麻を断つがごとく解き明かす!

ご質問について
Categories...

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
Archive Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■放射能・地震から身を守る
原発・放射能、内部被曝、避難・疎開、火山噴火・地震に関する最新記事はアーバンプレッパーへ↓
検索フォーム
リンク1-反グローバリズム
(日)は日本語サイト。(英)は英語サイト
リンク10-外国語サイト
リンク12-未来学
Translation(自動翻訳)
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top