カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME
       
202004-2.jpg

「指数関数的増加」を視覚的に理解できる動画。(画像クリック)
「COVID-19は、インフルエンザ(FLU)より怖くない」と言っている人間が、実は、あなた殺そうとしている人間であるという証拠と、安倍晋三と、その取り巻きが、明確な殺意をもって国民を大量虐殺しようとしている証拠。

202004-1.jpg

やっぱり出てきたね。
スピリチュアル悪魔瞑想への誘いが・・・
超危険だからやめなさい。

簡単に言えば、「その時間」に世界中の人々が同時に「魔界式の祈り」をささげると、増幅した負の引力によって別次元から大きな災厄のエネルギーを引き寄せてしまうという、ニューエイジから出てきた「引き寄せの法則」の一種だ。

mag202004-1.jpg

「米国防総省(ペンタゴン)は、コロナウイルスのパンデミックによって死亡者数が増加するとの連邦緊急事態管理庁(FEMA)の対応に応じて、10万体分のボディバッグ(遺体袋)を確保しようとしている」・・・
CNBC(4月1日付)の記事だが、エイプリルフール? まさか。

武漢でも、遺体袋が足りなくなって、マスクを作る材料を遺体袋用に転用していた。

なるほどなるほど、準備万端か。

通称「FEMA棺桶(
FEMA coffin)」と呼ばれてきた棺桶型のケースの用途は、7割が土葬を選ぶと言われている米国で、埋葬されるまでの間、遺体袋からウイルスが外に漏れ出ないように密閉・保管するためのケースだったんだ!ということだね。

多くの究明家たちが、「野ざらしになっている
FEMA棺桶は数百万個ある」といってきた。

この見積もりが正しいとするなら、
10万体分のボディバッグの何倍になるだろう。
つまり、今回のパンデミックは、これから始まる恐怖物語の第一章に過ぎないということになる。

みなさんはFEMAについて知らないでしょうが、何年も見てきた人間には「確信」としか映らない。

だから、安倍晋三は危険すぎる狂人だと言ってきたのである。
この男は、これから大量の日本国民を殺す

これで安倍晋三が、わざわざ感染した中国人を受け入れて、日本国内で感染爆発を引き起こした本当の理由が分かっただろう。

日本国内での感染者は、安倍晋三と二階俊博ら官邸の犯罪者によって、間違いなく数万人の規模に上っているだろう。

2ヶ月後には、数十万人以上が感染する」?
楽天の三木谷さん、あなたの見立ても甘いよ。

完全に手遅れだ・・・

果たして、サル国民に分かるだろうか?


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第331号のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-44.jpg

お笑い界の重鎮、志村けんさんの死は、日本の世相に暗い影を投げかけ、永田町の自民に火の粉が降りかかるだろう。
「安倍晋三と二階俊博が中国からの入国を止めていれば、志村けんは死なずに済んだ」と・・・

テレビのバラエティー番組は次第に精彩を欠くようになり、スタジオでの収録では、ひきつった作り笑いがむなしく響くだけだろう。

レギュラー陣やアナウンサーは、一人、今日も一人と歯が抜けたように消えていくだろう。
やがて、彼らは安倍晋三に呪詛の言葉を浴びせるようになるだろう。

その結果、あまりの悪業を背負えなくなった安倍はとうとう・・・

代わって、マンションに引きこもって動画を撮っているユーチューバーに励まされるようになるだろう。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第330号のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-36.jpg

1918年のスペイン風邪のパンデミックと、新型コロナウイルスのパンデミックとは酷似している。
違うのは、ドルへのシフトが、今回はデジタル通貨へのシフトになるということだ。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第329号のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-32.jpg

なぜ北京は、感染者第一号が報告されてから1ヵ月も沈黙を守ったのか。

なぜ米国政府は、去年10月に中国在住の米国籍の人々に避難勧告を出すことができたのか。

なぜグーグルは、「プロジェクト・ナイチンゲール」によって中国武漢のコロナウイルスの動画を広告掲載のガイドライン違反扱いにするのか。

なぜジョンズ・ホプキンズ・ヘルス・セキュリティ・センターは、去年10月18日、世界経済フォーラムとビル&メリンダ・ゲイツ財団との協力により主催した「イベント201」で、
米国のパンデミックに備える実践トレーニング・ビデオを流したのか・・・

すべては、10年以上前に計画されていたからだ。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート5のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
202003-4.jpg

海外メディアは、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして完全な形で実現するということについてG7の支持を得た」との安倍首相の発言をいっせいに取り上げているが、この解釈について誤解のないように少しばかり解説を加えておきたい。
mag202003-27.jpg

世界支配層は、腐敗の極にある安倍政権ではダメだと判断して、日本を徹底的に破壊することを決めたように見える。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート4のプロローグです。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-15.jpg

ニューヨーク市場が「超暴落」中!
前日終値の2万3553ドル)に対して午前5時20分現在で-2,352.60ドルと10%の暴落。
寄り付きから、いきなり7%の大暴落で、すぐにサーキットブレーカーが発動されて市場は15分間のクールダウンを必要とした。
再開されてからも下げは止まらず、とうとう完全に停止した。

この10年、これほどの超暴落があっただろうか。
逆イルードカーブの暴落サイン、ヒンデンブルグオーメンの不吉なサインは的中した。
いよいよ経済崩壊が始まったと見ていい。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート2のプロローグです。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-11.jpg

WHO、世界銀行、ビル・ゲイツ・・・ワクチン利権の「死のトライアングル」の中心で、悶々と悩み恐怖に怯えているテドロスは、いつまでもつのでしょう?

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート2の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-1.jpg

「父母と子供が争い、人民は司政者と対立する。
やっと手に入れた食べ物も毒を含んでいるようで、おいしくない。
悪質な病気が次々と流行し、人間と人間が殺しあうようになると、そのすきに外国が攻めてくる。
寺は破壊され、僧侶は殺害される・・・」・・・釈迦の預言「月蔵経」より


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート1の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
mag202002-18.jpg

「公式データ」とは、それを使ってメディアが世論を形成していくという点において「信用できるように装っている」が、もともとは、自信のない人間や、真実を恐れる人間、あるいは真実が都合の悪い人間が好むようにつくられたゴミである。

「事実」とは、そうやって「権威」あるいは「権力」を支えている「公式」によって確定されていく。

その「公式データ」を使って平気で大衆を騙すのが学者であり、その「公式データ」を疑って「そこにある偽装した事実」を突き崩すのがジャーナリストである。

だから、ジャーナリスティックな学者が人々を導いていく時代になった。

ただし、「事実」の数々から、さらに「真実」の高みに上っていくことができるかどうかは、一人一人のコモンセンス(ここでは「大衆の見識」と捉える)にかかっている。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第327号パート3の本文前の導入です。
全文はメルマガでお読みください。
mag202002-15.jpg

これだけの感染者を出してもなお、まったく実効のある対策を講じない日本政府に対して、世界は憤りを隠さなくなった。
日本は新型コロナウイルスの被害者ではなく加害者になった。

そして、3月29日から、羽田に着陸する旅客機が東京の真上、高層ビルすれすれに約11000便も飛行するようになる。

イルミナティーカードの条件がととのい過ぎている。
住民の合意なきまま、いつの間にか、この新航路を決めた政府のメンバーをひとりひとりすべて公表しろ。その中に「いる」のだ。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第327号パート2のプロローグです。本文ではありません。
本文はメルマガでお読みください。
mag202002-11.jpg

これは、中国の「超限戦」の中の生物兵器攻撃・戦術。

西側のグローバル勢が、先に反応して仕掛けた。

これでも気が付かない人は、もう無理だろう。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第327号パート1の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
202002-19.jpg
サバクトビバッタ(Desert locust)  苦手な人のために加工してあります

バッタの大量発生によって、農作物が食い荒らされ、食糧危機によって人々が苦しめられる出来事を「蝗害(こうがい)」と呼んで、「天罰」、「神々の怒り」のシグナルと考えられているとか。

テンプル騎士団のメディアは、「コロナウイルスとアフリカのイナゴのペストが、聖書の黙示録の恐怖を引き起こす」と報じている。

無理もない。
悪魔に憑依された政治家たちが、これほどまでに天に向かって唾を吐くような悪行の数々を繰り返しているのだから・・・

習近平と安倍晋三には、神の鉄槌が下されることが確定したと言えるだろう。
そして、トランプには、不吉な運命が待ち受けているだろう。

       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top