カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2020年01月
       
mag202001-24.jpg

間もなくローンチされるデジタル人民元を解剖すれば、中国政府の電脳化計画の全体像がおぼろげながら浮かび上がってくる。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第326号パート1の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
武漢の市民は、昔から野生の動物を食べるのが好きだ。
武漢の生鮮市場では、100種類の野生動物が売られていた。
なんと、その中には、おそらく動物園で飼育されていたコアラもいた。
(中国人が「コアラ」と言っている動物という意味で、私たちが知っている、あの愛らしいコアラかどうかは不明)
「日本に帰れない中国人」が中国から武漢(ウハン)と中国の現状を報告してくれている。
202001-6.jpg

今日(28日)午前中に、全日空機2機が武漢の空港から、取り残されて帰国できなくなっている邦人を乗せて日本に向かうはずだった。
しかし、チャーター便はキャンセルされた。

今後、中国、日本で何が起こるのか予想しておきたい。

日本の憲政史始まって以来の国民虐殺内閣を率いる凶悪犯罪者・安倍晋三が、武漢にチャーター便を出して新型コロナウイルスに感染している可能性のある日本人を“救う”といいだした。

国会で追及されていたにも関わらず、福島第一原発の瑕疵を無視して歴史上、最悪の核災害を引き起こしただけでは飽き足らず、今度は、武漢から国内でパンデミックを引き起こす可能性がある凶悪な人工ウイルス兵器を輸入しようとしている。

権力への異常な執着のために、国民が恐怖しているこの機会を、支持率回復のために利用しようとしている狂気の男のドヤ顔を見ろ。

いやいや、それは、去年の9月にすでに輸入されている

この男は、自民党の原発人災事故に次いで、二度目の国民虐殺に手をかけた。

mag202001-19.jpg

今までのアングルからは何も見えなくなった。
世界は、イランが2019年9月14日に米国に勝利し、結果としてFRBはイランに嵌められたということに気が付いていない。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第325号の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
mag202001-18.jpg

キリスト教終末論の呪縛によって自縄自縛の米国。
米・共和党員の5人に1人が「最後の審判の日」が訪れると信じている。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第324号パート3の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
mag202001-10.jpg

トランプが、スレイマニ司令官の暗殺命令を出した理由は米中貿易戦争に深く関係している。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第324号パート2の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
mag202001-8.jpg

神がトランプを動かして米軍を中東から撤退させることによって、ロシアがイスラエルに自由に介入できるようにしている。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第324号パート1の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
202001-5.jpg

試しに「Rapeman Yamaguchi」で検索にかけたら、ニューヨークタイムズやら、英語圏の主流メディアの記事がヒットしたよ。

くだんの元TBSのワシントン支局長は、外国人記者クラブでの会見で分かったように、英語がお上手ではないので(いったい、どうやってワシントンで仕事をしていたのだろう)、これから外国メディアの取材攻勢にあうことを想定して英会話の猛特訓をしておいたほうがいい。

mag202001-4.jpg

IR汚職は、表面的にはカジノ利権漁りの様相を見せながら、実際は、日本の最先端半導体技術を習近平の中国企業が盗み取る手引きをしようとしていた国会議員の「日本叩き売りスパイ事件」である。

さらに、このテーマについて長い記事を読みたい方は、ウェブマガジン最新号ダイジェストを読んでください。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第323号の要点抜き出しです。
全文はメルマガでお読みください。
三宅雪子元議員、入水自殺か…都内の海岸で遺体発見

1月2日に遺体で発見されていたにも関わらず、
今日まで伏せられていた理由は・・・
202001-3.jpg

精神障害を持つトランプを利用して戦争に突き進ませようとしているネオコンに唆されて自衛隊を中東派遣すれば、最悪の場合、日本に核ミサイルが飛んで来るかも知れない。

この背後にある流れが見えないと日本は本当に滅びるだろう。
安倍晋三には無理だから、せめてこのように言おう。
「頼むから一生、ゴルフやって帰って来るな!」

201901-1.jpg

カルロス・ゴーンは、ホリエモン氏に仲介人を通して「1月中に会いましょう」と伝えてきた。
しかし、彼は突如、日本から姿を消した。

この背後にはレバノン政府が控えており、ゴーン逃亡劇は、日本の検察の幼児的で歪な体質、ひいては腐敗の極に至った日本の司法制度、さらには日本の法曹界全体が国際世論の猛批判の嵐に晒されるきっかけとなる事件となるだろう。
       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top