カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2020年03月
       
mag202003-44.jpg

お笑い界の重鎮、志村けんさんの死は、日本の世相に暗い影を投げかけ、永田町の自民に火の粉が降りかかるだろう。
「安倍晋三と二階俊博が中国からの入国を止めていれば、志村けんは死なずに済んだ」と・・・

テレビのバラエティー番組は次第に精彩を欠くようになり、スタジオでの収録では、ひきつった作り笑いがむなしく響くだけだろう。

レギュラー陣やアナウンサーは、一人、今日も一人と歯が抜けたように消えていくだろう。
やがて、彼らは安倍晋三に呪詛の言葉を浴びせるようになるだろう。

その結果、あまりの悪業を背負えなくなった安倍はとうとう・・・

代わって、マンションに引きこもって動画を撮っているユーチューバーに励まされるようになるだろう。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第330号のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-36.jpg

1918年のスペイン風邪のパンデミックと、新型コロナウイルスのパンデミックとは酷似している。
違うのは、ドルへのシフトが、今回はデジタル通貨へのシフトになるということだ。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第329号のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-32.jpg

なぜ北京は、感染者第一号が報告されてから1ヵ月も沈黙を守ったのか。

なぜ米国政府は、去年10月に中国在住の米国籍の人々に避難勧告を出すことができたのか。

なぜグーグルは、「プロジェクト・ナイチンゲール」によって中国武漢のコロナウイルスの動画を広告掲載のガイドライン違反扱いにするのか。

なぜジョンズ・ホプキンス・ヘルス・セキュリティ・センターは、去年10月18日、世界経済フォーラムとビル&メリンダ・ゲイツ財団との協力により主催した「イベント201」で、
米国のパンデミックに備える実践トレーニング・ビデオを流したのか・・・

すべては、10年以上前に計画されていたからだ。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート5のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
202003-4.jpg

海外メディアは、「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして完全な形で実現するということについてG7の支持を得た」との安倍首相の発言をいっせいに取り上げているが、この解釈について誤解のないように少しばかり解説を加えておきたい。
mag202003-27.jpg

世界支配層は、腐敗の極にある安倍政権ではダメだと判断して、日本を徹底的に破壊することを決めたように見える。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート4のプロローグです。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-15.jpg

ニューヨーク市場が「超暴落」中!
前日終値の2万3553ドル)に対して午前5時20分現在で-2,352.60ドルと10%の暴落。
寄り付きから、いきなり7%の大暴落で、すぐにサーキットブレーカーが発動されて市場は15分間のクールダウンを必要とした。
再開されてからも下げは止まらず、とうとう完全に停止した。

この10年、これほどの超暴落があっただろうか。
逆イルードカーブの暴落サイン、ヒンデンブルグオーメンの不吉なサインは的中した。
いよいよ経済崩壊が始まったと見ていい。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート2のプロローグです。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-11.jpg

WHO、世界銀行、ビル・ゲイツ・・・ワクチン利権の「死のトライアングル」の中心で、悶々と悩み恐怖に怯えているテドロスは、いつまでもつのでしょう?

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート2の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
mag202003-1.jpg

「父母と子供が争い、人民は司政者と対立する。
やっと手に入れた食べ物も毒を含んでいるようで、おいしくない。
悪質な病気が次々と流行し、人間と人間が殺しあうようになると、そのすきに外国が攻めてくる。
寺は破壊され、僧侶は殺害される・・・」・・・釈迦の預言「月蔵経」より


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート1の概説です。
全文はメルマガでお読みください。
       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top