カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2020年05月
       
mag202005-43.jpg

今、知識人の間でマルクスの資本論が密かに注目を集めているのだとか・・・

彼らは直観的に悟っている。
資本主義の終末が近づいていることを

「ニューノーマル」の世界においては、国の政府は、一部の民間の「グローバル・ガバナンス」の下位に置かれることになる。
これは、事実上の無政府状態を意味する。

ロボコップの「オムニ社」は架空のおとぎ話ではなかったのである。

世界政府(World Government)の概念が最初に提起されたのは、1991年6月にドイツのバーデンで開催されたビルダーバーガー会議で、故デイビッド・ロックフェラーが行ったスピーチの中でのことだった。

彼は言った。
「私たちは、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、タイムマガジン、その他の優れた出版物に感謝しています。
これらの出版物の取締役は、私たちの会議に出席し、40年近くにわたって(我々との暗黙の約束を)尊重してきました。

もしグローバル・ガバナンスを打ち立てて世界政府を樹立しようとしている私たちが、その時代のパブリシティー攻勢にさらされていたら、世界のための計画を立てることは不可能だったでしょう」・・・

各国のグローバル勢の首脳陣、バチカンの宗教者たち、主流メディア、そして札束で頬を叩かれたジャーナリストや文化人は、世界政府主義者という糊代によって、とうの昔に一体となっているのだ。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号「ロックフェラー財団の軍隊のようなパンデミック作戦部隊が始動する」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202005-35.jpg

「検察庁法改正」や「種子種苗法改正」など放っておけ!
と思ったら、さっそく海の向こうのご本尊に言われるままに「
新しい生活様式」=ニューノーマルと連呼しだした。

「このパンデミックで世界経済のパラダイムシフトが起こるぞ。ただちにスマートシティー構想に取りかかり、5Gを推進しなければ、日本の明日のコメはないぞ」とでも脅されたんだろうけど・・・

それで、安倍晋三の女郎閣僚たちも、何が何だか分からないままに動き出した。
この内閣は、幼稚園のお遊戯内閣だ。

なーんにも分かっちゃいない。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号「ビル・ゲイツの量子ドット・タトゥー(獣の刻印)の「666」商業システムーその2」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202005-31.jpg

マイクロソフト・テクノロジー・ライセンシングの「量子ドット・タトゥーを使用したワクチン接種デリバリーシステム」とAT&Tの「アドレス指定可能な神経領域ネットワーク間の相互通信」を組み合わせると、他人の思考と行動を支配できるようなる。

この二つの技術の特許は、すでに取得されている。

それが人工知能(AI)である場合は、全人類が、それに紐づけられて精神まで支配されるようになる。

それが新世界秩序(NWO)の「ニューノーマル」の時代なのだ。

それを自発的に受け入れさせようと、第二波、第三波の恐怖が用意されているというわけだ。

油断するな!何度もやってくる。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号「ビル・ゲイツの量子ドット・タトゥー(獣の刻印)の「666」商業システムーその1」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202005-27.jpg

東京地検特捜部に、安倍晋三と彼の「一派」が犯した犯罪の数々を捜査させないことを目的とする「検察庁法」改悪の背後に横たわっている漆黒の闇と、緊急事態条項によって国民の自由を奪いとり、自分の野望のために自衛隊と若者たちを、なんとしてでも戦場に送り出したい安倍の凄まじい妄執。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号「パンデミック第二弾が引き金となる世界大恐慌と超インフレに備えるーその2」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag202005-12.jpg

新世界秩序(NWO)の正体が分からない、と人々は言うが、それはあなた方が応援している人々であり、あなた方が信じているインチキ宗教であり、それは、どこにでも存在しているのだ。

要するに「気が付かない」あなた方に問題があるという、「そろそろ言い訳のできない段階」に入ってきたということなのである。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号「パンデミック第二弾が引き金となる世界大恐慌と超インフレに備えるーその1」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
mag20150115-2.jpg

5月11日に何が起こるのか。
陰謀界隈で話題になっていること。

mag202005-2.jpg

パンデミックをお膳立てしたロックフェラー財団が10年前に公開した論文では、「『ロックステップ』のシナリオでは、世界の人口の20%近くがウイルスに感染し、パンデミックの7ヵ月で800万人の人々がウイルス(インフルエンザ株)に殺される」ということになる。

この論文の執筆者は、このように書いている。
「(この論文に書かれている)これらのシナリオは、我々がイメージしうる思慮に思慮を重ねた仮説であり、次の段階で実際にリハーサルすることを可能にする現実味を帯びた仮説である」・・・

つまり、「これはパンデミックの計画書である」と遠回しに断言しているのである。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号「次は『アフターコロナ』でも『ポストコロナ』でもなく『ニューノーマル』の世界」のパート3、パート4の2本の記事の導入(プロローグ)です。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。
       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク12-Sシティー
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top