カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2020年11月
       
mag202011-23.jpg

ペンシルベニア州議会で行われた公聴会から、民主党の不正と隠蔽の突き崩しが始まった。
これからバイデン陣営の不正の告発を宣誓した1000人以上の証言者が、法廷を爆笑の渦に巻きこむだろう。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン、またはメルマガの最新記事トランプが大統領になった本当の目的と中国メディアに登場するロスチャイルドの真意ーその1、その2」の2本の記事の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文は、ウェブマガジン、またはメルマガでお読みください。
mag202011-19.jpg

トランプは、確かに「米国を再び偉大に国にしようとしている」が、彼の“雇い主”と、一部手打ちをしたように見える。
それはワクチンであることは言うまでもない。

そして、彼が大統領になったとき、今度もまた寝返って、それを反故にすることを期待する。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン、またはメルマガの最新記事トランプ勝利は近い!解明されつつある米大統領選の不正のメカニズム」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文は、ウェブマガジン、またはメルマガでお読みください。
mag202011-6.jpg

カマラ・ハリスは、米国経済を崩壊させて、オバマがやり残した仕事ー中間層の完全な破壊を完了する。
そして、凄まじい言論統制に着手し、人々も、それを受け入れる。
そして、人々はロボットのように沈黙する。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンメルマガの最新記事米国を共産主義化する「カマラ・ハリス大統領誕生」の計画をトランプは阻止できるのか」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文は、ウェブマガジン、またはメルマガでお読みください。
mag202011-3.jpg

間違いなく、民主主義と資本主義の崩壊が迫っており、ある意味では、このもっとも相性の悪い両者が消滅して、「共産主義」という民間資本(国際金融資本)による世界の奴隷的統治が始まるとも言える。

以下の記事は、この記事は、ウェブマガジンメルマガの最新記事「トランプ勝利」によって共産主義者が「ゼロデイ(Zero Day)攻撃」に踏み切る!?」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文は、ウェブマガジン、またはメルマガでお読みください。
202011-1.jpg

歴代米国大統領の中で、もっとも数奇な星の下に生まれたトランプという男の「再選」を前提として、米国の近未来を透かして見ると、共産主義3.0の復興が浮かび上がってくる。

もちろん、トランプは社会主義や共産主義を、とことん嫌っている。
しかし、皮肉なことに「トランプ再選」が、共産主義へのドアを開けてしまうのである。

       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top