カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2021年09月
       
mag202109-39.jpg

ビル・ゲイツ(王侯貴族と国際金融資本、ペンタゴンがバックにいる)とともに人口削減を進めている日本政府と政権与党。
政府のごく一部だが最初から知っている。

Covid対策では失策続きだが、これは全国民にキラーワクチンを接種させるために意図的にやっているのだろう。

いやいや菅義偉の内閣は外から指示を受けているだけだ。
それは各国政府の上に君臨している「国境のない超政府」だ。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(9月19日配信)意図的に失策を重ねるCOVID対策の先にあるのは量子ドットによる「デジタル焼印」」の導入(プロローグ)です。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202109-28.jpg

9月の頭に初上陸が確認されたというミュー変異株にはワクチンが効かないという。

何も驚くに値しない。
もともと、大手4社のCovidワクチンは効かないのだ。
しかして、人々は、次から次へとブースターショットを打ち続けるようになる。

こうした記事はもはや報道ではなく、ビッグファーマのマネーによって展開されている恐怖プロモーション以外の何物でもない。

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(9月17日配信)ワクチン専制主義の構造と曝露されたCOVIDワクチン・ナノ粒子の毒性ーその2」の導入(プロローグ)です。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202109-26.jpg

河野平井の馬鹿面を見てみろ。
彼らは自分で何一つ決められないのだ。

国民は知らないのかもしれないが、すべては、欧州委員会(EC)と、単なる民間組織に過ぎないWHOが各国に押し付けている「ワクチン・パスポート導入のガイドライン」に書かれてあることを、そっくりそのままなぞっているだけた。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(9月11日配信)ワクチン専制主義の構造と曝露されたCOVIDワクチン・ナノ粒子の毒性ーその1」の導入(プロローグ)です。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202109-20.jpg

9月3日の感染症対策分科会で話し合われたことは、「ワクチン・パスポート」の普及・拡大についてである。

ワクチン接種を完全に受けた「資格のある者」だけに発行される「ワクチン接種証明書」や「PCR検査の陰性証明書」を旅行、大規模イベント、百貨店や飲食店などで提示すれば規制を緩和してもらえるというものた。

Covid-19の制圧を目前にして、コロナ対策の優等生とまで言われていたイスラエルは、これによって国民が油断してしまったため、デルタ変異種のオーバーシュートを引き起こし、一転して「単位人口当たり世界一感染者の多い国」の汚名に甘んじることになった。

わずか数ヵ月のうちに、天国と地獄を味わったイスラエルの人々を待ちかまえているのは、ブースターショット(追加接種)の日々である。

日本も、愚かな専門家たちによって、同じ轍を踏もうしている。

「ワクチン接種証明書」(事実上のワクチン・パスポート)は差別を生んで国民を分断するだけでなく、「抗体ができた」と油断させることによって、重大なリバウンドを引き起こす。

イスラエルの現在は、日本の明日の姿だ。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(9月8日配信)キラーワクチンからワクチンパスポート(デジタル専制政治)までのシナリオーその5」と「その6」の導入(プロローグ)です。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202109-1.jpg

この国をさんざん弄んだ菅義偉が出馬を断念し、徹底した媚中派の売国奴、二階俊博が実質的な更迭状態で権力の中枢から引き剥がされることになった。

これで菅義偉には検察を抑える権力はなくなる。

東京地検特捜部は、安倍晋三の森友・加計疑獄、桜を見る会、 河井前法相の逮捕に絡む1億円を超える不明金の捜査に弾みをつける。

安倍逮捕が先か、感染症対策分科会の尾身が日本全体を感染させるのが先か・・・

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(9月3日配信)キラーワクチンからワクチンパスポート(デジタル専制政治)までのシナリオーその4」の導入(プロローグ)です。
本文はウェブマガジンでお読みください。
       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
リンク18-外国語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top