カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  2022年11月
       
mag202211-14.jpg

統一教会問題について、政治家、政治評論家、ジャーナリストは、相変わらず子供じみた幼稚な分析をしている。
彼らも、統一教会の本質=テロ集団が分かってくると恐くなってきたのだろう。
真相はかなり違う。
本当に情けない国になった。
日本は破滅へのタイムラインに乗った。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(11月21日配信)の「日本の解体を阻止するためには統一教会と創価学会の「漆黒の闇」を知らなければならないーその3」と「日本の解体を阻止するためには統一教会と創価学会の「漆黒の闇」を知らなければならないーその4」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202211-7.jpg

自民党の焦眉の急は、寺田稔・総務相と中国ハニトラ・スパイ、松田新平の逮捕だ。
岸田が、いくら「検討を加速」した上で「検討をさらに加速」しても決断できないのだから自民党の崩壊は近い。

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(11月18日配信)日本の解体を阻止するためには統一教会と創価学会の「漆黒の闇」を知らなければならないーその2」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202211-1.jpg

世界広しと言えども日本だけが感染爆発を繰り返し、相変らず「4回目打て打て」と屠殺ワクチン信仰にすがっている四面楚歌状態の岸田文雄。
犯罪閣僚たちのドミノ辞任が止まらず、いよいよやけくそ、開き直り解散か・・・

いいや、この男、意外にも粘り腰だ。
それに、自民党政調にぶら下がっている14部会の利権村は、もう少し、この岸田を泳がせて責任を一身に背負わせようとしている。

もはや、自民党の中で国民の命を真剣に考えている政治家は一人たりともいない。
自民党によって殺される国民は後を絶たないだろう。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(11月11日配信)日本の解体を阻止するためには統一教会と創価学会の「漆黒の闇」を知らなければならないーその1」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202210-27.jpg

人口削減ワクチン製造メーカーの犬となって、日本人を屠殺ワクチンによって殺しまくっている菅義偉、岸田文雄の内閣と分科会のメンゲレ医師たち。
すで医師から届け出があっただけでも1900人が殺されている。

とうとう遺族たちが立ちあがって、
国に対して賠償を命じる集団訴訟を起こした。
この動きは、これから全国で野火のように広がって行くだろう。

しかし、岸田政権と厚労省のバカ官僚、銭ゲバ医師たちは、信じがたいことに、頑として「ワクチンと死亡との因果関係」認めない。
明らかに、国家ぐるみの大量虐殺行為が平然と行われているのだ。

ファイザーは、「いくら死亡者が出てもいっさいの責任を免除される」という日本政府との契約によって、次から次へと強化された毒殺ワクチンを送り込んでくる。

目下のところ、ファイザーは、「
パクスロビド」という経口抗ウイルス薬の市場拡大に専念している。
しかし、まったく成果を出すことができないどころか、かえって感染を広げる結果となっている。

日本の専門家と称する医師たちか、いかに無気力で愚鈍、かつ邪悪な存在なのか、そろそろ気が付いてもいいはずだ。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(10月31日配信)FEMA強制収容所の設置に駆り出される日本のワクチン医療従事者の暗愚ーその3」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのバックナンバーを販売中です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
リンク18-外国語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top