カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  吉田昌郎(前)所長が、執行役員候補に
       
またまた福島第一原発の前の所長、吉田昌郎氏の死亡説が飛び交っています。
これで何度目だろう。私が知っているだけで2度目。

今度は自殺したとか
これを広めている人たちは、頭大丈夫?

毎度、毎度、ゴロツキブロガーたちが自分のサイトへアクセスを集めるためにデマを流しています。
閲覧料を集めるため、人の不幸で客寄せするなど、愚劣極まりないクズ連中です。

そして、思考停止の閲覧者たちは、それを自分で調べもしないで、簡単に鵜呑みにしてしまうのです。
この日本人の切なくなる精神構造は、これだけの災禍に見舞われたというのにまだ続いている。

前の死亡説は、食道がんで闘病中の吉田氏が手術後、死亡したというガセ。
こういう、お馬鹿な人々が、面白、おかしく広めるのです。

東電のホームページにある、5月14日に公表された東電の役員人事

この最後のページ(5ページ目)に、吉田前所長が執行役員の候補として名を連ねています。

もとから吉田前所長は執行役員ですが、6月27日付ということは重任の予定である、ということです。
つまり、東電は、吉田前所長を簡単には手放さない、ということです。

クリックで拡大
20120519-2.jpg

私は、これを1分で調べた。
キーワードをイメージできるかどうかがテクニックですが。

少し遠回りかもしれませんが、まず、こういうときは東電の人事を見ればいい。死亡したなら、そう書いてあるはずだ。

なになに、「これは東電の陰謀だ? 吉田氏は、すでにこの世にいない?」。
はいはい、デマゴーグたちの妄想は尽きない。
そう考えたあなたは、すで病気か、大組織とはどういうものかを知らない世間音痴かです。

そんなことでは、これからは自分の命さえ守れない。
まだまだ日本人は深い深いマインド・コントロールにかかっています。
 
原発作業員にHappyさんという方と、TS さん という方がいます。

私が、去年、このお二人のツイッターを記事で取り上げた頃は、「東電の工作員説」が流れていました。

陰謀解明好きな(解明と言いながら、実は、自分がいちばん騙されている連中のこと)、お嬢ちゃん、僕ちゃんたちが「ハリマオさんは、こんな東電の回し者のツイートを紹介するのか」と抗議してきました。

なんでも、「私には霊感があるので、見破ることができるのです」ということらしいですよ。
どんな霊感なのか。0感(レーカン)ではないのか。

TS さんには、マスコミ関係者も実際に会っているし、おしどりのマコさんとも何度も会ったりしています。
また、Happyさんについても、TS さんが知っていて、この方も本物の原発作業員です。

私に「Happyさんや、TS さんの情報を書くな」と忠告していただいた方々は、自分のブログで、ちゃんと謝罪したのかな?

私への謝罪など不要。あなたの無知のために、ついつい騙してしまった、あなたのブログの閲覧者の人たちに対してです。
そんなこと、最低限のマナーでしょうに。

「ガセ発信のデマゴーグは実は私でした」と。
でも、やってないでしょうね。

デマだけ流し放題で、人を混乱させておきながら、都合が悪くなると知らんふり。
恥ずかしい日本人ブロガーが増えました。

かようにデマが連日飛ぶのは、自分の性根が座っていないからです。
それでは、本物の「事態」が来たときに恐怖心に打ち勝てないでしょう。
そういう人たちが、今度は無自覚に他人を殺める加害者になるのです。

私は、そうした事態を避けたいので、デマの掃除をやっているのです。
「自分で調べるべきだ」と。
これは猜疑心とは別のものです。

「個」になれ、と提案し続けているのです。
「個」とは、孤独ということでもなく、自我の確立とでも言いましょうか。
まあまあ近い意味は「和して同ぜず」ですか。

根本的な問題は、こうしたデマゴーグたちが、人への愛を失ってしまったからです。
それを無闇に広める人たちも、愛を失っているからです。

ガンと闘っているご本人、それに付き添うご家族の心中を察するどころか、その辛さや姿を想像すらできないイメージ力の欠落が、自分の妄想によってデマを作り出す元凶になっていることに気がつかなければならない。

ご家族が、こうした口さがないデマ記事を読んだとき、どんな思いになるか想像できないから陰謀にすぐ嵌められるのです。
このライター、あるいは自称ジャーナリストも、自分で迷路に嵌っているのですから滑稽です。

「愛こそ、全て」、「愛の力は強い」とか、よく言ったものです。
理屈を超えたところにある最後のものは、これです。

他人への愛をなくした人々は、過去に他人に放った矢によって自分を傷つけているのです。
時機がやってくると、その矢は今度は自分めがけて飛んでくるのです。
それが分らないから、悪の連鎖を延々とやっている。

もっとも、私が愛などという表現を使っても、伝わらないでしょうから、別の表現でアドバイスしておきます。

「すぐに飛びつくな。一呼吸おいてから考えろ。そして相手の立場を思いやれ」。
これをやれば、スッコーンと遠くまで見えるようになるのですよ。

やってごらんなさいな。

追記:21時15分

吉田昌郎前所長のお身内の方からメールを頂戴しました。
ご本人は療養を続けておられますが、お元気です。
何よりです。

これ以上のことは書くことを控えます。
この件については、ご質問いただいても返信できません。






関連記事
       
NEXT Entry
大飯原発・再稼動を決めた町議会の呆れた裏舞台
NEW Topics
感染爆発の意味と、晋三が本気で国民を大量虐殺しようとしている証拠
〈注意!〉ニューエイジの滲入!集団瞑想で集団悪魔感染
首都封鎖の次の経済崩壊と大量失業時代に備える
パンデミックは世界政府によるワクチン強制接種が目的!
プレ戒厳令の先にある監視体制強化とワクチン予防接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA⑤
五輪延期と強制検疫、強制ワクチン接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA④
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA③
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA②
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA①
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット③
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット②
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット①
ゴールドの異常反応は、食糧危機の前兆か、それとも中東戦争か
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top