カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  日立のパートナー、GE社のCEOが「原発やんなっちゃった」
       
20120812-4.jpg
20120812-3.jpg

8月10日、福島第一原発4号機の格納容器の上蓋撤去

20120812-6.jpg

これは4号機建屋です。
瓦礫などが撤去されて屋上のように見えるのが、オペレーティング・フロア(オペフロ)です。
格納容器は、この黄色の上蓋です。
格納容器自体は、まだ建屋の中に残されたままです。

 TEPCO retrieves containment vessel lid from Fukushima Daiichi Reactor 4


その他の画像は、東電の8月10日のプレスリリースへ。
作業の概要については、こちら



アトミック・アニマル!日立!

この上蓋に書かれているように、福島第一原発4号機の解体・撤去作業は、「日立GEニュークリア・エナジー」と、「日立プラント・テクノロジー」が受注したようです。

使用済み燃料プールの中の瓦礫撤去作業なども、日立GEニュークリア・エナジーが行っています。

日立プラント・テクノロジーは、原子炉の据付工事、タービン、発電機、空調設備になどの設計・施行を行っています。

いわゆる「原発メーカー」に該当するのは、日立GEニュークリア・エナジーのほうです。
同社の会社案内には、3.11前の美しい海岸線と健全な状態の福島第一原発の遠景写真が掲載されたままです。
とても、おもしろい会社です。


日立GEニュークリア・エナジーは、日立が、米国が日本に押し付けた事故連発原発メーカー・GE社と共同で設立した沸騰水型原子炉(BWR:福島第一原発と同じ基本構造を持つ原子炉)のメーカー。
GE社製の原子炉にも関係している時代の落とし子。

GE社というのは、「いずれ水素爆発するであろう」ということが事前に分かっていたにもかかわらず、福島第一原発、その他の日本の原子力発電所に、欠陥原子炉と本国で言われているマークⅠ型の原子炉を売りつけた悪名高い原発メーカー。、

エテコン
主催の「ブラックプラネット賞」を始め、数々の世界的な悪名高い企業に贈られる賞を総なめにした東電と双璧を成す凶悪企業のことです。

この時代後れの原発メーカーは、東京電力(福島第一、第二、柏崎刈羽)、東北電力(女川)、北陸電力(志賀)、中部電力(浜岡)、中国電力(島根)、日本原子力発電(東海第二)に)、プラント一括、原子炉単体、タービン施設、共同施設などを納入してきた企業。

これだけのプロジェクトを受注するのに、いったいどれだけの金が自民党、民主党の国会議員、御用学者、官僚たちに渡ってきたことでしょう。

先月、原子力委員会(近藤駿介)の5人のメンバーと、内閣府、文部科学省、経済産業省・資源エネルギー庁、独立行政法人「日本原子力研究開発機構」の各職員ら計27名が、秘密会議の内容を事前に関連事業者に流したとして刑事告発されました。

これらの犯罪行為(であろうこと)を行なった者たちの背後にいたのが、東京電力、関西電力、中部電力、電力中央研究所、日本原子力発電、東芝、三菱重工業、日立GEニュークリア・エナジーなどの社員でした。

彼らは、原子力委員会の事務局に居座って、原子力委員会の委員たちを金の力で操っていました。

原子力委員会の5人は、これらの企業から、彼らがどんないいわけをしようとも、実質「賄賂」を受け取って、日本の原発の安全性を過大評価してきのたです。

事故が起これば、彼ら5人が、世界規模の大量殺人集団と言われても、世界のマスコミは誰も反対しないでしょう。

原発関連メーカーからの賄賂は、ほとんどすべての委員を汚染しました。原発推進派の学者、専門家は、総じてゼニゲバだということです。
関連記事

ところで、日立GEニュークリア・エナジーという社名は、あちこちに出てきます。

NISA(原子力安全・保安院)は、福島第一原発2号機の地震の安全強度計算について、二つの間違ったモデリングを発見しました。地震の影響は、原子炉関連の2つの機器のために過小評価されたのです。

同じ日立GEニュークリア・エナジー(Hitachi-GE Nuclear Energy)の技術を使っている他の原発プラントは、同じ間違いを犯しているかどうかチェックしなければなりません。

同社が関わった原発(たくさんありすぎる)は、徹底的に安全性を確認しなければ、再び過酷事故を起こすでしょう。

こうした原発メーカーの御用連中への札束攻勢が、福島第一原発、第二の事故を誘発した、もうひとつの原因であることは確かなことです。

これらの企業には、公安を入れるべきです。まさに国家的犯罪のデパートです。

さて、この日立GEニュークリア・エナジー、再稼動ありきのストレス・テストでも自作自演を疑われています。

ストレス・テストの評価は、原子力安全・保安院や安全委員会のメンバーのレベルではできないことを知ってか、大飯原発では、もうデタラメをやりました。

日立の“お偉いさん”たちは、3.11の福島第一原発事故が起こったわずか数週間後には、リトアニアなど、日本が原発を輸出しようと交渉段階に入っていた国々に飛んでいって、営業攻勢をかけていたのです。

3号機、4号機の使用済み燃料プールからは、ほぼ毎晩、放射能の水蒸気がもうもうと立ち上っていたというのに、この”お偉いさんたち”は、日本の原発の信頼性について、必死に相手国の要人に説明したり、原発の必要性を説いていたというのですから、こちらの頭がおかしくなってきそうです。

その甲斐あってか、6月1日、リトアニアのエネルギー省は、原子力発電所建設計画に東芝傘下の米ウェスチングハウスのほか、日立製作所と子会社の日立GEニュークリア・エナジーが応札したと発表したのです。

リトアニア議会も、日立から原発を輸入することに承認しました。

そして、とうとうリトアニア政府は12月23日、リトアニアでの原子力発電所建設に関する仮契約を結んだのです。
まさに、エコノミック・アニマルならぬ、アトミック・アニマル!

北半球総被曝させ隊、別名・チーム仙谷の野田佳彦は、この1週間前の12月16日に「福島原発事故・収束宣言」を大々的に行いました。

なぜ12月16日に収束宣言を、まるでイベントのようにやったのか?

リトアニアでの仮契約が迫っていたからです。

いくらゆる~いリトアニア政府とて、事故の収束宣言も終っていないのに、仮契約を結んだとあれば国民に突き上げを食らうからです。

つまり、リトアニア政府と、日立製作所日立GEニュークリア・エナジー社との間で、スムーズに契約まで運ばれるように、日立→経団連→野田佳彦へと要望が回ってきたからなのです。

野田と細野は、まだ放射性物質がモクモク出ているのに収束宣言をしただけでなく、原発立地の避難住民を強引に帰還させようとしたのは、この契約のためだったのです。


彼らは国民の命など関心がないのです。

もちろん、大飯原発の再稼動も、関西電力の総括原価方式の要件を満たすためばかりでなく、原発の輸出を野田政権全体が、国民の知らないところで推し進めているからです。

世界には、「日本の原発は安全ですよ~」と、まだ言いたいのです。

20120417-3.jpg

この人間たちは、口だけは達者ですが、本物の詐欺師であることを国民は、しっかり心に刻み付けることが重要です。

その他、日立は、GEとGE日立・ニュクリアエナジー・インターナショナル・エルエルシや、沸騰水型原子力発電所用燃料加工会社、株式会社グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパンなどの合弁会社をつくり、まさに「原発のゆりかごから墓場まで」のニーズを満たしてくれるのです。

GEのCEOが、原発との決別宣言か?

快進撃の日立は、原発輸出で弾みをつけて、「電力1兆円、攻める日立」と、原発事故で、逆に売り上げを伸ばす、す、す、素晴らしい会社なのです。

ところが、ここにきて、日立のパートナー、GEのジェフ・イメルトCEOが、原子力発電について「正当化するのは大変難しいと述べた、と7月30日の英紙フィナンシャル・タイムズが報じたのです。

これは、まさかの原発との決別宣言では、と衝撃が走っているというのです。

「世界の多くの国で価格が安いガスによる発電に移行しつつあると指摘し、ガスと風力か太陽光発電の組み合わせに、多くの国が進んでいる」との見方を示したイメルトCEO。

要するに、これから先々、どうしても原発の発電コストは高くなる。だから、「もう、原発いやんなっちゃったなぁ」ということです。

米・原子力規制委員会の前の議長のヤツコ議長は、今年の3月13~15日にわたって、ワシントンD.C.で開かれた米・原子力規制委員会(NRC)の会議で、「原子力発電所に許可を与えてきたNRCと原子力産業が、人々の大量疎開のコストや、費用効果分析における放射能汚染について、今のところ考慮していないことについて強く懸念を持っている」と表明しました。

最初から、「原発は事故を起こすものだ」という前提で、発電コストの中に、その原発ごとに事故の規模を想定し、避難のコストから、補償のコスト、もちろん除染、廃炉のコストまで、あらかじめ計算に入れておくべきだ、との考えを示したのです。

ヤツコ氏の後任の議長は、アリソン・マクファーソンという女性の地質学者です。
これは何を意味するかと言うと、ユッカ・マウンテン核廃棄物処理施設を建設計画の再開を匂わせていることと、原発の下の活断層の調査を行うことを暗示しているのです。

そうなれば、主体性のない日本は追随するでしょう。
つまり、今のうちはいいけれど、原子力発電を続けていけば、先々でとんでもないコストを国民が負担することになるのは確実なのです。

イメルトCEOは、いろいろ考えたら「原発の将来性はないぞ」という結論に達したのです。
しかし、その後、社員向け広報に「我々が原子力発電事業から撤退することはありえない」とするメッセージを掲載したのです。

どっちなの?
ということですが、もちろん、これはジェフ・イメルトCEOのぼやきです。
ぼやきだから、本音なのです。


また、原子力ムラは、日本の原発マネーでイメルトCEOを懐柔して奮起を促がすのかな。
無理、無理。

さて、重度の虚言癖で誰も信じる人のいなくなった野田佳彦君はどうするの?






セイシェル 携帯浄水ボトル 放射能除去フィルタータイプ
【並行輸入品/日本未発売】

Seychelle Environmental Technologies
6,400円   配送無料
セイシェル 携帯浄水ボトル 放射能除去フィルタータイプ【並行輸入品/日本未発売】


世界で唯一飲み水専用浄水器★シーガルフォー ファーストニードXL★ 
防災必備 並行輸入

シーガルフォー
12,230 円  配送無料 
世界で唯一飲み水専用浄水器★シーガルフォー ファーストニードXL★ 防災必備 並行輸入
シーガルフォーついて



関連記事
       
NEXT Entry
復興キラーを退治するには、どこを攻めるか戦略が必要
NEW Topics
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ③
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ②
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ①
日本の第二の占領、三度目の経済の死の後に・・・
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体④
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体③
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体②
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体①
デッド・オア・アライブ、BTCか金かドルを抱えての死か
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視②
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視①
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈③
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top