カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  リンゼイ・ウィリアムス NWO 2010-2011の計画
       

NWOサイドのインサイダー「Mr.X」からの情報を伝える男

石油にまつわる国際紛争、戦争、テロ、経済破壊、食糧危機などなど、大手石油メジャーの元重役であり、牧師でもあるリンゼイ・ウィリアムス(Lindsey Williams)の、こうしたインサイダー情報に神経質になっている個人投資家は多いようです。理由は、彼の「警告」が、異常に高い確率で当たってきたからです。当然、メキシコ湾原油流出テロの今後について、どんな展開になるかも暴露しています。それは、まさしくNWOのシナリオです。
まず、このリンゼイ・ウィリアムスについて、少し詳しく追ってみましょう。

20100621-1.jpg
講演中の リンゼイ・ウィリアムス

リンゼイ・ウィリアムスについて、ある程度のボリュームを持って書かれた日本語のサイトは、おそらく、こちら様だけでしょう。そして、これがコピペされて、広がっているだけですので、みんな同じ記事です。ここにリンゼイ・ウィリアムスが過去に行った「予言」が掲載されています。一部、抜粋します。

リンゼイ・ウイリアム

リ ンゼイ・ウイリアムスは牧師で、1971年、布教のためアラスカ州に派遣されたが、1974年、トランスアラスカパイプラインの建設のため多くの労働者が 来ることを知り、ここに教会を建てカウンセリングなどのサービスを提供することを会社に提案した。会社はこれを受諾しパイプラインの建設労働者のための教 会を建てた。教会はうまく機能し労働者と会社との緊張関係を緩和し生産性を上げたと評価された。この功績のため、リンゼイ・ウイリアムスは牧師でありなが ら、1980年代、オブザーバー資格で大手石油メジャーの重役として最高経営陣の一人に加えられ、彼らと親密に交流する機会を得た。

しか し、3年後、いかに原油の供給や価格、さらに国際情勢までもが彼らによって人為的にコントロールされているかを深く知るにおよび、重役を辞しここで得た情 報を公開する決意をした。彼の告発はYouTubeなどでみることができる。

彼はすでに2006年の時点 で、「彼らは原油価格を150ドル近辺まで上げ、それから下げようとしている」と警告していた。また、隠された事実として、全米の需要を何年もまかなうの に十分な供給量を持つ巨大油田が すでに北米で発見されているともいっている。この油田の存在のため、原油供給は実はまったく逼迫していない。しかし、その存在は原油価格の調整のため公表されてお らず、しかるべき時期に開発を行うことになっているという。

リンゼイ・ウイリアムスは、2008年7月22日にレンスドットコムに出演し、以下 のように警告した。情報源は大手石油会社の退職した重役からの電話で、これから彼らが何を行うか告げられた。これも以前記事に書いた。再度、掲載する。

2008年7月22日の警告

・ 今後、原油価格は1バーレル、50ドルになるまで下げる。

・そのためには、まだ発見が公表されていない二つの巨大油田、一つはインドネ シア、もう一つはロシア北方の新規開発の油田の掘削で対応する。これらの油田は莫大な供給量がある。

・この処置は、現在オイルマネーでバ ブル状態にある中東を破産させるための処置である。このまま行くと特にイランは地域の強大なパワーとなるので、これを阻止する目的が大きい。


・ 自分はもう87歳だし、これから手術を受ける身なので先は短いと思う。そのため、思い切って知っていることを公表することにした。これがわれわれの計画で ある。

・今後12カ月でドルの価値は30%から50%下落する。そのため、アメリカ国内ではハイパーインフレが発生する。食料価格は高騰 し、国民は食料を買えなくなる。しかし、これは食料の供給が止まるからではない。供給そのものには問題がないが、ドルの暴落から価格が高騰するのである。

・ ドルの下落幅に合わせて原油価格も高騰する。だがこのとき、ドルの信用が地に落ちているため、原油の輸出代金をドルで得た石油産出国は貧乏になり苦しむことになる。

・ドバイワールドの破綻は、全世界でデリバティブの破綻を誘発するスイッチのようなものだ。これから時間をかけながら、破綻の 影響は他の市場や金融機関に広がり、最後は現行の金融システムが危機的な状態になるところまで進む。

(管理人:世界一高いブルジュ・ハリファには、将来、国連の機能が移転するようです。デンバー空港一帯にNWO勢が避難することになっているようです。これは記事にしましたが、このことはポールシフトが起こったときのことを考えてのことであると思われます。そういう情報もあります。
もし、ブルジュ・ハリファに国連が移転するのであれば、ポールシフトが起こるのは、かなり先のことであると考えているのでしょう。
誰が? もちろんルシファーと交信しているサタニストたちです。
だから2012年であるはずがないのです。もちろん二ビル星やアセンションなども虚構です。
なぜなら、ドバイが海中に没するはずがないからです。本当のNWOのバベルの塔はブルジュ・ハリファのことで、European Parliamentではない。European Parliamentはダミーです。
これは、世界銀行、IMF他、国連の機関の世界への干渉が急激に増えており、エホバの証人などが、たとえ一時的とは言え、国連の認定宗教になったりしていることからも分かります。すべての宗教を国連が管理し始めているのです。
オバマが、本名「バリー・ソエトロ」でケニア生まれのイスラム教徒である理由が分かります?
http://www.morningliberty.com/2010/06/13/economic-collapse-barry-soetoro-the-old-world-must-fall-away-a-new-world-is-before-us-kiesha-crowther/
NWOは、イラスムとユダヤ、キリスト教の融合を図っており、その伏線を張ったのです。
そして、最後は「世界にひとつの宗教」となるのです。だから、オバマは再選されるでしょう。そして、その後で消されるでしょう。そのとき、英雄として非業の死を遂げたオバマの正体が明かされ、イスラムの人々は、他の宗教と融合する方向へ懐柔されるのです。
ですので、次期大統領が、権力亡者のヒラリーでないことは、もはや歴然です。
NWOサタニストたちにとって、これはルシファーの“ご託宣”ですから、理屈ではないのです)


・証券、債権、社債などのペーパーマネーは一切信用してはならない。すべて金や銀、または土地のような現物で資産を持つように準備すること。

・アメリカの景気が好転するなど ということは、今後長い間あり得ない。

・われわれは中国を覇権国にすることをすでに決定している。今後12カ月のうちに中国に覇権が急速に移行するだろう。

・イラン戦争が起こる唯一の可能性 は、イスラエルによるイランの先制攻撃である。しかし、これから1年から1年半はイラン戦争は起こらない。

・アフガン、パキスタン、イラク、イエメンなどでアメリカが戦っている戦争は、他のはるかに重要なことから人々の目をそらすために行われているにすぎない。


(抜粋、以上)

これが2008年の7月の時点で、ジェフ・レンスの「レンス ドットコム」というラジオ番組でリンゼイ・ウィリアムスが語った内容です。
確かに彼が警告したことは現実となっています。

ただ、 考えてみてください。
このレンスドットコムの司会者・ジェフ・ レンス(Jeff Rense)は、リンゼイ・ウィリアムスのNWOからのインサイダー情報を「予言めいたこと」として扱っているように見えます。こんなものが「予言」ですか?
ちょっと感覚のシャープな人間が、外交、金融の情勢を総合的に判断すれば、かなりの“的中率”となるはずです。
それに、私は、ロッキー山脈の地下に、膨大な量の石油が眠っているにも関わらず、アメリカは「虎の子」として温存したまま開発しないどころか、隠し続けてきたことも知っていました、数十年前に。

まずは、レンスドットコムの情報を鵜呑みにしないこと。参考として取り入れることです。
このレンスドットコムは、NWOサイドのものでしょう。
NWOは隠すばかりではありません。9割方、本当の情報を出しておいて、人々の反応を見なが ら、さらに深い洗脳をかけていくので、本当に注意です。

ケリー・キャシディという女性の主宰する「プロジェクト・キャメロット」、ビル・ライアンの主宰する「プロジェクト・アバロン」は、元はひとつのサイトで、後、ふたつに別れたものです。この分断したときに、イルミナティ/フリーメーソンの工作員が入ってきたのでしょう。あるいは、最初から、そういうスケジュールがあったのかもしれません。いずれにしても、どちらかです。
両方とも、誰が見ても、あちら側、つまり、NWO、イルミナティsideのものなのですが、多くの日本人は「真実の情報」と簡単に受け入れてしまいます。そして、これらのサイトを嬉々として広めている愚かさ。おいおい、大丈夫かぁ?

もとは、ひとつのサイトだったのに、なぜ別れたのかについて、赤ら顔のカウボーイハットをかぶっているビル・ライアンが、こんなことを書いています。
「ケリー・キャシディと別れたのは、互いに方向性が異なってきたからで、巷間、うわさされているような、愛人関係の解消などではありません。もちろん、最初から愛人などではありません」と。
もちろん、閲覧者にとっては、こんなことはどうでもいいことでしょう。これは、マッチポンプです。外部の者に、あちらこちらの掲示板に、ビル・ライアンのセクハラ疑惑を書かせて、それをビル・ライアンが否定する。もともと、閲覧者にとっては、真相など、どうでもいいことですから、「ふぅーん、そんなことがあったか」で終わりです。
つまり、一つのサイトが、二つの分かれる理由付けをしただけです。後々のことを考えてのことです。
でも、中身は同じ。両方とも、サイトのほぼ全ページに豹(jaguar)をアイキャッチに使っています。特にプロジェクト・キャメロットのほうは、豹の目に接写した画像を使っています。
この方法はデーヴィッド・アイクがフリーメーソンで、かつレプティリアンだ、という噂をネットで広めて、その火消しをアイクのシンパ自らがやった手口と同じ。アイクのバランサー疑惑を薄めることに成功したのです。
【デーヴィッド・アイク フリーメーソン説】
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-109.html
【デーヴィッド・アイク レプティリアン説】
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-113.html
この方法で、かなり多くのブロガーさんは、簡単に騙されてしまいました。

このふたつのサイトにアップされているの各ビデオの導入部に入っている豹(jaguar)の画像と映像、BGMは観ない、聴かないほうがいいです。ジョン・レノンのBGMは特に注意です。特殊な波動が埋め込んである可能性が高いです。
※豹の目は、この目ですよ。↓ くわばら、くわばら。
http://www.williamhenry.net/gallery_denderah6.html

でも、真相は、私が思うに、ビル・ライアンの加齢臭に、ケリー・キャシディが耐え切れなくなったからだと思っています。
それでも、両方ともイルミナティの息のかかったサイトであることは確実なことですが。

サタニストは「無垢な人々を、そそのかし、やがては加害者に仕立て上げ、最後には被害者にして葬り去る」という手口を昔から使っています。
選挙戦が、かまびすしくなってきましたが、これなども、背後にいる仕掛け人が、そうした戦略を使っています。ネットウヨクさんの最後は哀れです。

被害者=加害者 戦略

これがサタニストたちの要諦です。
忘れないでください。

自分から喜んで「洗脳の海」に飛び込んで溺れていく人が絶えない以上、どんな警告も無力に等しいのかもしれません。個人の「好み」の問題にまで文句をつけるな、と。

このNWO放送局のレンスドットコムに、頻繁に、とは言わないまでも、複数回、それも、今回のメキシコ湾原油流出災害などの事件が起こったりすると、必ず出演するリンゼイ・ウィリアムス。
日本の場合に当てはめると、郵政 見直し論議、金融危機論議が沸いてくると、思い出したようにテレビの討論番組に出演する竹中平蔵と、某テレビ局、そして某プロデューサーのような関係で しょう。こうした“特殊な関係”は、どこのメディアでも見られることです。

さて、そのリンゼイ・ウィリアムスの最新情報があります。
彼は、老い先短い好々爺の風です。牧師でもあります。
彼がいた家はNWOの家でした。いまだ彼がス リーパーだとしても、それはさておいて、その「最新の警告」に注目してみましょう。


リ ンゼイ・ウィリアムスの最新の警告

Truth Seeker Ja (ジェイエー) へようこそ!更 新2010-6-19 
http://www.truthseekerja.org/
というサイトにまとめられています。

ただし、この管理人の霊性の問題から、ディスインフォメーションを真実であると信じ込んでいるキライがあるゆえ、一歩ひいた距離から観察することが必要です。
どのクリスチャンにも言えることですが、彼らにとって、なくてはならないものが「悪魔」であることも事実。彼らは、「悪魔」と共存しているのです。


その中のこの↓ページ
目次 リ ンゼイ・ウィリアムス関連情報 更新2010-3-14 作成2008-08-16
リンゼイ・ウィリアムス氏がNWOグローバリストメンバーMr.X から得た内部情報。 インサイダー情報?
            ↓

リンゼイ・ウィリアムス関連 目次

詳細 リンゼイ・ウィリアムス最新情報 更新2010-3-14 ビデオ1要約ページ追加 作成2010-1-31
2010年におこりそうなこと

詳細 リンゼイ・ウィリアムス最新情報 更新2009-11-14ビデオファイル追加 作成 2009-10-21

詳細 石油関係 リンゼイ・ウィリアムス情報 (2008-5-5ジェフレンス番組出演での放送)

詳細 リ ンゼイ・ウィリアムスLindsey Williamsについて 重要必読。 (おまけ:興味深い統計
作成2008-08-16  更新2008-8-17

いちばん上の更新2010-3-14ビデオ要約をお読 みください。

ここにアップされているリンゼイ・ウィリアムスの“最新の予言”についての記事、および音声・映像データには著作権の制限がかかっていない、とのことですので、個人ブログに限り、直接リンクしても大丈夫でしょう。
ただし、ドロップシッピングのようなサイトでは、リンクを貼り付けるのは止めておいたほうがいいですね。訴えられても知りません。ドロップシッピングサイトは、アフィリエイトサイトと違って、米国では完全なビジネスサイトの扱いですから。

あと、リンゼイに関する情報もアップされています。リンゼイのDVDから起こしたもののようです。ほぼ英語です。
http://www.truthseekerja.org/articles2010/LindseyWilliams2010_01_mail1.html

リンゼイ・ウィリアムスがNWO筋の陰謀者たちの「近未来の計画」をメディアに出すときのソース は、NWO、あるいは石油メジャー、あるいはイルミナティの内部告発者であるMr.X氏から聴き取ったことが中心になっています。Mr.X の正体は誰も知りません。
いずれにしても、「可能性」を提供してくれている、という点では参考になりますが、それが真実であるとはいえない、ということに注意してください。

これは、NWOサイドにいたリンゼイ・ウィリアムスによる、「NWOが2010-2011に起こすこと」の暴露です。


注意:

このページは私(Truth Seeker)がラジオ番組を聞いたメモをもとに書いています。(いつのラジオ放送かは明記されていません) 

この情報をもとにあなたが取った行動について当方ではどんな形の責任もとれません。 自分の責任において行動してください。 

できれば英語の得意な人にラジオ番組を聞いてもらって内容を確認してください。 

リンゼイ・ウィリアムス氏がMr.X氏から得た情報が全て正しいとも限りません。 偽の情報もあるかも知れないという可能性も考えてください。 

NWOグローバリストがその計画を延期したり、計画を変更することもあります。 
実例として、最近では、H1N1の予防接種関連の計画の失敗(?)。 (今後も油断はしないほうがいいと思いますが。)

英語のわかる方はぜひ聞いてください。 また、私の聞き間違い等あった場合にはお手数でもお知らせください。

注: 間違い等があった場合、追加等があった場合にはそのつど変更します。 日付を確認してください。


ラジオ番組の内 容: (メモ)

これは2010年、次の12ヶ月間に起こることがら。 

食料と水について  生きるために必要なもの。Necessity of life - Food/Water
買えなくなる。 
prenty of food but not be able to buy.。

これは品薄だから買えないのではなく、価格が上がるから。
everything is so expensive

次の12ヶ月以内に、貨幣価値が30%から50%を失う。 50%以上にはならない。 その結果。
loose 30 -50% value of money

コメント:
これは予想ではなく、これからのコントロール計画の内容。 50%以上にならないのは急激にすると反発が激しくなるから。 50%以上にしないということ らしい。

同時に食糧難は静かに進んでいる。 同じように水の自由な使用が制限されている。 連動で土地の自由な利用も。 これらは関連。 そしてNWOグローバリ ストは水面下でこの制限を行なってきている。 水面下ではなく、目の前で堂々とおこなってきている。 表向きは環境保護、動物植物の保護である。 今まで保護のために活発に活動してきている人々は目を覚まして自分達が何をしてきたのか? 反省する必要がある。 思い当たりませんか? 内部告発してくださ い。
天候兵器を使用して干ばつ、洪水、地震、この現状を認識すること。 調べること。 

金の価格について
1オンスあたり$1500 から $2000

コメント:
これは現在の金価格からの計算らしい。
ボブチャップマンの情報とはことなる。 ボブの予想だともっと上がるとのこと。 金銀関連より外には財産を守る方法はないとの発言いつものこと。

原油(ガソリン)の価格

現在約80ドルぐらいだが、$50ドル これはOPEC諸国の破産が目的。
price still in US$ =価格はまだドルである。 

原油の価格を見ていること。 

ガソリンは値上がりする。 これはドルのデバリュー(価値がさがること)から。
ガソリンは一年後には1ガロン当たり5ドルくらいか?

コメント: あくまで貨幣価値が50%を失うことから。 

戦争について
イランとの戦争は無い。 1年から1年半の間には無い。
(しかしその計画はある。)

ドバイワールドについて
これはデリバティブにより仕組まれたこと。 
Dr.Stan: デリバティブとはなんらその価値に何の裏づけも無い。nothing behind it
これは世界経済を破綻するための計画。is designed to collapse the World
Mr. X は皆さんに伝えなさいと言ったとのこと。 Mr. X said tell everybody.

新しい医療保険 法についてNew Health care bill
これは健康には全く関係が無い。 nothing to do with health
これは政府によるトータルコントロールの(樹立)が目的。 (Total) Government takeover

銃規制 gun control
優生学 eugenics
IDチップ ID chip
ワクチン Vaccination
等々などが目的。

コメント:
「政府による」といっても当然影の政府であるNWOグローバリストによる。
他に詳しく書きたいが、ドバイの高層ビルは現代の「バベルの塔」である。 このビルの高さ2684フィート、オープンした2010年1月4日、、、などサ タニストの好きな「数字遊び」が入っている。 また、なんとあのジョージアにある石碑ジョージアガイドストーン建築に関連する数字が出てくる。 どちらもサタニストの「世界への宣言」「メッセージ」ということ。 このビルに誰がテナントとして入るのかを注意深く見ると良い。 一説によると国連(UN)が入 るとの噂もあるとのこと。
OPECの産油国が破綻している点に注意。これからもっと増えるだろう。 資源を持つ国が目の前でのっとられているのだと思う。 ハイチ地震もそのひとつ らしい。 ハイチには金Goldと石油資源があるとのこと。 地震のおこる前にすでに米軍のフリート(fleet=船隊)が現地に近いところにいたらしい。 これはまた別に書きたいが、ジェフレンスラジオ2010-1-27に出演のロレン・モレイLeuren Moretが発言していた。

バズワードについて Mr.XなどNWOグローバリストの使う言葉について
注: buzzword (辞書には「仲間内の通用語」となっている)について

アフガニスタン、パキスタン、イエメンなどの衝突について:
これは気をそらす(distractionディストラクション)が目的。

アフガニスタンにはオピウム麻薬とパイプラインもあるが、、、

コメント:
ディストラクションは目を他に向けさせること。陽動作戦とも言える。 典型的な手法。 膨大な費用のかかることである。 これは世界経済破綻へ向かって全速力で走っているようなものだろう。

アフガニスタンには6万人の軍人、3万人増兵後には合計9万人。
コントラクターcontracter請負人等はなんと16万人ほどいるそうだ。 このコントラクターには燃料補給、建築関係はもとより、傭兵が多くいる様子。 傭兵の数は不明。 CIAとかの警備にも当たっているとラジオで言っている。
この話はJeff RenseとDr.Staの両方で話している。 ロン・ポールRon Paul氏が言うにはアルカイダの人数はたったの100人程だという。 なぜ、戦争に入ったのか、なぜこの合計25万人もの人間がアフガン周辺にいるの か? よく調べ、考える必要がある。 マスコミを信じてはいけない。 マスコミの情報を待っていたのではいけない。 このような情報を一言も触れないマス コミ関連の人達の言うことを聞いていてはだめだ。

奴らNWOグローバリストは)戦争する両方の側に資金援助していることを忘れないように。

原油について: (繰り返し のようであるが、)
オイルはドルでの支払いOil price in US$
ドルの変動を見る、オイルはそれに連動 watch the dollar - oil will follow

コメント:
以前に出ているが、ここでも再度話していた。
どんな紙も信用するな。 Don't trust any financial instrument in paper.
Don't trust paper. T-bill or anything (T-billとはTreasury bill 国債)

紙から抜けること。 Get out of paper. (紙とは債権とか、その他もろもろのこと。)
持っていないこと。 Don't hold it.

中国が強者である Chinese are the strong ones.(「中国が勝利国である」とでも訳すのか?)

アメリカは発展途上国のようになる。US will 3rd world country
中国が次のリーダーである。 Chinese is the next leader.
これはNWO計画である。This is a New World Order program.

Dr. Stan:ジョージ・ソロス氏が中国が次の世界のリーダーとなると言っていた。
Chiniese is the leader of the world.

Dr. Stan:なぜ中国なのか?エリート達が世界をコントロールしているのではないのか?
Lindsey:ロシアはコントロールされている。 中国もコントロールされている。

コメント:
ジョージソロスの発言はこれだと思うが:
George Soros: China will be the NEW world revered currency
http://www.youtube.com/watch?v=JJVZ8sf6uBI

現在、アメリカは毎月30万件の家購入者の破産がある (foreclosure=抵当流れ)
仕事を失い、借金を返済できないで家を手放すことになるのだ。 
失業率は国の発表だと2桁10パーセント程度とのことだが、実際の数字は22.5パーセント(ボブチャップマン談)
車産業の中心だったデトロイトでは40数パーセント(ジェフレンス談、、、だったか)
犯罪が増えはせよ、少なくはならないだろう。 これは銃規制とか以前の問題。 とくに戦後、性道徳、社会道徳あらゆるものがNWOグローバリストにより破 壊されている。 人の感覚が麻痺している。 

インフレーション:
インフレーションは大きい  inflation big の2語。
物価は上がる。
買う必要のあるものは今買うこと。 しかし、クレジットで買うことや、借りて買うことはしないほうがいい。

経済の救済はすぐには来ない there will be no relief in economy soon.

コメント:
今のうちに買っておくもの? (サバイバル状態に突入?)
食料(買えるだけ買っておく?)
水フィルター
キャンプ用品?(寝袋?)
医療品: 長期保存できるものとできないものがあります。できないものは、それこそ毒となり、命を失うこともあるようです。 命にかかわることなので医者にアドバイスを受けましょう。
ビタミン剤: 通常は長期保存はできません。 できるものもありますが、、。

オバマ:  (これはジェフレンスの番組だと思ったが、ラジオ出演のどれか)
オバマのことを少し話していたが、聞き取りできない。 言いたがらないところもあるが、たぶん「彼は取り除かれる」に関連か? これは以前にも出てきた話 題である。 

注: 私の英語力はそれなりです。 どなたかわかったらお知らせください。


2010-1-17  リンゼイ・ウィリアムス情報

Dr. Stanのラジオ放送2010-1-13d(57分くらいのところ)で少しだけ話していた。 1週間前にリンゼイより電話があり、近日中にMr.Xに電話 するがその時に何を質問したいかをたずねられた。 今日電話があり、連絡取ったとのこと。 リンゼイは震えていた様子。 Mr.Xは来週入院とのこと。  Dr.Stanが言うには1月の25日の週にリンゼイにラジオ出演してもらう予定とのこと。 Mr.Xは87歳。 

コメント:
Dr.Stanのラジオ放送のスケジュールは常に2週間分が既に決まっているのだろう。だから25日の週ということなのだと思う。 前回がそうだったよう に、この出演するまでの間にどこか別のところで発言するかもしれない。 前回はアレックスジョーンズの放送だった。 こまめにあちこち調べると良いと思い ます。

前にも書いたが、Mr.Xが何といったのか? リンゼイの意見なのか? Dr.Stanの意見なのか? 私のコメントなのか? 内容がわかったら、書くと きにははっきりさせたい(あたりまえですね。、、、読む側でも特に注意してくださいという意味です)。


ラジオ番組出演 の記録:

1)Dr.Stanのラジオ番組2010-1-27に出演。 Radio Liberty 012710 d 
http://www.soundwaves2000.com/radio_liberty

2)Dr.Stanのラジオ番組2010-1-28に出演。 GCN 012810 2 
http://gcnlive.com/podcast/radio_lib/pcast.php

3)ジェフレンスJeff Renseのラジオ番組2010-1-28に出演。 
有料会員制 http://renseradio.com/logn.html

内容によっては多くの人が聞けるようにMP3リンクしている場合があります。 
http://www.rense.com/


あとがき:

2012年はどうなるの? その前に2010年の危機?

堰(せき)を切ったようにいろいろな大きなことが起こるようです。

やはり、2012年にむかって収束していく様子。 2012年に何が起こるのかも書きたいのですがここで簡単にかいておきます。 最低限 NWOグローバリストがこの「2012年」というものを利用しているということ。 それだから天候兵器を使い放題。 地震や津波も。 ハリケーンも台風も、竜巻も。 そ の意味では世界中どこにも逃げ場はないのでは?

ただし、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、チャイナ)の国々では比較的安全? それは約束された国だから。 ただし安全なのは、例えば、中国のGM工場の近辺だとかだと思います。 NWOグローバリストのメンバーのすぐ近くは安全な場所でしょう。 

+++

待たずに準備したほうがいいと思います。 サバイバルの準備。 経済に対するものと、自然や戦争に対するもの。

最悪の場合、テント生活まで考えて準備したいと思います。

同時に私の場合、日本に帰るべきか? を再度考えています。 うーん日本もわからない国の一つだなあ。

神に祈り、一切を任せるしかありません。 、、、が、自分でそれなりに最善を尽くします。 はい。

お祈りのお願い:
このサイトの安全が守られるようにお祈りください。 私と私の家族の安全が守られるようにお祈りください。
感謝です。


理由:
1)先日、何箇所か日本に電話をかけた際、どうも回線がおかしくて。 何度もかけなおし。 また、不思議な切れかた。 盗聴? 何も危ないキーワードを発 していないのに?

2)今日、このサイトのページ更新が接続悪くて手間取りました。




(この枠内は、当ブログ管理人が書いたものです)

さらに、リンゼイ・ウィリアムスがメキシコ湾原油流出災害の今後に付いて書いたものが別項にあります。
http://www.truthseekerja.org/notes/note2010_06.html

以 下、抜粋部分のコピペです。



メキシコ湾原油流出災害はサタンの力によるもの


2010-06-19 メキシコ湾原油流失について
独立ページを 作成。 (メインから)


2010-06-17 メキシコ湾原油流失について(修正:2010-6-18)
リンゼイ・ウィリ アムス


1.原油の流失している部分のパイプの肉厚は2インチ。 これが2ヶ月で1インチほどになっているということ。 もう2ヶ 月も経つとパイプがなくな る。

コメント:
圧力が高いと穴が大きくなっていく可能性も当然ある。 圧力がなくなるまで流れ出す。

2.ゴールドマンサックスやBPプレジデントがこの事件がはじまる前に株を手放している。 彼らは知っていたのか?(自作自演の事故か?)の質問にリンゼイの答えは、かれらはオカルトに深く関わっており、時として未来を告げられることがあり、彼らの崇拝するサタンにはその力がある。との発言だった。

3.(昨日書いたように)油より、有毒ガスが危険。
その関連で (うわさ?) 人々が北に移動の時期がくる? 避難となる?


4.リスナーからの電話。アラバマ州の海岸から5マイルほど内陸に住んでいる友人のはなしだとガスライターのようなにおいがするとのこと。
Dr. Stanはこれに答えて様子がわかるまで避難したほうが良いと答えている。

+++

コメント:
人々が移動し始めた場合。 混乱となり、戒厳令? など、、、、、悪いことを考えるときりが無い。

やはり、いつもボブチャップマンが言うことは正しいと思う:(準備しておくべきこと)
1)食料の備蓄(長期保存食料)
2)水の確保(浄水器、キャンプ用ポンプ式フィルターなど)
3)家族を守るための手段(武器)
4)財産は金や銀にしておく

その他:
5)現金(クレジットカードなど使えないときのため)

以上に加えて今回のことから学ぶことは、緊急避難の準備、緊急脱出用の荷物の準備を加えたい。 お金があればトレーラー、キャンパーのほうが良いだろう (ある程度、前もって積み込んでおけるから)。 目的地が決まっており、荷物が置けるならトラックを借りても良いだろう。 道が込むと道路は駐車場状態。  これは以前にハリケーンで避難した時の情報から私達は知っている。

万全の準備。 これからはそれが必要のようだ。 留まるときはとどまる(備蓄が必要)。 避難するときはひなんのために移動する(備蓄品も持って行く)。
早い決断と行動が望まれる。

注意: 人々を恐怖に陥れるつもりはありません。 非常事態の場合、嘘や、うわさなどが出回ります。 嘘を見分けることが必要。 また、日ごろからどうす るのかなど計画が必要です。



2010-06-16 メキシコ湾原油流失について(物質名スペルわかりました 追記 2010-6-19)

このことばかりを追っているのではないが、この件は思った以上に大変なことだということが日に日にわかってくる。

ジェフレンスの番組061410HR2にリンゼイウィリアムスが出演し、この件について話していた。 
リンゼイはエンジニアと話し、情報を得た模様。

ラジオで聞いたことを簡単に書いておきます:
(聞き取りできていない点もありますが、また、全てを書いているわけではありません。それでも重要だと思うので書いておきます)

1.原油が噴出しているが、この圧力について
アラスカの油田では1500 PSI (pound per square inch) 1平方インチの面積に加わる圧力(ポンド)だった。(参考値)
今回のBP海底油田は20,000から70,000PSIという途方も無い圧力。
人の技術の及ぶものではないbeyond human techologyと言っていた。

安全弁がこわれたが交換しなかったとのこと。
日に400万(4 million ミリオン)ガロン噴出しているとのこと。

2.石油とともに現地で噴出している(化学)物質について(これはEPAからの発表)
カッコ内は安全基準値。

1)ハイドロジン・ソーファイド (Hydrogen Sulfide)
(5 - 10 parts/billion)
1200 parts/billion

2)ベンジン Benzene(発がん物質。 胎児に影響を与えると思われる。)
(0 - 4 parts/billion)
3000 parts/billion

3)メサリン・クローライド (Methylene Chloride)
(61 parts/billion)
3000 to 3400 parts/billion

ジェフレンスは、(この海上を漂う化学物質の霧?)のことをデス・クラウドdeath cloud(死の雲)と表現していた。
マスパニック(集団パニック)になってもおかしくないとの発言も。

3.他の危険性(ポテンシャルpotential可能性) この部分はジェフレンス談。
勢いよく原油と他の物質が出ているが、出てきた物質の代わりに水が穴に入っていく、圧力などの関係で温度が上がり(蒸気?)爆発? その場合、大きな波が でき、その高さが80フィートの高さとなり、海岸から陸に向かって50マイルほど水が迫るとのこと。
コメント: 試算があるらしい。


4.他の情報
ハリバートン社の社員が爆発前に掘削リグにいたとの情報。
(管理人:ハリバートンとは、アメリカ国民から嫌われているネオコンのサディスト、ディック・チェイニー元副大統領がCEOを 努めていた企業。このプラントの建設にも関わっていた)

5.Dr.Stanの番組ではフロリダの土地を売って他州に移り住む人のことも話していた。 ボブチャップマンはもう既にこのフロリダ周辺の家の価格は一 頃と比べ60から70パーセント下がっているところもあるようだが、この原油流失でさらに下がるかもしれない、だから一頃からすると80から90パーセン ト下がるかも?とのこと。

6.鳥や動物などを救い、洗剤などで洗ってから開放することについて
追跡調査を以前にしたことがあるが、6ヶ月以内に死ぬ動物がおおい(?)などといっていた

コメント:
これはDr.Stan別 番組での誰かの発言こと。
これらは広告(洗脳とも言えるか)のひとつか? 油にまみれた動物は油をぬぐい、洗剤で洗えば大丈夫という映像が出てくるが。
以前に書いたが、民間の航空機で緊急酸素マスクが下りてきている場面のことを思い出す。 鳥や動物をわざわざ探し出し救う暇があれば、他にすることがある だろうということ。 人が第一。 環境保護、動物保護、惑わされずに優先順位を考えるべきだと思う。 洗脳から抜けよう。 

参考:
http://www.rense.com/
Oil Catastropheオイルカタストロフィの欄にいくつかの記事やビデオリンクがあります。

原油流失を止める最期に残る方法は核爆弾の使用か?とのニュースもある。(ブルームバーグ)
Simmons Says Nuclear Device Only Option to Stop Oil Flow (長さ 5分42秒のビデオ)
http://video.godlikeproductions.com/video/Simmons_Says_Nuclear_Device_Only_Option_to_Stop_Oil_Flow
コメント:最初からこれが目的?

+++

参考:
リンゼイは今回、オーディオCDを作成している。オーディオCDのみの販売と、これを以前の6枚組DVDとセットで販売しているようです。 
題: GULF OIL GUSHER CD AUDIO
http://www.prophecyclub.comから注文可能。

+++

コメント:
海上に漂うガス、これが雨となって陸地に降り注ぐ場合には木や草が危険かもしれない。五大湖に流れ込むことも考えられる。 そして地下水、水道水? 「水が苦くなる」 「底知れぬ穴から」 「海の生き物のうち、その何分の一が、、、」 聖書の言葉を頭をよぎるが、聖書にはどうかいてあるのか?

最悪の場合を考えて備えをしたほうがいいと思う。 

食料の高騰はこの事件(災害?)や経済破綻のどちらからもおこるだろう。 将来的にはやはりハイパーインフレーションにたどり着くと考えるのはわたしだけでしょうか? 

BPは破産するはずない? 破産するのが目的? だからゴールドマンサックスが事前に株を売った? など、、、、想像すればきりがありません。
多くの人々の健康が害され、費用は誰が払うのか? 認定? 後手後手になるだろう。それが計画だろう。

どうしてそんなに暗い見方しかできないの?
相手がだれかを知ろう。 NWOグローバリストとは誰のこと? 彼らの神はサタン?


最後に:
嘘の情報、本当の情報。 入り乱れている。 情報過多。 こんなときはどうしたらよいのか?

「最悪を考えて備えをすること。」 「神に祈りながら生きていくこと、進んでいくこと。」 それが私の答え。 

このところ朝早くに家を出て仕事に行く。 自動車で会社までいくが、朝早いのでほとんど車は走っていない。 その時に考える、 「この町の人々は何も知ら ないのだろうか。 今何がおきているのかを人々は知らないのだろうか。 それがために多くの人々は何の備えも無いのだろうか?」と。

「何かおきた場合。 この人々が敵になるのか?」 いつかは避難する必要があるだろう。 その時期は? 時期を逸すると、出られなくなる。

「神に祈る。祈りながら準備する。情報を集める。行動する。」 自分のできることはする。 その後は全てを神に任せる。
これ以外に私は方法を知らない。

多くの大きなことが進行中。 こんな時、私は何をしなければならないのか? 
大切なことは何か? 大切なものはなにか?

避難するとき、持って出られるのは限られた量である。 最後の最後には全てを失う。 
最終的に残るものは何?

何が一番大切なのでしょうか? (私にはわかっていますが、、、)

神とともに歩む人が増えるように祈ります。 一日でもその日が早く来るようにとお祈りしてます。


2010-06-13  メキシコ湾原油流失について

Dr. Stanの060910 ラジオ番組。ゲストはバリー・チャミッシュBarry Chamish氏。 かれはイスラエル出身のジャーナリスト。 イスラエル政府の腐敗を暴いていたので、命の危険が迫りアメリカに移住せざることになった という人物。 もう何年になるのか、Dr. Stanの番組に定期的に出演している。 その彼はフロリダ半島の東側の町に住んでいるという。 その彼がこの件について話していた。

なんといってもこの石油が海流にのってニューヨークには3ヶ月ぐらいで届くだろうとの発言がショックだった。 コンピュータシュミレーションをだれかがし たらしい。 東海岸が被害にあうのか? 

メキシコ湾について、スワンプ化している(swamp沼地)という表現を使っていた。 そして何度も「ダメージは既に与えられた。」(damage is already done)とも。 

海の幸、鮭(サケ、サーモン)にも影響がでるのか? 海流の流れはどうなっているのか? 東海岸の金持ち連中の避暑地の海岸にも届くのだろうか? その時に彼らはなんと言うのか?

この状況から言って世界的な条約でもできるだろう。

とにかく、様子を注意深く見守りたい。 

+++
同時進行中?

世界恐慌
食糧難
水不足

多くのこと、その先には世界統一政府One World Governmentがある。 違いますか?
聖書にはどう書かれているのか?

戦争と、戦争のうわさ、、、


2010-06-08 メキシコ湾原油流失に ついて

本当にとんでもないことになってきている。 

原油は、フロリダ半島の西側に行きつくだろう。 
そ してこれは海流に乗ってアメリカ東海岸、そして大西洋、ヨーロッパに流れ着くかもしれない。時間の経過とともにこれは わかってくるだろう。

自然破壊が起きているが、漁業への影響(食料)、漁業関連に従事している人々の収入に影響。 観光地に影響。 海岸沿いに土地を持っている人々の財産価値の下落など大変なことだ。 数年にわたる影響だろうか?

経済破綻に多いうちをかける。 食糧難に追い討ちをかける。 

神の創造、自然。 きれいな空、きれいな海。神が私達に与えたもののなかのひとつ、権利がNWOグローバリストに奪われてゆく。 それが目の前でおきているのであろうか?

BP(ブリティッシュ・ペトロリアム)の対策は今まで後手後手、失敗が続いている。 Dr.Stanなどが言うには彼らには多くの技術ノウハウがあり、止 められるはずの原油流失とのこと。 つまり、止めるつもりがないということか。 

この先に与える影響と、この期間におきていること、NWOグローバリストが隠したいことがおきているのでは?
陽動作戦というやつか?

原油流失、そしてBPの用意した有毒な化学薬品の散布による中和処理。 これでもっと自然環境がこわされる。 また、そこから蒸発した水分が雨となって陸 に注いだ場合、陸の植物に影響はないのか? 農作物をはじめに枯れることはないのか? 心配は多い。 深い問題かもしれない。 こんなことをするのは彼らの目的がお金目当てでないことがわかる。 自然環境の破壊など、どうでもよいことだと言っているようなものだ。

考えすぎ? NWOグローバリストの意図的な自作自演ではない?

事実:
ゴールドマンサックスがこの原油流失のおこる数週間前にBPの株を売っている。 (偶然でしょうか?)

メキシコ湾岸には30ほどの石油リグがあり、そこの全てにSWATチーム(特殊部隊)が送られたとのこと。
これはボブフレッチャーBob Fletcherが政府にいる友人から聞いた情報。

関連ビデオ:(たくさんありすぎ、、、)
http://www.youtube.com/watch?v=6n1h1zFmUPA
30 SWAT Teams Sent To Gulf Oil Rigs!

http://www.youtube.com/watch?v=wzj2lZDEJMw
Corexit Is Killing The Gulf Part II

ポイント:
この時期になにが同時に進行中か? (中東での戦争? 経済破綻?)
この事件以後にどんな法律ができるか?(条約?)

よくある誤解:
だれが得するのか? お金の流れをみると犯人がわかる、、、などといわれることがある。 一理ある。だか、彼らNWOグローバリストはサタニストである。  サタンの手下である。 本当の目的は? よく見極める必要がある。

<神よ、助けたまえ。>
<嘘を見分ける知恵を与えたまえ。>
<真実を見極めることができるように助けてください。>


2010-06-02  アレックスジョーンズAlex Jonesの新しいビデオ

Invisible Empire A New World Order Defined Full (Order it at Infowars.com)
http://www.youtube.com/watch?v=NO24XmP1c5E

多くの有名人がNWOのことを言葉にしています。 NWOはキーワードであり、仲間による符号(暗号)か? とんでもない。 TVなどで堂々と口にしてい ます。 よく口にしていた当時(今でもなのかどうなのか?)、はっきりと目の前で宣言していませんでしたか?

残念ながら、当時、私にはこの問題は知りませんでしたし、聞きませんでした。

知った今、さあどうすればいいのでしょうか?

情報の拡散、拡散。 人々の目が覚めるように。

祈りながら行動すること。 祈りながら、真実を求めること。 嘘をつかまされないようにと祈りながら進むこと。
できることを実行すること。


2010-06-02 金(ゴールド)の価格のこと

Dr. Stan談(gcn 0531101の放送)によると、タイム誌などで人々が金を売っている(処分?)と伝えているとのこと。 これはNWOグローバリストの道具であるマスメ ディアを通しての工作。 偽の情報を記事にしているとのこと。
実際には中国をはじめ、多くの国が必死に買っている。

金(の価格の変化)はかごに入れて炭鉱内に連れてゆく(鳥の)カナリアのようなもの(その場を離れるべきかどうか警報)。 金が上がり始めたらそれが印。  のようなことを言っていた。

この放送: 0531101 2010年5月31日 17:58
http://gcnlive.com/podcast/radio_lib/pcast.php

コメント:
マスメディアなどの情報は金を人々が手放すように仕向けるための工作。 偽情報。 それだけ金が不足している面もあるのだろうか。 最近出回っている情報 のなかに、金や銃は没収されるとの情報も同時に出てきている。 つまり、時期的に見て嘘の情報だろう。 ロシア人、中国人の傭兵がアメリカを攻めるというのも偽情報かもと思っている。 恐怖をあおるという心理作戦か。

いったん金の価格が上がり始めたらあっという間に高騰するかもしれない。

なんせ時間の問題だろう。 見守るのみ。 

この時期、誰の情報が正しいのか? どの情報が正しいものなのか?
誰が嘘をついているのか? どの情報が嘘なのかを見分けないと、それこそ大変な目にあう。 そんな時期らしい。
十分に注意しましょう。



コピペはここで終了。

その他、youtubeの動画。リンゼイ・ウィリアムスのオイル・カタストロフ、メキシコ湾原油流出災害に関する動画。
http://www.youtube.com/results?search_query=Lindsey+Williams&aq=f

この方法
で字幕を表示させてください。

その他、リンゼイ・ウィリアムスに関するサイトは、いろいろあります。日本語サイトは、ありません。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1B3DVFA_jaJP232JP291&q=Lindsey+Williams+&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1B3DVFA_jaJP232JP291&q=Lindsey+Williams++Goldman+Sachs++BP+occult++Satan++future++worship.&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

テ キストなら、エキサイト翻訳  youtubeなら、この方法で字幕を表示させてください。



ここからが本題です。

このリンゼイ・ウイリアムスのNWOインサイダー情報をお読みになって、何を感じましたか?
彼は、いかにも牧師らしい風貌です。高齢の老い先短い好々爺。しかし、彼も古巣のNWO石油メジャーからリークされた情報を垂れ流す操り人形の一人にすぎないのです。
そして、リンゼイ・ウィリアムスに 情報提供しているインサイダーMr.Xとは何者でしょう。

リンゼイ・ウィリアムスに“リーク”される情報のうち、9割が本当のことで、残りの1割が嘘情報かも知れないと疑うことです。私たちに重大な影響を及ぼすのは、嘘情報にすり替えられる前の残りの1割の情報でしょうから。ただし、それは、私たちが分析し、推定するほか方法がありません。

これは、マジシャンが右手でマジックをやっている間に、左手で観察者を騙す仕掛け を、こっそり仕込んでいるのと同じでしょう。
あるいは、売れなくなった芸能人や、同性愛疑惑の出てきたタレントに、あえてスキャンダルを作り出 し、芸能マスコミにネタを提供するのと同じ手口です。タレントは再び世間の関心を集め、同性愛疑惑を希釈することに成功し、ワイドショーなどの芸能マスコ ミは視聴率を上げ、週刊誌は販売部数を増やすことができます。みーんな、WIN、WINです。
いったいどこがいけないの? 

その イベントに進んで参加するアナタが騙されていることに気がつかないから、いけないのです。被害者であると同時に加害者でもある視聴者。
奥の、そのまた奥の部屋で葉巻をくゆらし、「してやったり」とほくそえんでいるのは誰でしょう?

その間に、FEMAは、迫り来る食糧危機によって引き起こされる内乱に備えて、米国民の目の届かないところで、しっかり陣形を整えていることでしょうね。

アメリカに住んでいる方たちは、一部の敏感な人たちを除いて、「アメリカは普段と何も変わらない」と思っているでしょう。私の友人でさえ、そうなのですから納得できます。
「今日も、明日も、何も起きないさ」と。
しかし、私の友人は、とうとうピストルを購入したのです。それなのに「何も起きないさ」と誤魔化す友人。

政府が大きなことを行う時は、まず誰より真っ先に国民を騙すことを忘れないでください。
国連が平和を言い出し、大統領が核廃絶を言い出し、ノーベル平和賞を受賞したり… 歯の浮くような演出の数々です。これを、おかしいと思わないほうが、おかしいのです。
「予言の中身」を吟味することより、こうした点に注意を払ってください。




「情報を拡散せよ!」と煽る人間を最初に疑え! 
これが鉄則です。


日本のサイトでは、 あまり見かけられないのですが、海外の掲示板では、例のベンジャミンが頑張っています。
「ビルダーバーグ会議の計画は、 うまくいっていない。彼らは分裂している。もう彼らは終わりだ」。
こんなトーンですかね。これは何も根拠がない。

このベンジャミンは、世界中の人間を油断させようとしているように見えて仕方がありません。
「ビルダーバーグなんて、ちっとも脅威ではなかったんだよ。これから世界で起こることはビルダーバーグの計画によるものではなく、真の博愛主義者たちによる創造的破壊だ。だから、我々は安心して、新しい世界を受け入れよう!」

ベンジャミンの狙いは、ここにあります。彼はNWOサイドの人間である可能性が濃厚です。それを彼が自覚している、していないは重要ではありません。というより「無視」しなければなりません。彼の言動が、それを物語っているからです。


最後に。

最近、「自分の世界が幸せなら、きっと世界にも何も起こらない」という考え方を持つ人が増えてきました。これは深刻な事態です。深い洗脳にかかり始めている兆候です。
私は、そういう方たちに「自分の世界は、本当にあなたの世界なのですか?」と尋ねたいのです。
自己欺瞞は自分でつくる迷路です。出口がありませんから、やがて餓死してしまいます。それは魂の死です。特に最近、死に掛けている人が大勢出てきました。

絶体絶命の窮地に立ったときに、たいていの人は気持ちが「なえて」しまいます。そして、現実を受け入れるための方便を探し出すのです。
むしろ、絶対絶命の窮地にこそ、血湧き肉踊るような「青雲の志」が発露されるのでしょう。そこに、本当の自分の姿を見つけることができるかもしれません。

「自分の世界は、本当にあなたの世界なのですか?」

この自分に対する 重大な問いかけから、目を背けさせようとする人たちの言うことを聞かないでください。なぜなら、その人たちは、間違いなく憑依されているからです。

お断り:
どうしても、私が意図しないまま、こうした情報ばかりに行き着いてしまいます。
クリスチャンでなければ知りえない情報ばかり掲載するので、私がクリスチャンに違いない、と思っておられる方々がおられます。
私はクリスチャンでないどころか、一切の宗教、団体と無関係の遊び好きの不良中年です。
真面目で敬虔なクリスチャンのみなさんを汚すようなことがあってはならないと、一応、お断りしておく次第です。






洗脳 ~スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック~ [単行本]
苫米地 英人 著    1,470円  送料無料
 


洗脳 ~スピリチュアルの妄言と精神防衛テクニック~ [単行本]







関連記事
       
NEXT Entry
666とPhi(Φ)の隠された関係
NEW Topics
5Gに接続されるナノテクワクチン開発競争がゲームオン!
大統領選と戒厳令からワクチン強制接種への道筋③
大統領選と戒厳令からワクチン強制接種への道筋②
大統領選と戒厳令からワクチン強制接種への道筋①
デジタル庁による国民監視社会と宇宙幻想戦争の開戦②③④
デジタル庁による国民監視社会と宇宙幻想戦争の開戦①
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ③
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ②
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ①
日本の第二の占領、三度目の経済の死の後に・・・
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体④
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体③
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体②
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体①
デッド・オア・アライブ、BTCか金かドルを抱えての死か
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top