カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  米軍からのアクセスが続いている
       

「以前より、米軍関係者からアクセスを受け続けている」と書いたのですが、あまり、気に留めずに放っておきました。とはいうものの、ブロともさんへの波及も考えられるので、ブロとも申請をお受けしないようにするなど、それなりに対応してきました。万一の安全のためです。


2 net Unknown (Network) %
3 com Unknown (American Company) %
4 mil Unknown (US Military) %
5 uk United Kingdom %
6 au Australia %
7 th Thailand %
8 it Italy %
9 ch Switzerland

FC2ブログの解析ツールでは、上のように表示されますね。昨夜のFC2ブログ・アクセス解析の上位部分をコピペしたものです。(数字は削除してあります)
米軍関係からのアクセス数は第4位です。これが毎日となると、さすがに気味が悪いです。
ということで、この前に「Unknown 」と付くアクセスは、どこからのものだろうと、調べてみることにしました。

昨夜、「なかのひと」という無料解析ツールをブログに設置してみました。
(右側のサイドメニューの下のほうにある日本地図のバナー)
他の解析ツールと組み合わせて詳細を分析する必要があるのですが、とりあえずのところはいいと思います。

この「なかのひと」という解析ツールは、「どんな組織からアクセスがあったか」に特化した解析サービスで、一般の大手プロバイダーからのアクセスは集計せず、企業や政府機関、学校など法人に特化して調査する、というものです。
どちらかというと公共性の高い組織、準公人性のある組織だけが表示されます。

20100723-1.jpg

上の画像は、当ブログの「なかのひと」の管理画面のキャプチャーしたものです。初めてタグを設置してから4時間経過したものです。組織名の数は、時間の経過とともに増えていきます。この時点ではまだ少ないです。


20100723-2.jpg

下部分を拡大したもの。
文字が大きく表示される組織ほどアクセスが多いことを示しています。
夜中に、組織名にボカシ加工を施していたら、記事を書く気がしなくなってしまいました。
ということで、これは昨日のキャプチャーです。
(そのまた上の画像には加工するのを忘れてしまいましたが、まあ企業体は公性のものなので、いいでしょう)。

研究機関、大学、官庁、特殊法人(かな?)、いわゆる有名企業とあります。
その中でも、ひときわ大きい文字で表示されているのが「米国海軍」ですね。

どの記事にアクセスしたかは、初めて米軍からアクセスを受けた2ヶ月くらい前には、はっきりわかっていました。「エリア51関連」「ドゥルセ関連」でした。
たぶん、宇宙人の正体がばれてしまうと、いろいろ支障が出てくるのでしょうか。

その後、定期的に米軍からアクセスを受けるようになり、ここに来ては連日、それも第4位!
いったい何が? 
アクセス数が多いので、今では、どの記事に最も関心を持っているのか、分からなくなってしまいました。(分析は可能ですが、そこまで時間を割くことはできません)

ただ、急にアクセスが増えたきっかけになった記事はわかります。
それは、この記事らしい。
なぜ、この記事に関心を持っているのかについては分かりません。ただ、この記事を書いたら、突然、米軍からのアクセス数が増えた、ということです。

でも、やはり「洗脳」、「引き寄せの魔術」関係なのかな。

私のように、おそらく、自分が知らないうちに、米軍や、フリーメイソン、イルミナティ支配下の組織からアクセスを受けている方も多いのでしょう。
そんなバカな、何を言ってるんだ、妄想だ。なんて。
そういう方は、ぜひとも、ディープな内容のブログを書かれて、体験されることをお薦めします。かなり危険な「暇つぶし」になるかも知れませんが。

Truth Seeker Ja さんも、こんな状況下で書き続けておられるのでしょう。頭が下がります。

当ブログを訪問する「中の人」が「恐ろしいこと」に!~米軍の魔の手が迫る!

このブロガーさんも、アクセスを受けたようです。ご本人は、iPod touchのイヤホンとかアイマスの記事を書いたせいではないか、と推定されていますね。

実は、私も、似たようなことを書こうと思っておりました。
「シムロック解除にからむiPhone勢の対応」が明らかにおかしいので。
まあ、携帯電話による監視システムが本格化したということです。
今後、クラウドは、携帯電話から個人情報を吸い上げるブラックホールのような役割を果たすでしょうね。

これに関しては、少し後で記事にしようと思っています。
因みに、私は将来もiPhoneは使わないでしょうね。

今日は、短めに。
連日の猛暑で、あまり頭がシャープに働きません。

この記事のアップ後、「なかのひと」を見てみたら、また、今日も米軍からアクセスがありますねぇ。
20100723-3.jpg

国関係も、なんとか庁とか、いろいろアクセスがありますが、意外なことに、宮内庁からアクセスがあります。不思議です。
(ひとつ、ご説明を。ボカシを入れてありますが、○松というのは、防毒マスクメーカーの重松ではなく、兼松です)。






赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ [単行本]
ハーヴェイ・カープ 著  土屋京子 翻訳    
新品 1,680円     通常配送無料  
 

赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ [単行本]





関連記事
       
NEXT Entry
魔術の世界にアクセスしたがる人々
NEW Topics
感染爆発の意味と、晋三が本気で国民を大量虐殺しようとしている証拠
〈注意!〉ニューエイジの滲入!集団瞑想で集団悪魔感染
首都封鎖の次の経済崩壊と大量失業時代に備える
パンデミックは世界政府によるワクチン強制接種が目的!
プレ戒厳令の先にある監視体制強化とワクチン予防接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA⑤
五輪延期と強制検疫、強制ワクチン接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA④
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA③
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA②
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA①
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット③
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット②
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット①
ゴールドの異常反応は、食糧危機の前兆か、それとも中東戦争か
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top