カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  “コンドル”とエドワード・スノーデン
       
20130626-1.jpg

アメリカとロシア。
二つの大国を巻き込んだスノーデンの逃亡劇は、いよいよ映画『コンドル』のようなストーリー展開となってきました。


…「エドワード・スノーデンが自殺と見せかけて暗殺された」。
ここ数日、このニュースが世界を駆け巡っていました。


ロシア政府当局によると、月曜日(8月12日)、エドワード・スノーデンが滞在しているホテルの部屋で死亡しているのが発見されたということである。

米国当局によれば、死亡原因は自殺であることが明らかであるとのこと。

しかし、誰を批難したらいいのか分からないまま、彼が暗殺されたという噂がツイッター、フェイスブックを通じて広まり始めている。

多くの愛国的アメリカ人が、自宅の裏の森の中で祝砲を上げながら、スノーデンの死を祝っている。

この記事が、インターネット・クロニクルに投稿(8月12日の午後1時26分)されて以来、にわか陰謀究明家たちが、それぞれの掲示板で意見を交わしています。

もちろんスノーデンは生きています。


※この記事は有料メルマガ対象です。(お申し込み初回月は無料です)

mailmagazine-banner.png



ウォールストリート・ジャーナルが大変、興味深い記事を書いています。

「CIA元職員で、唯一モスクワに亡命したハワードは、KGB所有の別荘で死亡したと、タス通信が2002年に報じている。ロシアの本音は、友人であるアメリカを苛立たせる君の存在が邪魔なのかもしれない。果たして、ロシアへの亡命は君にとって最善の選択なのだろうか」
と書いています。

これは、かねてから噂されている「HAARPによる他国への攻撃や、アメリカ政府と地底人や宇宙人との密約」を隠蔽しているという「ワシントンの秘密」をスノーデンが暴露してしまうのではないかと危惧している証拠だ、と騒いでいる陰謀研究家がいます。

実は私は、スノーデンがNSAの巨大監視プログラムの秘密を内部告発したとき以来、頭から離れない映画があります。
それは『コンドル(Three Days of the Condor)』というロバート・レッドフォード主演の映画です。

20100414-2.jpg


主人公の“コンドル”がCIAから命を狙われる原因となった奇書。それは『アトラス・シュラッグド(Atlas Shrugged)』という分厚い予言書のような本です。

この『アトラス・シュラッグド』は、フィリップ・ロスチャイルドに寵愛された奇女、アイン・ランド(Ayn Rand)によって書かれたもので、イルミナティの世界支配のアジェンダをコード化した小説であるとされています。(1957年初版、全1100頁)
「ここに書かれてあることは必ず実現する」と言われている、世界支配の計画書です。




続きは『カレイドスコープのメルマガ』でご購読ください。8月16日配信済みです。
mailmagazine-banner.png
申し込み初回月は無料です。




メルマガが届かない、解除の方法が分からない、有料メルマガの購読、課金に関するお問い合わせは、 reader_yuryo@mag2.com までお願いいたします。

メールが届かない方は、「まぐまぐ」のブラウザ上で読めるサービス『Mag Mail』 をご利用ください。
先にマイページに入ってから、下のリンクをクリックすれば『Mag Mail』に入ることができます。
http://my.mag2.com

メールが届かない場合でもこの『Mag Mail』にアクセスしていただければ、必ず読むことができます。

また、Gmailの場合、メルマガが迷惑メールとして処理されてしまうことがあります。その場合は、下記を参考に設定の変更を お願いします。
http://www.mag2.com/read/gmail.html



『カレイドスコープ』のメルマガ
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
購読解除はマイページより行うことができます。
https://mypage.mag2.com/Welcome.do(PC・スマートフォン用)
https://mypage.mobile.mag2.com/Welcome.do(携帯端末用)




関連記事
       
NEXT Entry
薄ぼんやりと現われる日本の危機
NEW Topics
東海岸沖のロシア原潜、ウクライナ核危機、国内での暴動
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性④
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性③
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性②
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性①
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン⑤
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン④
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン③
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
「最後の審判」のユタ州に移転するCAのビッグテック
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.②③
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.①
中共軍に侵略される一歩手前まで来てしまった米国と日本
トランプが第19代大統領になるための「不思議な旅」①②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top