カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  アメリカ人は核テロの備えをしているのか
       
もし、ワシントンD.C.がテロリストの核攻撃を受けたら---
Russia TVというロシアのニュースを中心に扱っているニュースサイトに上のような記事が取り上げられました。
この思わせぶりなニュースの背景に何があるのでしょう。

アメリカ人は、核テロの備えをしているのか
Are Americans prepared for a nuclear strike?


Russia TVというロシアのニュースサイトに上のような、なんとも時代錯誤的な、いやいや現実的で物騒な記事が取り上げられました。
RT:ロシアの英語放送のニュースチャンネル。旧称Russia Today。ロシアで放送されているニュースを英語で観たり聞いたりできるサイト。アラビア語放送もネットで配信している)

【フェニックス、デトロイト、ワシントンD.C.がターゲット!?】
に、さらに恐怖の上塗りをするような内容になっています。

ここから翻訳。

Published: 23 November, 2010, 23:53
Edited: 24 November, 2010, 11:44

東西冷戦の緊張状態が極限にまで高まったとき、アメリカ人は、いつアメリカがソ連と核戦争を始めるのかと恐怖していました。
連邦政府は、国中に何千もの核シェルターを建設し、核攻撃を受けた際に、すべきことについて公共の電波を使って国民に知らせたのです。アメリカ人はアパート、家、学校など、そここに核シェルターを見つけることができました。
通常、避難所には、十分な食物、2週間分の水、簡易ベッド、および医療機器が備えられていました。

「もともと、約1000のシェルターがありましたが、現在では、屋内型のシェルターは、ほとんど姿を消しています。私たちは、その時代の記憶をとどめるものとして、シェルターの保存に努めています」と、アダム・アイリッシュは話しています。
アダム・アイリッシュは、ワシントンD.C.の核シェルターの遺構を保存することを目的に「District Fallout」というグループを始めた保護論者です。

ビル・ブラウンは、米ソ冷戦の間、ワシントンに住み、学校に通っていたというワシントンの住人です。
「私は、1962年の秋から1965年の春まで中学校に通っていました。その間、冷戦は進行中です。
夜、ベッドで消防署のサイレンを聞くと、空襲警報ではないかと考えたものです。多感な多くの若者たちは、常に不安になっており、パラノイアを引き起こした者も多くいたのです」とブラウンは話しました。

しかし、これらの冷戦に対する準備は、アメリカ人を死の灰から守るだけです。死の灰は、核爆発の余波で大気中に拡散した放射性粒子です。もし、人間がそれに晒されれば、病気になるか死を招くでしょう。

「もっとも、都市が核の最初の標的になるでしょうから、死の灰については、それほど脅威であると考えていませんでした」とアダム・アイリッシュは説明します。
今日、この時代の残渣だけが残っています。
しかし、核攻撃の脅威は本当に消え去ったのでしょうか?
もし、今でも、それが起こりうることであるなら、アメリカ人は準備ができているのでしょうか?

「米ソ冷戦下においては、それは相互破壊につながることから、おのずと核抑止力が働いていました。どちらも、相手側に向けてミサイル発射することはなかったわけです。しかし、今日、テロリスト集団が、もし核ミサイルを持っているとしたら、誰も核爆弾を使うことを止めさせる力は働かないのです」と、再びアイリッシュは語ったのです。

もし、近未来において、ワシントンが核攻撃のターゲットになっているとしたら、何をしたらいいのか、何も考えが浮かばない、と、そのワシントン住人は言ったのです。

ワシントンD.C.のコラムニスト、ブレントBudowskyは、冷戦当時、ワシントンで仕事をするということが、いったいどういうことなのか、思い出したようです。

彼は、政府は核攻撃に備えて、さまざまな計画を立案し、一方で掘削ドリルを常備していたと説明しました。

軍は、議会(議員たち)のために、避難計画を作成していました。特定の集合場所、ヘリコプターでの避難の詳細、それらすべての秘密の場所などが当然のことながら考えられたのです。
最大で、核ミサイルが着弾する前の22分間を、避難するための猶予時間と割り出されました。

「そんな緻密な避難計画があっても、実際のところ、私たちは死んでいたのです。数学的に、この条件では、私たちの誰も生き延びることはできなかったでしょうから」とブレントBudowskyは話ました。
時間内に、核ミサイル着弾予想区域から離れて、その後、決められているポイントに集合し、ヘリコプターに乗って避難することなど絶対に不可能なのです」と彼は説明しています。

「議会の誰もが、このような避難計画が、ただの絵空事であることを知っていたはずです。それは完全に喜劇です」とブレントBudowskyは結んだのです。

今日、合衆国は、同じような計画を作っています。
それは、ワシントンD.C.がテロリストの核兵器によって破壊される、という現代では、「ありうる脅威」を想定したものです。
これらの計画が情緒的な、単なる気休めなのかは分かりませんが。(翻訳終わり)

-------------------------------------

管理人:


この手のニュース(アメリカが核攻撃の脅威に晒されている)は、以前から出ていましたし、現在も、“定期的に”リリースされていますので、「さもありなん」というところでしょう。

しかし、これは…、ロシアのテレビのサイトで報道する意味はどこにあるのでしょう?

これが、ニュースではなく、単なるコラムであることは理解できます。
どうしても腑に落ちないのは、このロシア発のリリースが、瞬く間にアメリカのメディアに逆輸入されている不思議。

アメリカの、「ある人たち」は、そんなにワシントンD.C.を核攻撃したいのでしょうか。
無政府状態を計画的に作り出して、そのドサクサに何がしたいのでしょう?

今まで何度か、「ロシアがアメリカを核攻撃する?」という内容の記事をアップしてきました。
ロシアの『死の手』核ミサイル報復システム
フェニックス、デトロイト、ワシントンD.C.がターゲット!?

それぞれ、米国の有力メディアや、有力サイトに、このような記事がエントリーされていたわけで、管理人は注釈を付けて翻訳してきたのです。
いずれも、「ロシアの地下核ミサイル基地からアメリカに向けて核ミサイルが発射される」というものや、「ロシアの原潜からワシントンD.C.に向けて核ミサイルが発射される」という記事です。

Russia TVのこの報道は何を意味するのでしょうか。

「ロシアは、濡れ衣を着せられるのは、まっぴらだ」といわんばかりです。
もし、アタッシュケースに入ってしまうような小型核爆弾によるテロでも、米議会は、吹っ飛ぶだろう、と。

はっきり分かることは、この記事が「ワシントンD.C.が核災害に見舞われる」という可能性を示唆していることです。

世界は、9.11WTCのときに、たった1人を除いて、その他のユダヤ人全員が当日、出勤しなかったことを知っています。
ワシントンD.C.で働いているユダヤ人の職員たちが、突然、いっせいに「いとま」を告げるときが要注意日かもしれません。

これは、皮肉でしょうか。





世界中から集めた深い知恵の話100
マーガレット シルフ 著  
新品 1,890円 配送無料    


世界中から集めた深い知恵の話100


関連記事
       
NEXT Entry
タイムテーブルに乗った世界破壊の計画書
NEW Topics
転換点を迎える世界金融システムとゴールドへ資金移動②
転換点を迎える世界金融システムとゴールドへ資金移動①
東海岸沖のロシア原潜、ウクライナ核危機、国内での暴動
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性④
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性③
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性②
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性①
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン⑤
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン④
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン③
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
「最後の審判」のユタ州に移転するCAのビッグテック
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.②③
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.①
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top