カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   亡国法案  »  TPP合意見送られるも水面下で官僚が交渉を進める
       
20140424-1.jpg

4月23日。21日から3日連続のTPP抗議行動「STOP TPP!! 3-DAYアクションの最終日。衆議院第二議員会館前で、山田正彦元農水大臣による呼びかけによって大勢の人たちによる静かな「座り込み」抗議が行われました。途中で仕事を抜け出してきたようなサラリーマンやOLらしき若い人の姿もちらほら混じっていました。

山田元農水大臣、安倍芳裕氏たちの抗議-TPP合意見送り

昨日は、オバマ大統領が来日した日で、前日のような規模のデモ(下の動画)は自粛。アジア太平洋資料センター(PARC)事務局長の内田聖子氏による街頭演説のようなプログラムは、やや控えめ。

20140422 UPLAN オバマの来日土産に「合意」は許さない! STOP TPP!! 官邸前アクション


ただ、この後、次の打ち合わせのため、永田町、麹町、銀座と移動してみても、NHKが「オバマ大統領来日で最高レベルの警戒続く」と報じているような場面は、どこにも見られませんでした。

報道内容と実際は食い違っています。アメリカからの“歓迎されない”要人の来日に際して、これはNHKのリップサービスのようなものでしょう。
大量の警察官が動員されたものの、永田町全体としては、“長閑な”緊張感に包まれていました。

日中は、初夏のような陽気で半そでTシャツに着替えたくなるような暑さの中、呼びかけ人の山田正彦元農水大臣も、ペットボトルの水を飲みながらの抗議行動。テレビで見るのとは違って、実際は、かなり若くてキビキビしている人です。これから「本当の意味で期待できる折れない」政治家だと思います。

20140424-2.jpg

昨日(23日)午後7時前、大統領専用機で羽田空港に到着したオバマ大統領は、その後すぐ銀座のすし店で、安倍総理と非公式の食事会を行いましたが、ここでも内々の話は、TPP交渉に関すること。

もっとも、これは24日の今日、元赤坂の迎賓館で行われた記者発表で整合性を取るための打ち合わせに過ぎなかったようです。
今日の首脳会談は、午前10時半ごろから約1時間45分間行われたとのこと。

日米間の閣僚協議継続で一致したもののTPP合意には至らず、共同声明の発表はいったん見送られることが決まりました。
日本政府の「のらりくらり」、そして「気難しい日本はずし」のオバマのタヌキとキツネの“馬鹿試合”であれば、TPP反対派は願ったりです。

官僚の中にも反対派は大勢いて、では、これでドーハ化して有名無実化するのかというと、まったくそうではなく、次なる戦略が水面下で始まるというシグナルであると見なければならないのです。
「新たな始まり」である、ということです。

ですから、国民にとっては、これからが高度な戦術が交差する正念場なのです。油断大敵で、ここでは視線を脇にずらして、別のTPP推進部隊が動いていないか、目を凝らして見極める必要があるのです。

「共同声明での発表見送り」というようなニュースが出たときは、すでに別のところで、さらなる強い代替案が進行していると考えなければなりません。

繰り返し書きますが、オバマとは、アメリカ国民の民意を反映した議会によって動いているのではなく、アメリカ合衆国を事実上、乗っ取ってしまったシオニスト・ユダヤの超リッチな人々で運営されている影の政府の代理人として、多国籍企業の利益のために働いている人間です。

また、安倍晋三も、日本国民のために働いているのではなく、いかにして日本をアメリカに売り渡して世界支配層の枠組みに組み入れるか、それだけのために日本の多国籍企業の後押しを受けて働いているエージェントに過ぎないのです。

この二人は民主主義の正式な手続きを経て選ばれた首脳ではありません。

おそらく、TPPは再チャレンジされるでしょうけれど、最悪、ドーハ化してもいいように、すでに次の策略が仕掛けられているはずです。
私たちは、そこに目を向ける必要があります。

具体的に重要なことは、このすべての虚構を見破り、この愚劣な政権の支持率を低下させることです。
でも、信じられないことに、意外にも支持率は、そこそこ高いのです。

まだTPPの本質が分からない人がいることが不思議でならないのです。それは「日本の死」を意味するというのに。

何も報じない大マスコミの大罪は、計り知れません。
年頃の娘がいる親御さんは、こんな業界の男に嫁がせると一生涯の後悔になるでしょう。



関連記事
       
NEXT Entry
TPP基本合意-公約違反の自民党は、もう潰す以外にない
NEW Topics
東海岸沖のロシア原潜、ウクライナ核危機、国内での暴動
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性④
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性③
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性②
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性①
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン⑤
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン④
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン③
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
「最後の審判」のユタ州に移転するCAのビッグテック
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.②③
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.①
中共軍に侵略される一歩手前まで来てしまった米国と日本
トランプが第19代大統領になるための「不思議な旅」①②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top