カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  ツァイトガイストとバーバリアン・イルミナティ
       
20101222-2.jpg

ツァイトガイストは、ドキュメンタリー映画ということになっていますが、実は大いなる秘密があります。
最新作は2011年1月に出る予定ですが、この記事を読んでおくと、謎が一気に解けるかもしれませんよ。

------------------------------

日本では、ツァイトガイスト(Zeitgeist=時代精神)について知っている人は少ないでしょう。欧米、特にヨーロッパでは知名度は高いようです。キリスト教圏でないと、理解が難しいようです。

ただ、これを信じている人は、「イエスは存在しなかった」とか、「キリスト教は占星学と神話の文学的ミックスだ」などと、ほとんど反キリストのようなことを書いているブロガーさんが、少なからずいるようです。

結論から言うと、「正しくない」です。
また、この一連の映画はフリーメーソンが作ったものだ、と例によって憶測で書いている人もいますが、それも間違いです。そういう人たちは、いったい、どこからそんな情報を手に入れたのでしょうか。

ツァイトガイストの制作を何らかの形で支援したのはバーバリアン・イルミナティである可能性が高いのです。
それは彼らの精神革命から出てきたものです。
それは、静かなる革命=ビロード革命の一環です。

みなさんが、まるで“悪の権化”のように言っている、あのイルミナティですよ。

youtubeで全15本、すべて見ることができます。日本語字幕です。
http://www.youtube.com/watch?v=U4288OS5V3U&feature=related

ツァイトガイストについてのバーバリアン・イルミナティの態度

「いったい、どれほどの人が、このツァイトガイスト(Zeitgeist=時代精神)を理解しているのでしょうか?

ツァイトガイスト(Zeitgeist=時代精神)について、元祖イルミナティ、つまりバーバリアン・イルミナティは、公式サイトで、このように書いています。
Illumination: the Secret Religion - The Vatican Ban

ツァイトガイストのPRサイト
http://www.zeitgeistmovie.com/
(管理人:↑)

「あなたは、神秘的なゾーンに入って、「聖杯」を見つけることができるのでしょうか?
(管理人:「聖杯」とは、過去記事-ここと、ここで触れています

ここ数ヶ月、何百人もの真実を求める人々が、私たちバーバリアン・イルミナティの静かなる革命(ビロード革命)に加わりたいと、コンタクトを取ってきています。

その方々は大変、有望な方々には違いありませんが、私たちの革命に加わっていただける資格を持った方はごくわずかと言わねばなりません。

あなたは、要求されている資質をお持ちですか?
(管理人:つまり、ツァイトガイストを100%理解していることが、元祖イルミナティのメンバーになる最低条件らしい)

2012年に続く次の3年間(この記事は2008年に書かれたもの)、おそらく別々の情報筋から、いくつかの手がかりが出てくるでしょう。

真実の探求者がリクルートされるとき、The Soul Cameraは、そこにある手続き、手順について劇化して表現します。

そして、それは、バーバリアン・イルミナティの新たな加入者が、聖杯の秘密を盗もうとしている敵と直面する危険性をも同時に表しているのです」。

(管理人:
どういうことかというと、バーバリアン・イルミナティへの参加者は、ときどきあるようですが、ほとんどが資質的に条件に合致していなかったり、敵側のスパイであったりするようで、実際にバーバリアン・イルミナティのメンバーになることは超難関のようです)。

2012


(バーバリアン・イルミナティは2012年から何が世界に起こるのか具体的に知っているようです)

----------------------------
バーバリアン・イルミナティが人々を募集するときはまず、The Soul Cameraなどのイルミナティの暗号を入れた小説を出版します。

それを理解できた人は、自分でバーバリアン・イルミナティとのコンタクト方法を見つけ出し、加入テストを受けるのです。そのテストに合格した後も、何段階かのチェックがあり、それらすべてに通過するには長い年月を必要とするということ。

The Soul Cameraには、元祖イルミナティが数千年にわたって守ってきた秘密が暗号になって込められているので、その謎を解かないと意味が理解できないということ。

そのためには、「あなたは、ツァイトガイスト(Zeitgeist=時代精神)を理解しているのでしょうか?」とサイトで、問いかけているのです。

つまり、
ツァイトガイスト(Zeitgeist=時代精神)には、バーバリアン・イルミナティの基本概念が入っている

The Soul Cameraは、元祖イルミナティであるバーバリアン・イルミナティが数千年の間、秘密にしてきた奥義を小説という形で著わしたもの。

The Soul Cameraのほかに、3冊があり、シリーズ4冊で「秘密」は完成する。
その秘密とは「聖杯=宇宙をコントロールできる秘密」らしい。
ただ読んだだけでは、単なる小説となんら変わらないものです。

シリーズ4冊の最後の本に当たるThe Soul Cameraは、まだ完成していませんが、このページから、ヒントを知ることができます。(ページのいちばん下)

つまり、バーバリアン・イルミナティは出版という形で、自分たちの秘密を一般の人たちに、過去何度も明かしてきたのです。ただ、一般人たちが書店で、その本を手に入れ、読んだとしても、「ある霊的な資質」がないと理解できないようです。

これは、彼らの敵である欧州貴族、銀行家たちから偉大な秘密を隠すことと、バーバリアン・イルミナティの安全のため、ということです。何より、彼らには絶対に理解できないということです。

特殊な血筋を引く欧州貴族、銀行家たちには、霊的な欠陥があるのでしょうか。
“人間ばなれ”しているらしいのですよ、そういう血流の人々-欧州貴族、銀行家たちは。
(かといって、レプティリアンなどという想像の産物ではありません。思考回路に重大な欠陥がある人々なのでしょう)

詳しくは、バーバリアン・イルミナティ公式サイトのこのページ、あるいは当ブログの過去記事を参照。

元祖イルミナティ、バーバリアン・イルミナティは、常に門戸を開放しています。
しかし、自分たちのほうから「スカウト」したり、「勧誘」したりすることはなく、あくまで自分から志願することが取り決めになっているとのこと。

そのために、定期的に出版(小説)という形を借りて、彼らの奥義をコード化(暗号化)して、それを読者に知らせているのです。

そして、その書物から霊的なインスピレーションを受けた人間だけを対象に、思想、交友関係、資産状況、係累の一切を本人も知らないうちに調査し、その段になって初めてバーバリアン・イルミナティがアプローチしてくるのです。

さらに、その後も、何段階かの身上調査を重ね、メンバーとして認められるのです。


-------------------------------

もう一つ、この同じくバーバリアン・イルミナティ公式サイトから。


元祖イルミナティ=バーバリアン・イルミナティは「新世界秩序」に賛成しているのか、それとも、反対しているのか?
Illumination: the Secret Religion - For us or against us?

まず、本文に入る前に、
【イルミナティの定義と二つの新世界秩序】をお読みください。
これを読まないと、まったく意味が分からないでしょう。

以下、ところどころ抜粋、翻訳。

現在、グローバル・エリートたちが叫んでいる「新世界秩序=NWO」というのは、旧世界秩序(=OWO=Old World Oerder)-これは、すでに完成しており、私たちが住んでいる奴隷社会のこと-を更に強化して、最終的には、私たちの体にチップを埋め込んで、その生殺与奪の一切を握ってしまおう、というものです。

新世界秩序=NWOというのは、私たちバーバリアン・イルミナティが最初に言い出したことで、これは、王侯貴族、彼らの銀行家たちが打ち立てた奴隷制度「OWO」を打倒して、人類を奴隷制度から解放しようというものなのです。

途中から、OWOの破壊工作員がバーバリアン・イルミナティ内部に侵入してきて、※バーバリアン・イルミナティの唱えている新世界秩序は、第三次世界大戦を引き起こして、人類を絶滅させるものだ」という、まったくのデタラメを世間に広めたのです。

管理人:※アルバート・パイクのこと。

この破壊工作によって、私たちバーバリアン・イルミナティが「新世界秩序」という言葉を使うとき、人々は、「それは世界征服の下に、一層過酷な奴隷制度を敷こうという陰謀だ」と短絡的に考えしまうようになったのです。そして、それをたくらんでいるのは、私たちバーバリアン・イルミナティだと。

つまり、「一層過酷な奴隷制度を敷こう」としているのは、すでに世界を支配している王侯貴族、ロスチャイルドら国際銀行家たちの方で、私たちバーバリアン・イルミナティが、彼らを打倒しようとすると、洗脳されてしまった一般の人々がそれに反発するのです。

このことによって、私たちの目的達成は困難を極め、その間に王侯貴族、ロスチャイルドたちは、完全なる奴隷制度を確立してしまったのです。
そして、彼らは、さらに現在の奴隷制度(OWO)を強化して、人類をロボット化しようとしているのです。

人類は、とてつもなく巧妙に騙されていて、自分たちで進んでロボット化の道を歩んでいるのです。

人類が彼らの恐ろしい企みに気づかせないようにするのは、OWOの基本的な「任務」です。

彼らの戦術は、どんどん洗練されていき、ほとんど粗雑な戦術を必要としなくなっています。

それは心理的な人心操作術です。

彼らが最も有効な人類操作術と考えているのは、私たちが、あたかも自由であるかのごとく錯覚させることです。

私たちは、すでに奴隷です。OWOの連中は、死の収容所、有刺鉄線、電気柵、軍人、警察、家畜運搬車、監視、スパイ、または「強制すること」などを、もはや必要としないのです。

私たちが深いマインド・コントロールにかかってしまっているからです。

人々は、自ら進んで、自分に鎖のついた足かせをはめ、ご主人様にひざまづくのです。
こうなると、彼らはほとんど、天才的です。

4年毎に、アメリカ人は、自分たちを奴隷状態にするために選挙で投票します。 それぞれの大統領の任期が終わろうとも、世界を制する名門王朝は、依然として世界を支配しているのです。何も変化しません。

恐怖の人形師に操られた政治家は、カメラに向かって、ひきつりながらも満面の笑みをたたえるだけです。

旧世界秩序(=OWO、現在、すでに完成している世界支配体制)が、どのように維持され、作動しているのかを知りたいのであれば、以下の事例を考えてみてください。

デヴィッド・キャメロン(イギリスの保守党、および次期イギリスの首相になるリーダー)はイートン校(イギリスで最も排他的な私立学校)に通っていました。

(管理人:
この記事は、内容から分かるように2008年の5月頃に書かれたものですから、この時点でデウィッド・キャメロンが英国首相になることは決まっていたということになります。

そして、バーバリアン・イルミナティは、それを知っていた。

ということは、抗議してきたダフィーおぱあちゃんのことを「頑固なばあさん」と言って大失態を演じた労働党のブラウン首相も「嵌められた」。そして、ダフィーばあちゃんも、仕掛け人?)

彼は、バーリントン・クラブ(Bullingdon Club)に加わったオックスフォード大学に進学しました。

バーリントン・クラブとは、エール大学内にあるスカル&ボーンズ(Skull and Bones)と同じく、大変裕福な学生のための排他的で秘密主義に守られたグループです。

その“大学内秘密結社”の結社員たちは、将来、エリートとなることが約束されています。

キャメロンは、英国初の女性下院議員となったアスター子爵夫人の娘と結婚しました。

彼の親友で保守党の“副司令官”ギデオン・(ジョージ)オズボーンは、当時のオックスフォード大学の学友です。
また、オズボーンは、そこでバーリントン・クラブに加わりました。 ちなみにオズボーンの父親は准男爵です。

夏の間、オズボーンは、投資銀行家のナザニエル・ロスチャイルド(Nathaniel Rothschil。イートン校、オックスフォード大学、バーリントン・クラブ出身。悪名高いロスチャイルド銀行業王朝のメンバーのバロン・ロスチャイルドの息子)に、コーフで会いました。

彼らは、ロシアのアルミニウム大富豪で、ロシアの寡頭制支配者の一人、オルグ・デリパスカ(Oleg Deripaska)の豪華ヨットの船上でディナーを楽しみました。
デリパスカは、ソ連の共産主義が崩壊したとき、ロシア産業の巨大な一角を不自然な方法で手に入れた人物の一人です。

このディナーには、マンデルソン卿も同席していました。彼は、バロン・モリソンの孫息子で、イギリス労働党のメンバーでオックスフォード出身。彼の親友はトニー・ブレアです。

これは現在の奴隷制度=旧世界秩序(OWO)がどのように作動しているかを如実に示しているのです。

特定の人脈で、うまくつながいでいて、裕福で、特権がある人々は、世界をどのように分割すれば、自分たちの利益になるのかを豪華ヨットの上で食事をしながら話し合うのです。

世間一般の人々の人生に重大な影響を及ぼす決定事項は、船上の密室で、おいしい料理に舌鼓を打ちながら話し合われているのです。

「人々のために」という嘘八百を平気で掲げて、これらの政策を行います。
密室政治ですから、彼らは誰にも相談しないし、人々のことなど、最初からまったく心配していないのです。
しかし、そんな人間に、無知な有権者は投票するのです。

ボリス・ジョンソン(ロンドンの最近選出された市長。2008年5月の市長選で勝利した)には、身近なバックグラウンドがあります。
それは、同じく、イートン校、オックスフォード大学、バーリントン・クラブです。

米国では、スカル・アンド・ボーンズボヘミアン・グローブのような秘密結社のメンバーがアメリカを分割支配しています。

なぜ、彼らはさして有能とはいえないのに、トップに立てるのですか?

「彼らは、共通の趣味と文化で強く結ばれている」-デーヴィッド・ロスコフ-からです。
【たった6000人が世界を支配している】より。

ジョン・コールマンは現代のアルバート・パイク

旧世界秩序(現在の支配体制のこと。Old World Order)は、常に遺伝的継承の原則を支持してきました。
それは能力主義の原則と正反対のものです。

しかし、歴史を通して、この方式(特定の血筋を持った遺伝的世襲)を、巧妙に運用してきたのです。

グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国の女王(旧世界秩序の非常に重要な人物=つまり、エリザベス女王)は、英国民を「自分(彼女)のもの」と呼びます。まるで英国民が彼女の所有物であるかのように。

これを聞いたみなさんは、「人間を私物化するなどと」こんなことが許されるはずがない、と思うでしょう。
しかし、現実は逆です。

大多数の英国民は、自分たちが「自由な市民であるかどうか」自問するより、「彼女のもの」=英国王室の君主制=を支持しているのです。 それは旧世界秩序のプロパガンダの力が、いかに凄いかを顕わしているのです。

欧州の王国貴族、ロスチャイルドら銀行家たちの世界支配層OWOは、枝分かれした「二つ」の戦略から成り立っています。
ひとつは、事実上の「血流(遺伝子)のつながりによる世襲」、もうひとつは、くだらない消費者主義と、エンタティメントによって人々を催眠術にかけておくこと。

そして、それらは見事にうまく行っているのです。

あなたの混乱は、あなた自身が誤解することから始まっています。

旧世界秩序の連中(現在の奴隷制度をすでに完了している王侯貴族、ロスチャイルドら)が推進しようとしている「さらに今の奴隷制度を強化し、それこそ人類をロボットにしようとしている」秩序、つまり、これを彼らは「新世界秩序」と言っている。

紛らわしいので、かれらの「新世界秩序」のことを「NWO-1」と言い換えることにします。

本当の新世界秩序「NWO-2」とは、私たちバーバリアン・イルミナティが目指している「グローバル・エリートたちを打倒して、人類を解放しようという試み」のことで、ずるがしこい王侯貴族、ロスチャイルドらグローバル・エリートたちが、この名前を勝手に使用することによって、私たちを罠に嵌めてきたのです。

彼らの目指しているのは、NWO-1のことで、本当の「人類ロボット化計画」のことです。

彼らの言う「新世界秩序」=「NWO-1」などはペテンであり、フィクションです。
繰り返し、誤解のないように書いているように、彼らの「新世界秩序」=「現在の旧世界秩序の一層の強化」とは、自分たちだけが利する単なる力の強圧に過ぎないのです。

現在の状態をしっかり見てください。
もし、彼らが最初から私たちを奴隷にしようという意図がなかったと言うのであれば、この世界の悲惨な状況が生まれるはずがないのです。

したがって、NWO-1は、彼らのイデオロギーと政策を拡張すること自体を目的としたペテンであることが分かるのです。

人々は、世界の様相を見て、なにか、とてつもない陰謀が進行しているのばないかと想像はするものの、これらグローバル・エリートのパワーについて、何ら知識を持っていないのです。

NWO-1の洗練されたプロパガンダは、鮮やかなまでに私たちを堕落させてしまいました。

あなたは、現在の“ご主人様”に意味のない抵抗など止めてください。
ありもしない作り事の未来が、どうなるのだろうと思い煩うのなら、あなたの貴重な時間と労力を無駄にするだけです。

私たちは、この罠にどうやって嵌ってしまったのでしょうか?

典型的な“こきおろし”NWO-1は、このように進められてきたのです。

まるで中世の封建制度のように、自分たちの都合で勝手に決めた(血流による)世襲制度の下で、「ひとつの政府」、「ひとつの通貨制度」を巧妙に確立しようとしているのです。

「この世界政府の実態は、1家族当たり、子供は何人までと制限され、病気、戦争、飢饉などにより、彼らに奉仕する10億人になるまで減らすことです。
そこでは中産階級は存在せず、支配者と、その使用人しか存在しないのです。
ひとつの統一された法体系の下で、世界法廷の法的なシステムはまとめられるでしょう。
あらゆる国境は撤廃され、世界政府のバックアップによって警察は力を持ち、世界統一軍隊は、世界中に、ひとつの法律を強引に押し付けるでしょう。

“世界国家”システムは、福祉を志向する国家の在り方に基本が置かれることになります。
世界政府に従順で、決して差し出がましいことをしない人たちは、生きるための手段として、基本的な報酬を与えられるでしょう。
反対に、反逆者は、そのまま餓死させられるか、反逆者を殺したいと常日頃考えている連中によって「抹殺の対象」となるでしょう。
どんな種類の火器も兵器も個人所有が禁止されるでしょう」。
(ジョン・コールマン博士、陰謀者階層構造: 300人(1992)の委員会の話)

私たちバーバリアン・イルミナティは、ジョン・コールマン博士の見方に、いくつかの点で賛成しますが、大部分においては不審なものを感じます。
私たちは、いったい何回、同じことを繰り返さなければならないのでしょう。

こうなると、OWOの連中が愚鈍なのではなく、(コールマン博士が説明したような)方向に進んでいくことが危険であると真剣に思い悩むほうが愚鈍と言わなければならなくなります。
どうして、人々は、こんな見え透いたナンセンスに時間を浪費するのでしょう。

コールマン博士、そして彼の本質は過激です。
そして彼の考え方は右翼そのものであり、キリスト教原理主義者のそれです。
彼は武力を愛する無政府かつ資本主義を信奉する自由主義者です。
実際に、それは旧世界秩序の連中より恐ろしい考え方の持ち主です。

もし、コールマン博士と彼の性格について理解したいのであれば、アイン・ランドの本を読んでください。彼は、OWOの連中などよりずっと「紙一重」の危うさを内包しており、彼がその姿勢を通していることが恐ろしくなります。
アイン・ランドがOWOの連中に指示されていることを、しっかり銘記しておいてください)

ツァイトガイスト(Zeitgeist)に関して、以下のことをご自身に問いかけてください。

「ポジティブな結果を導き出すのに、広く世間で信じられている誤解を、そのままにしておくことは正しいことですか?」。

「もし、確かにグローバル・エリートがいて、世界奴隷化を一層推し進めていること、そして、旧世界秩序(OWO)の巧妙なプロパガンダのお陰で、今や世界でもっとも悪名高い秘密結社であるというレッテルを貼られてしまった、私たち(バーバリアン)イルミナティが、実は、欧州の王侯貴族や情け容赦のない銀行家たちのグループの一員でないどころか、その反対で彼らを打倒しようとしているグループであることを説いて回ろうとするとき、ツァイトガイスト(Zeitgeist)が持っている難しさが、どれほどのものか考えてみてください」。

(管理人:バーバリアン・イルミナティの新世界秩序(=NWO-2)を世の中に説明するためのツァイトガイストのビデオが、バーバリアン・イルミナティが悪の結社であると印象操作されてしまっているので、人々は誤解して、なかなか受け容れられないだろう、ということ)

人々の誤解がある限りは、ツァイトガイストに込められたメッセージは、希釈され、混濁されてしまうでしょう。
(バーバリアン・イルミナティにとって逆風の)世間のこうした風潮の中では、人々の間でツァイトガイストの要点について伝えられるとき、同時に、それは誤解を生み出していると考えられませんか?
(つまり、バーバリアン・イルミナティは、世界支配を強引に進めている恐ろしい陰謀集団であると誤解されているために、ツァイトガイストの概念をゆがめて受け取ってしまう)、

なぜこのサイトで、私たちが敢えて、「ツァイトガイストについて完全に理解していますか?」と問いかけたのか、その理由がお分かりですか?

ツァイトガイストでは、世界の人々がグローバル・エリートたちによって、完膚なきまでに叩きのめされそうになっていることを説いています。グーローバル・エリートたちの楽園-彼らの「千年王国」のために。

ツァイトガイストが明らかにしていることは、旧世界秩序(OWO)の酷さであると理解していただけませんか?

「新」という文字をつけただけで、何か本当に私たちにとって良いことのように勝手に考えていませんか?
このウェブサイトのような二次情報は、世界で本当に起こっていることを、じっくり伝えようとすることができます。
しかし、私たちに関して、世間に広められた誤解を取り除くことができるとは、一瞬たりとも考えてはいません。

世界で使われている「新世界秩序」という言葉

本質は、現在の奴隷制度=旧世界秩序の強化なのですが、それが意味するとおりに「旧世界秩序」とすれば、人々の覚えは良くないでしょう。

「新」という文字を頭につけることで、人々は、「旧いことより、明日に希望を見出そうとする」のです。
したがって、グローバル・エリートたちが「旧」で、どんなに酷いことをしようが、「新」の効果によって、人々は、どんどんグローバル・エリートたちの悪事を忘れていってくれるのです。

もし、本当に適切に運営されるのであれば、世界政府、その軍隊、金融システムは、それほど悪くないのかもしれません。

「世界政府」の概念自体には、悪いものは何もないでしょう。
ただし、コールマン博士のように、あなたのほとんどの同胞を毛嫌いし、彼らを殺すための銃を欲しいと思わないのであれば。

私たちバーバリアン・イルミナティが、ゴーストライター、マイク・ホックニー(ペンネーム。マイク・ホックニーとは、バーバリアン・イルミナティの「出版を使った静かな革命」=ビロード革命の下で、刊行されているさまざまな本の著者。一人ではなく、何人もいる)に依頼して書いてもらったThe Armageddon Conspiracyは、こちらからFree Downloadできます。

The Armageddon Conspiracyには、本当のイルミナティ(元祖イルミナティ=バーバリアン・イルミナティ)の歴史が書かれてあります。

私たちは、イルミナティについて書かれた他のさまざまなバージョン(堕落した本)には、まったく関心がありません。
他の人たちが、私たち元祖イルミナティについて、どう書こうが、何を言おうが、私たちが、いちいちそれをコントロールするなどというのは不可能なのです。

私たち元祖イルミナティに、過去何度か敵側の工作員が潜入してきたことがありましたが、イルミナティの最高幹部がスパイや、工作員だったことは一度もありませんでした。

私たちの承認なしで、イルミナティの模倣組織をつくろうとしていた派閥が追放されたこともあります。
このように、常にOWOは、元祖イルミナティを迫害し続けているのです。

(管理人:元祖イルミナティ内部に以前から潜入していた敵側=OWOの工作員が、元祖イルミナティのバーバリアン・イルミナティをそっくり模倣して、勢力を拡大し、内部崩壊させた後に、バーバリアン・イルミナティの悪評がいっそう高まるようにネガティブな活動をしようとしていた、ということ)

もし、私たちバーバリアン・イルミナティが、正確な年表を提供すれば、それは私たちの敵を教唆し、私たちへの攻撃を手助けすることになってしまうのです。

彼らは、常に、そのような正確で価値ある情報の中に(潜入するための)糸口を見つけるでしょうし、もっと良いポジションで私たちの中に侵入することができてしまうでしょう。

(管理人:もっと良いポジションとは、たとえばバーバリアン・イルミナティの“新兵”としてではなく、アドバイザリ・スタッフのような形で、幹部連中に影響力を及ぼすような形で侵入してくる、というような)

 私たちは(元祖)イルミナティです。

私たちは、隠された社会の秘密を暴露しようとしている好奇心の強い研究者でもなく、かといって歴史家でもなく、また扇情家作家でもありません。

私たちは様々なコード化(暗号的な表現でサジェスチョンを与える)された方法で、一般の人々と交信せざるを得ませんが、中には、そのコードを理解して、私たちのところまでたどり着く人がいます。

「フランス革命を支持するか、あるいは反対するか」

あなたは、フランスの国民を圧政下に置き酷いことをしたルイ16世、マリー・アントワネット、およびそれに付随するフランスの人々を支持するパワーエリートと同類の人ですか?

あなたは、英国の女王がフランス革命の支持者であると思いますか?

フランス革命は、旧世界秩序(OWO)のパワーが、ほとんど破壊された歴史上、もっとも偉大な出来事でした。
「自由、平等、博愛(友愛)」… あなたは、それらに反対しますか?

ルイ16世、マリー・アントワネット、そしてフランス革命を支持しない英国の女王-つまり旧世界秩序の人々と、彼らの道連れたちは、我々イルミナティがフランス革命を成功させたことは、後々、不吉で悪い影響を残すことになった、と主張しています。

彼らの言う「不吉で悪いこと」とは、むしろ、その当時、フランスで横行していた旧世界秩序の汚れた力のことに他ならないのです。

仮にフランス革命を非難する人がいるとすれば、その人は旧世界秩序の支持者であることを露呈していることになるのです。
そして、必然的に私たちバーバリアン・イルミナティを攻撃する側の人間であると判明するのです。

アメリカの独立戦争は悪いことで不吉なことでしたか?

私たちバーバリアン・イルミナティは、もちろんアメリカ独立戦争にも関わりました。
そのときの敗者は、誰だったでしょう。
それは英国の支配階級の旧世界秩序の連中でした。

悲劇は、こうした旧世界秩序の連中が、再び息を吹き返したように主張を始め、今や、アメリカは旧世界秩序の王朝の連中であふれかえってしまったことです。

そして、彼らは間違いなくフランス革命を軽蔑し、それを重大な弊害であると主張しているコールマン博士のような旧世界秩序のサポーターたちを見つけて味方につけることでしょう。

間違いなく、バーバリアン・イルミナティはアメリカ独立戦争に関わりました。
フリーメーソンと、(バーバリアン)イルミナティとの関係は非常に複雑です。

フリーメーソンが、かつてはイルミナティによって、かなり影響を受けていた、というのは公正な言い方かもしれません。
ただ、それはあなたの定義を使うとすれば、そういう見解になるに過ぎない、ということです。

フリーメーソンに侵入していたのは、成りすましイルミナティによるものです。

それこそ、私たち元祖イルミナティ(バーバリアン・イルミナティ)に敵対する力によって、フリーメーソンは事実上、支配されるに至ったのです。

私たち本当のイルミナティは、現在、主流のフリーメーソンリーとは、何の接続もないのです。
フリーメーソンリーの最高レベルは、今では旧世界秩序(OWO)の“おもちゃ“となっています。

私たちは、コールマン博士と同じような人物として、アルバート・パイクを知っています。

ジュゼッペ・マッツィーニ
(イタリアの建国の父であり、フリーメーソンだった)は、バーバリアン・イルミナティをフリーメーソンに組み込もうと画策しましたが、バーバリアン・イルミナティ側に拒絶されたため、バーバリアン・イルミナティを真似て、偽のイルミナティ組織を創りました。


--------------------------------------

管理人:

重要①
第三次世界大戦(Wikipediaより)抜粋

1871年、「メイソンの黒い教皇」と呼ばれたアルバート・パイクが イタリアのフリーメイソンのジュゼッペ・マッツィーニ(イタリア建国の父)宛に送った書簡に、第一次世界大戦と第二次世界大戦、更に第三次世界大戦に関する計画・予告が記されている「第一次・第二次世界大戦(略)。第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人との間に、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている」

つまり、アルバート・パイクが言っていた「第三次世界大戦を計画しているイルミナティ・エージェント」というのは、元祖イルミナティがフリーメーソン+バーバリアン・イルミナティ連合を拒否したため、アルバート・パイクジュゼッペ・マッツィーニが、元祖イルミナティを真似て創った「そっくりさん」だったということです。


重要②
世界を動かす陰の支配勢力から抜粋

1870年1月22日
「イタリアの革命家ジュゼッペ・マッツィーニへの手紙の中で、アルバート・パイク(スコットランドのフリーメーソンの指導者)が秘密結社の中に秘密結社を創立することを述べていた。

「我々は誰にも知られない最高の組織を作る必要がある。我々が選ぶ高位階のフリーメーソンをこの組織に参加させるために。フリーメーソンの兄弟にも、これ らの人は極秘である必要がある。この最高の組織を通して、我々はフリーメーソン全体を統治する。この組織は唯一の国際的センターとなり、その目的は誰にも 知られることがないからいっそう強力となる。」

この極秘組織は新改革パラディアン・ライトと呼ばれた。このため95%のフリーメーソンはこの組織の本当の目的について手がかりを持っていなかった。彼らは立派な事業をするすばらしい地域組織と思い違いをした」。


パラディアン・ライトは今も活動しているようです。
これが、アルバート・パイクがフリーメーソン内に創った偽イルミナティのことなのかは確認していません。ただ、アルバート・パイクの資金源は、ロスチャイルド筋から出ていたとのことです。
http://satehate.exblog.jp/6982937/

つまり、今言われているイルミナティとは、ロスチャイルドが資金提供している、ということでしょう。
キリストによって救われたという暗黒の母(Mothers-of-Darkness)シスコ・ウィーラーなども、ロスチャイルドに育成された魔女で、元祖イルミナティ=バーバリアン・イルミナティとは関係がない、ということ。


バーバリアン・イルミナティを創始したアダム・ヴァイスハウプトら5人。
そのうちの一人がロスチャイルドだったのです。

ロスチャイルドは、バーバリアン・イルミナティを利用できないとわかると、バーバリアン・イルミナティを陰謀組織としてレッテルを貼り、罪を擦り付けてきた、ということです。
いやいや、同胞をも簡単に売り渡すロスチャイルド。底知れない闇を感じます。

また、Wikileaksのジュリアン・アサンジも、ジョージ・ソロスの支援を受けていたし、国際金融専門誌「エコノミスト」グループと並々ならぬ深い関係があることから、残念ながら、旧世界秩序側の人間であることは否定できないでしょう。
「エコノミスト」グループはロスチャイルドの私物だからです。
また、ジュリアン・アサンジは戦争肯定論者です。

--------------------------------------

一つか二つの例では、バーバリアン・イルミナティは、フリーメーソンのマッツィーニの活動には反対しませんでした。
レオ・タクシル(Leo Taxil。本名:ガブリエル・ジョガン-パジェス)は、バーバリアン・イルミナティのメンバーではありませんでしたが、特別なタスクを実行する場合には、バーバリアン・イルミナティに使われていました。

バーバリアン・イルミナティの創始者の一人、アダム・ヴァイスハウプトが生きていたときは、現在のように、私たちイルミナティのミッションは、旧世界秩序、封建君主政治(政府)に抵抗し、政治システム、騙し、サタン崇拝宗教、物質崇拝などに反対することでした。彼は精神的な分野を担当していたのです。

 旧世界秩序は、かつてよりきつい独占とカルテルによって、ビジネスの競合を潰し、彼らのパワーを統合しようとするでしょう。そのとき、彼らは財政危機を演出し、これを使うはずです。
すべての危機が、旧世界秩序のパワーアップにつなげる潜在的機会なのです。

危機が終息するときには、彼ら旧世界秩序のパワーは、今より膨大に高められるかも知れません。かつてウォール街に端を発した金融恐慌の余波が、そうでした。

等しく、危機の時には、困惑した人たちは受容的になるので、私たちイルミナティは、世界の人々に急進的な変化をもたらすために忙しくなることでしょう。

私たちイルミナティは、世界を支配するパワーエリートを根絶しようとする革命運動です。

「私たちの敵の敵は私たちの友人である」という考え方に基づいて、時として他のグループと一時的な同盟を結ぶこともありますが、基本的には、私たちはどんな組織とも正式なつながりを持っていないことをお断りしておきます。

(翻訳ここまで)



「アルバート・パイクの予言」を信じている人がいるようです。
パイクは、第三次世界大戦を是が非でも起こしたいがために、イルミナティ陰謀論を考えた人間であることが分かりました。

つまり、彼が言ったように「予言は当たるものではなく、当てるものだ」ということです。予言病にかかっている人はいませんか?

ジョン・コールマンについても、私は前々からいかがわしいものを感じていました。
彼は英国王室のバランサーでしょう。

そして、デーヴィッド・アイクも。
ツァイトガイストの制作者・ピーター・ジョセフを自分の番組に出演させて、熾烈な論戦を展開したアレックス・ジョーンズも。

レディー・ガガも、マドンナも、マイケル・ジャクソンも、BONOも、そしてビートルズも、米テレビ界のやり手ババアのオプラ・ウィンフリーも、シャリーズ・ペンペンコも、みーんな偽イルミナティの息のかかった「サタニズム布教活動家」だということです。
(ハリウッドは、全部ではないようです)

なるほど、フリーメーソンで、かつCIAエージェントが多く潜入しているモルモン教に核シェルター建設資金を気前よく出した自称イルミナティ“系”企業家たちも、みーんな「元祖イルミナティの成りすまし」である、ということですか・・・

次期共和党大統領候補と目されているミット・ロムニーも、そして同じく悪魔の指マークを堂々とやっているサラ・ペイリンも。

そして、なんと、リビアのカダフィーも。
(メーソンの握手ギャラリー)

20101222-3.jpg


20101222-4.jpg


20101222-6.jpg


●●●●●●●

カダフィーは、1986年のアメリカ軍によるリビア空爆で養女を亡くしてから、敵愾心むき出しだったそれまでの態度を変え、アメリカとの協調路線に傾斜していったようです。特にNY9.11テロ以降は、大きく変節したように見えます。

ただ、基本的には反イスラム原理主義者ですから、同じイスラム圏といえども、イスラム原理主義終末思想に支配されているイランとは「そり」が合わない部分もあるはず。

そして、こうしたヨーロッパの人々との交流から、アメリカの未来を知ったのかもしれません。
もしかしたら、アメリカもイランも、すでに彼の眼中にはないのかもしれません。「リアリストに徹して、ビジネスをやっていくだけさ」と。

それにしても、このバーバリアン・イルミナティ公式サイトによると、元祖イルミナティにメンバーとして加わりたい場合は、相手のほうからアプローチさせる、ということのようです。

そして、元祖イルミナティは、日々、危険に直面しているので、決して人前に出てこないのです。匿名の作家、マイク・ホックニーの例でもわかように。
彼らが使うのは、出版、映画などを通じての啓蒙活動が中心。

すると、イルミナティに「スカウト」されそうになったというベンジャミン、そして、やたら出たがり屋のアセンション忍者・白峰某、そして元フリーメーソンのチンピラ小僧・レオ・ザガミ
「やっぱり、コイツら、信じられないぞ。いったいどこのイルミナティなんでしょうね」ということになるのです。

ところで、このツァイトガイスト。驚くことに、あの「5億人まで世界の人口を減らす」という不気味なモニュメント、ジョージア・ガイドストーンや、「天使と悪魔」、「ダ・ヴィンチ・コード」、「ロスト・シンボル」のダン・ブラウンにも関係があるんです。
そして、少し遠いけれど、「最後の晩餐」にも。
それは次回で。





実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO [単行本]

佐藤 守 著   2010/7/22
新品 1,785円 配送無料  


聖書を読みとく―天地創造からバベルの塔まで [単行本]


関連記事
       
NEXT Entry
ツァイトガイストとビーナス・プロジェクトの描くユートピア
NEW Topics
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
「最後の審判」のユタ州に移転するCAのビッグテック
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.②③
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.①
中共軍に侵略される一歩手前まで来てしまった米国と日本
トランプが第19代大統領になるための「不思議な旅」①②
早くも始ったバイデン離れと危機モードに入ったDS
ドミニオンの不正選挙システム導入で米国の核防御突破②
1/14まで!10万人署名で日本のDSをぶちこめ!!
ドミニオンの不正選挙システム導入で米国の核防御突破①
中共の衛星破壊によって通信網が遮断される事態に備えた米軍の動き
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足④
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足③
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top