カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  ウクライナの原発トラブルは完全に解消されました
       
20141206-1.jpg

ウクライナのザポリージャ原子力発電所3号炉のトラブルは修復されて再起動されたとのことです。放射能事故尺度「0」でした。


ウクライナのザポリージャ原発3号炉は金曜日遅く再起動 エネルギー相

[キエフ タス通信 12月5日]

「ザポリージャ原子力発電所の3号炉は、金曜日の現地時間で午後10時(日本時間で6日土曜日の午前5時)に再起動される」と、ウクライナの新任のエネルギー大臣、デムチシン氏が金曜日に伝えました。

「問題の原子炉は修理を終えて、午後10時(日本時間で6日土曜日の午前5時)に運転を再開する。問題は解決された」と、エネルギー大臣は述べました。

11月28日、原子力発電所の変圧器ヤードで電気回路のショートが起こり、3号炉が自動的に運転を停止しました。
ウクライナの国家原子力規制検査官は、「(トラブルが起こったと同時に)原子炉の運転を停止したため、放射性物質が外部に漏れることはなかった」と言っています。

12月3日には、国際原子力機関(IAEA)が、
「この事象は、国際原子力事象評価尺度(International Nuclear and Radiological Event Scale:INES イネス)では、事故レベル『0』相当と、まずは評価された。レベル評価は『0』から『7』までの7段階で評価されるが、この事象については、安全上、何ら重要性を持たない状況のため、レベル『0』とした」という声明を出していました。

ザポリージャ原子力発電所は、6000メガワットの発電能力を有する、ウクライナにおいてもヨーロッパにおいても最大の原子力発電所です。
ザポリージャ原子力発電所は、1基あたり100万キロワットの発電能力を持つ原子炉を、1984年から、1985、1986、1987、1989、1995年と次々と立ち上げてきています。

ザポリージャ原子力発電所がウクライナの全発電部門に占める割合は、1984年以来、2%から22%まで増大しています。
ウクライナには、全部で15基の原子炉がありますが、そのうち12基が稼働しています。

ザポリージャ原子力発電所の1号炉は、12月30日までに補修を完了するとのことです。
また、フメリニツキー原子力発電所の補修は、12月15日に終了します。

-----------------------------------------------------------

管理人:
隠蔽体質は相変わらずです。
とはいえ、大事に至ることはありませんでした。








関連記事
       
NEXT Entry
74~76年の大調整のように、金は再び8倍の暴騰を演じるのか
NEW Topics
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ③
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ②
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ①
日本の第二の占領、三度目の経済の死の後に・・・
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体④
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体③
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体②
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体①
デッド・オア・アライブ、BTCか金かドルを抱えての死か
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視②
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視①
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈③
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top