カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  報道圧力/報道ステーションは、訂正に応じるべきではない
       

テレビ朝日の報道ステーションに猛烈な圧力がかけられている。
この番組には
内部からも圧力がかかっているが、安倍政権、外務省連合が、潰しにかかっているようだ。


テレビ朝日の事実報道を訂正しろという外務省のびびりまくり

テレビ朝日のyoutubeチャンネル「ANNnewsCH」が4日、アカウント停止状態になった。復活したものの、ほとんどの動画が非表示扱いとなって視聴できなくなった。

視聴不可になったまま(2月5日午前6時20分現在)のエントリー。軒並み「リクエストされた動画はご利用いただけません。」と表示される。

前日の2月3日、外務省がテレビ朝日の報道ステーションに抗議している。

20150204-5.jpg

「そもそも外務省関係者によれば、パリのテロ事件もあり、外務省は総理官邸に対し中東訪問自体を見直すよう進言していた」旨報じ・・・


他紙は、こう報じている。

・・・しかし、「パリでテロが起きたばかりだから時期が悪すぎる。安倍を止めたけれど、安倍は無視して中東に行った」と官邸の関係者からのリークを受けて、一斉に「安倍の無謀」を報じている。

・・・ところが、安倍首相の反応は逆だった。官邸関係者がこんな重大証言をした。「総理は『フランスのテロ事件でイスラム国がクローズアップされている時に、ちょうど中東に行けるのだからオレはツイている』とうれしそうに語っていた。『世界が安倍を頼りにしているということじゃないか』ともいっていた」

パリでテロが起きたことはグッドタイミングだ。オレはついている」---

ここを消したいのだよ。外務省の本心は。
フランス人からしてみれば、どう思う?
「人の国の不幸を、自分の中東訪問の彩にしようなんて、とんでもない首相だ」ということになって、じわじわフランス人の安倍批判が出て来る。

もし、事実でないのであれば、真っ先に抗議するのが安倍内閣だ。ところが、今になってじっくり読んでみたら、「こりゃマズイ!」と気づいて、慌てて証拠隠滅に走っているわけだ。

毎回毎回、自分でペラペラしゃべっておいて、後から騒がれると、隠蔽、隠蔽だ。

どうせ、すぐヒステリーを起こして、外務省に「お前たち、何とかテレ朝に圧力をかけて訂正させろ」と恫喝したんだろう。

これに対して、テレビ朝日広報部は、
『報道ステーション』の放送内容は取材に基づくものだ。今後も正確な取材と丁寧な報道にあたっていく」とコメントした。

テレ朝「報道ステーション」が正しい。これを上から踏み潰して封印しろ、などということはアメリカのオバマでさえできない。日本なら、できそうなのは、それだけ国民の民度が低いからに他ならない。

黒を白と言えと、安倍は強制しているのだ。
安倍と外務省が、正しい事実を国民に見せないようにするのは、イスラム国にスキを与えないようにとの配慮だ、と思っているお人好し国民がいるとすれば、100%馬鹿である。

ここでも、安倍はイスラム国を利用している。

また、後藤健二さんが、クリスチャンで悪魔教会の信徒だとか、在日だとか、政府のスパイだったとか、デタラメを書いて張り切っている薄汚いオヤジブロガーが何人かいるが、そんなことではブログを削除されて当然だろう。

問題は、そうじゃないだろうに。

エントリーのほとんどが視聴できない。
しかし、「イスラム国」日本人拘束・殺害事件 を見ると、9割以上が閲覧可能になっている。
そのタイトルを見ればいい。

安倍総理「責任引き受ける」 野党、中東支援を追及(15/02/04)
文科省が、“中東地域の日本人学校”に注意喚起(15/02/03)
米紙「殺害の報復を誓う 日本では異例の表現」(15/02/03)
「我が国をめぐるテロの脅威が現実に・・・」(15/02/03)
日本人は“テロの標的”になってしまったのか?(15/02/02)
「犯人を追い詰めて法の裁きにかける」 安倍総理(15/02/02)
延々と、ISIL(イスラム国)を挑発するタイトルが続く。

「その罪を償わせる」…安倍首相が自ら声明に加筆していた
「日本人にはこれから先、指一本触れさせない決意と覚悟で事に当たる」

安倍君は、いつも威勢だけはいいが、都合が悪くなると、すぐ雲隠れするか、ヒステリーを起こして圧力をかけるしか能がない。
こんな覚悟のない薄っぺらな人間に国民を守れるわけがない。第一、救出らしいことなど何一つやっていなかったのだから、最初からその気さえない。

元官僚、関係者からは、「安倍は危険。辞任させてテロを回避すべきだ」との発言が続々。
安倍が日本にテロリストを誘致したいことは明らかだ。しかし、これは絶対にマズイ。国民の命がとんでもなく危険に晒されている

今の安倍内閣と外務官僚であれば、ISILからテロ予告があっても、メディアには伏せるだろうし、グルメ接待漬けのマスコミ各社幹部は自粛するだろう。知らないのは、国民だけということになる。

「罪をつぐなわせる」などと、威勢の良いことを言う前に、国民の安全を可能な限り図ってからにしてもらいたい。

これでは、避難計画もなしに原発再稼働につき進むのとまったく同じ。
これが安倍晋三仕様の日本だ。

安倍を激怒させた欧米のトップたちは、「しめしめ、これで日本の金で空爆ができるぞ」と、狂喜乱舞しているのが目に入らないらしい。
日本に核のボタンがなくてよかった。

ここまで挑発してしまったからには、国内でテロが起こる蓋然性がぐっと高まってしまった。
海外にいる日本人は、特に注意してほしい。

安倍晋三は、これをショックドクトリンにして、一気に憲法9条の改正に突き進もうとするだろう。

それはそうと、安倍は中国包囲網を作ることを最大の課題としていたのでは?
尖閣防衛はどこ行った? そもそも中国包囲網だったのではなかったのか。もう飽きたらしい。

要するに、戦争ができるなら大義などどうでもいい、ということだ。



関連記事
       
NEXT Entry
根っからの悪人!安倍晋三は国民を騙すことしかしない
NEW Topics
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ダボス会議「グレートリセット2021年」が経済崩壊を予告
スーパーシティー構想で進む東京のニュー・バビロン化
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方③
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方①②
ロックフェラー財団のマッチポンプ経済が始動する
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム②
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム①
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発②
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発①
5.11は地震ではなくミサイルか航空機墜落の暗示
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界③④
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク12-Sシティー
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top