カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   内部被曝  »  つんく♂さん声帯摘出 「声捨て生きる道選んだ」
       
20150405-1.jpg

去年9月に、声帯癌が再発。声帯の全摘手術を受けました。
母校の近畿大の入学式に姿を現した彼は、とても穏やかです。


去年3月に、声帯ガンであることを公表して以来、メディアから姿を消していた「つんく♂」が、4月4日、1年ぶりに母校の近畿大学の入学式に姿を現しました。

彼は多くのことを悟り、老成した音楽家が見せる穏やかな表情で、大きな会場にいる約7000人の新入生に向かって、メッセージを送りました。

しかし、それは、ヒットチャートに何度も顔を出した彼のよく通る声によってではなく、会場の大型スクリーンに映し出された文字列によって伝えられたのです。


去年の9月に、いったんは完全寛解(かんかい)したと発表しましたが、その直後に再発。おそらく、10月以降に声帯の摘出手術を受けたはずです。
術後、それほど時間は経っていません。抗がん剤も服用し続けているでしょう。

彼は、新入生たちに、こんなメッセージを送りました。

「去年から喉の治療をしてきましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他なかったから、いちばん大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。

声を失って歩き始めたばかりの一回生。皆さんと一緒です。
こんな私だからできること、こんな私にしかできないこと。そんなことを考えながら生きていこうと思います。

みなさんも、あなただからできること、あなたにしかできないこと。
それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりは無理なんだ、という人生が待っていると思います」。

彼のブログには、すでに1700件近くの励ましのコメントが寄せられています。

彼は音楽以外でも非凡な才能を発揮しています。
10年くらい前に、株式投資で既に30億円以上の資産を築いていると言われています。彼は心配ない。

功成り名を遂げた「つんく♂」は、おそらく慈善家として生まれ替わるでしょう。ギラギラしていた目が、慈悲深いそれに変わっています。




関連記事
       
NEXT Entry
同情の余地なし!上西小百合の除名は、むしろ遅い
NEW Topics
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない③と④
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない②
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない①
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚③
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚②
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚①
マイナによって2024年は「666獣の経済」元年となる
グレートリセット本番!生き残る日本人は10人に1人
今世紀最大の逆イールド発生!大倒産時代をどう生き残る
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント③
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント②
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント①
この冬から始まる世界同時崩壊のイベント
計画的食料危機で世界政府があなたをシープルにする方法
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む④
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのバックナンバーを販売中です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
リンク18-外国語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top