カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  田母神逮捕からパナマ文書全公開、そして安倍政権の崩壊
       
東京地検特捜部は14日、公職選挙法違反容疑で田母神俊雄容疑者ら2人を逮捕した。

悪党たちの断末魔の叫びが聞こえる

田母神の最後のツイート

国家権力をさんざん利用してきた男、そして、さらに国家権力を利用しようとしていた男の、「なんで、この程度で俺が逮捕されるんだい。自民党のヤツラなら10回逮捕されなきゃ、おかしいだろう!」という淋しいぼやきだ。

石原珍太郎はどうか。あれだけ田母神を応援していたのだから見捨てることなく、助けてやれよ。
それとも、オウムの件で、どうもヤブヘビになりそうだから、見殺しか。この連中は、そんなものだ。

学歴詐称の安倍晋三、麻生太郎ら。
そして、高市早苗の「議会立法調査官」という経歴詐称

甘利明は、もちろんのこと、これらの重罪を犯した自民党の議員たちだけ、見逃すということは「ありえない」でしょうね、東京地検特捜部のみなさん。

いよいよ、パナマ文書のフル・リストが5月初めに公表される予定。

フランスに続いて各国が続々と金融機関に家宅捜査に乗り出すだろう。

「日本政府として文書を調査する考えはない」などと、のたまう官房長官の菅義偉の阿鼻叫喚が遠くから聞こえてくる。

この売国政党の漆黒の闇は、想像を絶するほど深い。

暴力団、テロリスト、新興宗教、オウム真理教・・・政治団体とのながり。

創価学会、統一教会の支援を受けている自公の先生方は、枕を高くして寝られない日々が、今後2~3年は続くだろう。

そして、ある者は法廷に引きずり出され、あるものは社会的制裁を受けて権力の座を追われるだろう。

闇のカーテンは、まだ、ほんの少し開かれただけだ。

20160413-1.jpg

これは、消費税7兆円分に相当する。

そもそも、安倍政権の解散総選挙は、いったい何だったのか、という話になってくる。

選挙対策のために土壇場になって小泉進次郎を出してきて、心にもない「全世代型の社会保障制度を」といったところで、今、この瞬間も年金の原資が吹き飛び、それを選挙まで、ひた隠しにするような自民党の姑息なクズたちを、いったい、どうやって信じろと言うのか。

言ったとおり、政権が吹き飛ぶのは確定した未来だ。

それにしても、こうしたことを報じないNHKに捜査が入るのも時間の問題だろう。

これも、海の向こうにお控えなさっている自民党の“御本尊のご意志”だから、ありがたく賜るべきということだ。

それに、日本の犯罪マスコミも、同じだ。切られるのだ。ヘタレ・新キャスターたち、生き残りたければ風向きを読め。

要するに、黒塗りの安倍晋三と彼の闇閣僚たちを世界が許さない、ということだ。それが「あの人たち」の意志だ。

そして、日本は、今後、経済崩壊モードに突入していくだろう。

パナマ文書が安倍外交の強力な武器?」・・・馬鹿なのか、この自称・ジャーナリストは。

シオニストのタックスヘイブン御用達のポロシェンコに2000億円も拠出しながら、北方四島の交渉のために非公式でプーチンと会談するという安倍晋三。

つまり、「我々(アメリカのグローバリスト)が止めるのもきかないで、プーチンに会いに行くというなら、2000億円払え」ということだ。

プーチンが、なぜ祖国歴史財団を創設するのか、その本当の理由を日本のマスコミは報じない。

要するに、安倍晋三のデタラメのせいで、日本は北方四島を完全に失いかけているのだ。

これは、内閣総辞職で済む問題ではない。自民党そのものを解党しなければならない重大な問題なのだ。

今に分かる。





関連記事
       
NEXT Entry
午後9時26分 九州・熊本市 震度7
NEW Topics
転換点を迎える世界金融システムとゴールドへ資金移動②
転換点を迎える世界金融システムとゴールドへ資金移動①
東海岸沖のロシア原潜、ウクライナ核危機、国内での暴動
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性④
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性③
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性②
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性①
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン⑤
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン④
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン③
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
「最後の審判」のユタ州に移転するCAのビッグテック
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.②③
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.①
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top