カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   秘密結社  »  メーソンとキリスト教と国際共産主義による霊的攻撃
       
mag201902-11.jpg

フリーメーソンのローマ法王フランシスコが、新天皇の「即位礼正殿の儀」の後に訪日するのは、皇室への侵入が目的。
もはや悪魔教に成り下がってしまったイエズス会のキリスト教を日本から排除すべき。


(※この記事は、メルマガ第287号の一部です。全文はメルマガでお読みください)

ナチスの原爆と38年ぶりのローマ法王の来日

<前半省略>

・・・ローマ法王フランシスコは、1年以上前から外交ルートを通じて新天皇の即位の日程に合わせて訪日したい旨を日本側に申し出ていました。

それなのに、なぜ5月中ではなく11月になったのか・・・その理由について、さまざまな有識者が分析しています。

まだ調整中とのことですが、広島・長崎の両市が法王の被爆地訪問を要請していることから、広島・長崎はもとより、東日本大震災の被災地への訪問も検討されていると言います。

歴史の真相を知っている人からすれば、「ローマ・カトリックは、いったい、どこまで日本を愚弄すれば気が済むのだろうか」と憤りさえ感じることでしょう。

<省略>

・・・ナチスの核爆弾は、ドイツのロンメル将軍によってアイゼンハワー連合国遠征軍最高司令官に渡され、ルーズベルトの後を継いで大統領に就任したトルーマンの決定によって広島・長崎に投下されたのです。

戦後、米軍が公開した広島・長崎の核爆弾投下時のフィルムのうち、広島のほうはB29の機上から撮影された不鮮明な映像であるのに対して、長崎の投下については、機上からの撮影とはいえ、さまざまな角度から撮られているのは、米空軍のクルー以外にも核開発研究者が同乗していたからで、この研究者が、あらかじめ爆撃機の操縦士とカメラマンに詳細な指示を与えていたからです。

研究者が知りたかったのは、米国では、なかなか開発が進まなかったプルトニウム核爆弾の破壊力がいかほどか、ということで、本命は広島に投下された原爆ではなく、長崎に投下されたプルトニウム核爆弾「ファットマン」だったのです。

マンハッタン計画の下でロスアラモス国立研究所が開発したとされている米国製原爆は、実はロンメルのとアイゼンハワーとの間で取り引きされたナチス製の原爆です。

つまり、当時の米国には核爆弾を独自に開発するだけの能力がなかったのです。

このペテンの脚本を書いたのはフリーメーソンで、実行した連中もフリーメーソンでした。

秘密結社の悪の三位一体によって原爆が落とされた

<前半省略>

・・・こと長崎の原爆投下については「地上起爆説」や「天皇原爆特許説」をまことしやかに喧伝している者たちがいますが、長崎の爆心地の地下を見れば、それが根も葉もない作り話であることは一目瞭然です。

原爆が起爆した地上約600メールの真下は住宅密集地で、「地上起爆説」を唱える者たちが言うクレーターはできていません。

現在、原爆公園となっている爆心地は、当時、熱線と熱風によって吹き飛ばされた遺体をすべて回収することができず、住宅地の上から1~2メートルほどの土砂をかぶせて造成された公園です。

この公園の隅っこに行くと、熱でひんまがったり、半分溶けている金属製の調理器具や、他の生活用品などが土中に堆積して地層状態になっている生々しい光景を、すぐ近くで見ることができます。

実際に、現地を見て確かめたい人は、長崎原爆資料館の中にいるボランティアの学術員に場所を教えてもらってください。
長崎原爆資料館から徒歩で5~6分のところです。

原爆公園の敷地の外れですが、
この場所はネットで調べようとしても出てきません。

<省略>

・・・「地上起爆説」や「天皇原爆特許説」を唱える者たちが、なぜ日本を貶めたいのか理由が分からなかったのですが、今になってはっきり得心することができるのです。

「彼らは、妄想が生み出した自説に執着することが被爆者に対する冒涜であることさえ理解できない病的なパラノイアに過ぎない」ということが・・・

こうした事実は、すでに英語版では出ていますが、日本語で書かれている信頼に足る資料は、ほとんどありません。

しかし、『元米陸軍情報将校が解明した真相 原爆と秘密結社』は信頼できる書物です。

また、高橋五郎著の『天皇の金塊とヒロシマ原爆』(学習研究社)も命がけの告発本として信頼に足る書籍です。

高橋五郎氏は、すべての真相を知るスペイン系ユダヤ人でフリーメーソンのべラスコとの親交を通して、また、多くの国際人との交流を通して、この大作を世に著しました。

いちいの笏に神が降りて初めて天皇となる

さて、フリーメーソンのローマ法王フランシスコが、なぜ5月中ではなく11月の訪日となったかについての答えですが、新天皇の「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」が、即位後、半年の後に行われるからです。

今回も、5月1日から約半年後の10月22日に京都御所で執り行なわれることが決まりました。

「即位礼正殿の儀」とは、西洋の儀式に当てはめると戴冠式と同じですから、今上天皇から新天皇への譲位が5月1日に行われても、その半年後の「即位礼正殿の儀」が執り行なわれるまでは正式な天皇とは認められないのです。

新天皇を正式な天皇と認めるのは国民でもなく総理大臣でもありません。
それは、日本古神道の八百万の神々(しかし、古神道は、もともとは一神教だった)に他ならないわけです。

この映像は、今上天皇の正殿の儀の様子です。

右手に携えているのが笏(しゃく)で、不謹慎な人は、その形から「長いおしゃもじ」となどと言うことがあります。

この笏に本当の神を降ろして新しい天皇と認める神事のことを「即位礼正殿の儀」と呼んでいるのです。

<以下省略>

カゴメ唄と八咫烏の真相

<省略>

安倍首相の外交が、ことごとく頓挫させられる理由

天皇に降りた神事による政治・外交のすべてを執り行なってきたのは「武内宿禰」の一族に限られてきました。

それを証拠づけるように、日銀券の壱円札には「武内宿禰」が採用されました。

mag201902-18.jpg

この肖像は、もちろん第一世「武内宿禰」ではありません。
2000年近くも前に、「武内宿禰」が写真なりイラストに残っているはずがありません。

この絵は、象徴としての「武内宿禰」です。

この絵の下に「臣大内武」と記されているのは、文字通り天皇に代わって政(まつりごと)の一切を「武内宿禰」が取り仕切ってきたということを意味しているのです。

<省略>

・・・つまり、「武内宿禰」一族の血筋を引いていない者は、政治・外交をやってはいけないことになっているのです。
それは、現代に至っても同じです。

壱円札に「大臣」と印刷することによって、実質的に政(まつりごと)のトップが「武内宿禰」であることを政府が主張しているということになるのです。

「武内宿禰」一族は、葛城氏、平群(へぐり)氏、紀(き)氏、巨勢(こせ)氏・・・など、いくつかの血流に分かれています。

議会制民主主義では、日本の総理大臣は間接選挙で選ばれることになっていますが、実は、それは見せかけで、神代からのルールによって、“はるか上の存在”から降ろされた啓示によって、あらかじめ決められているのです。

ですから、歴代の総理大臣は、すべて、この血流に繋がる人々です。

ただし、安倍晋三首相の安倍氏だけは「武内宿禰」一族とは何の関係もない粗野な一族です。
これは、日本の神代の政治が始まって以来のことです。

ですから、今上天皇が安倍晋三首相のことを快く思っていないだけでなく、世界の王族が決めた大統領や首相からも相手にされず、総スカンを食っているのです。

<以下省略>

天皇に対する態度からトランプの正体が明らかになった!

<前半省略>

・・・まず、神の存在を否定するマルクス主義者であるオバマが、なぜ、日本の皇室に、ここまで礼を尽くすのかという謎について。

<省略>

・・・オバマは、日本の古神道が世界中のすべての宗教を超越した宇宙の真理を示す世界教とも言うべき存在であることを知っているに違いないのです。

古神道は宗教ではなく、むしろ科学、それも量子力学の反映とも言うべき「宇宙の示し」ですから、科学的社会主義と言われるマルクス主義を信奉するオバマにとっては矛盾を生じないのです。

グノーシス主義の弁証法的二元論こそがマルクス主義の生みの親であり、そのグノーシス主義は、日本の古神道と多くの類似性を持っていることは、量子論を少しかじった人であれば否定できないでしょう。

オバマは、それを感覚的に知っているに違いないのです。

いっぽうのトランプは、キリスト教カルヴァン派のプロテスタントを標榜していますが、タブロイド紙デイリーニューズが、トランプが2度離婚していること、牧師に罪を告解した経験がないこと、人種差別的とされる発言が多いことなどを挙げ、「キリスト教徒のふりをしている紛い物である」と批判したように、トランプは、素人目から見ても明らかにクリスチャンではありません。

さらに、大統領選期間中に、ローマ法王フランシスコから「彼はキリスト教徒ではない」と公の場で非難されています。

王族が支配している西側諸国においては、大統領になるための最低条件は「キリスト教徒になること」ですから、トランプが「隠れ異教徒」であることは十分、あり得ることです。

それを知ってか知らずか、トランプを非難したローマ法王フランシスコとて、キリスト教徒と呼ぶには余りにも悪魔的です。

<省略>

・・・トランプが本当は何者か、これでおめでたい人たちにも分かったでしょう。

<以下省略>

皇室に仕掛けられてきたフリーメーソンのステルス性の攻撃

<省略>

フリーメーソンの建築家によって都会に溢れるシンボリズム

明治維新後、ミッション系と言われる学校が次々と開校しました。

特に名門女子校と呼ばれるハイカラな女子大学にはキリスト教系の学校が多く、進歩的な女性になることに憧れを持った女子学生を吸収していきました。

こうしたミッション系女子大学の創建に中心的な役割を果たした人間たちに接近して、フリーメーソンの教理を注入した人間たちがいます。

おかげで何がもたらされたのでしょう?

フェミニズムが浸透し、これが次第にジェンダーフリーへと発展し、LGBTへと展開していったのです。

フェミニズムが、日本だけでなく、あらゆる国家を内部から崩壊させようとしています。

そもそも、男女同権などは自明のことで議論すべきことではありません。
天賦の権利によって保証されていることです。何をいまさら・・・

本質を悟らせないようにして、そもそもが無用で空疎な議論を闘わせることによって両者を疲弊させる、というのが「彼ら」の戦術です。

これに動員されるのが、悲しいほど無知な学者たちなのです。

<中間省略>

・・・世界政治は議会で動いているのではなく、私たちが見ることができない上層部で決められているのです。

もちろん、ドナルド・トランプを大統領にすると最終的に決めたのは英国王室を中心とする世界の王家です。彼は傀儡です。

だから、ユダヤの日本へのあこがれと羨望が日ユ同祖論となって皇室と一体化させようという陰謀が渦巻くようになるのです。

日本に来ているモルモン教の宣教師や、モルモン教に入信しているオカルト・エンタティナーが無理なこじつけによってキリストと天皇の血脈が同祖であるかのように結び付けようとしていますが、これなども陰謀の一種であると見抜かなければならないのです。

そもそも、日本人はムー大陸から世界に散っていったのです。
このことは、学術的に証明されているにもかかわらず、学界からは、弾き飛ばされてきました。

人類の祖がエイリアンだとする古代シュメール神話の「ニビル説」は、フリーメーソンのゼカリア・シッチンの創作であることが分かっています。真っ赤な嘘です。

この「ニビル」の住人アヌンナキ、これと人間のハイブリッドであるレプティリアンという半神半人の怪物こそが、人類の神などと広めているデーヴィッド・アイクもフリーメーソンに違いありません。

アイクの説は99%正しいのですが、それは、うぶな人々を信じ込ませておいて油断させ、本当の目的である「エイリアン=神」というSFをあたかも事実であるかのように人々に刷り込むための伏線です。

この1%の嘘を信じ込ませるために、アイクは、延々と活動してきたのです。

だいいち、シュメールは「Šumeru」・・・「スメル」と発音します。
英語の「Sumer」も同じ、シュメール人の「Sumerian」も「スゥーメリアン」と読みます。

「Shu」=シューではなく、「Su」スゥーです。

シュメール」などと発音させているのは、日本人に対してだけです。

正しく「スメル」と発音させると、そのルーツが「皇=スメラ」であることがばれてしまうからです。


つまり、日本から分かれたものが「ユダヤ」となったもので、「皇=スメラ」からすると、「ユダヤ」はずっと新しく、イエス・キリストも「つい最近の人間」と言うことになってしまうので、ユダヤは、これを必死になって隠すために、さまざまなエイリアン説を創作して、世界中にばら撒いてきたのです。

「日本人」と「ユダヤ」とは同列ではなく、そもそもが比較にならないほど格が違うのです。

英国王室もロスチャイルドも、太古の「皇=スメラ」からすると、「神武以前からの皇統」の下僕に過ぎないというわけです。

だから、NATOは、イラクにいちゃもんをつけてこれを侵略し、米軍にシュメールの遺跡を徹底的に破壊させたのです。
太古の正統派
「皇=スメラ」の痕跡を残さないための「証拠隠滅」工作です。

これほど、「彼ら」は単純で分かりやすいのに、なぜ、日本人だけが分からないのでしょうか?
これこそが、最大の謎なのです。


それで、ローマカトリックの法王は何、ですって?

ただのお笑い芸人です。
それが証拠に、カトリックの総本山「サン・ピエトロ大聖堂」の地下は悪魔だらけです。

mag201902-23.jpg
新聞「アモース神父:主の家はサタンの煙だらけ」

Amazon:「The Smoke of Satan in the Temple of God

英紙テレグラフ
悪魔は、ローマカトリックの核心部分に潜んでいる」ーエクソシストのチーフの証言

こんなことは、昨日今日のことではありません。

バチカンが、悪魔とチャネリングして世界中を破壊している世界最大の犯罪組織であり、軍隊であることなど数十年前から誰でも知っていることです。

それが、今になってなぜ? 
理由は、バチカンの店じまいの準備が進んでいるからです。

つまりは、太古からの王家のネットワークが、バチカンを用なしと見てこれを終わらせ、次は日本の皇室に入り込んで、神道によって世界をコントロールしようという方針に切り替えたからです。

だから、古神道とはまったく別ものの神社本庁、日本会議を用意して、如何わしい学者たちの頬を札束ではたき、マスコミにこれを広めさせているのです。

皇統の古神道を潰すために「彼ら」が設置した神社本庁の神主、宮司、巫女たちは、バチカンと同じ運命をたどろうとしているのです。まったく腐りきっています。

彼ら」とはニューエイジのことです。

ニューエイジに買われていった神社は数知れず。
紛い物の神社であると知らずに参拝するなどは、
サン・ピエトロ大聖堂の地下に喜んで行くようなものです。

「じゃあ、明治天皇すり替え説は、どうなるの?」って・・・

こうなると救いようがない。

最初に「すり替え説」を言い出した人間の正体を知っているのか?

たった一枚だけ現存しているという明治天皇の写真は、誰が撮ったのか知っているのか?

何も確かめもせず、うっぷん晴らしに「すり替え説」を拡散、かくさ~んとやっている白痴国民を見ると反吐が出そうになるのです。

彼らには、その時が来たら、それ相当の責任を取らせなければならないのです。

ルシファーを戴く世界統一政府によって全地球を支配しようと数百年前から暗躍してきた「もののけ」正体とは、フリーメーソン/イルミナティーとキリスト教と国際共産主義(コミンテルン)の三位一体です。

それは、ジョン・トッドが内部告発したように、こんな構造になっているのです。

20101216-14.jpg

まず、手前のように、選ばれたそれぞれの“駒”を戦わせて戦争を起こす妖術師(洗脳に長けた詐欺師)がいる。

その背後で両方に戦費を与える国際銀行家のグループがいる。戦争がもっとも儲かるビジネスだからです。

そして、さらに奥の方には別の次元に存在している「悪魔たち」がいる。
このイラストのように「悪魔」の格好をしているわけではなく、負のエネルギー意識体のことです。

そうそう、セルンがハドロン加速器と量子コンピュータによって呼び出そうとしている存在と同じです。

この「悪魔たち」からのお告げで、通貨のデジタル化による奴隷制度の強化、戦争や添加剤、薬物による人口削減にいそしんでいるのが西側世界の政治的指導者たちというわけです。

そして、彼らが「発明した」さまざまなカルト宗教に資金提供を行っているのが、あなた方というわけです。

本当の意味で目を覚まし、「自殺から消滅」の危機に追いやられている己の魂を救済したければ、後は自分で調べること。

愚かな人間は、最後まで自分に都合のよいことしか信じようとしないからです。

<以下省略>

※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

初月無料のメルマガは、購読開始日からの1ヶ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
1月1日より1月30日の間にご購読を開始された場合、1月分の購読料が無料になります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

バックナンバーは下記リンク先です。
2013年1月1日から2019年1月31日までに配信されたメルマガ一覧

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
古神道から乖離する神社神道と皇室への秘密結社の介入
NEW Topics
中国軍が武漢に結集・・・正確な感染者数、死者数は発表されている数字の数百倍が正しい
ドル崩壊とサイバー攻撃に耐性を持つデジタル人民元③
ドル崩壊とサイバー攻撃に耐性を持つデジタル人民元②
中国パンデミックー「3千万人が死ぬ」ビル・ゲイツ予言と動き出した「第四の騎士」
ドル崩壊とサイバー攻撃に耐性を持つデジタル人民元①
日本に帰れない中国人が語る武漢と中国の現在
武漢ウイルスの続報と今後、そして今年の中国崩壊
安倍晋三はチャーター便で新型コロナウイルスを輸入する
トランプ敗北、流動性の危機、ドル暴落、アジアの新通貨資産「ADR」とロシアの台頭
トランプはプーチン(マゴクのゴク)に中東を明け渡してエゼキエル戦争を引き起こす③
トランプはプーチン(マゴクのゴク)に中東を明け渡してエゼキエル戦争を引き起こす②
トランプはプーチン(マゴクのゴク)に中東を明け渡してエゼキエル戦争を引き起こす①
レイプマン山口と中村格、北村滋を逮捕しろ!
日本の半導体技術を盗み取る秘密結社と中国のスパイ企業
三宅雪子元衆院議員が2日、東京都内の海岸で遺体で発見
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
最新記事
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-フィアット通貨
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top