カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  14日、19日深夜の白煙は4号機のプールから
       

4号機建屋機器から強い放射線か 水位低下、遮蔽されず
2011/06/19 18:39   【共同通信】

20110620-2.jpg
画像は記事からキャプチャー

東京電力福島第1原発4号機の原子炉建屋上部にあり、機器を水に漬けて保管している「ピット」という場所の水位が低下、水による放射線遮蔽効果がなくなり、露出した機器から強い放射線が出ている可能性が高いことが19日、分かった。

4号機は地震発生時に定期検査中だったが、地震と津波で冷却機能が失われ、使用済み燃料プールの水が燃料の熱で蒸発して水位が低下。プールにつながるピットの水位も低下したとみられる。

東電は「4号機の建屋周辺の放射線量は特に高くなく、外部への影響はない」とするが、今後、この付近で作業する場合に備えて水位を上げるため、19日から水の注入を始めた。


やはり、14日、19日深夜の大白煙は4号機建屋内の使用済み燃料プールの水が蒸発したことから吹き上がったもののようです。

つまり、プールの中に貯蔵されている使用済み燃料と、一部未使用の燃料が、プールの水位が下がったため剥き出し状態となり、ペレット燃料を覆っている被膜部分のジルカロイが溶けた、ということです。

炉心まで溶融したのか、については確定できませんが、今回で、私が知っているだけで3回目ですから、常識的に考えれば炉心(ペレット)は溶けているのでしょう。

一回目の時には黒煙が出ていますから、このときにジルカロイは溶けてしまったと考えられます。
したがって、14日、19日の白煙はペレットが溶けて、その熱で水蒸気が上がったと考えざるを得ませんね。

ですので、新しくヨウ素131が生成されたということです。
そして、プールの底にいくぶんかの燃料が落ちはじめている、ということでしょう。

東電は、こんな重大なことなのに「外部への影響はない」と言うのです。

それに、2号機建屋の二重扉が開放され、1号機のときに3倍もの放射性物質が外部に放出されたというのに、「問題ない」です。

さかのぼって、18日に数々のトラブルを乗り越えて、やっと稼動した1号機の高濃度汚染水浄化システムでしたが、たった5時間で停止。復旧の目処もたたず。
このままでは、あと数日で、再び、とんでもない高濃度の汚染水を海洋に放出することになります。

20110620-3.jpg

松本純一原子力・立地本部長代理は吸着装置と合わせ「時期的な見通しは立っていないが、想定している原因であれば、汚染水の移送先がいっぱいになる1週間後までに解決できる」と述べた。

循環注水冷却が順 調に進むかどうかは、7月中旬をめどに原子炉の安定的な冷却を始める工程表の「ステップ1」達成への鍵にもなっている。松本本部長代理は「全体への影響は ない」との見方を示した。

とうとう意味不明なことを口走るようになってしまったようです。
「時期的な見通しは立っていない」のに、「1週間後までに解決できる」というのは、「東電の連中が『想定していた原因』であった場合に限る」ということを言っているのです。

どこまでもポジティブで無責任、口から出まかせを言っているのでしょう。
東電が、今まで「想定していた原因」がどんぴしゃと当たっていたことが一度でもありましたか?

こんな子供のような人たちに原子力を扱わせるなど、狂気の沙汰です。

何度でも書きますが、原子力は「悪魔」です。
残念ながら、この松本も悪魔に食われていくでしょう。
東電という会社は、もともと悪魔の巣窟なのです。詳しくは書けませんが。

とにかく、私たちは「準備を怠らないように」しなければなりません。



関連記事
       
NEXT Entry
21日深夜、4号機から大量の白煙-余震と台風が建屋を倒壊させるかも知れない
NEW Topics
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない③と④
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない②
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない①
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚③
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚②
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚①
マイナによって2024年は「666獣の経済」元年となる
グレートリセット本番!生き残る日本人は10人に1人
今世紀最大の逆イールド発生!大倒産時代をどう生き残る
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント③
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント②
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント①
この冬から始まる世界同時崩壊のイベント
計画的食料危機で世界政府があなたをシープルにする方法
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む④
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのバックナンバーを販売中です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
リンク18-外国語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top