カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   経済崩壊  »  トランプ敗北、流動性の危機、ドル暴落、アジアの新通貨資産「ADR」とロシアの台頭
       
mag202001-19.jpg

今までのアングルからは何も見えなくなった。
世界は、イランが2019年9月14日に米国に勝利し、結果としてFRBはイランに嵌められたということに気が付いていない。

この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第325号の概説です。
全文はメルマガでお読みください。

2019年9月14日はドル覇権国家としての米国が終った日

去年の9月14日・・・
後の世に、「この日が米国がドルの覇権を手放した日」と言われるでしょう。

サウジアラビアは、欧米列強が基軸通貨ドルの覇権を維持するために人工的に設立した国家です。

米国は、世界の石油輸入国に対してドル決済を強制させるOPEC(オペック:石油輸出国機構)をサウジアラビアに運営させることでドルの基軸通貨としてのステイタスを維持してきました。

そのせいで、サウジアラビアは周辺国の脅威にさらされることになり、米軍が強大な軍事力による安全保障を提供しなければ存続できない国家となってしまったのです。

その結果、サウジはアラブ国家でありながら、イスラエルと同盟を組まざるを得ないというジレンマに苦しめられ、必然的にイラン、シリアと敵対せざるを得なくなったのです。

しかし、9月14日、サウジアラビアの国営石油企業「サウジ・アラムコ」の石油施設がフーシ派のドローンに攻撃されたとき、米国は手出しをしなかったのです。

サウジアラビアは「米軍は我々を守ってくれないのか。約束が違うではないか」と激怒したものの、トランプは、これを徹底的に無視したのです。

これは、ペトロダラーの番人は必要なくなった、という暗示なのです。

つまり「米国はドルの覇権を完全に諦めて、ドルによる基軸通貨の一強体制を自ら破壊しようとしている」ということなのです。

同時に、サウジに導入された米軍のミサイル防衛システムは、フーシ派のわずか100万円のドローンを撃ち落とすことができなかったことから、中東情勢が一気に不安定になると読んだ米国の市場は、レポ金利を急上昇させたのです。

以上は、ほんの骨格部分だけですが、これらのことから、どんな結論が導き出されるのでしょう?

ドル安→ドルの崩壊は、むしろグローバル・エリートと呼ばれる世界支配層のシナリオに沿った動きであって、ここから2020年の大統領選の結果を読むことができるのです。

日本から見ると、民主党が政権を取れば、ワシントンは再び親中国政策に戻るでしょうから、日本の安全保障が脅かされることになります。

もっとも重要な同盟国のひとつであったサウジを見捨てたワシントンですから、日本と韓国も切り離しにかかるでしょう。

・・・記事のつづき


●この記事は、最新のウェブマガジンの概説です。
全文は、メルマガ、もしくはweb上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。
(※メルマガとウェブマガジンの内容は同じです)

※この記事のyoutubeなどへの動画化を禁止します。

初月無料のメルマガ(ウェブマガジン)は、購読開始日からの1ヵ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
1月1日より1月31日の間にご購読を開始された場合、1月分の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年2月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料ウェブマガジンのお申し込み方法は3通りあります。

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。 (初月から課金されます)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
安倍晋三はチャーター便で新型コロナウイルスを輸入する
NEW Topics
感染爆発の意味と、晋三が本気で国民を大量虐殺しようとしている証拠
〈注意!〉ニューエイジの滲入!集団瞑想で集団悪魔感染
首都封鎖の次の経済崩壊と大量失業時代に備える
パンデミックは世界政府によるワクチン強制接種が目的!
プレ戒厳令の先にある監視体制強化とワクチン予防接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA⑤
五輪延期と強制検疫、強制ワクチン接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA④
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA③
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA②
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA①
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット③
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット②
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット①
ゴールドの異常反応は、食糧危機の前兆か、それとも中東戦争か
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top