カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  ゴールドの異常反応は、食糧危機の前兆か、それとも中東戦争か
       
202002-19.jpg
サバクトビバッタ(Desert locust)  苦手な人のために加工してあります

バッタの大量発生によって、農作物が食い荒らされ、食糧危機によって人々が苦しめられる出来事を「蝗害(こうがい)」と呼んで、「天罰」、「神々の怒り」のシグナルと考えられているとか。

テンプル騎士団のメディアは、「コロナウイルスとアフリカのイナゴのペストが、聖書の黙示録の恐怖を引き起こす」と報じている。

無理もない。
悪魔に憑依された政治家たちが、これほどまでに天に向かって唾を吐くような悪行の数々を繰り返しているのだから・・・

習近平と安倍晋三には、神の鉄槌が下されることが確定したと言えるだろう。
そして、トランプには、不吉な運命が待ち受けているだろう。


中国は、新型コロナウイルス禍の次に食料難を引き起こし、14億人の憎悪と世界中の数十億人の憤怒が習近平に向かう

パンデミックにも関わらず、日経平均インデックスとNYダウが上昇しているのは、GPIFが国民の命の糧ある年金基金を株式市場に投入しているだけでなく、日銀が果敢に日本株のインデックスを買い進んで株価の下落を防いでいるからだ。

FRBは、トランプの恫喝によって果敢にドルを刷りまくっている。
余ったドルが行き場を失って、仕方なく株に向かっているに過ぎない。

安倍晋三と日銀・黒田によって、私たちの年金は完全に破壊されたと考えた方がいい。

つまり、誰も年金だけでは食べていけなくなることが確定したということだ。

しかし、有事の際の資金の避難場所、金(ゴールド)の価格高騰は、何の兆候だろう。
新型コロナウイルスの世界的感染拡大は、すでに織り込んでいるはずなのに・・・

2月19日には、すで武漢に習近平の7つの軍隊が結集して、片っ端から感染者を焼却炉で焼いており、実際の死亡者数は公式発表の数十倍、数百倍であることが露呈されてしまったのであるから、それに反応したわけではない。

202002-17.jpg

では、何だろう?

アフリカで異常発生したバッタの大群が、次々と農作物を食い荒らしながら東へ向かっており、数を増やしながら、いよいよ中国に到達するかも知れない、という思惑から金(ゴールド)価格が急上昇しているのだろうか・・・

下の動画は2月18日アップのテレビのニュース。
虫が苦手な方は無視。

もっと観たい方は、こちらから


このバッタは「サバクトビバッタ(Desert locust)」。
現時点で4000億匹に増えて東に向かって移動している。

国連食糧農業機関(FAO)によれば、このままの勢いで増殖が続けば、6月には18兆匹に膨れ上がるとのこと。

サバクトビバッタは、1日当たり100~150kmも移動すると言われているので、畑の作物を食べ尽くしながら順調に東に進んでいるとすれば、インドを通過して、間もなく中国の穀倉地帯に入ることになる。

もちろん、中国の当局者は、いつものように、「サバクトビバッタは中国の気候風土では生息できないので、被害は出ない」と述べているが、世界の誰も信じていない。

仮に被害が少なくて済んだとしても、農業関係者が復帰し、サプライチェーンが回復するまでは、ずいぶんと時間がかかるので食料の品薄状態は深刻化するだろう。

日本では、2月5日に報道されていたが、市場は「どうも、タダならぬことが起こっている」と判断して、中央銀行が価格を操作できないコモディティー市場がまず反応したということ。


では、シカゴ大豆は、どうだろうか。

わずかに上がったものの、ほぼ横ばい。

では、トウモロコシのチャートは・・・

あれっ?

こちらも横ばい・・・

ということは、食糧危機が金(ゴールド)市場を押し上げた主な原因ではない、ということ。

では、なんだろう?

確実に言えることは、絶対価値を有する正貨「金(ゴールド)」に対して、世界のあらゆる通貨(フィアット紙幣)の価値が大きく下落する(購買力が低下する)何かが迫っていると見ることができる。

ハイパー・インフレの始まり?

原油の高騰?

ドルの崩壊?

それに関連して預金封鎖のリスク増大・・・

・・・そして、中東で戦争が起こる?

このどれか。

いずれにしても、すべてのケースで、それぞれの国の紙幣が持っている購買力が金(ゴールド)に対して下落することが起こるということだ。

ち・ゅ・う・と・う・・・

いやいや、確信がないうちは、憶測で書くことは慎もう。





関連記事
       
NEXT Entry
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット①
NEW Topics
〈注意!〉ニューエイジの滲入!集団瞑想で集団悪魔感染
首都封鎖の次の経済崩壊と大量失業時代に備える
パンデミックは世界政府によるワクチン強制接種が目的!
プレ戒厳令の先にある監視体制強化とワクチン予防接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA⑤
五輪延期と強制検疫、強制ワクチン接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA④
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA③
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA②
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA①
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット③
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット②
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット①
ゴールドの異常反応は、食糧危機の前兆か、それとも中東戦争か
中国軍が武漢に結集・・・正確な感染者数、死者数は発表されている数字の数百倍が正しい
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top