カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   パンデミック  »  武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット①
       
mag202002-11.jpg

これは、中国の「超限戦」の中の生物兵器攻撃・戦術。

西側のグローバル勢が、先に反応して仕掛けた。

これでも気が付かない人は、もう無理だろう。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第327号パート1の概説です。
全文はメルマガでお読みください。

武漢肺炎ー日本政府と安倍内閣、それと結託したマスコミによる国民を殺すための二つの騙しとトリック

「最大で1日あたり3830件のPCR検査が可能になった」という厚生労働省の発表について、多くの海外メディアが疑義を呈しています。

そもそもPCR検査で100%感染者を特定することは不可能です。ザルなのです。

「やってますアピール」のための詭弁以外の何ものでもなく、3.11の原発核災害のときと同じように、政府の「安心・安全」プロパガンダを鵜呑みにして何の防護もせず、人混みの大通りを歩くなどは自殺行為に等しいでしょう。

政府の「水際作戦」は、最初から「嘘」であると断定することができます。

無能を絵にかいたような厚生労働大臣、国民の命を危険に晒し、多くの国民の命を奪う安倍晋三首相は、すでに重大な憲法違反を繰り返しています。
彼らに対する刑罰は、死刑でも甘すぎます。

あなたの命を危険に晒そうと密かに企んでいる人間は、異口同音にこう言います。

「致死率が低いのだから恐れることはない」・・・

これが自称、政府の御用「ウイルス専門家」の唆しです。

この医師は、殺人者同然の人間です。
危険すぎる人間で、即刻、医師免許を剥奪すべきです。

どうして「専門家」とは、これほど頭が悪いのか。きっと憑依されているんでしょうな。

そもそも、致死率など問題外の話です。

重要なことは感染力の強さです。

この新型コロナウイルスは、飛沫感染だけでなく、密閉されて空間ではエアロゾル感染によって数十メートル離れた人にも感染する危険性があるとされています。

感染した人たちの多さ(分母)と、感染拡大のスピードが重要なのです。

この両方が人間の英知を注いでも抑制することができないとなると、死亡者数がどんどん増えていくのです。

「死亡率が2%台だから恐くない」と、あなたを唆している人間には間違いなく魔物が取り憑いているのでしょう。

もうひとつ、日本政府と、これと結託したメディアが使っているトリックがあります。

それはダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客の感染者の数をカウントしていないことです。

ウイルス感染は「現地主義」で考え、対策を講じるのが鉄則であるはず。

横浜の港に長期間、停泊していた船内で感染が拡大したことは事実ですから、乗員・乗客の国籍は関係がないのです。

安倍晋三と彼にピッタリ張り付いて操っている経産官僚は破滅型の人間です。

日本政府とマスコミに、国民の命を守ろうという矜持が、わずかでも残っているのなら、感染者数と死亡者数を正確に国際社会に報告するでしょう。

すると、日本に置ける感染者数は少なくとも600人に迫る数となって、中国に次ぐ「感染大国」となるでしょう。

この数字とて、湖北省、浙江省由来の日本人だけしか検査を行っていないのですから、このほかにも検査を受けられない人はたくさんいるので、実際は、卒倒しそうな数になるでしょう。

これらは、すべて安倍晋三という極悪人と、その一派によって引き起こされた大参事です。
そして、その犯罪行為は、今でも継続されているのです。

したがって、これから、さらに被害が拡大していくでしょう。

安倍一派が、どんな嘘を言って取り繕っても、世界はすべて知っています。

だから繰り返しますが、政府、日本のメディアをいっさい無視して、自己防衛に徹することが肝要です。

安倍晋三は原発事故を起こし、日本経済を破壊し、金融市場をバクチ化し、東京オリンピックまでも破壊する・・・そして極め付きは「羽田・新飛行ルート」だ

さらに、インフレが迫っています。
通貨の下落によって、まずは食品の価格が高騰する兆候が表れています。

ボーッとしていると、取り返しのつかないことになりそう。

この武漢発パンデミックが、なぜ起きたのか・・・それは、10年前に、このイベントを計画していた影のグローバル勢の正体を知ることによって明らかとなります。

この背後には、中国人民解放軍による生物兵器を使った北米大陸・攻撃計画があるのです。

しかし、影のグローバル勢のほうが、ずっと上手で、国籍のない勢力によって攻撃を仕掛けられたのです。

新型コロナウイルスの日本国内侵入阻止は、初動で、すでに大失敗。

さらに、この期に及んでも中国からの入国を規制しないのですから、日本列島という船は「巨大なダイヤモンド・プリンセス号」となって、ウイルスの培養地となるでしょう。

政府は、まったく無力どころの話ではなく、「我々国民を殺そうとしている」かのようです。
本音では、「自然収束に待つ」と、半ば諦めているはずです。

東京オリンピックは間違いなく中止でしょう。

やっと出てきた森喜朗と反社会勢力どっぷりのセガサミーのどす黒いつながり

米国とカナダのメディアは、安倍晋三と切っても切れない関係がある反社会勢力・山口組のスポーツ利権食い込みから「ヤクザ五輪」と非難し続けてきました。

福島第一原発の汚染水処理の「アンダー・コントロール」から始まって、すべてが嘘・詐欺の安倍晋三。

国際社会は、救いようがない極悪人内閣・安倍内閣の面々を、スッパリ切ることを決めたようです。

なにしろ、安倍内閣の支持率が下がるごとに、「あーあ、北朝鮮からミサイルが飛んでこないかなぁ。日本の人口が少ない場所に落ちてくれないかなぁ」とつぶやいていた安倍晋三ですから。

敢えて中国人を日本に入れて感染者を増やし、国民をパニック状態にして、森友・加計~桜を見る会までの何十もの凶悪犯罪を忘れさせてしまおうと企むような恐ろしい男ですから。

そのドサクサ紛れに、戦争法案を通して「ワタチのお陰で日本は守られた」と歴史に名を残すためには、ダイヤモンドプリンセス号に乗っていた外国人を決して下船させずに殺してしまうことなど朝飯前の安倍晋三ですから。

むざむざ自国民を安倍晋三に殺された国の政府は怒り心頭に発しているでしょう。

そんなことさえ理解できない発達障碍者で人格破綻者にして凶悪犯罪者の安倍晋三ですから、世界各国政府が、安倍を消したい気持ちはよーく分かります。

日本のテレビ局・新聞社のメガトン級に頭の悪い人々は、こうした外国の政府の事情を分析さえできないので、平気で安倍晋三とともに凶悪犯罪を働き続けているのです。

日本のテレビ、新聞社の多くの人々が、間もなく大リストラの憂き目に遭って、荒川の河川敷で新しい生活をスタートさせるので、みなさんでお祝いに駆け付けましょう。

あああ、決して石を投げたらダメですよ。安倍晋三が食べ残した腐った寿司を手土産にもってね。

さてさて、いったい何のために、羽田・新飛行ルートを設定したのでしょうか。
オリンピックを見越してのことではなかったのでしょうか。

西側の情報機関は、とっくに「中止」を前提で計画を練っているはず。

なるほど、なるほど。
これでやっとわかりました。金(ゴールド)に大口が続々と買いに入って価格が急上昇している理由が・・・

東京オリンピック中止で、3兆円のプロジェクトが実質的に「パー」。
日本円の信用失墜で通貨システム崩壊の危機でしょうか。

都心の上空を高層ビルすれすれに飛ぶ旅客機。
銀座4丁目に落ちなければいいね。そして海ほたる・・・

202002-21.jpg

究極的なことは、「アジアの真の盟主は、どのお方なのか」という話。

深い洗脳から決して目覚めることができないみなさんには、到底理解できないでしょう。
それでも結構。

とにかく今は、新型肺炎に絶対に罹患しないことです。

どうであれ、第二弾、第三弾が襲ってくる・・・

何者も当てにせず、自分で防護する以外にないということ。
それが、もともと「人」としてのあるべき姿。

みなさんは「人」の間に「マ=間=魔」の入り込んでいる「人間」なのです。

「マ」から脱却して「人」になるチャンスは何度もやってきません。おそらく、これが最後でしょう。

このことだけは肝に銘じておかないと、次、次の次は「死にます」。「魂」が。

・・・この記事のつづきへ。


●この記事は、最新のウェブマガジンの概説です。
全文は、メルマガ、もしくはweb上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。
(※メルマガとウェブマガジンの内容は同じです)

※この記事のyoutubeなどへの動画化を禁止します。

初月無料のメルマガ(ウェブマガジン)は、購読開始日からの1ヵ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
2月1日より2月29日の間にご購読を開始された場合、2月分の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年3月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料ウェブマガジンのお申し込み方法は3通りあります。

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。 (初月から課金されます)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット②
NEW Topics
感染爆発の意味と、晋三が本気で国民を大量虐殺しようとしている証拠
〈注意!〉ニューエイジの滲入!集団瞑想で集団悪魔感染
首都封鎖の次の経済崩壊と大量失業時代に備える
パンデミックは世界政府によるワクチン強制接種が目的!
プレ戒厳令の先にある監視体制強化とワクチン予防接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA⑤
五輪延期と強制検疫、強制ワクチン接種
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA④
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA③
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA②
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA①
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット③
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット②
武漢肺炎は黙示録の始まりを告げるラストトランペット①
ゴールドの異常反応は、食糧危機の前兆か、それとも中東戦争か
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク15-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top