カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   人口削減  »  戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA①
       
mag202003-1.jpg

「父母と子供が争い、人民は司政者と対立する。
やっと手に入れた食べ物も毒を含んでいるようで、おいしくない。
悪質な病気が次々と流行し、人間と人間が殺しあうようになると、そのすきに外国が攻めてくる。
寺は破壊され、僧侶は殺害される・・・」・・・釈迦の預言「月蔵経」より


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第328号パート1の概説です。
全文はメルマガでお読みください。

中国の本当の敵は「超国家」。日本の本当の敵は「安倍政権」

COVID-20の世界的な感染拡大は、世界の洗脳されている99.9999%の一般的な人々の目では決して見ることのできない国境を超越したネットワークを形成している『超国家』による仕掛けです。

中国人民解放軍は、数十年前に、この『超国家』の存在に気付いており、中国共産党の真の敵に設定されています。

いまだに「生物兵器か、そうでないか」愚にもつかない不毛な議論を続けている日本の評論家、ジャーナリスト、マスコミ、政治家は、『超国家』によって日本が奈落の底に引きずり込まれようとしているのを助けているという自覚がないのです。

『超国家』が仕掛けるイベントは、常に「マルチ・タスク」です。

武漢発パンデミックは、『超国家』の宿主である米国の支配層にとっては、ワクチン開発を急ぐビッグファーマ(多国籍製薬企業)への利益誘導につながり、米・国家安全保障局(NSA)をはじめとするファイブアイズ情報同盟にとっては、このウイルスから逃れようと人口移動する世界中の人々の動態をモニタリングする絶好の機会となり、GoogleやFacebookなどのSNSにとっては、ビックデータの大量収集のまたとないチャンスになっているのです。

「武漢のことを扱った動画をアップするとyoutubeによって広告がはがされる」とか、「最悪、アカウントが停止されるかもしれない」と言っているユーチューバーたちもまた、洗脳されているのです。

これは「中国のウイルスを扱うような動画に広告を出すスポンサーなどいないからyoutubeが削除する」のではないのです。

ましてや、youtubeの親会社であるGoogleが中国共産党に異常接近しているからでもないのです。

ペンタゴンから支援され、DARPAの方針に沿って業容を拡大してきたGoogleが、中国14億の人口がパニックを起こしたとき、彼らが、どのように動くのかビッグデータを収集して分析するための社会工学的実験としての側面を持っているということなのです。

端的に言えば、ネットの規制どころか、ネットの断絶、全面停止のための準備をしているということです。

そのとき、『超国家』が人々をコントロール可能な範囲内においておくために、大衆の次の行動をあらかじめ把握するための「予測プログラミング」に基づいた計画であるということです。

ん? 「われらの安倍首相は、なぜ日本国内で感染を拡大することに必死になっているのか」ですって?

だから何度も言っているように、安倍晋三という「日本人ではない人間」が、日本国民を恐怖に陥れて冷静さを失わせ、そのドサクサにまぎれて、「ワタチは日本国民の生命・財産を守るために法律の改正を断行しなければならない。そのとき緊急事態条項を、こっそり入れて、ワタチに歯向かうような国民を片っ端からしょっ引いて収容所に入れてしまいます」と言っているのです。

まだわからないのですか?
つまり「戒厳令を発動する」ための準備をととのえているのです。

mag202003-3.jpg

安倍首相は、大人をパニックに陥れるのに、もっとも効果的な方法が「子どもを利用することであること」を知っています。

202003-2.jpg

北海道の若き知事は、素直でした。
全国一斉休校で、保護者の窮状はもはや限界を超えています。

しかし、自分でウイルスの感染を拡大しておきながら「国家の非常事態だ」と言う。

メディアの前では悲痛な表情を浮かべて下手な芝居を続ける一方で、連日のようにマスコミ幹部とのグルメ三昧。

202003-1.jpg

新型コロナウイルス対策会議を10分以内で切り上げ、その後は稲田朋美の61歳の誕生パーティーに駆け付ける。

ボスを見習って、杉田水脈のパーティーに国政をすっぽかして3閣僚が駆け付ける・・・

日本は、緊急事態ではなかったの?

日本が平穏さを取り戻すためには、安倍首相を政界から完全に葬り去れば済むこと。

福島第一原発事故を引き起こし、常に日本を危機的状況に引き込んできた元凶こそが「この人」なのだから。

そして、次は「国家総動員法」を復活させ、徴兵制を復活させ、いよいよ日本軍を中国と戦わせようとするだろう。

そこから逃れようとする国民は、石破茂がついうっかり口を滑らせたように「軍法会議にかけられて処罰される」のですよ。

「安倍はもう駄目だ。あとは石破茂しかいない」ですと。
あなた方は、本物の自殺志願者のようです。石破も同じ。

それにしても大阪の感染実態は闇の中に入っています。
非常に不気味なことが起こっているはずです。

シンプソン・アニメが、「Osakaと言っている」・・・


大阪人は、日本維新の会をつくってしまったことを心底、後悔するでしょう。

・・・この記事のつづきへ。

●この記事は、最新のウェブマガジンの概説です。
全文は、メルマガ、もしくはweb上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。
(※メルマガとウェブマガジンの内容は同じです)

※この記事のyoutubeなどへの動画化を禁止します。

初月無料のメルマガ(ウェブマガジン)は、購読開始日からの1ヵ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
3月1日より3月31日の間にご購読を開始された場合、当月分(3月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年4月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料ウェブマガジンのお申し込み方法は3通りあります。

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。 (初月から課金されます)

blogbanner_banner.png







関連記事
       
NEXT Entry
戒厳令、ワクチン、ビッグデータ、人口削減、FEMA②
NEW Topics
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ダボス会議「グレートリセット2021年」が経済崩壊を予告
スーパーシティー構想で進む東京のニュー・バビロン化
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方③
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方①②
ロックフェラー財団のマッチポンプ経済が始動する
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム②
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム①
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発②
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発①
5.11は地震ではなくミサイルか航空機墜落の暗示
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界③④
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク12-Sシティー
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top