カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   人口削減  »  世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界①
       
mag202004-31.jpg

今回もまた、クライシス・アクター、アクトレスは大忙しだ。

新型コロナウイルスに感染して重症化したとかで病床から感染の危険性を訴えていた女性。
はいはい、
NHKをはじめ、すべての民放のニュースで流された「あの女性」だ。

人工呼吸器を装着しているなら重症だが、酸素吸入器をつけた患者が、なぜ重症なのか?

こんな常識さえ、NHKの報道にはないのだろうか。
だから、NHKは救いようのない馬鹿職員だらけの放送局と言われるのだ。

もちろんこの女性は、テロのあるところならどこへでも・・・世界を飛び回るクライシス・アクトレスだ。
サンディフック小学校銃乱射事件、ボストンマラソン爆破テロ、そしてそして、数えきれない。

そうそうサンディフックの惨劇といえば、アダム・ランザという青年に銃で撃ち殺されたことになっていた小学生たちは、
実は生きていてお年頃の女性になっていた!

「ふざけんなよ!」ってお怒りか。
無理もないが、それがペテン国家アメリカの素顔の一面だ。

原油先物がマイナスだって?
米国のシェールオイル採掘業者が続々倒産だって?

なんのなんの、中東で小競り合い程度の戦争ゴッコを仕掛ければ、一瞬にして復活だ。
イスラエルは、その準備にとりかかり、イランは挑発に耐え続けながらも準備を怠らない。

なになに、北朝鮮の金正恩はバリバリ元気だって?
替え玉が早くも登場だが、金正恩はヒラリー・クリントン同様、植物人間になっているか死んでいる。

これが世界だ。

見抜く目を持たないと本当にテレビに殺されるぞ。

もっとも、そのテレビは、COVID-19に殺されてそうになってICUに入ってしまったが。
テレビは、徐々に姿を消していくだろう。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号・第333号パート1「次は『アフターコロナ』でも『ポストコロナ』でもなく『ニューノーマル』の世界ーその1」のプロローグです。
本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。

すべてが政府の悪党たちと医療マフィアによる芝居だ・・・それが「ニューノーマル」の世界だ

新型コロナウイルスのパンデミックを仕掛けたのは、ロックフェラー人脈につながる医師や医科大学、ビル・ゲイツ、そして、ウォーレン・バフェットが大好きなビックファーマ、それに、なんと感染症対策では世界最高峰と言われているCDC(アメリカ疾病予防管理センター)だ。

そして、G7の首脳たち、G20のリーダーたちも同じ仲間だ。
ただし、トランプと安倍晋三だけは蚊帳の外だ。

むむ、ジョージ・ソロスの影も見えるぞ。

これらの大物汚物に比べれば、WHOのテドロスや、ホワイトハウス・コロナウイルス・タスクフォースの主要メンバーでコロナ対策の先頭に立っているアンソニー・ファウチ博士などは、ずっと小者だ。

英王室のエリザベスとチャールズ、それにボリス・ジョンソン、拙い芝居をありがとう。
ロックダウンで多少なりとも暇つぶしになった。

つまり、彼らは「子どもが生まれなくなる日」を強制的ワクチン接種によって達成しようとしている世界政府主義者そのものであり、その走狗たちである、ということだ。
(詳しくは、メルマガ、ウェブマガジンのダイジェストへ)

この全体の計画の立案者で資金を提供してきたのがロックフェラー財団であり、このアジェンダを主体的に実行しているのが、GAVIというNGOである。

GAVI(Global Alliance for Vaccination and Immunisation:「ワクチンと予防接種のための世界同盟」)のこと。

GAVIが、ビル&メリンダ・ゲイツ・子供たちのためのワクチン・プログラム、ロックフェラー財団ユニセフ世界保健機関(WHO)世界銀行などの“世界的に評判の高い”組織、機関とパートナーシップを築づいていることはよく知られている。

日本の国立感染症研究所(つまり、厚生労働省)も、このGAVIに参加している。

あ~あ、どこまでも愚かな我が国の官僚たちと、日本の幼稚な研究者たち。

子供が産まれなくなる日」-世界の不妊ワクチンキャンペーンに書かれているように、大口の資金提供者としては、ロックフェラー・ブラザーズの他にはターナー財団がいる。

テッド・ターナーは、ご存じグローバリストのプロパガンダ装置であるCNNの創業者。アメリカを数々の戦争に引きずり込んで大儲けしてきたバリバリのグローバリストだ。

ターナーもまた、熱烈な人口削減論者で、関係するメディアに出まくって「人口を抑制すべきだ」と訴えている。

NGOのグリーンピースが、その活動資金の80%をロックフェラーに頼っているロックフェラー「系列」の環境団体であることは良く知られているが、これも、とんでもなくうさん臭い。

つまり、グリーンピースとは、ロックフェラー系列が育て上げてきた「環境」という名のつく「人口削減を目的とした」団体だということだ。
愚かな日本人はコロリと騙される、騙される、騙される・・・永遠に。

しかし、日本のほうといえば、志村けんさん、岡江久美子さんなど、有名人の突然の訃報は、少しばかり精神的にこたえる。
新型コロナウイルスの感染力は、確かに脅威で油断することはできない。

といって、「感染の症状が出ても4日間自宅待機」を判で押したように押し付けた医師たち。

愚鈍以外の何ものでもない専門家会議のバカな医師たち。君たちも落ち着いたら、しっかり責任を取れよ。

この記事は、本文ではなくプロローグです。
本文のダイジェストを読む方はこちらへ。


●この記事は、最新のウェブマガジン次は『アフターコロナ』でも『ポストコロナ』でもなく『ニューノーマル』の世界ーその1」のプロローグです。メルマガ本文ではありません。

メルマガ全文は、メルマガ、もしくはweb上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。
(メルマガウェブマガジンの内容は同じです)

※この記事のyoutubeなどへの動画化を禁止します。

初月無料のメルマガ(ウェブマガジン)は、購読開始日からの1ヵ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
4月1日より4月30日の間にご購読を開始された場合、当月分(4月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年5月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料ウェブマガジンのお申し込み方法は3通りあります。

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。 (こちらだけは、初月から課金されます)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界②
NEW Topics
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ダボス会議「グレートリセット2021年」が経済崩壊を予告
スーパーシティー構想で進む東京のニュー・バビロン化
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方③
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方①②
ロックフェラー財団のマッチポンプ経済が始動する
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム②
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム①
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発②
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発①
5.11は地震ではなくミサイルか航空機墜落の暗示
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界③④
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク12-Sシティー
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top