カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム①
       
mag202005-31.jpg

マイクロソフト・テクノロジー・ライセンシングの「量子ドット・タトゥーを使用したワクチン接種デリバリーシステム」とAT&Tの「アドレス指定可能な神経領域ネットワーク間の相互通信」を組み合わせると、他人の思考と行動を支配できるようなる。

この二つの技術の特許は、すでに取得されている。

それが人工知能(AI)である場合は、全人類が、それに紐づけられて精神まで支配されるようになる。

それが新世界秩序(NWO)の「ニューノーマル」の時代なのだ。

それを自発的に受け入れさせようと、第二波、第三波の恐怖が用意されているというわけだ。

油断するな!何度もやってくる。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号「ビル・ゲイツの量子ドット・タトゥー(獣の刻印)の「666」商業システムーその1」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文はメルマガでお読みください。

BCG注射に似ているワクチン注射によって皮下に埋め込まれる「量子入れ墨」が、獣の商業で買うことができる電子証明書者になる


米国の富裕な人々は、民主社会主義者のエリザベス・ウォーレンの「“みんなのためのメディケア”計画はクレイジーだ」と非難しながら、これを阻止しようとしている。

ウォーレンは、「中産階級が増税に見舞われることはない」と彼女の有権者に約束しているが、この計画は、間違いなく億万長者、銀行、企業に最も大きな打撃を与えることになるからだ。

しかし、ヘル・ゲイツについては、様子が少し違う。
彼の心の中には反対の概念がある。

ゲイツは、世界の大富豪が淘汰されることを知りながら、実はエリザベス・ウォーレンを支持しているのだ。

ヘル・ゲイツが特許取得済みの「量子ドットの入れ墨」は、ワクチンと生体適合性のあるミクロンスケールのカプセル内部に埋め込まれた蛍光素材ベースの「量子ドット」を含む、溶解可能な糖ベースのマイクロニードル(目に見えないような小さな針)を適用する。

BCGワクチン注射のように、マイクロニードルが皮膚の下で溶解すると、カプセル化された量子ドットだけが皮下に残り、そのパターンを読み取って、投与されたワクチンを特定することができる。

この特許番号は、「WO2020060606」 ・・・WO世界特許 2020年 060606=666
特許の名前は「身体活動データを使用する暗号通貨システム(CRYPTOCURRENCY SYSTEM USING BODY ACTIVITY DATA)」だ。

つまり、ある人のすべての個人情報と、どんなワクチン接種を済ませているのかが記録された量子ドットが体に刻印されるのだ。

量子ドットによって「認証」受けた人は、彼のアドレス指定可能な神経領域ネットワークに「“至高”の存在」から「あるタスク」が与えられる。

そのタスクを「“至高”の存在」のために実行することができた人にだけ、応分の暗号通貨が付与される。

仕組みは簡単だ。
「タスク」に関連付けされる人の身体活動が、暗号通貨システムのマイニング・プロセスで使用されるのだ。

つまり、暗号通貨のマイナーが暗号通貨を手に入れるために導入する何千台、何万台にもおよぶマイニング専用のコンピュータの代わりを人間が務めるのだ。

だから、膨大な電力消費を伴わないマイニング・プロセスを使用することができるのだ。


その人は、その暗号通貨を使って、食べ物と生活必需品を手に入れることができる。

つまり、「量子ドッド・タトゥーシステムとセットになった暗号通貨システムが、ユーザーのデバイスと結合して更新されることによって、そのユーザーの身体活動データが暗号通貨システムを利用できる条件を満たしているかどうかを確認する。
もし、ユーザーの身体活動データが認証されるなら、ユーザーには暗号通貨が与えられる」という具合だ。

これは黙示録第18章にある「バビロンの商業システム」に他ならない。。

認証を与えるための「光る仕組み」は、化学反応によるもので、ルシフェリンールシフェラーゼ反応と呼ばれる。

私は、2017年7月6日に、「ロックフェラーのID2020『バイオメトリクス』は、ビッグブラザーを具現化する 」という記事を書いて、人体が光る仕組みを用いた獣の刻印による「バビロンの商業システム」の実現が近いことを警告した。

それどころか、私は10年前から、同じことを警告し続けているのだ。

これは、ノイマン型コンピュータの世界の話ではない。
量子コンピュータと人工知能(AI)によって可能となるマトリックスの世界の話だ。

事実、内閣府は、自分たちが何をやっているのかも認識できないまま、「ムーンショット目標」を推進しているではないか。

しかし、人々は、さして関心を示さなかったし、理解しようとさえしなかった。

そんなことなどお構いなしに、それはやってきたのだ。
それが「ニューノーマル」だ。

だから、これから始まるのは経済大虐殺の時代だ。

戦争を伴う環境破壊・資源略奪型の経済に基づく既存の産業構造は、いったん破壊され、その後、新産業が誕生するが、それとて縮小の一途をたどる。

一部のカルト宗教は「原発を再稼働させろ!」と騒ぎ出している。

人工知能(AI)やIotが私たちが持つ様々なデバイスとつながるので、いっそう電力が必要になると考えているのだろう。

なんとナンセンスなのか!その反対だ。
彼らは恐ろしいほど無知で愚かだ。

なぜ「ニューノーマルの時代の支配者たち」が脱原発の道を選んだのか・・・
それは、電力消費量が減っていく時代に入っていくからだ。

当然だ、彼らが人口を抑制し、人口を削減するからだ。

それに、「彼ら」は知っている。
地球大激変が迫っていることを・・・

さて、量子ドット・タトゥー・マイクロニードル・システムによって「“至高”の存在」から認証を受けた後、「タスク」がその人の神経領域に与えられるわけだが、では、その「“至高”の存在」とは何なのか?

量子コンピュータが切り開く別次元に住まう「存在」のことだ。

スイスのセルンがハドロン加速装置によって別次元から呼び寄せようとしている「存在」だ。

その「存在」が、こちら側にワープするのに必要なのが、ゲイツ・オブ・ヘル=地獄の門、つまり、ビル・ゲイツの異名「ヘル・ゲイツ」のことだ。

そうだ、ガーディアンが2004年7月10日に掲載した英国の作家のジョン・オファレル(John O'Farrell)の記事「Gates of hell」のことだ。

このゲイツ・オブ・ヘルを通じて、ひんぱんに3次元に関与するようになる存在の名前は「ルシファー」・・・

ヘル・ゲイツ(ビル・ゲイツ)は、そうした使命を与えられて、この世に配在されたのだ。
彼に与えらたれた役割は、「ルシファーが通るゲート」の仕組みを用意することだ。

Appleのスティーブ・ジョブスも同じだ。
彼が世に送り出した画期的なデバイスの数々は、携帯型の「ヘル・オブ・ゲイツ」だ。

そこにいくと、イーロン・マスクは、やや劣る。

こんなことなど誰も理解できないだろうし、たとえ理屈で理解できたとしても信じることはできないだろう。

しかし、これが世界の実相なのだ。

相手は腐敗した政治家や官僚ではない。
彼らは、私たち国民に、魂を殺す精神ウイルスをばら撒く腐ったリンゴに過ぎない。
本当の敵は、彼らを操っている「“至高”の存在」だ。

しかし、私たちは、まず眼前の邪魔者を排除しなければならないという不幸を背負っている。

どうやって勝つ?

その方法は、たった一つしかない。

しかし、人々の心をのぞき込むと、私を悟りと諦めの境地に立たせる。

果たして人々に本当の目覚めが訪れて、彼らは魂の自由のために正当な声を上げて蜂起するだろうか。

「人類の選別」の本当の意味は、こういうことなのだ。


ここから先・・・
本文のダイジェスト(無料)を読む方はコチラへ


●この記事は、最新のウェブマガジンビル・ゲイツの量子ドット・タトゥー(獣の刻印)の「666」商業システムーその1」のメルマガ本文に入る前のプロローグ(導入記事)です。
メルマガ本文ではありません。


※この記事のyoutubeなどへの動画化を禁止します。

全文は、メルマガ、もしくはweb上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。
(メルマガウェブマガジンの内容は同じです)

初月無料のメルマガ(あるいは、同じく、初月無料のウェブマガジン)は、購読開始日からの1ヵ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
5月1日より5月31日の間にご購読を開始された場合、当月分(5月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年6月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料ウェブマガジンのお申し込み方法は3通りあります。

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。 (こちらだけは、初月から課金されます)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム②
NEW Topics
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ダボス会議「グレートリセット2021年」が経済崩壊を予告
スーパーシティー構想で進む東京のニュー・バビロン化
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方③
自由を守る戦場になる日本と米国と大統領選の行方①②
ロックフェラー財団のマッチポンプ経済が始動する
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム②
ビル・ゲイツの「獣の刻印・666」商業システム①
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発②
パンデミック第二弾が世界大恐慌と超インフレを誘発①
5.11は地震ではなくミサイルか航空機墜落の暗示
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界③④
世界経済シャットダウン後は「ニューノーマル」の世界②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク12-Sシティー
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top