カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  原発反対派を懐柔、瓦解させるための洗脳マニュアル
       
20110703-11.jpg
画像はこちらから

image.gif 【追跡 原発利益共同体  これが世論対策マニュアル】

日本原子力文化振興財団が91年に作成。
税金で「安全神話」PR。
「停電は困るが、原子力はいやだ、と虫のいいことを言っているのが大衆である」と国民を愚弄して悦に入っている。


世論対策マニュアル「原子力PA方策の考え方」をつくった企画委員会の座長は科学ジャーナリストの中村政雄氏。

image.gif 氏は「読売」で原発擁護の記事を連打してい たが、退社後は電力業界で作る電力中央研究所に「再就職」。
現在も名誉研究顧問を勤めています。

まさに「原発利益共同体」の住人です。


-----------------------------------------------------------------------------------------
これは共産党の「しんぶん赤旗」(7月2日)に掲載された記事です。

この記事には、原発利権が、どんな手法で国民を洗脳、あるいはマインド・コントロールしてきたかが書かれてあります。
そして、今でも、この通りのことが行なわれています。

文中の動画へリンクする画像やテキストリンクは、管理人が記事の補足となるように貼り付けたものです。
-----------------------------------------------------------------------------------------

これが世論対策マニュアル
原発推進へ国民分断、メディア懐柔

これが原子力発電を推進するために学校教育や報道機関に情報提供を行っている日本原子力文化振興財団がまとめた「世論対策マニュアル」です。

20110703-12.jpg


原子力発電所の相次ぐ重大事故、度重なる事故隠しやデータ改ざんによる国民の不安感や不信感の広がりに対処するため国民を分断し、メディアを懐柔する指南書の全容とは ―。(清水渡)



「停電は困るが、原子力はいやだ、という虫のいいことをいっているのが大衆である」

日本原子力文化振興財団が作成したマニュアルは国民をさげすみ、愚弄(ぐろう)する姿勢をあけすけに示しています。

この文書は1991年に科学技術庁(当時)の委託を受けてまとめられた「原子力(※)PA方策の考え方」(91年報告)です。
電力業界や政府機関への提言となっています。


91年報告は、さらに、

「繰り返し繰り返し広報が必要である。新聞記事も、読者は三日すれば忘れる。繰り返し書くことによって、刷り込み効果が出る」
と、原発容認意識を国民に刷り込む施策を求めています。

また、

原子力に好意的な文化人を常に抱えていて、何かの時にコメンテーターとしてマスコミに推薦出来るようにしておく」

などと文化人、マスメディア取り込み作戦も具体的に提起しています。

事故は広報の好機


91年報告は事故をも「広報のチャンス」とします。

「事故時を広報の好機ととらえ、利用すべきだ」、

「事故時の広報は、当該事故についてだけでな く、その周辺に関する情報も流す。この時とばかり、必要性や安全性の情報を流す」、

20110703-13.jpg  

「夏でも冬でも電力消費量のピーク時は話題になる。必要性広報の絶好機である」

と指摘しています。

20110703-2.jpg
画像クリックで動画へ

管理人:
ここにも。

【東電、電力使用率を情報操作 恣意的に数値を高く見せる】
計画停電のウソは明らかなのに、なぜテレビは相変わらず「節電ヤレヤレ詐欺」の片棒を担いでいるのだろうか。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

原発反対派とのつながりも強調し、反原発の国民意識を分断させるシナリオも指南しています。

マスメディア関係者との関係は、「会って一緒に食事をすることばかりではない」などと述べています。


原子力の必要性については、

「電力会社や関連機関の広告に、必ず“1/3は原子力”を入れる。小さくてもどこかに入れる。いやでも頭に残っていく」、

「放射能があることは誰も知っている。原子力がなければどんなことになるのか、例をあげて必要性を強調するのはよい」

など、脅しめいた手法も紹介しています。

91年報告で指摘されている各種の手法は、東京電力福島原子力発電所の過酷事故を受けて原発反対の世論が広がるなか、原発推進のために各メディアが行っているやり方に通じています。



※PA
 「パブリック・アクセプタンス」の頭文字をとったもので、「社会的受容性」とも訳されます。円滑に企業活動や事業の展開ができるように、社会において企業活動の理解促進を図る活動をさします。


マニュアル作成の原子力文化振興財団


税金で「安全神話」PR


原発「世論対策マニュアル」をつくった日本原子力文化振興財団の活動費の3~4割は税金で賄われています。

2009年度決算では、文部科学省の「教育支援用情報提供」や経済産業省の「核燃料サイクル講演会」など10事業、3億2200万円を受託しており、年間収入の34・1%を占めます。

電源立地推進事業としてとりくまれた講師派遣では、年間136回の講演で、旅費606万円、講師謝礼591万円が税金から支出されています。

同財団の理事長は三菱マテリアル名誉顧問の秋元勇巳氏です。

10年8月27日段階の役員名簿によると、理事には、

八木誠 関西電力社長のほか
清水正孝
東京電力社長(当時)、
玉川寿夫
民間放送連盟常勤顧問、
加藤進
住友商事社長、
庄山悦彦 日立製作所相談役、
佃和夫
三菱重工会長、
西田厚聡 東芝会長、
林田英治
鉄鋼連盟会長

などの名前が並びます。

1969年に設立された同財団の目的は「原子力平和利用に関する知識の啓発普及を積極的におこな」うというもの。

ホームページには、

小中学生・高校 生向けの原子力発電所見学会や高校生対象の放射線実習セミナー、
報道関係者のための原子力講座、原子力やエネルギーに関するシンポジウム

などの事業が掲載 されています。

放射線実習セミナーを受講した生徒からは、

「身体の中にも、食物や大地にも放射線があることを知って、放射線が恐ろしいものという固定観念がなくなった」

などの感想が寄せられています。

税金で原発「安全神話」を国民に刷り込み続けたのです。

こうした「刷り込み」は、自民党政権下にはじまり、民主党に政権が代わっても続けられました。

歴代政権の責任が問われます。



原発推進マニュアル明記の主な「方策」国民向け

★繰り返せば刷り込み効果

●人気タレントが原子力は必要だ私は安心していますといえば、人々が納得すると思うのは甘い。
やはり専門家の発言の方が信頼性がある。

20110703-17.jpg  

●繰り返し繰り返し広報が必要である。

20110703-9.jpg

新聞記事も、読者は三日すれば忘れる。
繰り返し書くことによって、刷り込み効果が出る。
いいこと、大事なことほど繰り返す必要がある。

「放射能を浴びると身体が元気になり、頭もよくなる」と福島のタウン誌。

20110703-10.jpg

郡山市で配布されたタウン情報紙「ザ・ウィークリー」の「特別寄稿 福島への手紙1『長崎から』」という記事を宮里達郎氏が寄稿していないことが発覚しました。

これはヒドいですね。勝手に名前を使われた長崎大特任教授の宮里達郎氏はたまったものではないです。

これは福島県のタウン誌。いったい東電からいくらもらったのだろう。


●政府が原子力を支持しているという姿勢を国民に見せることは大事だ。
信頼感を国民に植え付けることの支えになる。

夏でも冬でも電力消費量のピーク時は話題になる。
必要性広報の絶好機である。

広告のタイミングは事故時だけではない。

●不美人でも長所をほめ続ければ、美人になる。
原子力はもともと美人なのだから、その美しさ、良さを嫌味なく引き立てる努力がいる。

★文科系は数字をありがたがる

●泥遊びをすれば手が汚れるが、洗えばきれいになる。危険や安全は程度問題であることをわれわれはもっと常識化する必要がある。

●戦争でも状況判断ができれば、あわてなくてすむと聞く。軽重の判断をするには基礎知識が欠かせない。文科系の人は数字をみるとむやみに有難がる。

●原子力がなければどんなことになるか、例をあげて説明するのがよい。

20110703-7.jpg

停電は困るが、原子力はいやだ、という虫のいいことをいっているのが、大衆であることを忘れないように。

●ドラマの中に、抵抗の少ない形で原子力を織り込んでいく。

例:
人気シリーズ映画『釣りバカ日誌』のエンドロールに原発会社のクレジット。
原発会社が映画の鑑賞券を大量に購入したときの広告バーター


原子力関連企業で働く人間が登場するといったものでもよい。
原子力をハイテクの一つとして、技術問題として取り上げてはどうか。

マスメディア対策

★良識的コメンテーターの養成

原子力に好意的な文化人を常に抱えていて、何かの時にコメンテーターとしてマスコミに推薦出来るようにしておく(ロビーの設置)。

20110703-3.jpg
画像クリック!

「脳と原子力は気っても切れない関係」
時には人気漫画家に「原発礼賛マンガ」を描かせてまで洗脳する


●数名からなるロビーをつくり、コメンテーターの養成に努める。役所でレクをするときに、意識的に良識的コメンテーターの名前やそのコメントを出す。

20110703-6.jpg
画像クリック!

●ロビーづくりは無理にしなくとも、記者クラブや論説委員との懇談会を利用したらよい。
常設せずとも、必要があれば主婦連の人を集めて意見を聞くなど、臨機応変に対応したらよい。

●いいスポークスマンは役所のプラスイメージになる。
新聞記者が積極的に彼の意見を求め、記事の中に引用するようになる。
そうすると、スポークスマンの考え方が新聞記者間に浸透するようになる。
一種のマスコミ操作法だが、合法的世論操作だ。

★テレビディレクターに知恵を注入

●マスコミ関係者は原子力の情報に疎い。まじめで硬い情報をどんどん送りつけるとよい。
接触とは会って一緒に食事をしたりすることばかりではない。

20110703-8.jpg
クリックで動画へ
相変わらず頭の悪い発言を繰り返す

●関係者の原子力施設見学会を行う。見ると親しみがわく。
理解も深まる。

●テレビ局と科学技術庁のむすびつきは弱い。
テレビディレクターに少し知恵を注入する必要がある。

(管理人:
要するに、日本原子力文化振興財団の連中は、「テレビのディレクターは馬鹿ばかりだ」と言っているのです。
残念なのは、これを否定する理由が見当たらないことです)


●人気キャスターをターゲットにした広報を考える。
事件のない時でも、時折会合をもち、原子力について話し合い、情報提供をする。

人気キャスターを集めて理解を求めることが出来るなら、これが最も効果的で、いい方法である。
うまくやれば可能だ。
それを重視させ得る知恵者を日頃からつかんでおく必要がある。

(管理人:
これは、オツムの弱い“人気キャスター”を篭絡するには、「原発を理解しておくことは大切だ」とキャスターたちに言い含めることのできるマスコミ界の大御所なり、力のある論客に金を渡して操れ、と言っているのです)。


■金と権力で隠されてきた「東電の闇」
誰も書けなかった日本のタブー (別冊宝島) (別冊宝島 1752 ノンフィクション)

学校教育

★厳しくチェック

●教科書(例えば中学校の理科)に原子力のことがスペースは小さいが取り上げてある。

この記述を注意深く読むと、原子力発電や放射線は危険であり、 できることなら存在してもらいたくないといった感じが表れている。

書き手が自信がなく腰の引けた状態で書いている。これではだめだ。
厳しくチェックし、文部省の検定に反映させるべきである。

さらに、その存在意義をもっと高く評価してもらえるように働きかけるべきだ。

●教師が対象の場合、大事なのは教科書に取り上げることだ。
文部省に働きかけて原子力を含むエネルギー情報を教科書に入れてもらうことだ。

文部省が原発をめぐる教科書の記述の変更を要求
「危険」の書き換えを求められた教科書執筆者


20110703-14.jpg
リンク先は動画

原発反対派対策

★つながりをもって

●反対派リーダーと何らかの形でつながりをもったらどうか(討論会の開催など)。



ここまで。

文部科学省も、この指南書を作った日本原子力文化振興財団から見れば、「原発推進のために使える広報機関のひとつ」に位置づけられているわけです。

しかし、これを読んでいるとシオンのプロトコルとよく似ていることに気がつきます。
国民の洗脳の考え方、源泉はここにあると思います。

東電は、こんなこともやっています。
東電、俳優やミュージシャンの原発反対者ブラックリストを作成
ソース元の原文

According to a well-known Japanese documentary maker, TEPCO paid for the creation of a blacklist of actors and musicians who are against the nuclear industry.

When one actor, Taro Yamamoto, joined an anti-nuclear protest, he lost his part in a popular soap opera. Yamamoto’s ‘crime’ was to say that schoolchildren in Fukushima should not be subjected to the same annual radiation dose (20 microsieverts per year) as nuclear power workers in Europe.


また、九州電力は、「玄海原発再稼働求めるコメント」を、あちこちに投稿。
九電の“やらせ”メール事件が発覚。

例の「浪江町で生まれた耳なしウサギ」のときも、東電は飼い主に脅迫メール攻勢をかけたとか。

これは、合法か、んっ?

要するに、原子力マフィアに関わると、命さえ狙われるかもしれない、ということですね。

電力会社の本性は暴力団そのもの。地検特捜は何やってんだ?

反原発派への弾圧の激しさとは逆に、原発を礼賛する御用学者、原発文化人、タレント、プロスポーツの人たちには接待漬けのゴルフ三昧。
これらの連中には、東電への忠誠度に応じて、「ランク付け」がされているのでしょう。
こうした連中に支払われる金の原資は、税金であり、徴収した電気料金です。

まだまだ原子力マフィアの国民の洗脳の事例はたくさんありますが、気分が悪くなってきたのでこの辺りで。


最後に、気分を変えるために、脳波で動く「ネコミミ」の紹介。
日本の開発チームのプロジェクト「Neurowear」によるもので、名称はそのまま「Necomimi」。



自分のマインドでコントロールするのは楽しいかもしれません。




SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き
SOEKS社(ロシア製)
参考価格: ¥ 56,000 
OFF: ¥ 18,020 (32%)  
価格: ¥ 37,980 通常配送無料

  
SOEKS-01M 最新型ガイガーカウンター 放射能・放射線測定器 RADEXシリーズ同様型検出器採用 高性能CEマーク付き




関連記事
       
NEXT Entry
3号機プールの核燃料棒はどこに消えた?
NEW Topics
転換点を迎える世界金融システムとゴールドへ資金移動②
転換点を迎える世界金融システムとゴールドへ資金移動①
東海岸沖のロシア原潜、ウクライナ核危機、国内での暴動
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性④
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性③
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性②
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性①
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン⑤
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン④
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン③
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
「最後の審判」のユタ州に移転するCAのビッグテック
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.②③
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.①
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top