カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   経済崩壊  »  共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈③
       
mag202007-17.jpg

2020年は、1940年から日本に立て続けに起こった数々のイベントのバージョンアップ版が始まる年になる。
まさしく「グレート・リセット」が始まるのである。

ただし、今回のアップグレードによって1940年のときの規模とは比較にならないほど大きな破壊と創造が始まる。


この記事は、「カレイドスコープのメルマガ(初月無料)」最新号忍び寄るステルス共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に連なる文脈ーその2」のプロローグです。全文はメルマガでお読みください。

日本人は、この明らかな前兆を軽視せず、すぐに準備に取り掛からなければならない!

小笠原諸島・西之島の噴煙高度が8000m超となり、過去最大となった。

前回の大規模噴火は、2013年11月から2年間続いた。

この間、小笠原諸島の周辺海域でマグニチュード8クラスの地震が発生した。

それより数ヵ月前には、房総半島東方沖の太平洋で地震アラートが点滅し、小笠原諸島沖で想定されている巨大地震が専門家の間で取り上げられた。

しかし、2年後の2015年11月には、すべてが落ち着いた。

この翌年、中央構造線上で直下型地震が起こった。
2016年4月には熊本地震だ。

2020年は、どうだろうか・・・

やはり、房総半島沖でマグニチュード5~6の群発地震が複数回起こり、その後の西ノ島の大噴火へと続いている。

まったく同じパターンが繰り返されているが、今度は規模が大きい。

これは明らかに「巨大地震」の前触れだ。

西之島の噴火が収束に向かうと、マントル対流のエネルギー放出が十分でなく、小笠原諸島海域が揺れるかもしれない。

そのとき、富士・伊豆半島・伊豆諸島・小笠原の「火山列」上にある伊豆大島・三原山が噴火するようなことが起これば、富士山の箱根側で火山性微動が観測されるかもしれない。

富士山の山体崩壊をともなう未曽有の大噴火だ。

いよいよ南海地震が起こる。

それと同時か、あるいは相前後して、首都圏直下型地震が起こる。

1940年の東京五輪は、日中戦争悪化の懸念から中止となり、その1ヵ月後に日本は「日独伊三国同盟条約」に調印した。

この1か月前の1940年8月2日、北海道の積丹半島・神威岬沖を震源とするマグニチュード(M)7.5の地震が起こった。

この地震を皮切りに日本は大東亜戦争に引き込まれ、あたかも神の怒りにふれたように、1944年から1946年にかけて「昭和東南海地震(1944年)」から「昭和南海地震(1946年)」へと一連の巨大地震が起こった。

そして終戦。
翌年の1946年2月16日には、預金封鎖が行われ、日本の金融システムは大きく揺らいだ。

終戦後、財閥解体とともに、日本の企業に外資が入り込み、日本にもグローバリズムの第一波が押し寄せた。

確かに、いわゆる経団連企業は戦後の日本を復興させたが、それは外資と欧米の市場が開放されたからである。

あれから80年後の2020年、東京五輪が事実上の中止となり、日銀はマイナス金利の導入と上限なき量的緩和を仄めかしている。

日本の金融システムは、いったんご破算となりそうだ。

以上は、ほんの一部の紹介に過ぎない。

1940年から起こった多くの事象が、現在の日本にすべて当てはまっていることを知った時、私は「再び同じことが繰り返される」と確信せざるを得なくなるとともに「恐怖に打ち震える」ほかはなくなった。

ただし、西ノ島の噴火が過去最大規模となったように、今度は抑えてくれそうもない。

すると、コロナ禍のペテンを口実にしたニューノーマルとスーパーシティー構想は、戦後の財閥解体に相当する。
ただし、スーパーシティーは、日本の破壊が終わった後になるだろう。

財務省は「知っている」に違いない。

この謎を解く鍵は「三菱」にある。

訂正ー「恐怖に打ち震える」は間違いで、これぞ“人生意気に感ず”とばかり、私のチャレンジ精神に火をつけてくれた。

ただし、それは霊的チャレンジになる。

具体的に書くことはできない。この続きはコチラへ・・・

※この記事のyoutubeなどへの動画化を禁止します。


●この記事は、最新のウェブマガジン忍び寄るステルス共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に連なる文脈ーその3」の本文に入る前のプロローグ(導入記事)です。

全文は、メルマガ、もしくはweb上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。
(※メルマガとウェブマガジンの内容は同じです)

初月無料のメルマガ、あるいは、同じく、初月無料のウェブマガジンは、購読開始日からの1ヵ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
7月1日より7月31日の間にご購読を開始された場合、当月分(7月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年8月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料ウェブマガジンのお申し込み方法は3通りあります。

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。 (こちらだけは、初月から課金されます)

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視①
NEW Topics
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ③
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ②
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ①
日本の第二の占領、三度目の経済の死の後に・・・
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体④
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体③
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体②
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体①
デッド・オア・アライブ、BTCか金かドルを抱えての死か
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視②
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視①
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈③
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top