カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   その他社会  »  「トランプ勝利」と同時に「ゼロデイ攻撃」が始まる
       
mag202011-3.jpg

間違いなく、民主主義と資本主義の崩壊が迫っており、ある意味では、このもっとも相性の悪い両者が消滅して、「共産主義」という民間資本(国際金融資本)による世界の奴隷的統治が始まるとも言える。

以下の記事は、この記事は、ウェブマガジンメルマガの最新記事「トランプ勝利」によって共産主義者が「ゼロデイ(Zero Day)攻撃」に踏み切る!?」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文は、ウェブマガジン、またはメルマガでお読みください。

マトリックスからの脱却ー米・大統領選を映す並行世界の狭間で

第46代米大統領を選ぶ選挙で、今、私たちが見ているのは、自由の国、民主主義の国、法の支配の国の米国で白昼堂々と行われている不正と虚偽と犯罪、破壊の数々である。

「まさか、あの米国で、これほどの自壊作用が働くなんて」・・・

そう、米国は、内部から崩壊しているのである。
それも、数十年前に緻密に練られた計画の下で・・・

ある州では、投票権を得るために登録手続きをした有権者以上の票が集まっており、ある州では、テレビカメラが手薄になった未明に、13万8000票のバイデン票が一気にカウントされた。

ある州では司法長官自身が郵便投票の締め切りを延長して集計を遅らせると宣言し、ある州では、投票締め切りの期限が切れた郵便投票を有効にし、ある州では「バイデン票」の“ストック”を大量に保有してバイデン勝利のラインに達するまで、誰の票なのか分からないコピー票を積み上げてカウントする。

挙句の果ては、すでに死亡している人の名前で大量の票が投じられた。

人々が驚いているのは、この壮大なペテンを、州知事、司法関係者、警察、軍、選挙人、票を数える選挙委員会すべてが知っていながら、淡々と「バイデン勝利」まで票を積み上げていることである。

おそらく50州のうち半分以上の州で不正が行われており、残りの州も、州知事が必死になって不正を阻止しているという現状。
この不正は、少なくとも過去10代の大統領選で実行されてきた。

しかし、もう隠せなくなった。
米国は「すでに破綻している」のである。

人々は、インチキ市場で最高値を記録したと喜んでいる。

特に酷いのは、日本のモーニングワイドをはじめとするニュース・バラエティーだ。

ジャーナリスト、大学教授、知的文化人などのコメンテーターは、相変わらず米国の主流メディアから垂れ流されるディスインフォメーションを信じており、今、この瞬間、米国で何が起こっているのか積極的に知ろうともしない。

オンラインで米国の各州で起こっている事態をリアルタイムで知ると、日本のメディアで報じられている「凄まじい嘘」と「それを元にして視聴者にデマを信じ込ませている有識者たち」の無知と隠された悪意に背筋が寒くなる。

結論から言えば、「今度もまた、人々が日本のテレビ、新聞から得る情報は真実ではなく、“見せられ、与えられている”」に過ぎないということである。

その情報をもとにして政治、産業界、教育の世界などなど、あらゆる世界で意思決定がなされている。

私たちは、すでにロボット化しており、サル以下の存在に成り下がっているのであるが、人々は、まったく気が付かない。

これから起こることを数行で書くと、死に体のバイデンを相手にしてトランプが吼えることなど、最初から決まっていたシナリオであり、この壮絶な不正選挙にしても、民主主義の崩壊を知らしめ、米国の凋落を国民にすり込み、『革命』の必要性を植え付けて、いったん米国をリセットすることになる。

トランプは、戒厳令の発動に必要な法案のすべてに署名している。

少しばかり、トランプの心に侵入してみようか・・・

「偉大な米国を我々の手に引き戻さなければならない。
しかし、これほどメディアが犯罪的で、国民が愚かであれば、いっそのこと、米国を破壊するのも悪くはない・・・

国土安全保障省(DHS)と合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)は、ジェイド・ヘルムという大規模暴動を鎮圧するための実践的なトレーニングを積んできた。

FEMA棺桶も数百万基が野積みされて出番を待っている。
FEMA収容所も全米各地で建設が済んでおり、大量の食糧と生活必需品、武器と弾薬が貯蔵されている。

後は、左派と右派を激突させて米国を真っ二つに分断し、第二の南北戦争を引き起こすだけでいい。

可能であれば私はそれを阻止したいが、それは起こってしまうだろう。

我々が選挙で選んだ政府の下での資本主義よサヨウナラ、『彼ら』が支配する民間資本による政府(世界政府)の下での新世界秩序(共産主義)よコンニチハ!

『彼ら』とは誰なのか、だって?

米国を丸ごと買い取って、米国を支配する人々だ」・・・

・・・つづきを読む

※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

この記事は、メルマガ
ウェブマガジンの最新記事「『トランプ勝利』によって共産主義者がゼロデイ(Zero Day)攻撃に踏み切る!?のプロローグです。本文ではありません。

本文は、メルマガ、もしくはweb上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。
(※メルマガとウェブマガジンの内容は同じです)

初月無料のメルマガ、あるいは、同じく、初月無料のウェブマガジンは、購読開始日からの1ヵ月間ではなく、購読を開始された月の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
11月1日より11月30日の間にご購読を開始された場合、当月分(11月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年12月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)

有料ウェブマガジンのお申し込み方法は3通りあります。

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
月内のどこで申し込んでも、その月の1日から月末までの1ヵ月間に発行された配信号すべてが届きます。

foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。

mailmagazine-banner.png

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。 (こちらだけは、初月から課金されます)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
極左カマラ・ハリス大統領誕生をトランプは阻止できるか
NEW Topics
早くも始ったバイデン離れと危機モードに入ったDS
ドミニオンの不正選挙システム導入で米国の核防御突破②
1/14まで!10万人署名で日本のDSをぶちこめ!!
ドミニオンの不正選挙システム導入で米国の核防御突破①
中共の衛星破壊によって通信網が遮断される事態に備えた米軍の動き
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足④
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足③
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足②
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足①
トランプの本当の目的と命乞いを始めたロスチャイルド
解明されつつある米大統領選の不正のメカニズム
極左カマラ・ハリス大統領誕生をトランプは阻止できるか
「トランプ勝利」と同時に「ゼロデイ攻撃」が始まる
大阪都構想の真実とトランプ再選→共産主義3.0
米・民主党の素性とバイオセンサーのナノテク・ワクチン
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top