カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   FEMA  »  解明されつつある米大統領選の不正のメカニズム
       
mag202011-19.jpg

トランプは、確かに「米国を再び偉大に国にしようとしている」が、彼の“雇い主”と、一部手打ちをしたように見える。
それはワクチンであることは言うまでもない。

そして、彼が大統領になったとき、今度もまた寝返って、それを反故にすることを期待する。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン、またはメルマガの最新記事トランプ勝利は近い!解明されつつある米大統領選の不正のメカニズム」の導入(プロローグ)です。本文ではありません。
全文は、ウェブマガジン、またはメルマガでお読みください。

アトラスシュラッグドの世界・・・最後の大統領、最後の民主党、最後の民主主義、最後の米国経済

ドミニオン社は、キューバやベネズエラなどの中南米の共産主義勢力によって動かされており、このドミニオン社の投票機によって集められた投票データは、サイトル社(スペイン・バルセロナ本拠)のドイツにあるサーバーに送られます。

そして、ここで「(バイデン票への)付け替えと(トランプ票の)消去」が行われた後、再び米国に送り返されて世界中の人々は、PCやスマートフォンなどの各種端末機器上でリアルタイムの開票情報を見ることができるのです。

私が繰り返し言っているように、「見ている」のではなく「見せられている」のです。

これらの詐欺は、ドミニオン社とサイトル社のプログラムソフトに組み込まれているバックドアによって行われます。

このサイトル社を動かしているのは、今年6月に同社が倒産した後、これを買収したパラゴン(Paragon)社で、その主な資金源は、「セコイア・キャピタル(Sequoia Capital) 」が、2005年に中国資本と共同で設立した「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」です。

ですから、この選挙詐欺会社であるサイトル社の倒産劇自体が、同社の悪評をロンダリングする計画的な倒産である可能性さえあるのです。

「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」は、中国共産党の特権階級によって運営されています。
つまり、サイトル社は、巧妙なカモフラージュによって間接的に中国資本によって動かされているということです。

さらに言えば、この大規模な選挙詐欺を平然と行ってきたのが、本当の黒幕「スマートマティック(Smartmatic)社」です。

この捜査にはCIAが外されていますが、だからといって、他の政府機関が無罪というわけではありません。

司法省の一部、司法省が管轄するFBI、さらには国土安全保障省(DHS)、ペンタゴンの一部まで関わっているのです。

それだけでなく、各州の知事や州務長官、州のあらゆる行政機関が、過去数十年にわたって、民主党主導の不正選挙に手を貸してきたのです。

米国の民主主義は、とっくの大昔に「幻想であった」ということです。

いえいえ、米国は建国当時から共産主義の国だったのです。

ジョー・バイデンは公式の場で、うっかり口走ってしまいました。
「我々は、米国の政治の歴史の中で最も広範で包括的な不正投票組織を構築したと考えている」
"We have put together I think the most extensive and inclusive voter fraud organization in the history of American politics.

確かにアルツハイマーの症状が進むバイデンは、このとき意識が飛んでしまったのでしょうか。

これについて、ニューヨークタイムズは、以下のように反論しています。

「ジョセフR.バイデン.ジュニアをフィーチャーした『ポッドセーブアメリカ』のポッドキャストのビデオは、彼(バイデン)が不正選挙を支持しているとの誤った印象を与えるように編集されたものである。

このビデオを研究した進歩的(共産主義の左翼)な人権非営利団体であるAvaazによると、ジョセフR.バイデン.ジュニアが不正選挙を認めているように見せかけるために編集されたビデオは、SNSで1700万回以上視聴された」・・・

さて、みなさんは、どのように考えるでしょう?

私は、この動画については、残念ながら、ニューヨークタイムズによる必死のバイデン擁護が正しいと思います。

つまり、このビデオは「偽造された」可能性が高いということです。

ビデオがどうのこうのというより、バイデンがこのまま逃げ切ることに成功すれば、彼はすぐに脳神経内科の医師の管理下に置かれ、大統領としての彼に与えられる仕事は、ディープステートが書いた作文をプロンプターを通して棒読みすることに限定されるでしょう。

そして、主流のニュースメディアとユーチューブなどの動画SNSは、彼のホログラムで作成したビデオクリップを大量に流すでしょう。

そもそも、バイデンのような終身刑か死刑しかないような凶悪犯罪者を大統領候補に担ぎ出したディープステートの狙いは何でしょう。

それは、米国民すべてを、トランプとの一騎打ちという、熱狂するアメリカ人が大好きな西部劇のようなイベントに引きずり込んで、一気に戒厳令にもっていくことです。

プーチンも習近平も、国家元首としては公式にバイデンを大統領であると認めていません

どうも、グレートリセットは、私が想定している以上の大災害になりそうです。

・・・つづきを読む

※この記事のyoutubeなど動画化を禁止します。

この記事は、
ウェブマガジン、あるいは、メルマガの最新記事「トランプ勝利は近い!解明されつつある米大統領選の不正のメカニズムのプロローグです。本文ではありません。

本文は、web上でさくさく読めるウェブマガジンで、もしくはメルマガでお読みください。
(※メルマガとウェブマガジンの内容は同じです)

初月無料のウェブマガジン、あるいは初月無料のメルマガは、同じく購読開始日からの起算しての1ヵ月間ではなく、購読を開始された月(毎月1日から)の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
11月1日より11月30日の間にご購読を開始された場合、当月分(11月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは2020年12月の配信分からとなります。
(月途中の登録でも、月内に発行されたメルマガがすべて届きます!)


初回お申し込みの月の月末までは無料です。
月内のどこで申し込んでも、その月の1日から月末までの1ヵ月間に発行された配信号すべてが届きます。

1ヵ月の無料お試し期間で気に入った方は、そのまま継続してください。
最初の課金は、2020年12月分からとなります。

foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。
(こちらだけは、無料お試し期間はなく初月から課金されます)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
トランプの本当の目的と命乞いを始めたロスチャイルド
NEW Topics
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策④
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策③
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策②
COVIDの先にあるのは量子ドットによる「デジタル焼印」
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性②
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性①
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋⑤⑥
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋④
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋③
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋①②
優生思想メンタリストが社会に及ぼすメンタルな破壊行為
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋ー序章
共産主義の潜入による皇統断絶の危機が日本を破滅に導く
外側のフリーメーソン、内側の藤原氏ー内憂外患の皇室
キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉③
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top