カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   NWO  »  トランプが第19代大統領になるための「不思議な旅」①②
       
mag202101-9.jpg

バーバリアンなんとかの「精神カメラ」=プロジェクト・ルッキング・グラスの重力レンズは、アメリカの崩壊と、その後フェニックスのように立ち上がる新生アメリカを見ている。

この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン最新号(2021年1月21日配信)の「トランプは第19代大統領になるために「不思議な旅」に出るーその1、その2」の2本の配信号の導入(プロローグ)です。
本文ではありません。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。

バイデン政権で騒然!姿を現す新世界秩序(NWO)とジョージ・オーウェルの「1984」の世界

1月7日のトランプのスピーチで、彼が最後に述べた意味深で暗号めいたメッセージに、超高感度の人々が反応している。

彼のスピーチは、この言葉で結ばれた

“and to all of my wonderful supporters, I know you are disappointed, but I also want you to know that our incredible journey is only just beginning”

our incredible journey is only just beginning” ・・・「我々の不思議な旅は、始まったばかりだ」

トランプ陣営が、量子テクノロジーを使った「不思議なレンズ」を持っていることを知っている人であれば、「トランプの時間旅行説」、つまり「トランプの不思議な旅行」のプロットが一瞬ででき上ってしまうだろう。

このトランプ陣営は、表に出てきていない。

トランプはフロリダで休養をとる間もなく、彼のWar Roomで、本物のQAnonが、量子コンピュータを駆使して未来を透視するプロジェクト・ルッキング・グラス(Project Looking Glass)の未公開のテクノロジーが指し示す未来と照らし合わせながら、今後の作戦を練ることだろう。

本物のQAnon」と重ねて書くのは、本来、QAnonは、私たちに、わざわざ知らせるようなことは決してしないからだ。

一見して「Q(量子コンピュータのQ)」から、極秘情報が提供されたかのように見えるのは、私たちが、そのように錯覚させられているだけで、本物のQAnon情報ではない。

プロジェクト・ルッキング・グラスについては、この段階では「時間と空間を曲げることによって、未来に何が起こっているのかを見ることができる」テクノロジーであると理解しておけば十分だ。

エリア51の内部告発者、ボブ・ラザーが「(彼らは)重力レンズを通して未来を観察しようとしている」と言及していたテクノロジーのことだ。

ボブ・ラザーは、あちら側のディスインフォーマーだって?
さあどうだか。彼はそんなものではない。

トランプが、ホワイトハウスを去る前の最後のスピーチで述べた「不思議な旅(incredible journey)が始まる」という表現は、この“重力レンズを使うと未来が見える”ことを意味している。

この“未来が見える重力レンズ”について日本では知る人はいないようだが、マイク・ホックニー(Mike Hockney)という英国の匿名の小説家グループが、その著書の中でヒントをちりばめている。

「マイク・ホックニー」とは、個人の名前ではなく、主に英国の複数の著名な著述家たちのグループ名である。
「マイク・ホックニー」は、「慈善的」と言われているバーバリアン・イルミナティーだ。

またまた前もって断っておくが、これは、私がそう思っているのではなく、世界のイルミナティーを研究している人たちが、「この元祖バーバリアンたちこそ慈善家のグループである」と言っているだけのこと。

日本人には、ここまで注意書きを添えなければ、勝手な妄想に走って、あーだ、こーだと言い出すので本当に面倒だ。

彼(彼ら)は、すでに数冊の本を上梓している。
以下の3冊では、暗示的ではあるが、バーバリアン・イルミナティーの秘密のその一部を明かしている。

「大金持ちの死亡クラブ」(The Millionaires' Death Club) 
「禁止A」(Prohibition A) 
「アルマゲドンの陰謀」(The Armageddon Conspiracy)

そして、ホックニーが完結編として構想を練っていたのが「精神カメラ」(The Soul Camera)である。
しかし、この「精神カメラ」(The Soul Camera)は、結局、日の目を見ることなかった。

バーバリアン・イルミナティーの最高会議から、「(精神カメラの)秘密の一部でも開示するようなような本を書けば、世界を危険に晒すことになる」と警告を受けたためである。

QAnonの量子コンピュータを使った“重力レンズ”とは、この「精神カメラ」のことであるに違いない!と思った人は天才!!ぱちぱち。

トランプとは、そういう人だよ。



※Googleは、私たちに、このテクノロジーの存在を知らせたくないので、Googleで「Project Looking Glass」と検索しても出てきません。
利用者のプライバシーの保護と利用履歴を記録保存しないことを運営方針としているDuckDuckGoで検索すると、何本かの関連記事を抽出することができます。

・・・このつづきを読む

この記事は、2021年1月21日配信の
ウェブマガジン最新記事「トランプは第19代大統領になるために「不思議な旅」に出るーその1、その2へのプロローグです。本文ではありません。
本文は、web上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。

初月無料のウェブマガジンは、購読開始日から起算しての1ヵ月間ではなく、購読を開始された月(毎月1日から)の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
2021年1月1日より2021年1月31日の間にご購読を開始された場合、当月分(1月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは、来年2021年2月の配信分からとなります。
(1月途中に新規登録されても、1月1日~1月31日まで1ヵ月間に発行されたメルマガがすべて届きます!)

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
その月内のどこで申し込んでも、その月の1日から月末までの1ヵ月間に発行された配信号すべてが届きます。

1ヵ月の無料お試し期間で気に入った方は、そのまま継続してください。
最初の課金は、2021年2月分からとなります。

foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。
(このFC2ブロマガだけは無料お試し期間の設定はなく、初月から課金されますので注意してください)

blogbanner_banner.png





関連記事
       
NEXT Entry
中共軍に侵略される一歩手前まで来てしまった米国と日本
NEW Topics
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン②
認知戦を展開するQAnonと地底世界のペンタゴン①
「最後の審判」のユタ州に移転するCAのビッグテック
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.②③
悪魔の欧州王家13血流とバチカン、シティ、D.C.①
中共軍に侵略される一歩手前まで来てしまった米国と日本
トランプが第19代大統領になるための「不思議な旅」①②
早くも始ったバイデン離れと危機モードに入ったDS
ドミニオンの不正選挙システム導入で米国の核防御突破②
1/14まで!10万人署名で日本のDSをぶちこめ!!
ドミニオンの不正選挙システム導入で米国の核防御突破①
中共の衛星破壊によって通信網が遮断される事態に備えた米軍の動き
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足④
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足③
「トランプ逆転勝利」の後のバイオテロと食料不足②
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top