カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   人口削減  »  世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性②
       
mag202104-1.jpg

グレートリセットによって、NESARA/GESARA金融の地殻変動が起きる!・・・
多くのユーチューバーカが、このように喧伝しているが、彼らは詐欺の片棒を担がされている愚か者たちである。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン最新号(2021年4月3日配信)の「世界的インフレの青写真とNESARA/GESARAの虚構性と危険性ーその2」の導入(プロローグ)です。
本文ではありません。
全文は、ウェブマガジンでお読みください。

量子金融システムが「NESARA/GESARA」のバラ色の世界を実現してくれるそーですよ

さまざまなフォーラムやユーチューブなどの動画SNSから情報を取っている人であれば、NESARA(ネサラ)/GESARA(ゲサラ)を一度や二度聞いたことがあるだろう。

法人に限らず個人においても、「来るべく金融リセットによって、すべての負債が免除される」という、まったくもって都合の良い新しい金融システムを中心にした21世紀社会の金融フレームワーク全体を指す言葉である。

いつものように情報の出所はQAnonであるが、それは、多くの情報源からデマであることが判明しており、精査に耐えられるものではない。

NESARA(ネサラ)について、その危うさを最初に日本人に警告したのは、米国在住のジャーナリスト、ケイ・ミズモリ氏である。

ミズモリ氏は、2004年に出版された著書『世界を変えるNESARAの謎―ついに米政府の陰謀が暴かれる』で、NESARAという概念とシステムが生まれた恐ろしい背景と隠された目的について克明に説き明かしており、いち早く警鐘を鳴らした。

NESARA(ネサラ)の正式名称は、「National Economic Security and Recovery Act (国家経済安全保障改革法)」。
GESARA(ゲサラ)の正式名称は、「Global Economic Security and Recovery Act (地球経済安全保障改革法)」。

NESARAとGESARAの違いを簡単に言うと、前者が「米国内の借金チャラシステム」であり、後者が「世界規模の借金チャラシステム」ということになる。

世界支配層の段取りは、まず最初にNESARAを実現したその後で世界規模のGESARAを実行することになっている。

つまり、ユダヤの「ジュビリー(Jubilee)」のことを示している。

懐疑的で慎重、かつ正しい教養を身につけ、理性をしっかり持っている人であれば誰でも、NESARAの背後に、タルムードの悪臭がプンプン漂っていることに気が付くはずである。

そこに隠れているのは「サタン」であり、全人類に「獣の刻印」を押すことで完成する。

NESARA(ネサラ)/GESARA(ゲサラ)には、言われているように、二つ存在している。

正統派「NESARA」は、1980年代にエンジニア兼教師のハーベイ・フランシス・バーナード(Harvey Francis Barnard)によって書かれ、それは、彼の著書 『Draining the Swamp: Monetary and Fiscal Policy Reform』(「沼の水を抜く 金融・財政政策改革)で詳述されている一連の金融改革と税法の再編に関するコンセプトである。

バーナードは、連邦準備制度を廃止し、複利による貸し付けを禁止し、消費者債務を許し、ドルを金本位制に再ペグし、現在の所得税を撤廃して国の消費税を支持する大幅に見直された米国の金融システムを想像していた。

バーナードは、「こんなに素晴らしい金融システムをワシントンD.C.が取り入れないはずがない」と強い信念に突き動かされて自分の著書を1,000部ほど印刷し、すべての連邦議員に送った。

彼は「これで米国民は、ペテンの借金システムから解放されるはずだ」と胸を弾ませていたが、現実はそうではなく、連邦議会の立法会議に導入されたことさえなかった。

要するに、ワシントンD.C.株式会社の従業員である連邦議員は、米国人を借金奴隷から解放しようと思っていないということである。

失意のバーナードをよそに、おめでたい米国民から金を巻き上げるために、彼の著書から耳障りの良い言葉だけを抜き出して、これを焼き直したのが偽NESARAと言われている金融詐欺システムで、意外や意外、これが全米の人々を熱狂の渦にまきこんだのである。

この詐欺NESARAを創作したのは、シャイニ・グッドウィン(Shaini Goodwin)という女性活動家だった。

彼女は、それまで鳴かず飛ばずのスピリチュアル系女子(オカルト詐欺師)に過ぎなかったが、NESARAと投資詐欺とを組み合わせることによって、すべての人々が裕福になるという奇妙奇天烈な理論を振りかざすようになってから急に世間に注目されることになった。

バーナードのNESARA理論は、いちおう筋が通っているが、シャイニ・グッドウィンの偽NESARAは取り上げるのも馬鹿らしい虚構理論であり、これを真に受けるのは情報弱者以外にはいなかった。

しかし、如何わしい投資話とセットにすることで、多くの大衆の心をひきつけたのである。

今まで自宅で暇を持て余していたシャイニ・グッドウィンであったが、偽NESARAが一部の三文メディアに取り上げられると、あたかも時代の寵児であるかの如く世間の関心を集め、彼女のスケジュール表は、すぐに新聞・雑誌のインタビューやラジオ出演のオファーでいっぱいになった。

結局、シャイニ・グッドウィンの虚構がはがされていくにつれて、彼女に対する訴訟などが起こり、最終的には、家屋敷・資産のすべてを差し押さえられて、母親のトレーラーハウスで暮らすようになった。

シャイニ・グッドウィンは、詐欺師である。

にもかかわらず、QAnon信者の間では、NESARAがリバイバルヒットしているのである。

その理由の一つは、シャイニ・グッドウィンがやったのと同じように、暗号通貨投資詐欺とセットにしたことで熱狂的な信者たちが集まるようになり、さらに、そうした狂信者たちが詐欺話をSNSで拡散したことである。

これらのカルトは「NESARAを推進することによって世界を救う手助けがしたい」と口々に言うが、なんのことはない、暗号通貨で一儲けできるかもしれないという儚い夢を見せられている偽善者に過ぎないのだ。

シャイニ・グッドウィンの生涯は、結局、フリーメーソンから出てきたニューエイジの信念の複雑な体系と架空の投資話に翻弄されたものだった。

NESARA/GESARAを真に受けている人々もまた、シャイニ・グッドウィンと同じような生涯をたどるだろう。

・・このつづきを読む

この記事は、2021年4月3日配信の
ウェブマガジン最新記事「世界的インフレの青写真とNESARA/GESARAの虚構性と危険性ーその2のプロローグです。本文ではありません。
本文は、web上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。

初月無料のウェブマガジンは、購読開始日(新規お申込み日)から起算しての1ヵ月間ではなく、購読を開始された月(毎月1日から)の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
2021年4月1日より2021年4月30日の間にご購読を開始された場合、当月分(4月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは、来月2021年5月の配信分からとなります。
(4月途中で新規登録されても、4月1日~4月30日までの1ヵ月間に発行されたメルマガがすべて配信されます!
一度ご購入した配信号は、以後、ずっとお読みいただけます)

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
その月内のどこで申し込んでも、その月の1日から月末までの1ヵ月間に発行された配信号すべてが届きます。

1ヵ月の無料お試し期間で気に入った方は、そのまま継続してください。
最初の課金は、2021年5月分からとなります。

foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。
(このFC2ブロマガだけは無料お試し期間の設定はなく、初月から課金されますので注意してください)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
世界的インフレとNESARA/GESARAの虚構性と危険性③
NEW Topics
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策④
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策③
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策②
COVIDの先にあるのは量子ドットによる「デジタル焼印」
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性②
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性①
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋⑤⑥
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋④
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋③
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋①②
優生思想メンタリストが社会に及ぼすメンタルな破壊行為
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋ー序章
共産主義の潜入による皇統断絶の危機が日本を破滅に導く
外側のフリーメーソン、内側の藤原氏ー内憂外患の皇室
キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉③
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top