カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   人口削減  »  キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉①②
       
mag202107-15.jpg

間もなく始まる・・・

いくらワクチンを打っても感染のスピードを抑えることはできても終息はしない。
生物兵器だからだ。

この夏から食料品価格が高止まりして、やがて多くの米国人が政府の配給に頼るようになる。

しかし、ナノテク・ワクチンの次に、人工肉の開発と製造に情熱を傾けているビル・ゲイツが本気で大儲けするのは、それからだ。

なぜなら、彼と彼の元妻であるメリンダは、米国の農地の私的所有者の筆頭に上がっているからだ。

確かに彼らは、秘密裡に着々と計画を進めてきた。


この記事は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジン7月9日配信号「「キッシンジャーの人工飢饉による飢餓がゲイツの人工肉の売り上げを伸ばす!?ーその1」と、7月14日配信号の「・・・その2」の2本の記事のプロローグです。
本文ではありません。
本文は、ウェブマガジンでお読みください。

干ばつと食料危機がもたらす超インフレは米国がテクノクラート専制主義へ急展開する曲がり角になる

米国は、間違いなく社会主義の段階を終えて共産主義に移行しようとしている。

正確に言うと、それは人工知能(AI)統治体(世界政府組織)によって共産主義をさらに進めた「テクノクラート専制主義」である。

今、米国のディストピア化を警戒している慧眼の人々が、もっとも注目している人物の一人は、ニューヨーク市長選で勝利するかもしれないと囁かれていたアンドリュー・ヤン(Andrew Yang 1975年1月13日生まれ)という中華民国(台湾)から米国に移住してきた移民二世だ。

しかし、市長選では意外なことに彼は途中で撤退し、黒人の元警察官、エリック・アダムスが勝利した。

いずれにしても、人種のるつぼ、二ュ―ヨークの市長は有色人種であらかじめ決められていたようである。

米国の保守派は、アンドリュー・ヤンが市長選で勝利した場合は、「まさにニューヨークにとって災害になる」と警戒していただけに、彼の敗退は心配性の保守派に安眠を与えたことだろう。

なぜヤンがニューヨーク市長になることが災害なのか。

まず彼には政治家としての経験がないどころか、政府で働いた経験さえない。

そして、彼の提案はあまりにも急進的で、さらに彼は人間よりロボットに夢中だからだ。
この点は、ロボット税を提案しているビル・ゲイツと似ている。

しかし、アンドリュー・ヤンが敗れたからといって、彼の政治指導者への道が絶たれたわけではない。
「いずれ、ヤンは米国初の中華系大統領になるだろう」と信じている左派の人たちは大勢いる。

なぜ政治活動家として無名同然の男が、これほど注目されるのかというと、「アンドリュー・ヤンが社会主義の米国を乗っ取って、さらに米国のディストピア・ビジョンを前進させる 」からである。

ヤンが、2020年の米大統領で民主党予備選の候補者に立候補したとき、ユニバーサル・べーシック・インカムを提案して「米国民らしい認知的障害」を利用しようとした。

彼は、毎月1,000ドルの小切手をすべての米国籍の国民に郵送するという公約を掲げたが、そのプログラムに、なんと自分の名前を付けることを提案したからだ。

日本でベーシック・インカムを提唱している政治家たちは、本人たちが自覚している、いないに関わらず、少なからずアンドリュー・ヤンのユニバーサル・ベーシック・インカムの亜流である。

つまり、その裏にはテクノクラート専制主義が潜んでいるのである。

これに気が付いている日本の政治家、官僚、ジャーナリストは皆無のように見える。

だから、日本人は人工知能(AI)オタクでロボット・フリークのアンドリュー・ヤンの動向に注意しなければならない。

私は、7年前に米国が共産主義(厳密にいうとテクノクラート封建主義)と呼ぶべき、人工知能を「神」とした世界政府ができることを予感して「コンピュータが自我を持つとき、最後の審判の日が訪れる」という記事を書いた。

みなさんは、質の良くないSFとでも考えているだろうが、米国は確実にそこに向かっており、次に従順な実験国家・日本に転写されることになるだろう。

そのとき人々に本当の死が訪れる。
それは「魂の死」だ。

あまりにも無知、あまりにも程度が低い日本人。
どうも私の10年に及ぶ努力は泡と消えそうだ。

・・この配信号の本文のダイジェストを読むにはこちらへ(無料)。

この記事は、ウェブマガジン2021年7月9日配信号
「キッシンジャーの人工飢饉による飢餓がゲイツの人工肉の売り上げを伸ばす!?ーその1と、
7月14日配信号の「・・・その2」の導入記事です。
全文は、web上でさくさく読めるウェブマガジンでお読みください。

初月無料のウェブマガジンは、購読開始日(新規お申込み日)から起算しての1ヵ月間ではなく、購読を開始された月(毎月1日から)の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
2021年7月1日より2021年7月31日の間にご購読を開始された場合、当月分(7月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは、来月2021年8月の配信分からとなります。
(7月途中で新規登録されても、7月1日~7月31日までの1ヵ月間に発行されたメルマガがすべて配信されます!
一度ご購入した配信号は、以後、ずっとお読みいただけます)

初回お申し込みの月の月末までは無料です。
その月内のどこで申し込んでも、その月の1日から月末までの1ヵ月間に発行された配信号すべてが届きます。

1ヵ月の無料お試し期間で気に入った方は、そのまま継続してください。
最初の課金は、2021年8月分からとなります。

foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。
(このFC2マガブロだけは無料お試し期間の設定はなく、初月から課金されますので注意してください)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉③
NEW Topics
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策④
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策③
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策②
COVIDの先にあるのは量子ドットによる「デジタル焼印」
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性②
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性①
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋⑤⑥
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋④
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋③
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋①②
優生思想メンタリストが社会に及ぼすメンタルな破壊行為
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋ー序章
共産主義の潜入による皇統断絶の危機が日本を破滅に導く
外側のフリーメーソン、内側の藤原氏ー内憂外患の皇室
キッシンジャーの人工飢饉とゲイツの人工培養肉③
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top