カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   日本解体阻止  »  岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策③
       
mag202110-1.jpg

MMT、UBI、ワクチンパスポート、デジタル国際法定通貨、QRコード、トランス・ヒューマニズム、5Gから6Gへ、人体の電磁界、永久的なブースターショット・・・これらはすべては、私たちが人工知能(AI)政府の奴隷になるための下準備だ。

しかし、政府関係者のただの一人も、この壮大なフレームワークを理解できないだろうし、白痴化が進む学界においては、なおさらだ。

不誠実、邪悪を絵に描いたようなマスコミ界にあっては、すでにジィ・エンドだ。

こうなると、日本を救うのは、1億2600万人のうち、「サル化」「奴隷化」の波に襲われまいと奮闘している、わずかな国民だけになった。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(10月14日配信)岸田新政権におけるCOVIDワクチン接種とワクチンパスポート運用の傾向と対策ーその3」の導入(プロローグ)です。
本文はウェブマガジンでお読みください。

「財政は、必ず破綻する」・・・そして新社会主義へ・・・Covid偽ワクチンとデジタル・ワクチン・パスポート、QRコードは、人工知能(AI)奴隷になるための必要条件である

PCR検査数が減少するとともに、感染症専門家、医師、学者、医療ジャーナリストたちのから騒ぎが一服しそうだと思ったら、今度は、財務省事務次官の矢野康治氏が、文芸春秋11月号に寄稿した『このままでは国家財政は破綻する』をめぐって、経済評論家やMMT推進論者が、やんややんやの大騒ぎで、目下のところ大炎上中だ。

「矢野康治の記事は憲法違反だ!」と勇ましく叫びながら、ネットで小銭を稼いでいる“専門家たち”は、東洋経済の記事を目の敵にするだろう。

その記事のタイトルは「『このままでは国家財政破綻』論文は99%正しいが1%だけ『決定的な間違い』がある」である。

その「1%の決定的な間違い」とは何か・・・

東洋経済の記事では、矢野康治氏は「このままでは破綻する」と書いているが、それは間違いであり、日本財政は「必ず破綻するのである」と説明している。

以下は、同記事から一部引用である。

・・・バラマキの責任は政治家にあるのではなく、国民にある。

つまり、批判すべきは、バラマキを受けて喜んでいる国民、有権者たちだ。

政治家は飯のために、権力を取るために、それに迎合しているにすぎないのだ。  

また政治家を責めるぐらいなら、もっと糾弾されるべきは、財政出動、減税を礼賛、推奨している、有識者、エコノミストたちである。

彼らこそが、国を滅ぼす戦犯なのである。 

彼らを糾弾するためには、「日銀が国債を買えば大丈夫だ」「国全体のバランスシートは問題ない」」「MMT(現代貨幣理論)は有効だ」「インフレが起きてないから、むしろインフレを起こすために破綻しかねないぐらいの財政出動をしろ」といった類の議論がいかに間違っているかを書く必要がある。

私が、この数年、一貫して主張し、警告してきたこととまったく同じだ。

政治家がMMTを振りかざすのは、無邪気な権力欲ゆえのことだが、有識者、経済の専門家を自称する者が、「虚構理論によって破綻に誘導するのは、何らかの魂胆が隠されている」と考えなければならない。

それは、バラマキを受けて喜んでいる国民、有権者たちに耳障りの良い嘘を吹き込んで、集団自殺させようとしているか、あるいは、本物の馬鹿であるかのどちらかだ。

アベノミクスの設計者のひとり、リチャード・クーは、「量的緩和という麻薬をいったん打ったら、ひたすら破綻に突き進むしかなくなる」と警告し、同時に出口戦略を考えておくことの重要さを政府に訴えていた。

ロナルド・レーガン政権下で行政管理予算局の局長(1981–1985)を務めたデイビッド・ストックマンは、「通貨詐欺に飛びついた金融政策決定権者は、金融市場の破壊を目論んでいる」と手厳しく批判した。

さらに、ストックマンは「それは日銀の黒田のことだ」と名指しした。

どうも、黒田総裁は、スイスのダボスで開かれた世界経済フォーラムの年次総会ダボス会議で洗脳されたようだ。

これからも、Covid詐欺を利用しながら量的緩和を続行する日銀と政府は、ユニバーサル・ベーシック・インカムを目指している。

楽天証券経済研究所の山崎元氏は、「毎月1万6000円のベーシックインカムを現役世代に贈る方法」を次期首相の岸田文雄に提言したという。

さっそく維新は、ベーシック・インカムを公約に含めた。

資本主義の下では、ベーシック・インカムは「毎月1万6000円程度」が限界だ。

維新の甘言に乗せられて票を投じても、いざ蓋を開けたら、ひと月「い、い、いちまん、ろくしぇんえん」がベーシック・インカムだと言われたらどうする?

Amazonだ、じゃらんだ、楽天だ、コストコだと・・・おそらく、カードで支払いを済ませている、あなたの1ヵ月分のポイント還元分のほうが多いかもしれない。

今のところ、維新は月額の支給額を明示していないが、生涯奴隷になりたい人は、まあ期待するだけしてみたらいいだろう。

本当にやろうとすれば、日本を社会主義の国にする必要がある。
楽天の三木谷氏は、「新社会主義にしか聞こえない」と岸田政権の本意を見抜いたようだ。

トヨタ自動車の豊田章男は、とっくに見抜いている。
つまり、企業が国営化されるのだ。

国営化といっても、問題は、そのオーナーが誰になるのか、ということである。

これは、政府の背後で日銀が管理することになるという意味だ。

日銀が国債やETFの爆買いを通じて、日経225企業の株を大量に保有するようになったのも、それが計画に組み込まれているからに他ならない。

そして、中小企業については、優れた技術を持つ企業が選別され、これを大企業に統合させるために銀行法を改正し、ひたすら量的緩和を続行するしかなくなっているのである。

これ以上、札束を市中にばら撒けば、金利が上昇して株式市場が崩壊する・・・誰もが心配していることであり、マーケットのセオリーだ。

しかし、事態は反対に動いており、米10年国債の金利は下がり始めている。

市場がマーケットのセオリーに反した動きをしているのは、ウォール街が、とっくに「おりこんで」おり、静穏状態を保ち続けているからだ。

これは、いったい、どういうこと?

想像以上の量の資金が株式市場に流入しており、その一部がビットコインなどの暗号通貨市場に流入していることから推察できるように、デフォルトを先送りすればするほど、彼らが「儲かる仕組み」を、断末魔の最後に行使しようとしているようだ。

市場関係者は、ビットコインEFFの承認が間近に迫っているからで、引き続き、年末に向かって爆騰していくものと読んでいる。

この背後には、第二のサブプライムローン破綻を仕掛けようとしている金融勢力がいる。
不幸なことに、それは、コントロールできなくなって、サブプライムローン破綻の数十倍の規模になるだろう。

それでも、ビットコインは、経済崩壊へ導く導火線の1本に過ぎない。
債券は、もっと危ない。

すでに米国、ヨーロッパ諸国では、凄まじいインフレが進行している。

FRBのパウエルは、「このインフレは、サプライチェーンが元通りになるまでの一過性だから気にすることはない」と言い続けてきた。

しかし、サプライチェーンの復活は、まだまだ先のことだ。
その間にも、ドルを刷る輪転機の音は鳴り止まない。

とうとう、米政府高官も「このインフレは来年も続く」と述べており、英国のデイリー・メイル(10月9日付)は、「消費者は、思うように生活必需品が買えなくなった。Covid-19が始って3回目のクリスマスを無事に迎えようと、人々が備蓄に殺到しているからだ」と報じている。

米国、ヨーロッパでは、インフレはかなり深刻だ。
今年の冬は、ニューヨーク、ロンドンの街路樹の下で、多くのホームレスが凍死するだろう。

一見、平穏に見える日本でも、米国と同様、シャドウ・インフレ(shadow inflation)が進んでいる。

ガソリン価格は、たった1年でリッター当たり30円も値上がりした。

今年の春頃から値上げが目立ってきたが、さらに秋冬では、それが加速されるだろう。

しかし、それはシャドウ・インフレという「ステルス性」のインフレとなって密かに忍び寄るので、消費者はなかなか実感が湧かない。

(一昨日、ニューヨークタイムズが取り上げたように、「shadow inflation」という言葉は、これから主流メディアの見出しによく出てくるようになるので理解しておくこと)

ノーテンキな消費者が実感できるようになるのは、電気料金の値上げ、ガス料金の値上げ、水道料金の値上げが実施されてから数ヵ月経ってからのことだ。

我が国の財政出動、減税を礼賛、推奨している、有識者、エコノミストたちがお題目のように唱えている「デフレからの脱却」とは、いったいどういうことなのか。

札束をすり続けていけば、今のスタグフレーションが深刻なレベルまで進行するだけだ。

彼らは、どのファウンダメンタルを見ているのだろう。
いったい私たちに何をしようとしているのだろう。
不思議な専門家たちだ。

そもそも財政破綻はファウンダメンタルの悪化が引き起こすのではない。
スイスの金融の総本山が計画的に引き起こすのだ。
過去から、そうだった。

にも関わらず、馬鹿げた有識者、エコノミストたちは、今日も、ネットの中で、どじょうすくい踊りを繰り返しながら下品な宴を繰り広げている。

しかし、それも間もなく終るだろう。
そのとき、「騙された!」とやっと気が付いた国民は、彼らをとっちめて糾弾しなければならない。

日本の経済評論家、財務省、経産省上がりの元官僚たちは、プールの縁に腰かけて両足をバタバタさせながら水と戯れている子どもに似ている。

つまり、泳ごうとしているのではなく、波面を騒々しくさせることを楽しんでいるのだ。
この白痴国家・ニッポンでは、昔からよく見られる光景だ。

では、全体像を、ごくごく簡単に書いておこうか・・・
といって、現段階で、日本人の中から、それを理解できる能力を持った専門家など出てこないことを知っている。

それでも、以下を読んでピンッ!ときた人のうちの数パーセントだけが、1~2年後になって徐々に理解し始め、サバイバルするだろう。

まず、EUの「デジタル・グリーン証明書(Digital Green Certificate)」、ニューヨーク州のワクチン・パスポート「エクセルシオール・パス(Excelsior Pass)」、イスラエルの「デジタル・グリーン・パス」・・・国・地域によって、呼び方はさまざまだが、まずは、どれでもいいのでじっくり見てほしい。

ワクチン接種完了者に政府が付与するデジタル・ワクチン証明書(digital vaxx-certificate)は、どれもスマホで読み取ることを前提としてQRコードが使われている

なぜバーコードではダメなの?

これから死ぬまでワクチン接種を強要され、生体情報が次々と上乗せされていくので、大量の個人情報を搭載することができるQRコードでなければならないからだ。

一人ひとりに付与されるQRコードは、最初のうちは「ワクチン接種証明書」という“アメ(インセンティブ)”の形をとって発行される。
いったい、その模様には最終的に何が配置されるのだろうか・・・

もちろん、信用スコア制度によってランク付けされた「等級」である。
その等級によって世界市民は「選別」されることになる。

ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが、大富豪だけを対象に10年以上前に始めた「The Giving Pledge」活動で、数百億円、数千億円の資産のほとんどを「未来の子どもたちのために」と寄付することを誓約したハイパーリッチたちは、間違いなく「世界政府の超・上級市民」であり、反対にワクチン接種に反対している私のような人間は「レッドライン以下」に選別されて、そのときがくれば粛正の対象とされるだろう。

なぜ、世界各国は、「コロナ死ぬ死ぬキャンペーン」と同時に「ワクチン打て打てキャンペーン」を展開し、ワクチンパスポートを持てば、好きな場所に行くこともできるし、仕事も優遇される、といった「差別を増大させる措置」を取っているのだろう。

これは、明らかに1947年のニュルンベルグ綱領の国際的なルールを破り、各国の憲法にも違反する犯罪行為である。
にも関わらず、これを政府が先頭を切ってやっているのだ。

「感染拡大には国境がない」からではなく、勢いをつけて同時に「えいや!」で向こう三軒両隣で一気にやってしまわないと陰謀がバレてしまうからである。

だから、この陰謀に気が付き始めた良心的な医師や学者をテレビから締め出し、代わりに、おバカな「専門家」や、卒倒しそうなくらい破廉恥な「文化人」モドキばかりがテレビで跋扈するようになってしまったのである。

番組の媒体社や広告代理店が、彼ら彼女らに与えた役割は、「視聴者を騙して、大人しくさせておくこと」である。

ユーチューブの場合は、もっとあからさまで、「んっ? こいつは気が付き始めているようだな」と目を付けられた動画クリエーターは、規約に違反するような動画をアップしていないにも関わらず削除されてしまうのである。

日本政府や地方自治体は、当初、なんと言っていただろう?
「新型コロナはインフルエンザの一種なので、帰宅後、手洗いとうがいを励行すれば心配ありません」だったはず。

その同じ人間が、「3回目の接種は必要」「子どもにワクチンを打たせなければならない」と髪を振り乱しながら言っているだ。

この人たちは、気が触れたのか?

いえいえ、彼らに気が触れるほどのノーミソが入っているはずがないじゃないか。

だから、クラウス・シュワブさん、ビル・ゲイツさん、イーロン・マスクさん、レイ・カーツワイルさん、彼らのそのスカスカのノーミソの空いたスペースに、機能満載の特大のRFIDチップをインプラントしてあげてください。

きっと、あなたがたのためにロボットのように24時間働いてくれるでしょう。

このQRコードには、完全な健康記録から犯罪歴、銀行口座の取引履歴まで、すべての個人情報が記録されている。

しかし、あなたは自分に与えられたQRコードが、どんな意味を持っているのか知ろうとして、いろいろなデバイスを使って読み込んでも、肝心要の情報を表示させることはできない。

202110-2.jpg

それを知ることができるのは、QRコードを付与した政府の人間だけ(すぐに人工知能(AI)に取って代わられるが)に限定されるようにプログラムされているからである。

故デービット・ロックフェラーは、公然とこのように言っていた。
「世界のすべての人々の体内にチップを埋め込むことが私の悲願だ」・・・

だから、グローバル・エリートたちも、そうしている。

ただし、政治家には「打つ打たないは、議員本人が決めることができる」と定められた議員特権があるようだ。

この特権は、どの国にもあるかどうかは分からないが、議員はワクチン接種の義務化を免れることができるように法的に保証されているというのは事実のようだ。

だから、日本の国会議員も、キラーワクチンを接種しないのである。

彼らは、知っているのだ。
ファイザー、モデルナその他のワクチンがワクチンではないことを。
すべては茶番なのだ。

グローバル・エリートが仕掛けたCovid毒入りクチンとワクチンパスポートの目的は、本質的にこのQRコードをあなたの体内に埋め込むことである。

このことは、2016年、クラウス・シュワブが、フランスのスイステレビのインタビューの中で述べていることである。
「人間は、最終的にはトランス・ヒューマンになる」とシュワブ。

ビル・ゲイツは、実際に人体に埋め込まれたオペレーティングシステムについて幾度か述べているが、いつものようにロイターのFact checkが、すぐさま介入してきて、「ビル・ゲイツが、コロナウイルスと戦うためにマイクロチップインプラントを使うことを計画していると言ったとかの情報は嘘である」と火消しに躍起としなっている。

ロイターまで、平然と嘘を報じるようになった。

クラウス・シュワブは、「ビルトイン式」のスマートフォンを介して、人の体内にインプラントされたマイクロチップと人工知能(AI)とが接続されることを仄めかしている。

インプラントされたチップとスマートフォンとの間の相互通信はBluetoothで十分だろうし、そこからQRコードに刻まれているバイオメトリクス情報を政府に送って、さまざまなサービスが受けられるようにするためには、4Gで十分だろう。

なぜ、世界の携帯電話会社がいっせいに5Gの普及を促進しているのだろうか。

それは、少なくとも5Gでなければデータの送受信がまかなえないほど大量の情報のやりとりが、人と人工知能(AI)の間で行われることを見越しているからだ。

それは、いったい、どんなとき?

車で高速道路を疾走しているときとか、新幹線に乗っているとき。
そして、あなたが政府からの指令によって、にわか戦闘員にならなければならないようなときに必要になってくるのだ。

それには、大容量のデータを高速で送受信しなければならない。

クラウス・シュワブが言っている「ビルトイン式」のスマートフォンは、手に持つのではなく、もっと小型になって、最初から体内に埋め込まれることになるだろう。

言い換えれば、「第四次産業革命」の下では、私たち人間は電磁波に敏感に反応し、電磁波に対する免疫を備えておく必要があるのである。

つまり、クラウス・シュワブやビル・ゲイツは、人間の身体を電磁界(EMF)に耐えるように改変させようとしてmRNAワクチン接種を強制させようとしているのだ。

それが、ファイザーとモデルナが「Covidワクチン」と称しているmRNAワクチン注射である。
遅れて、アストラゼネカとジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンも追加された。

酸化グラフェン入りのmRNAワクチンは、血栓やスパイクタンパク質を生成し、肺や脳、心臓などの塞栓症、呼吸障害に至るまでを引き起こす可能性があることは、多くの専門家が認めていることだ。

日本のマスコミは、見事に、これらの事実を完全に封印している。
それとも、論文を読んでも理解できないから、最初から記事にしようとも思わないのかもしれない。

いずれにしても、まさに洗脳大国・ニッポンの真骨頂だ。

モデルナのワクチンから発見された酸化グラフェンは、血流によって全身に運ばれて、人体に電磁界(EMF)を生成する。

そして、人間の身体は、5Gおよび、間もなく普及するであろう6Gの超短波長を受け入れ、最終的には人工知能(AI)が人の脳を操作できるようになる

だから、すべての情報は、パーソナライズされたQRコードに徐々に保存され、それは、クラウス・シュワブの言葉を借りるなら、人間を銀行口座どころか、自分の意志さえなくした「トランス・ヒューマンに変える」ということになるのだ。

分かるだろうか・・・

ワクチン(繰り返すが、それはワクチンではない)のブースターショットを重ねるごとに、あなたは人工知能(AI)のお気に入りになるということなのである。

これは何のこと?

ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)のことだ。

政府職員は、途中で気が付いても、国民にそれを知らせないだろうし、医師たちは、自分たちの非を決して認めないだろう。
それどころか、真実を隠そうとする自己処罰の念によって自分を攻撃し、身を持ち崩す医師が出てくるだろ。

これが、見せかけの善人を悪人に変えてしまう新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)のもっとも残酷なところなのだ。

専門家、エリートと言われてきた人々は、国民から罵倒され、墓の下に入り、反対に、今まで社会に用いられることなく恵まれなかった人々や隠された才能を持った人々が墓の下から起き上がってくるのである。

確か、そんなフレーズが新約聖書にあったような・・・

・・・この配信号の本文からの抜粋を読むにはこちらへ(無料)。


●この記事はウェブマガジンの2021年10月14日配信の最新記事岸田新政権におけるCOVIDワクチン接種とワクチンパスポート運用の傾向と対策ーその3」の導入で本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。


初月無料のウェブマガジンは、購読開始日(新規お申込み日)から起算しての1ヵ月間ではなく、購読を開始された月(毎月1日から)の配信分が無料でお読みいただけます。
例)
2021年10月1日より2021年10月31日の間にご購読を開始された場合、当月分(10月分)の購読料は無料となり(課金されない)、
最初に課金されるのは、来月2021年11月の配信分からとなります。
(10月途中で新規登録されても、10月1日~10月31日までの1ヵ月間に発行されたメルマガがすべて配信されます!
一度ご購入した配信号は、以後、ずっとお読みいただけます)

初回お申し込みの月の月末までは「お試し期間」で無料です。
その月内のどこでお申し込みされても、その月の1日から月末までの1ヵ月間に発行された配信号すべてが届きます。

1ヵ月の無料お試し期間をお読みいただいて気に入った方は、そのまま継続してください。
最初の課金は、2021年11月分からとなります。

foomii_web-2.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ
決済に対応しています。


有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでの
お申し込みはこちらからです。
(このFC2マガブロだけは無料お試し期間の設定はなく、初月から課金されますのでご注意ください)

blogbanner_banner.png






関連記事
       
NEXT Entry
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策④
NEW Topics
超インフレの後にやってくる「ネオ共産主義の世界」②
超インフレの後にやってくる「ネオ共産主義の世界」①
中露による日本国債の買い増しと財務省による資産没収
パンデミックは悪魔が一人ひとりに仕掛けた人類絶滅作戦
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策⑥
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策⑤
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策④
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策③
岸田政権におけるワクチンパスポート運用の傾向と対策②
COVIDの先にあるのは量子ドットによる「デジタル焼印」
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性②
ワクチン専制主義と暴露!COVIDワクチンの毒性①
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋⑤⑥
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋④
キラーワクチンからワクチンパスポートまでの道筋③
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top