カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   人口削減  »  FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚①
       
mag202210-18.jpg

岸田文雄の内閣と厚生労働省は、完全に人口削減アジェンダを推進する世界経済フォーラム(WEF)とGAVIアライアンス、そしてWHOの下僕となって、日本の赤ちゃんを殺していく!

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(10月22日配信)FEMA強制収容所の設置に駆り出される日本のワクチン医療従事者の暗愚ーその1」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。

自民党と公明党は、ファイザー・ワクチンの在庫調整のために日本国民に効果のない古いワクチンを打たせる!

今年の7月から殺人ワクチンの製造メーカー、ファイザーから、生後6ヵ月から4歳未満の子どもにもワクチン接種を認めよ!との要請が岸田文雄に寄せられて、それをすぐに承認してしまった岸田・自民党。

ノー味噌の脳ミソを持つ岸田は、ファイザー社からオミクロン株対応の旧型ワクチンの在庫処分を頼まれて、二つ返事で日本の赤ちゃんを実験台として差し出したのである。

小さなお子さんを持つ親御さんは、「いくら何でも、政府が赤ちゃんを殺すなんてことをやるはずがない」と思い込んでいるだろう。

岸田文雄の内閣と厚生労働省が、これからやろうとしていることは、まさに「子どもが生まれない日本にすること」である。

にもかかわらず、「根拠はないが、とりあえず安心したい」という親のエゴによって未来の子どもが権力亡者の政治家と出世しか頭にないごろつきチンピラ官僚、銭ゲバ医師たちの手によって抹殺されようとしているのである。

これは、親バカならぬ、最近、人間界でも増えている子殺しバカと言う。

今回で何回目になるのだろうか、「子どもへのワクチン接種を慎重に考える超党派議員連盟」(会長:川田龍平/立憲民主党)では、白痴国民にとってはまさに驚天動地の事実が明らかとなった。

もちろん、超党派とはいうものの、自民党の議員は、ただの一人も参加したことがない。
岸田文雄が、「出席するな!」と若手議員に圧力をかけているようなのだ。

ワクチン接種を推進している当の自民党が、この有様だ。
しかし、国民をワクチンで殺し続けている後ろめたさはあるようだ。

といっても、この会議の動画を観たところで、何が議論されているのかすら理解できないような日本の母親たちは、逆に「新しいワクチンが私の赤ちゃんをウイルスから守ってくれるんだわ」と自分たちに都合よく解釈するばかりだろうから、若干、解説を加えておきたい。

まず、参政党の神谷宗幣・参議院議員が「10月下旬から政府が、生後6か月から4歳までの乳幼児に打たせようとしている新型ワクチンの有効性」に関する質問に対して、東京理科大の村上康文教授が、厚生労働省の屠殺ワクチンについて説明している。

村上康文教授:
「私が知っている限りでは、(この「新型」と言われているワクチンは)従来型のスパイクのウイルスに対応したワクチンです。
だから、打ったとしても、オミクロンには一定の有効性はあるかもしれませんが、本来は古いタイプのワクチンです。
そういう認識をするべきです」・・・

要するに、ファイザーが廃棄すべきワクチンで利益を上げるために、日本の赤ちゃんで在庫調整をやろうとしている、ということ。

これは、戦後、家畜のえさにするか廃棄するしかなかった米国の脱脂粉乳を日本政府が買い上げて全国の学校給食に使っていたという構図とまったく同じ。

日本人は、今でも、彼らにとっては「ゴイム」なのだ。

ファイザーCEOのアルバート・ブーラは人間の医師ではなく、獣医師に過ぎない

さて、ファイザーの前のCEOは、医学者としての良心から「ファイザーワクチンは、新型コロナには効かない」と暴露して首になった。

次のCEO、アルバート・ブーラは、ギリシャのアリストテレス大学を卒業したタルムードを信奉するアシュケナジー・ユダヤ人だ。
つまり、カザフスタン地方を発祥とするインチキ・ユダヤ人だ。

タルムードは、インチキ・ユダヤであろうと、ユダヤ人(ここでは、宗教的ユダヤのこと)以外は、すべて「ゴイム=家畜」と見なして財産や生命を自由に奪っても良いとされている・・・どころか、そうすることがユダヤの神の意に沿っていると教えている。

だから、アルバート・ブーラが、日本の馬鹿な首相を騙して屠殺ワクチンを打たせ続け、日本の子どもを殺しまくっても、それは「正義」とされるのである。

ノータリーンの岸田文雄に「生後6ヵ月から4歳までの乳幼児にわが社のワクチンを打たせるよう閣議決定してほしい」と言ってきたのも、岸田であれば、何も考えずに「イエッス!」と言ってくれるだろうと踏んだからだ。

そもそも、この悪魔顔のアルバート・ブーラという男、何者

彼は、獣医師免許しか持っていないが、なぜか、1993年にファイザーに入社した後、とんとん拍子で会長兼最高経営責任者にまで上り詰めた。特殊な(悪魔的)血流を持っているユダヤ人だからだ。

アルバート・ブーラは、この8月、再度コロナ・ウイルスにかかった。
ブーラは、自慢の「わが社の」ファイザー/独ビオンテック製のコロナワクチンを4回接種している。

岸田文雄は、どうだろう?
やはり4回目を接種した直後、コロナ・ウイルスに感染した。

バイデンとなると、いったい何度コロナ・ウイルスに感染すれば気が済むのか、と言いたくなる。

きちんとワクチンを打てば打つほど、COVIDに対する免疫不全を発症してしまうのだ。

まさに、COVIDお笑い3バカトリオだ。

今度のオミクロン株BA.5 BA.4対応ワクチンは、小規模の動物実験だけで、人間では臨床実験をまったくやっていないので、接種を受ける人は「人類初」ということになる


続けて神谷宗幣・参議院議員が訊いている。
「新しいオミクロン株対応の新型と言われるワクチンは、どれくらいの臨床実験を経て、安全だと言われているのか」・・・

これに対する答え。
村上康文教授:
「問題は、オミクロン株の派生型であるBA.4とBA.5です。
一切、ヒトでの臨床試験をやっておらず、これはネズミ100匹の〇〇〇〇と言われています。
だから、ヒトに打つとなると初めてということになります。

もちろんモデルナとかは、千何百人くらいは臨床試験をやっているが、有効性については非常に怪しい。
打っても打たなくても、ほとんど影響はないのではないかと・・・
オミクロン型を打っている間にX〇Bだとか、新しいミュータントが登場しており、それらには、ほぼ抗体が反応しないということが分かっているので、せっかく打ったとしても、第8波が始まるとすると、そこで流行るウイルスには全然効果がないと思う」・・・

「なぜ国は、古いタイプのワクチンを打たせようとしているのか」、村上康文教授が伝えようとしている言外の意味を汲み取ることができるだろうか。

mRNAワクチンは逆転写を起こすので、打ち続けると今までとはまったく別の人間になってしまう。
その人体実験を日本人を使ってやろうとしているのだ。

ナガサキ・ヒロシマに原爆を投下した米軍の指示にしたがって、被爆して苦しんでいる人々に何一つ手当もせず、冷酷にも経過観察のデータをせっせとアメリカ側に渡していたのが厚生労働省である事実を知っている人は少ないだろう。

その片棒を担いだのが、731部隊のDNAをそっくり受け継いでいる国立感染症研究所だ。

この二つの悪魔機関は現代でも同じことをやっているのだ。

この後、ワクチン推進派の森内浩幸・長崎大学教授の支離滅裂な「ワクチンを打つメリット」に関するグダグダの話が続く。

森内浩幸のあまりにも、不自然な説明に彼の経歴を見てみると、厚生労働省 予防接種部会 HPVワクチン作業チーム(2010〜2011年) のメーバーになって以来、一貫して厚生労働省のワクチン利権の代弁者となっている。

要するに、悪名高き長崎大学に研究予算を引きこむために、世間の風当たりを感じながらも、いっぽうで自己保身を怠ることなく厚労省のPRマンをやっているということ。

森内浩幸の“ワクチン・コマーシャル”に業を煮やした京都大学医生物学研究所附属感染症モデル研究センター准教授の宮沢孝幸博士は、このように提言している

宮沢孝幸准教授:
「本当に小児の重症化予防効果があるのか?というと、確かに熱性痙攣とか、いろいろ脳症が増えているというのですが、本当にワクチンで防ぐことができるのかというと、よく分かっていない。

さらには、
重症化予防効果というのも、打った直後とばらく経った後とでは状況が変わって来ていて、免疫学的にいうと、時間が経つと逆効果になるというのは、論理的に普通になっているので、それを加味して考えてほしい。

3回打たないと中和しない(注釈:打った時は良いが、徐々に中和抗体が減っていくので、一定のインターバルを置いて打ち続けなければならない、ということ)というのもおかしな話で、それは打つ量を減らしたからでしょ、ということ。

そうしたら、逆効果になる時期までがより近くなりますよね。
実際、(今の)秋田の状況を見るとそんな感じを受けている。

それと、
村上康文教授がおっしゃった、『自分を攻撃するようになる』というのはまさにこのことで、免疫を作るんだけれども、反面、どうしても自分を攻撃してしまうという致命的な欠陥がある。

これは、遺伝子治療をやっている我々も分かっていることで、ターゲティングするということは何十年来の悲願になっている。
分かっていても未だにできていないということが問題となっている。

それから、mRNAがDNAになっている自然免疫に与える影響性、さらには最近分かったスパイクたんぱく質事態が、エストロゲン・レセプターにくっついてシグナルを入れる、さらには、不思議なことに、このスパイクたんぱく質が、なぜ●●シグナルを持っていて、核の中のエストロゲン・レセプターにくっつく可能性があるということで、これ今の子どもじゃないんですけれどもね、どんな人には大丈夫なのか、よく分からないことがたくさんあるので、しっかり議論して一回、ワクチン接種を止めるべきだと思います」・・・

専門的で、そこらの低レベルの医師では理解できないだろう。

宮沢孝幸准教授は、別の動画で、このように分かりやすく解説している。
ここから5分7秒まで。

これでも理解できないだろうから(理解できないということのほうがむしろ重大な問題)、さらに分かりやすい表現にすると以下。

ミッツ・マングローブのようにワクチンを打たずに感染し、自宅で苦しみに耐えて自然免疫を獲得できたケースは稀だ。

反対に、国民の大半がワクチン接種によって得た獲得免疫を持っている。(このPCR検査自体が実はペテン)

ワクチン接種によってインスタントに得た獲得免疫では、特定のウイルスを攻撃するというターゲティング性を持つ代わりに、生まれつき持っているその他のウイルスには免疫が発揮されなくなるというようなことが起こる。

だから、芸能人の間で特に話題となった帯状疱疹(今では高齢者の間で重篤化している)や若い女性であれば不妊、ガンなどがワクチン接種後多発している。

武漢型からデルタ株対応までのワクチンは、主に血栓を生成して突然死を引き起こした。
基礎疾患のない若者でさえ、心筋炎で今でも苦しんでいる。

しかし、デルタ株対応以降のワクチンは、免疫システムを破壊し、さまざまな自己免疫性疾患を引き起こすことを目的に開発された「生物兵器」である。

だから、自然免疫を勝ち取った人は、いままでのウイルスに対してオールラウンドに威力を発揮してきた免疫に影響を与えることなく、さらにCOVID全般に対してもワクチン接種によって得た短期間しか有効でない獲得免疫の数倍もの免疫力を発揮することができる。

つまり、COVIDワクチンは、人間をmRNAワクチンによって化け物に改変し、ヒトとして生きていくために欠かすことのできない免疫システムを破壊するために創られた生物兵器であるということ。

私は、1年以上前に、「このワクチンの目的は、免疫システムを狂わせて、暴走した免疫で自分を攻撃させる自己免疫性疾患を引き起こすことである」と書いている

ダイジェストでは、オープンな記事なので慎重に言葉を選んでいるが、2021年9月17日配信のウェブマガジンワクチン専制主義の構造と曝露されたCOVIDワクチン・ナノ粒子の毒性ーその2」では、包み隠さず書いている。

当然ながら、愚かな医師君たちから反論が来た。
しかし、あまりにも中身が幼稚なので、手取り足取り解説しなければならなかった。

医師は重大なことは知らないし、免疫に関する知識を持っていないことが分かった。

お母さん方は、このワクチンを私の赤ちゃんに打っても大丈夫なのかしら、とストレートに訊いてみればいい。
なぜセンセは赤ちゃんにワクチンを打つの? 万が一のことが起こったら責任を取れるの?と・・・

きちんと答えられなければ、「ふざけるな、この犯罪医師!」と罵倒して赤ちゃんを抱いて逃げ帰りなさい。
本当に、その医師は考える力を持っていない白痴で犯罪的なのだから。

1、2回の接種で止めた人は、ワクチン・デトックスというチンケな幻想にすがってもいいだろう。
自分を騙すことによって、なんらかのプラセボを期待するのも悪くはないからだ。

しかし、3回、4回と打ってしまった人は、デトックスなどという、ありもしない解毒効果に期待することは命取りとなる。

mRNAは、それ自体が体内で消滅する前に逆転写を起こして次々とDNAを書き換えてしまうからだ。
それは、すでに始まっている。

つまり、「完全に手遅れ」だ。

それより、ここからがふんばりどころで、免疫をトレーニングや食事、生活習慣の改善によって、さらに高める努力をした方が良い。

岸田文雄と厚労省には、想像を絶する闇がある

オミクロン株は喉で止まって、なかなか肺には入っていかない。
つまり、血流にのって血栓を作るなど致命的なことにはなりにくい。

であれば、なぜ重篤化しないオミクロン株が主流の今、政府は一度、接種を中止して原因を突き止めようとしないのか不思議だ。

国がやっていることは正反対で、厚労省はワクチン接種率については「統計詐欺」までやり、さらには、やってくるかもわからない第8波に備えて、さらに毒殺ワクチンを打て打てとやっているのだ。

これは、岸田政権と厚生労働省が、国民に対して明確な殺意を持っているとしか考えられない。

宮沢孝幸准教授は、他でも「コロナ・ワクチン・後遺症・免疫・変異」について、初期段階から二度三度となく警告してきた。
この内容は消される可能性が高いので今のうちに閲覧しておいたほうがいい。

ウイルスと恐怖の世界の陰謀|コロナ・ワクチン・後遺症・免疫・変異
コロナ・ワクチン・後遺症・免疫・変異について①
コロナ・ワクチン・後遺症・免疫・変異について②

その他、サル痘に関しては、自然由来のモノはあり得ないので、「バイオテロ」の可能性強く疑っている。
そのとおり、ビル・ゲイツ一派による明らかなバラマキテロである。

インドのボンベイ高等裁判所は、子どもたちを使ってワクチンのテストをしたビル・ゲイツを有罪にして、最悪は死刑判決を下そうとしているというのに、なぜ岸田内閣は、すでにワクチンによって2000万人以上を殺害し、2億人以上を障害者にしてしまったビル・ゲイツに勲章を与え彼の次の指示を待つかのようにして、これほどまでに必死になって日本の赤ちゃんを殺そうとしているのだろうか。

グレートリセットの「アジェンダ ID2000」の実現に向けて、日本国民を実験台として差し出したからだよ。

202210-16.jpg

といっても、日本の学者やジャーナリストの錆びつき硬直化した頭ではとうてい理解できないだろう。
面倒くさいから、もう説明しない。
日本人に少しでも難しいことを言おうものなら「分からない、分からない」と来る。
考える前から「分からない」と言うのだ。

代わりに名古屋大学名誉教授の小島勢二教授が明快に答えてくれている。

ここから最後まで。悪魔憑つきの厚労官僚を追い込んでいる。

あれだけ税金を使っておきながら、データを出さないということが、何か闇があるのかな、と思うのです」と結論付けている。

その闇こそ、世界経済フォーラム(最上流にはロスチャイルド、チャールズ)のアジェンダ ID2000という世界奴隷制度だよ。

最後に、神戸市で中村クリニックを経営している中村篤史医師の最近の投稿記事を紹介しておく。

4回目を打つ人へ 」・・・

食事前は見ないように。
食後、1時間以上経ってから読むように。

それほどグロテスクな記事。
しかし、これが実態なのである。

だから、墓のない人は、今のうちに買っておけ、と言ったでしょう。

後は、自分で自分の運命を決めるように。
これについて、質問をいただいてもお答えしません。

命が惜しかったら、いつまでも、甘ったれるな!とゆーこと。

この配信号の本文の抜粋を読むにはこちらへ(無料)。

●この記事はウェブマガジンの2022年10月22日配信の最新記事
FEMA強制収容所の設置に駆り出される日本のワクチン医療従事者の暗愚ーその1のプロローグです。
メルマガ本文ではありません。 本文はウェブマガジンでお読みください。

【初月無料】新規お申し込みの場合、10月1日から10月31日までの1ヵ月分は「お試し期間」で無料購読(課金されない)できます。
10月途中での新規お申込みでも、10月中に配信されるすべてのウェブマガジンを無料で読むことができます。
最初に購読料が発生する(課金される)のは来月2022年11月分からとなります。
foomii_web.png
カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応しています。




関連記事
       
NEXT Entry
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚②
NEW Topics
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない③と④
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない②
統一教会と創価学会の漆黒の闇を知らなければならない①
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚③
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚②
FEMA強制収容所の設置とワクチン医療従事者の暗愚①
マイナによって2024年は「666獣の経済」元年となる
グレートリセット本番!生き残る日本人は10人に1人
今世紀最大の逆イールド発生!大倒産時代をどう生き残る
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント③
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント②
3年後に迫る人類史上最大のターニングポイント①
この冬から始まる世界同時崩壊のイベント
計画的食料危機で世界政府があなたをシープルにする方法
食料配給制度が復活し、UBIによって人口削減へと進む④
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
リンク18-外国語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top