カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »   原発・放射能  »  航空機モニタリングによる測定結果/東京・神奈川
       
20111007-27.jpg
画像は文部科学省が7月下旬から茨城県の航空機モニタリングを実施したときの様子。ほっとメール@ひたち様より拝借しました。

10月6日、文部科学省は、群馬県、埼玉県、千葉県に続いて、東京都、神奈川県の航空機モニタリングの測定結果を公表しました。


セシウム134、セシウム137の航空機を使った土壌の沈着量の測定結果

この航空機を使った広域の測定方法は、チェルノブイリ原発事故のとき、ヨーロッパ各国で実施された方法で、信頼のおけるものであるということです。

南東北と関東広域の地上1mの空間線量率
20111007-3.jpg

東京都の地上1mの空間線量率
20111007-5.jpg

神奈川県の地上1mの空間線量率
20111007-7.jpg

セシウム134の物理的半減期は約2年、セシウム137の物理的半減期は約30年です。

以下、
「セシウム134とセシウム137を合計したベクレル数」、
「セシウム134だけのベクレル数」、
「セシウム137だけのベクレル数」
の3つの測定結果です。

チェルノブイリ原発事故では、セシウム137が1m23万7000ベクレル以上で放射線管理地域(人の不必要な立ち入りを防止するために設けられる区域。放射線管理区域では18歳未満を就労させることは労働基準法で禁じられている)に指定されました。
東京都の西側の埼玉、山梨の県境にそうしたエリアができてしまいました。

9月27日アップは群馬県。
「文部科学省による群馬県の航空機モニタリングの測定結果」
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092714.pdf

9月29日にアップされた「文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果」
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092917_1.pdf

10月6日にアップされた「文部科学省による東京都及び神奈川県の航空機モニタリングの測定結果」
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/10/1910_100601.pdf

以下、管理人の方で見やすくするために画像を加工しました。
各画像をクリックすると拡大表示されます。

広域のセシウム134とセシウム137の合計
20111007-9.jpg

広域のセシウム134だけのベクレル数

20111007-11.jpg

広域のセシウム137だけのベクレル数
20111007-13.jpg

東京都のセシウム134とセシウム137の合計
20111007-15.jpg

東京都のセシウム134
20111007-17.jpg

東京都のセシウム137
20111007-19.jpg

20111007-26.jpg
(上の画像は、管理人がセシウム134とセシウム137を合計した汚染マップを参考に、特に汚染が酷い秩父に続く奥多摩の山脈の汚染地帯を濃く色分けしたものです)

鍾乳洞で有名な日原。
ハイカーのメッカ、雲取山から埼玉県境の尾根。
山梨側の丹波山。
(上の地図の色の濃いところ)

この辺りは1m23万ベクレルから6万ベクレルで、確実に放射線管理区域に相当するエリアになってしまいました。
集落も多く、避難が妥当でしょう。

この辺りは、山菜、キノコ、筍など、山の幸も豊富な場所で、渓流遊びや、ヤマメやイワナなどの釣りも盛ん。鱒釣り場もあります。
意外に急峻な山が多く、沢から日原川などに流れ込んだ水が多摩川に合流して、下流域まで汚染するかも知れません。

特に雨が降った後の数日間は、沢の水が多くなります。

キャンプ場、バンガローなど、アウトドアの宿泊拠点となる施設も多くあります。
この辺りの山に登山に行くのは控えたほうがいいです。

また、林業も盛んで国有林も広がっているので、来年は花粉が偏西風に乗って、東方面の都市部に舞ってくることが考えられます。

さらに深刻なのは、雲取山から三頭山に続く県境の尾根付近から、雨が降ると沢となって奥多摩湖に流れ込んでいくと言うことです。
奥多摩湖は東京都民の水源です。

神奈川県のセシウム134とセシウム137の合計
20111007-21.jpg

神奈川県のセシウム134
20111007-23.jpg

神奈川県のセシウム137
20111007-25.jpg

チェルノブイリで採用された汚染地域の区分け

・1平方メートルあたり148万ベクレル以上:強制避難区域
・1平方メートルあたり55万~148万ベクレルまで:強制(義務的)移住ゾーン
・1平方メートルあたり18万5千~55万ベクレルまで:希望すれば移住が認められるゾーン
・1平方メートルあたり3万7千~18万5千ベクレルまで:放射線管理が必要なゾーン


神奈川は、やはりいちばん高い丹沢山塊に、放射性プルーム(放射能雲)がひっかかって、雨でストンと落ちたようです。

とにかく、東京都の秋川から奥多摩にかけての広い地帯が、埼玉のホットスポットと同じような高濃度汚染地帯になっているので、避難すべきなのでしょう。

山の傾斜地なので除染はできないでしょうから、より頭の痛いことになりそうです。

来年の春が心配です。

航空機モニタリングによる測定結果/千葉・埼玉


長野県、富山県でも開始

長野県は、9月24日からヘリコプターによる航空機モニタリングを開始。2週間程度続ける予定。

富山県でも10月7日から航空機モニタリングを実施、早ければ今月末に公表される予定です。

やはり、山岳地帯の汚染度が、これから平野部をどのように汚染することになるのか占う材料になります。
背後に立山連峰など3000m級の山岳地帯を控える富山平野が心配になってきました。




UNIDEN 地震津波警報機 EWR200
Uniden
5,192 円  送料無料  
  
UNIDEN 地震津波警報機 EWR200


関連記事
       
NEXT Entry
1号機配管の水素充満と、地震予測
NEW Topics
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ③
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ②
アドレノクロムと河野太郎・新総理誕生のシナリオ①
日本の第二の占領、三度目の経済の死の後に・・・
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体④
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体③
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体②
ワクチンはできない!抗体消滅と再感染のコロナの正体①
デッド・オア・アライブ、BTCか金かドルを抱えての死か
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視②
ビバ!新バビロン東京!ワクチン、5G、デジタル監視①
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈③
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈②
共産主義の影と南海トラフ地震から預金封鎖に至る文脈①
グノーシスのスマートシティーは東洋思想を超えられない
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク16-中東情勢
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top