カレイドスコープ

| 全記事タイトルリスト
HOME   »  
       
mag202208-18.jpg

世界支配層のシナリオでは、いよいよ日本解体計画に着手されました。
日本人が、ここまで無知、無関心だと、もう打つ手がありません。
では、日本国民が総出で「死出の旅」に旅立つのを指をくわえてみているほかはないのでしょうか?
何か妙案はないものか・・・うーん、国民が、もう少し思考力と洞察力を磨かないと、この流れを変えられないね。

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月17日配信)「計画的な食料危機が配給制度を復活させ、UBIによって一気に人口削減に進むーその3の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202208-06.jpg

米・民主党は、11月8日の中間選挙、今年秋の全人代に合わせて「大破壊計画」を実行するかもしれない。

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月11日配信)「計画的な食料危機が配給制度を復活させ、UBIによって一気に人口削減に進むーその2の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202208-02.jpg

安倍晋三氏の暗殺の後、すぐさま、米・民主党の二人の悪魔が、日本を台中戦争に駆り出して解体させるべく動き出した。

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(8月5日配信)「計画的な食料危機が配給制度を復活させ、UBIによって一気に人口削減に進むーその1の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202207-8.jpg

ビル・ゲイツに続いて、Amazonのジェフ・べゾスが、本業に未練を残さず、農地を買いだした理由(わけ)。

以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(7月21日配信)「生き残るために資産の新しい概念を理解し、『オフ・グリッド』の生き方に切り替えよう!の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202207-3.jpg

日本は「先制攻撃」に追い込まれている。
中国の挑発に乗って先にどんな攻撃でも加えれば、国際社会は「日本の平和憲法は虚構だった」とのプロパガンダを展開して、危険な国・日本の解体に賛同するだろう。
それが、グローバリストで占められている国際社会の真の目的だからだ。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(7月15日配信)「法律をつくる権利を奪われた日本が突き進む「憲法改正への道」の先にあること」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202206-13.jpg

食料自給率37%。種子の90%が輸入もの。
すでに、日本の農業は消失している。
今だけ、金だけ、自分だけ」の長期政権とバカ官僚が、いよいよ国民を大量死させる。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(6月30日配信)「世界的な食料危機、金融崩壊、アラブの春と中東戦争・・・そして日本の終り」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202206-09.jpg

各政党は、世界政府の支配下に組み込まれやすいように、無意識のうちに「二大政党制」に向かっている。

自民・公明・維新は、明らかにグローバリストの傀儡という点で同一線上に並んでおり、少数野党もまた「国連中心主義」の小沢一郎の手のひらの上で転がされているだけである。

根本的には両陣営とも新世界秩序に誘導されており、その既定路線から外れることができないので、呉越同舟とも言える。

では、同じゴールを目指しているのに、なぜ小沢は反自民なのかと言うと、小沢一郎という男が、朝廷に歯向かって滅ぼされた東北の誇り高い豪族「阿弖流為(アテルイ)」の末裔であることに由来している。

800年の歳月を超えて、その怨念のカルマが永田町の権力闘争によって解消されようとしているのだ。

だから、派閥やイデオロギーの違いは、世界支配層のフレームワークの中での「いさかい」に過ぎず、国民を幻惑するための目くらましに過ぎない。

つまり、
何のかんのと言っても、結局、世界支配層のアジェンダを遂行しようとしているパペットだから、みーんな同じ種類の人々ということ。

これらの怨嗟の枠組みに唯一組み込まれていない参政党だけが、このようなグローバリストの弁証法の罠から自由の立場にある。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(6月25日配信)「いよいよ始まる「地球の地獄」を生き抜くための「戦略的サバイバル」という考え方」」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202206-05.jpg

Covid薬物注射によるゴイムの屠殺(とさつ)がバレそうになってきたので、今度は、マイクロチップ入りの電子錠剤(electronic pill)を経口によって体内にインプラントしようという戦術に切り替えてきた。

電子錠剤(electronic pill)は、胃の中で薬物が溶けてなくなり、残された微小なマイクロチップが人体の組織内に定着すると、さっそく生体情報を外部に送信して、その人の一挙一動を人工知能(AI)に知らせる仕組みになっている。

これは、御伽噺でも陰謀論でもない。一般の人々に隠されてきただけのことだ。
少なくとも1年以上前に完成しており、出番を待ってスタンバイしているのだ。

そろそろお馬鹿な陰謀小僧ユーチューバーたちも騒ぎ出すだろうが、「後の祭り」感が強い。

マッドサイエンティストの河岡義裕といい、ヒトラーも真っ青になるくらい、まったく懲りない人口削減論者たちだ。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(6月18日配信)「日本の子どもが危ない!「プーチン死亡説」と「タイタニック日本丸の沈没」」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202206-01.jpg

やかんの水が沸点に到達するまでは、チリチリと小さな音を立てて「もうすぐお湯が沸くよ」と知らせている。
社会も同じで、事前に数々の予兆を報せてくれるが、ある臨界点に達すると、突然、高温の圧が噴き出る。
クラウス・シュワブの世界経済フォーラムは、このことをティッピング・ポイント(tipping pont)と呼んでいる。

事態は「ある沸点」を超えると、それまでの直線的な変化から、突然、質的転換を伴う不連続的変化に変わってしまう。

直線的思考の人は、この不連続な質的転換を予測できないため、「そのとき」が訪れたとき、茫然自失状態に陥ったまま「座して死を待つ」ことになる。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(6月11日配信)「自民党が2倍のワクチンを購入した理由はビル・ゲイツの小型原子炉」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202205-17.jpg

これが新世界秩序(NWO)から完全に解き放たれた「off grid」の循環型コミュニティー。

太陽光(あるいは風力)発電以外、すべて自前で賄うことができる生活は、日本の原風景そのものだった。

この循環型の生活でいちばん大切なことは、人間の細胞が汚染されていないこと。

化学肥料は不要。牛糞、鶏糞と人間の糞でつくる堆肥で賄うので、放射能、化学物質で汚染された人間から出る排泄物(有用な資源となる)が汚染されていると、農地で濃縮され、やがて農産物も汚染されていく。

日本は、とうの昔に再生可能エネルギーによって循環型農業を確立していたが、西洋文明によってこれが破壊された。

世界支配層は、自分たちで病気にしてしまった地球に、さらに
SDGsという劇薬を投与して、地球の息の根を止めようとしている。

したがって、経済産業省が進めているSDGsは、外資によるGMOの大規模農場と、塩素とフッ化物が混入された水道水と「食糧」とは言えない麻薬的な常習性のある小麦に置き換える「人類絶滅計画」そのものであるということになる。

自民党は、さらに次の似非パンデミックによって、徹底的にコミュニティーを破壊し、日本人と日本のかたちをいびつに変えてしまうだろう。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(6月3日配信)NWO自民党が導く「飢饉」と「戦争」という大津波が足下に迫っている」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202205-11.jpg

食糧危機が確定した一方で、日本のコメ農家つぶしが始まっている。
どんな陰謀が働いている?


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(5月28日配信)32億人が感染し、2億7,100万人の死者が想定される次のパンデミックで戦略的にサバイバルする」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202205-6.jpg

欧米のグローバルエリートたちにおだてあげられて、日本を第三次世界大戦の最前線に押しやろうとしている岸田文雄の内閣は、この夏、食糧危機とインフレを回避できないと分かると、ロシアによる「敵国認定」では足りないのか、国民からも「排除対象」にされるだろう。

バイデンがクアッド初会合の前日に日本に入ったのも、「日本が防衛費を倍額にして、我が軍産複合体の上得意になってくれるなら、米国は日本を安保理の常任理事国に推そう」と言うために、日本の意志薄弱総理に言いに来たのである。

日本がそれを受け入れれば(もちろん政体勢力の自民は嬉々として受け入れるだろうが)、ワン・ワールド主義者の目論見どおり、第三次世界大戦の生贄にされるだろう。
その結果、日本列島は、いくつかに分割され、「日本」は消滅するだろう。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(5月21日配信)食糧、エネルギー、水:誰もが「飢餓」に突入するXデーはいつ?」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202205-1.jpg

ロシア・ルーブル一強時代の到来・・・ドル崩壊は時間の問題となり、米国ではいよいよ暴動が起こってFEMAが出動する場面も出てくるだろう。
何も備えをしない日本は、最終的には餓死者続出となるだろう。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(5月13日配信)今こそ数年に及ぶグローバルな食料危機を乗り切るための備蓄を始めるとき」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202204-27.jpg

今まで真剣に人々の洗脳を解き、迫りつつある「てんちかえらく」の時を乗り越えてほしいと警告してきた優れた人々が、ここのところ方針転換したように見える。
つまり、「理解できる人たちだけで、まとまって力を結集しようと」・・・
彼らの失望と諦めと割り切りは、私の最近の心境の変化と同じようだ。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(4月30日配信)2022年~インフレ・食料危機から経済ホロコーストへ進むーその3」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
mag202204-21.jpg

2022年の秋以降は、日本もかなり大変な時代に入るだろう。
新聞の見出しを追い、テレビのテロップを眺めているだけの人は「生き残れない」だろう。


以下は、さくさくスムーズに読めるウェブマガジンの最新記事(4月28日配信)2022年~インフレ・食料危機から経済ホロコーストへ進むーその2」の導入(プロローグ)であり、メルマガ本文ではありません。
本文はウェブマガジンでお読みください。
       
ブログ管理人

管理人:ダンディー・ハリマオ

『カレイドスコープ』は「目から鱗(うろこ)」とよく言われます。
このブログは視界ゼロメートルの世界情勢を見通す独自の視座を持った未来透視図です。
ウェブマガジンお申込み

カード、銀行振込、コンビニ決済、ペイジー、ケータイ決済に対応。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
メルマガお申し込み

有料メルマガのカードでのお申し込みはこちらからです。
初回お申し込みの月の月末までは無料です。
ブロマガお申込み

有料メルマガの銀行振込、コンビニの電子マネーでのお申込みはこちらからです。
ご質問について
初歩的なご質問については、更新作業の妨げになるのでお受けしません。まずは自分で調べることを習慣づけてください。
カテゴリ

openclose

カテゴリー+月別アーカイブ
 
全記事表示リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ハリマオレポートへ

姉妹サイト「ハリマオレポート」へ
検索フォーム
リンク10-インフレ
リンク17-中東情勢
リンク18-外国語サイト
ログイン
QRコード
QRコード

Page Top